ボタニスト ドラッグストア。 【元美容師の口コミ】ボタニスト(ダメージケア)シャンプーを使った5つの本音とは?

ボタニストのお試しサイズはどこで買える?店舗は?買ってみた♪

ボタニスト ドラッグストア

ドラッグストアで買える剛毛改善シャンプー やっぱりプチプラ! 安い方がいいって人向けのシャンプーです。 いち髪濃密W保湿ケア アミノ酸系で洗浄力が抑えられているため、乾燥しにくく硬くなりにくいシャンプーです。 ハリコシも出ないので柔らかめの仕上がりになります。 ひまわりボリューム&リペア これもアミノ酸系で洗浄力が低めです。 ヒマワリ種子エキスや油がキューティクルの動きを良くするので、髪に柔らかさが出ます。 スティーブンノルボリュームコントロール プチプラではないけど、ドラッグストアで買えるのでノミネート! アミノ酸系洗浄成分とキューティクルの動きを良くする脂肪酸、そして保湿効果で髪を柔らかく仕上げてくれます。 ドラッグストア以外の剛毛対策シャンプー 1,500円以上くらいの価格帯になってくると、成分もレベルアップしてくるので髪質もより良くなります。 ロフトなどのバラエティショップで買えるものを中心にまとめてみました。 エコロヴィスタスムースリペア オリーブオイル、アルガンオイルなどが配合されていて、髪を柔らかくする効果がきたいできます。 保湿成分もしっかりしているので柔らかさが出やすいと思います。 実際の仕上がりもハリが適度にあるのにしなやかで柔らかい髪になっていました。 ボタニストモイスト 保湿効果が高いのと、セラミドが髪を柔らかくしてくれます。 ちょっと重めの仕上がりになるけど、柔らかさが出ます。 COCUUコンフォートシャンプー サロン系のシャンプーですが、ハリコシが出るタイプではなく、キューティクルの動きを良くする成分が配合されているため柔らかくなります。 しっとり、柔らかい髪質に仕上がりました。 DIVINETIME アルガンオイル、ホホバオイルなどの精油が多く使われていて、潤いと柔らかさを与えてくれます。 キトサンと呼ばれる保護成分が使われていて、剥がれたキューティクルの代わりに髪を守ってくれるので、ツルツルでサラサラな髪に仕上がりました。 無印良品エイジングケア 無印良品のシャンプーは1,000円以下で買えてお手頃! アミノ酸系洗浄成分で保湿効果もあるので乾燥を防げます。 ハリコシはでないので柔らかめの仕上がりです。 ハーブガーデン ネット通販で買えるシャンプーです。 上質な洗浄成分で乾燥を防ぎ、キューティクル補修効果や髪の内側を補修する成分で髪の保湿力をアップ! 柔らかくなめらかな髪に仕上がりました。 どれが一番おすすめ? 1,000円以下なら ひまわりボリューム&リペアがオススメです。 低価格帯でキューティクルを柔らかくする効果があるシャンプーはなかなかありません。 価格を気にしないなら ハーブガーデンがいいでしょう。 髪を補修する成分がしっかりしているので、ダメージケアにも使えます。 硬い髪の原因 硬い髪ってどんな状態の髪の毛なのかを見ていきましょう。 箇条書きにすると、• 内側にたんぱく質がギュウギュウに詰まってる• キューティクルが分厚い• CMCが少なくてしなやかさがない この3つになります。 順番に詳しく説明していきたいと思います。 内側にたんぱく質がギュウギュウに詰まってる 髪の内側のほとんどはたんぱく質でできていますが、このたんぱく質がギュウギュウに詰まっていると髪の毛が太くて硬くなります。 下の絵は髪の毛を輪切りにした断面図です。 周りの黒い部分がキューティクルで、内側にケラチンと呼ばれるたんぱく質の繊維があります。 その周りをCMCと呼ばれる物質が満たしています。 ケラチンは、爪と同じでタンパク質が角質化したもの。 なので、実はとっても硬いものでできているのです。 だからケラチンの量が多い髪は太くて硬くなるワケですね。 キューティクルが分厚い 髪の外側のキューティクルは何枚も重なっているのですが、人によって重なっている枚数が違います。

