ご 教示 ください。 「ご教授」と「ご教示」の意味と使い分け方

「ご教授ください」と「ご教示ください」

ご 教示 ください

「ご教授」とは 「ご教授」の意味 「ご教授」とは「教授」という言葉が入っているように「教え授ける」という意味です。 これに「ご」が付くことによって、相手から「教え授けてもらう」という意味に変わります。 ここでいう「教え」とは一時的なものや、聞いてすぐに理解が深まるものではありません。 ある程度の期間に渡って指導を受け続けるという意味です。 「ご教授」の例文 「ご教授」の意味を踏まえて、例文を見てみましょう。 「ご教授」という言葉に「これからしばらくの間、そのことについて理解をするために教えてください」という意味を持たせています。 「ある程度の時間や期間は覚悟ができている」という意味も含まれていますので、その場限りの教えを願っているのではないということがわかります。 「ご教示」とは 「ご教示」の意味 「ご教示」とは「教え示す」と書きます。 「示す」という言葉には「見せる」という意味があり、「ご教示」は「教える物事を見せる」ということです。 「見せる」という行為は一時的な行動で完了するため「ご教示」は「一時的な教えを請う」という意味になります。 また、「一時的に見せることで完了する」ということから「比較的容易なこと」に対して使われ、その場限りの教えで理解ができることです。 ビジネスの場などで「教えてください」と言いたい時に、「ご教示ください」と言えばビジネス感を出すことができます。 また「教えて欲しい」という気持ちを、謙虚に格式のある言葉で伝えることができるので相手への心配りを示すこともできるでしょう。 「ご教示」の例文 「ご教示」の意味を踏まえて、例文を見てみましょう。 「先日ご提案くださった件の詳細についてご教示願えますでしょうか」 取引先などに対して、提案された内容の詳細を教えて欲しいと伝えています。 ビジネスの場では「ご教示」が相応しい場面が多く、例文のように「詳しく知りたい」という時にも使うことができます。 「明日の会議の議題についてご教示ください」 社内でも「ご教示」を使う機会はあります。 ビジネスシーンでの「ご教授」と「ご教示」の使い分け 「ご教授」と「ご教示」は言葉が似ているため、どちらが適しているのか、ということを咄嗟に判断することが難しい場合があります。 「ご教授」も「ご教示」も主にメールなどの書き言葉 基本的には「ご教授」も「ご教示」も手紙やメールで使われることが多い言葉です。 口頭で使ってはいけないわけではありませんが、少し堅苦しく感じる人もいるでしょう。 特に「ご教示」については言い換えの言葉がたくさんあります。 「お教え願えますでしょうか」とシンプルに伝えても良いでしょう。 また、自分にそもそも知識が無いことについて教えて欲しいのであれば「後学のためにお伺いしたいのですが」と付け加えることで相手に失礼なく尋ねることができます。 ビジネスの場において「知りません」「存じません」という言葉を出すことに躊躇する場合に使うことができます。 「ご教授」の誤用に注意 他の人が使っている言葉を真似て自分の言葉にする、というのは語彙を増やす上でとても大切なことです。 しかし「ご教授」と言うべきところを「ご教示」と聞き間違えて使ったり、その逆であったりすると意味がありません。 特に「ご教授」という言葉は、使う相手が限定されます。 何かを専門に研究されていたり、何らかの技術を磨いていたりする人へのみの使用です。 相手へ「何かの使い方」「何かのやり方」などを聞く時には「ご教示」を使いましょう。 本来「ご教示」と言うべきところを「ご教授」と言ってしまうと、相手によっては嫌味と受け取る可能性もありますので注意が必要です。 まとめ 何かを知りたい、教えて欲しいといういう時に「ご教示願います」などの言葉がスムーズに出てくると、知性や品性を示すことができます。 何かを習得したい、教えを請いたいという時に「ご教授ください」と言うことができれば、相手への尊敬を示すことができます。 「ご教示」も「ご教授」も「教えて欲しい」という用件だけでなく、こちらの構えや気持ちまで相手へ伝えることができるのです。 正しく使って、自分にとっても相手にとっても気持ちのよいコミュニケーションを築きましょう。