次の

ボタニストの種類と選び方!どれがいいか比較してみた

ボタニスト ドラッグストア

元美容師Mです。 今回は市販シャンプーでも、かなりかなり!かなり!クオリティの高いボタニストシャンプーシリーズの違いを300種以上のシャンプーは使ってきた私が全力で解説します! 「同じボタニストならそんなに変わらないでしょ~」っと思う人もいるかもですが、同じシリーズでもぜんっっぜん中身と使用感は違うんです。 つまり!いくら評判が良いボタニストであろうと、あなたに合ったボタニストを選ばなければ、紙がパッサパサになる事もあるし、逆にべとつきが気になる可能性もヒジョーに高いっ! っというわけでそれぞれのボタニストに「どんな成分が入っているのか?!」「あなたにあったボタニストはどれなのか?!」解説してきますね。 成分解析 水、 ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ラウリルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ポリクオタニウム-10、コカミドMEA、PEG-30フィトステロール、ローズマリー葉水、サトウキビエキス、グリチルリチン酸2K、リンゴ酸、ジステアリン酸PEG-150、エタノール、BG、DPG、EDTA-2Na、塩化Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料 ボタニストの中で洗浄力がかなり強めなのがこのシャンプー。 笑 メインの洗浄成分が『ラウレス-4カルボン酸Na』という酸性石鹸の洗浄成分なので、刺激性は低めながらしっかり洗浄力があるというのが特徴。 2番めに多く配合されている成分も『ココイルメチルタウリン』というサロンのヘアケアシャンプーに配合されるような刺激が低い成分になっていますね。 ボタニストの中では間違いなく洗浄力が強いのですが、あなたが「洗浄力が優しいシャンプーを使うと、髪がべとついてしまう」っと言うならアリ!な配合成分。 その辺の安物シャンプーのようにとにかく刺激が強い『オレフィンスルホン酸』や『ラウレス硫酸』は配合されていませんので、頭皮に優しいかつ、洗浄力が強めのシャンプーが使いたい人向きですね。 その他の成分には消炎作用が期待される『グリチルリチン酸2K』という成分が配合。 特に珍しい成分でも無いですが、これも刺激が低く頭皮のかゆみ等を抑えるのに期待できる成分ですね。 その他の成分は正直「コレはっ!」っと思えるような成分は無いんですが、余計なものを付けたくない人で、しっかりめの洗浄力が欲しい人にベストな成分だと思いますよ。 【使用後レビュー】 で、実際に使用してみました。 他のボタニストは殆ど100円のトライアルセットがあるんですが、スカルプだけぜんっっぜん見つからないんですよね・・・ 仕方ないので、詰替え用を購入。 洗浄力が高いのもあって泡立ち感はかなり良しっ! 実際の洗い上がりですが、ゴワゴワまではいきませんが私のようにカラーやパーマを繰り返しているミドルダメージ毛だと、流石にちょっときしみはありますね。 元々、ダメージヘア向けのシャンプーじゃないので、何も文句はありませんがあなたがハイダメージ毛だったり、乾燥毛の場合は後述するボタニストを使うべきかと。 逆に整髪料を多めにつける、優しいシャンプーだけだとべとついてしまう。 夕方になると前髪がアブラっぽくなってしまう! っという人はこのシャンプーを選ぶのもアリ!私の場合は1シャン目用のシャンプーに使っています。 1シャン目にこのシャンプーで本当にかるぅ~く、整髪料を流して2シャン目でダメージヘア向きのシャンプーを使うという感じ。 成分解析 水、 ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルサルコシンNa 、 コカミドプロピルベタイン 、 ラウレス-4カルボン酸Na 、セラミド2、加水分解ヒアルロン酸、PEG-30フィトステロール、サトウキビエキス、グリチルリチン酸2K、加水分解ケラチン(羊毛)、デシルグルコシド、コカミドMEA、ジステアリン酸PEG-150、リンゴ酸、PEG-400、ポリクオタニウム-10、BG、DPG、PPG-4セテス-20、EDTA-2Na、 塩化Na、エタノール、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料 ボタニストのヘアケア向きシャンプーの中では、最も洗浄力が高いのがコレ。 メインの成分が『ヒドロキシアルキル(C12-14 』というアミノ酸系の成分ながら、洗浄力が強い成分がベース。 コレもスカルプと同様、洗浄力は強いながら刺激性は低めなので、やはり安物シャンプーよりクオリティが高いです。 その他の成分も『ココイルメチルタウリン』という洗浄力&刺激性がマイルドな成分も配合されていますね。 セラミド2というサロントリートメントに配合されるような保湿成分だったり、『加水分解ケラチン』という鉄板的な補修成分も配合されています。 どっちかと言うと、洗浄力重視でほんのちょぴぃっと髪のダメージも気になるぅ~という人向きかなぁ。 【使用後レビュー】 スムースも実際に使ってみました。 コレは100円のお試し用セットがドラッグストアなんかで売っているので、試しやすいですね。 やはりコレも洗浄力がそこそこ強いのもあって、泡立ち感はかなりGOOD! 実際の洗い上がりですが、、、正直1回の使用だとスカルプとそんなに違いは感じませんね 汗 ミドルダメージな私だとややキシミっぽいものは感じます。 市販シャンプーみたいにゴワッゴワまではいきませんが・・・ 1ヶ月、2ヶ月と長期的に使っていけば、スカルプと差が出てくると思われますが、1回や2回くらいだったらそんなに差は無いです。 とは言え、コッチのスムースもべとつき易い!という人や、割としっかりめに洗いたい!というならアリ!ですね。 あと、香りがマイルドなので個人的にはコッチの方が使いやすいかも。 次点で多く配合されているのはやっぱり『ココイルメチルタウリン』という良質な成分。 そして、その次に配合される成分も『ラウロイルメチルアラニン』というアミノ酸系のマイルドな成分になっていますね。 もう、洗浄成分の時点で前述したスカルプとスムースとはぜんっっぜん性質が違います。 笑 しかも!それだけじゃなく、洗浄成分よりも多く『グリセリン』という保湿成分が配合されています・・・ 一体どれだけ保湿するんだよ!って感じですが、逆に言うとべとつき易いとも言えますね 汗 他にも『加水分解コラーゲン』や『セラミド』なんかの保湿&補修成分も配合されていますが、特にスゴイ!っと思えるような成分は見受けられないです。 【使用後レビュー】 見た目はスカルプやスムースと全く一緒。 なんか泡立ち感がイマイチでした・・・いや、泡立つんだけどなんか水っぽい泡なんですよね。 これだけ優しい成分が配合されていて、グリセリンが多く配合されているなら、メチャ優しいんだろう!? っと思ったんですが、洗ってみると意外に「ギュッギュ」っと髪が引き締まった感じ。 ゴワつくとか引っかかるとかじゃないんですが、想像よりはモイスト、モイストしていませんでした 汗 あと、香りが甘ったるい系なので個人的にはかなり苦手。 成分解析 水、 ココイルメチルタウリンNa、ラウリルベタイン、コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、ラウレス-4カルボン酸Na、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ソルビトール、トレハロース、乳酸桿菌/豆乳発酵液、ユズ果実エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、グルタミン酸、センブリエキス、ローズマリー葉水、マンダリンオレンジ果皮エキス、シャクヤク根エキス、シラカバ樹液、サボンソウ葉エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、リンゴ酸、デシルグルコシド、BG、ポリクオタニウム-10、コカミドMEA、ジステアリン酸PEG-150、セテアレス-60ミリスチルグリコール、エタノール、塩化Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料 