次の

「ご教授」と「ご教示」の意味と使い分け方

ご 教示 ください

「ご教示」の読み方と意味 「ご教示」は「ごきょうじ」と読みます。 社会人になってはじめて耳にする人も多い言葉ですが、まずはその意味から紹介します。 「ご教示」とは教え示すこと 「ご教示」とは、読んで字のごとく、「教え示す」という意味があります。 その内容は様々ですが、主に知識や方法を教えてほしい場合に使う表現です。 たとえば、操作方法や書類の書き方が分からない場合、知識のある人にアドバイスをもらう場合などに使うことができます。 目上の人に教えてもらう際に使う 「ご教示」の「ご」は、敬語を作る場合に使われる接頭辞です。 相手に敬意を払って教えてもらうという意味で使う「ご教示ください」という表現は、目上の人に教えてもらう際に使うことができます。 口頭では大げさに聞えてしまうことも 「ご教示ください」という表現は、いわゆる「書き言葉」です。 そのため、目上の人であっても、面と向かって口頭で使用することはあまりありません。 そのまま口にしてしまうと、仰々しく大げさに聞こえてしまいます。 そのため、メールなど文面で使用するのが一般的です。 口頭では、同様の意味である「教えていただけますか」「お知らせください」などといった表現を使用します。 「ご教示」を使った例文 「ご教示」という表現は、目上の人に対してメールで使うことが多い表現ですが、使用例を紹介します。 「ご教示ください」が一般的 「ご教示」という単語は、「ご教示ください」という表現が最も一般的です。 たとえば、「資料の必要部数についてご教示ください」や「ご存知の方がいらっしゃればぜひご教示ください」という風に使います。 ただし、「ください」は強い表現なので、強制的なニュアンスととられる懸念もあります。 目上の人に使うこともできますが、位が上の人に使う際には特に気をつけたい表現です。 「ご教示願います」もよく使う 「ご教示願います」という表現も、よく使う表現のひとつです。 「経費精算書類の記載方法について、ご教示願います」という風に使うことができます。 「ご教示ください」に比べると丁寧ではありますが、略式で社内向けの表現です。 そのため、社外の人に使うのであれば、「ご教示の程お願いいたします」という表現が望ましいでしょう。 「ご教示くださいますようお願いいたします」は丁寧な表現 より丁寧な表現を心がけるのであれば、「ご教示くださいますようお願いいたします」という言い回しがおすすめです。 たとえば、「ご都合のよい日程をいくつかご教示くださいますようお願いいたします」と言った使い方ができます。 「ご教示くださいますよう」という表現を使うことで、幾分柔らかい響きが加わるのもポイントです。 口頭では「教えていただけますでしょうか」 先にも少し触れましたが、「ご教示」という単語はいわゆる「書き言葉」ですので、会話表現には不向きです。 口頭で何か教えてほしいという場合には、「教えていただけますでしょうか」といった表現がベターです。 「教えていただいてもよろしいでしょうか」という表現も使えます。 住所や連絡先は「教えて」「お伺い」がベター 「ご教示」には知識や方法といった「教え」を伝達するというニュアンスがあります。 そのため、住所や連絡先に関しては、「ご教示」という言葉よりも「お教えいただけますでしょうか」や「お伺いできますでしょうか」といった表現がおすすめです。 適宜使い分けるようにしてください。 「ご教示」の類語は? 教え示すという意味の「ご教示」という単語は、「教える」という言葉以外にも似たような単語がいくつかあります。 「ご教授」は学問を長期的に教えること 「ご教示」と響きも似ていて間違われやすいのが「ご教授」です。 「大学教授」という言葉もあるように、「ご教授」は、主に学問・学術に対して使います。 ビジネスシーンでも、学問に関する話題の場合には使って問題ありませんが、一般的なビジネスシーンで使うことはない単語と言えるでしょう。 また、「ご教授」は、学問などを長期的に教えるというニュアンスを持っているのも特徴です。 響きが似ていることで混同しやすいですが、「ご教示」と「ご教授」は異なるので、誤字も含めて使用には注意しましょう。 「ご指導」は特定の目的がある場合に使う 「ご指導の程、お願いいたします」という表現は、ビジネスシーンでもよく目にします。 「ご指導」とは、特定の目的のためにわからないことや方法などを教えてもらう・教えを乞う、という意味です。 技術やノウハウなど、幅広い分野に使えるので、ビジネスでも重宝する表現です。 「ご指南」はビジネスには不向き 「ご指南ください」という表現も、「ご教示」と似た意味の言葉ですが、実はビジネスとは縁遠い表現です。 「ご指南」とは、武術や芸術を教える際に使う言葉です。 たとえば、「舞踊を指南する」という風に使います。 教える内容が限られるため、ビジネスシーンではまず使うことはないでしょう。 「ご教示」などほかのワードと混同しないようにしたい表現です。 まとめ 「教えてください」という意味の「ご教示ください」「ご教示の程お願いいたします」は、ビジネスシーンでよく使う表現です。 ただし、「ご教示」は書き言葉として主にメールなど文章で使用し、口頭表現としては「教えていただけますでしょうか」などを使います。 口頭でも「ご教示」を使ってしまうと、仰々しい・大げさとマイナスイメージにつながることもあるので注意が必要です。

次の

「教えてください」のビジネスでの使い方・ビジネス用語|敬語

ご 教示 ください

「ご教示願います」の意味と敬語 「ご教示」の読み方は「ごきょうじ」 「ご教示」は、「 ごきょうじ」と読みます。 「ご教示願います」の意味は「知識や方法などを教えてください」 「ご教示願います」は「 知識や方法などを教えてください」といった意味で使用される言葉です。 「ご教示」は「教示」という言葉に、接頭辞の「ご」をつけた言葉で、「教示」は「知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 「願います」は、「願う」に丁寧語の「ます」をつけて丁寧語にしているもので、「〜をお願いします」と相手に依頼をする場面で使用することができます。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 「ご教示願います」の使い方と例文 「ご教示願います」は敬語だが、丁寧さに欠けるので上司など目上には不適切 「ご教示願います」は、上述したように敬語表現ではありますが、丁寧さに欠けるので上司など目上の人に使用するには不適切な表現です。 丁寧さに欠ける理由としては、 「願います」が「願う」という言葉の丁寧語であり敬語ではないという点で、あまり印象がよくない言い回しとなるという点があげられます。 「ご教示ください」も同じく上司には不適切 目上の人に「教示」をお願いする場面での「ご教示ください」も「ご教示願います同様に、丁寧さに欠ける表現です。 「ご教示ください」は、 「ください」が「くれ」の尊敬語である為に強引な印象になってしまう言い回しになります。 したがって、目上の人に使用する場合は敬語表現であっても「ご教示願います」「ご教示ください」よりも丁寧な言い回しをしたほうが望ましいといえるでしょう。 「ご教示」と「ご教授」の違い 「ご教示」は「知識や方法を教えてください」「ご教授」は「学問・技術・技能などを教えてください」 「 ご教示」は、「知識や方法などを教え示すこと」を意味する言葉で、「指示をあおぎたい」「アドバイスを求めたい」といった場合にも使用される言葉です。 「 ご教授」は、「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけ、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用のことです。 つまり「ご教示」は、「専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用される言葉で、楽器やスポーツなど 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 「ご教示願います」の正しい言い換え 「ご教示のほど、よろしくお願いいたします」が定番 「ご教示のほどよろしくお願いいたします」は、柔らかい印象を与える言い回しです。 「〜のほど」の意味は「 〜してくれるよう」「 〜してもらうよう」です。 「〜のほど」は、 断定をさけ、表現をやわらげる表現で、相手に何かを依頼するときに使用する言葉です。 「〜のほど」を使用すると相手に強制することなく、柔らかいイメージで相手に検討することをお願いすることができます。 例えば、「ご教示のほどよろしくお願いいたします」というように続けると、「ご教示してくれるようお願いいたします」というようなニュアンスになります。 例文 「ぜひとも今後の改善点についてご教示のほどよろしくお願いいたします」 「今後の売り上げ向上にむけてご教示のほどよろしくお願いいたします」 「もし証拠となる目撃情報があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「ご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」だとより丁寧 「ご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」は、「 教えてくださいますよう、どうぞよろしくお願いします」といった意味でさらに丁寧な表現になります。 「いただけますよう〜」という表現は、「〜してもらう」の謙譲語である「お(ご)〜いただく」という謙譲語使用していて、「〜ますよう」は露骨なお願いの仕方にんらないように、婉曲な命令・希望を表現す言葉として使用しています。 さらに、「どうぞ」と固く表現した「何卒」と「言わせていただきます」の謙譲語である「申し上げます」を使用した表現が、「ご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」という表現になります。 例文 「報告書の作成方法についてご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「他にも何かご意見があればぜひご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「何か参考になるオススメの作品があればご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご教示いただければ幸いです」が最も謙虚さが表現できる 「ご教示いただければ幸いです」は、「 教えていただければ嬉しいです」というニュアンスで、最も謙虚さが表現できる言い回しです。 