ボリュームアップやハリコシ感アップ重視のボタニストがコレ。 ここから一気にクオリティがあがります。 笑 メインの成分は『ココイルメチルタウリン』で刺激も洗浄力もマイルド。 ただ、『ラウレスー4カルボン酸』というスカルプにも配合されていた、酸性石鹸系の洗浄力が強い成分も+されているので、そこそこ洗浄力はある感じ。 そして!なんと言ってもその他の補修成分やら、ハリ・コシ感アップ成分が豪華。 ハリ・コシ感アップが最も期待できる成分が『グリコシルトレハロース』という成分。 これは、グリコシルトレハロースと加水分解水添デンプン混合物でコーティングされた影響であると考えられた。 出典: ブリーチ毛にこの成分を塗布したところ、健康毛と毛髪のダメージが変わらなかったという結果も出ていますね。 あくまでも実験の環境下なので。 シャンプーに配合して全く同じ効果が期待できるわけじゃないですが、補修成分としては優秀なのは間違いないかと。 その他の成分は『センブリエキス』等の頭皮ケア成分がメインなので、どっちかと言うと頭皮ケア&ボリューム感が欲しい!って人向きのシャンプーかなぁ。 【使用後レビュー】 っというわけで早速使用レビュー。 泡立てた時の画像を撮り忘れたのですが、泡立ちはちょい悪めでした。 シャンプーするのに困るっ!ってほどじゃないんですが、スカルプとかスムースよりは明らかに泡立ちは悪い感じ。 シャンプー後の指通り感は流石にスカルプやスムースと比べると、きしみは感じません。 こっちは、本当にボリューム感が欲しい!って人向きですね。 大抵の市販シャンプーってダメージケアと称しながら、成分見ると全然ダメージケア成分が配合されていないものが殆どです。 が!このボタニストは他の市販シャンプーとは次元が違います。 笑 洗浄成分はタウリン系&ラウロイルメチルアラニンというアミノ酸系がベースで刺激や洗浄力はメチャマイルド。 これだけなら、他の市販シャンプーにもあるんですがやばいのはその他の保湿&補修成分です。 バウンシーボリュームと同じく『ペリセア』という補修成分が配合。 更にこれだけじゃなく『ゼイン』というカラーの色持ちアップと毛髪補修が期待できる成分。 ゼイン液にて処理したダメージ毛は、ブリーチ+紫外線処理のみのコントロールに比べてキューティクルが整っており、また毛髪に乗せた水滴が弾かれている状態が観察されました。 ゼイン液はカラーリングした毛髪に処理することにより、【 色持ちをよくさせ 】、染毛直後の状態を長時間保存することが期待されます。 『セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク』という毛髪の表面を補修する成分なんかも配合。 その他の保湿成分には『ホホバオイル』やら、洗い流さないトリートメントにも配合される『アルガニアスピノサ核油』なども配合。 あぁ・・・なんて豪華な成分なんだ・・・ 「なんで君市販シャンプーなの?間違えてドラッグストアに迷い込んだの?」って問いたくなるくらい成分が豪華です。 笑 正直、変な海外ブランドのサロンシャンプーを買うよりも、よっぽどコチラの方がクオリティ高いと断言できます。 変な海外ブランドサロンシャンプーを売っていた私が言うのだから間違いない。 笑 【使用後レビュー】 っということで使用レビュー。 見た目は他のボタニストと見た目は全く同じ。 泡立ち感はかなり良好。 