「ご教示いただければ幸いです」は、「 教えていただければ嬉しいです」というニュアンスで、最も謙虚さが表現できる言い回しです。 「いただければ」は、「〜してもらう」の謙譲語である「いただく」に仮定形の「れば」を使用した表現で、「 〜してもらえれば」という意味になります。 「幸い」は、「 こうしてくれると嬉しい・ありがたいこと」を表す言葉で、 「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」「〜していただければ幸いです」などといった方が、控えめで、柔らかい印象になります。 例文 「お忙しいところ恐縮ですが、新企画の内容についてご教示いただければ幸いです」 「今回の件について何か知っていることがあればご教示いただければ幸いです」 「資料の送付先がわからないにで、お手数ですがご教示いただければ幸いです」 「ご教示」の類語 ご指示 「ご指示」は「 ごしじ」と読みます。 意味は「 物ごとを指し示すこと、指図すること」です。 「ご指示」は「ご指示を仰ぐ」と使い、「上司などに何らかの指導や指示を受けること」を表します。 「ご助言」は「こうした方が良い」と相手の厚意から出る教えですが、「ご指示」は「こうしてほしい」という命令に近い教えのことを表します。 ・課長、ご指示を仰ぎたく存じます。 ご提示 「ご提示」は「 ごていじ」と読みます。 「ご提示」とは、「提示」という言葉に尊敬語の「ご」をつけて、尊敬語の「ください」を使用した敬語表現です。 「提示」の意味は、「 相手に差し出してみせること・考えなどを相手に示すこと」で、「ご提示ください」は、「 お見せください・考えをお示しください」という意味になります。 例えば免許証や保険証などの身分を証明する為のものを見せてもらいたいときや、特定の成果物を提出する場面や、「都合のいい日程をご提示ください」というような、考えや意見を求められるような場面で使用できます。 例文 ・研修をしたいので、都合のいい日程のご提示願います。 ・詳しいスケジュールの日程のご提示願います。 ・身分書のご提示をお願いいたします。 ご助言 「ご助言」は、「 ごじょげん」と読みます。 「ご助言」の「助言」は「 役に立つような言葉を添えて助けること、その言葉」「 口添え」を意味していて、主に目上の相手にアドバイスを求めるときに使います。 目上の人に「アドバイスください」などを使うと軽い表現となってしまうため、「ご助言」を使うことで正しい敬語でかしこまった表現をすることができます。 ただし、「ご助言ありがとうございます」というようにお礼の気持ちをつたえる場面では使用することはできないので注意してください。 例文 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご助言をいただきたく存じます。 ・企画書についてご助言いただければ幸いです。 参考にさせていただきます。 ご指南 「ご指南」は「 ごしなん」と読みます。 「ご指南」は、 「指南」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついた言葉です。 「指南」の意味は、「 南を指すこと・教え示すこと。 教え導くこと。 また、その人」で、「指南」は「 武術・芸能などを教え示すこと」を意味しています。 「剣道を指南する」「将棋のご指南願います」といったように使います。 例文 ・是非私に、茶道の作法をご指南いただけないでしょうか。 ・お忙しい中、ご丁寧にご指南いただきありがとうございました。 ご指導 「ご指導」は、「ごしどう」と読みます。 「ご指導」は、「指導」という言葉に尊敬を表す接頭語「ご」をつけた言葉で、「指導」の意味は、「 知識・技術などを習得できるように教え導くこと」です。 例えば、目上の人に知識や技術を教えてのらうことを「ご指導いただく」というように言い表します。 例文 ・息子が無事にここまで成長してこれましたのも先生方のご指導の賜物です。 ・何かとご迷惑をおかけすると思いますが、遠慮せずに何かあれば厳しくご指導願いたく存じます。 「ご教示願います」の英語 「Please let me know. 」は「教えてください」の意 「Let me know. 」だと日常会話でも使えるカジュアルな「教えて、知らせて」という意味になります。 「Please let me know. 」と「please」を付ければ、ビジネスシーンでも使うことができます。 「教える」は「teach」「show」「advise」など 「教える」という動詞を使って表現することもできます。 その場合は、 ・teach ・show ・advise ・give advice などの動詞を使えばよいでしょう。 依頼の英語表現は「Could you please...? 」が一般的 英語の依頼表現で最もビジネスシーンで使われるのが、「Could you please...? 」になります。 していただけますか」というニュアンスです。 「I would appreciate it if you could... 」だとより丁寧 より丁寧な表現ですと「I would appreciate it if you could... 」があります。 これは日本語の「... していただけますと幸せです」に近いです。

次の