洗浄力が優しめなので、泡立たないかなぁ?っと思ったんですがモクモク泡立ちました。 そして、肝心のシャンプー後の指通り感ですが・・・ カラーやパーマを繰り返している私のようなダメージ毛でも、まっったくきしみやゴワつき無しッ! ノンシリコンのシャンプーなので、シリコン配合シャンプーのように人工的なヌルっと感が無いので、あなたがシリコンに慣れてるとイマイチに感じる可能性はあります。 が!ノンシリコンでココまで手触り感が良いなら、私は何も文句は言えません。 だってコレ、市販シャンプーですぜ?! もしツルッと感が物足りないなら、トリートメントで髪にシリコンを塗布すればいいだけですし、私が使ってきた市販シャンプーでは間違いなくトップクラスの使用感と言えます。 香りに関しても、フルーティなベリー系の香りで一番好みかも。 もし、あなたが市販シャンプーでなんかいいシャンプー無いかなぁ?っと探し彷徨っているなら、1度は使ってみて欲しいです。 ちなみに市販シャンプーって普通、ネットで購入すると送料かかったり割高ですよね? なんですがボタニストって送料が無料でクーポン配っていたりするので、変にドラッグストアで買うより易い事もあります。 ボタニストは全てのシャンプーが『ラウレス硫酸』やら『オレフィンスルホン酸』等の刺激や洗浄力がとにかく強い洗浄成分が配合されてません。 この時点で、他のシャンプーよりクオリティ高い!と言えます。 初めて見た時は「おいおい!シャンプー業界ぶっ壊す気か?!」っとビビりましたもん。 私と娘(6歳)で、ボタニストダメージケアのシャンプーとリンスを使っています。 娘は発達の関係か、感覚過敏な所があり、シャンプーが嫌い(と言うより顔に水がかかるのが苦手です)で、 シャンプーしてすすぎ、またリンスをつけてすすぐと言う事が難しくて、 シャンプーとリンスを混ぜてつけ、すすぎの回数を減らさないといけない状況です。 でも、それではリンスの効果がないのか、朝起きて髪の毛の絡まりやハネがきついです。 どこかのサイトで見たのですが、 シャンプーしてすすぎ、最後一回は洗面器にリンスを垂らして混ぜて流すだけでもいいのでしょうか? それとも、リンスインシャンプーに変えた方がいいのでしょうか? (もしその場合はオススメを教えていただけるとありがたいです) よろしくお願いします。 参考にしていただきありがとうございます! 洗面器にリンスやトリートメントを垂らすのはアリです。 私も美容学生の時は首のマネキンにこの方法でリンスやトリートメント付けてましたが、結構サラサラになります。 あとは、100均で買えるようなスプレーの中に少量のトリートメント&お湯を混ぜて、お風呂場で髪の毛に振りかけるのもオススメです。 ただ、付ける時はなるべく背中や頭皮などに付かないように注意してくださいね。 カチオン系の刺激が強めな成分が入っているので、かゆみを感じる可能性がありますので。

次の

【悪い口コミ徹底調査】ボタニスト ボタニカルシャンプー&トリートメント!モイストとスムースの違いって?|りあコミ!

ボタニスト ドラッグストア

Contents• ボタニスト(BOTANIST)のお試しサイズはどこで買えるの? ボタニスト(BOTANIST)のお試しサイズは店舗で買えます。 ドン・キホーテ• LOFT• PLAZA• 東急ハンズ• PARCO• ショップイン もしかしたらドン・キホーテは店舗サイズも様々なので、 お近くの店舗では取り扱いがない!ってこともあるかもですが…。 「近所のドラッグストアで見た!!」 という目撃情報もありますので まずはお近くのドラッグストアをのぞいてみるのもよいかもですね。 メルカリやフリル、ヤフオクなどですね。 なかなか自分の髪質に合うシャンプーがない!• シャンプーするだけで気分がアガるのが欲しい!• ふわっと香り、男性を虜にするシャンプーが欲しい! とお悩みのあなた! ぜひ、ボタニストをお試しください。

次の