すず ひ 41。 h+and ~ I want to throw away ~

【画像】最新の広瀬すずが今までで一番カワイイ件: GOSSIP速報

すず ひ 41

【第41回日本アカデミー賞】広瀬すず「三度目の殺人」で最優秀助演女優賞! 2018年3月2日 21:26 「三度目の殺人」の演技が評価された広瀬すず [映画. com ニュース]第41回日本アカデミー賞の授賞式が3月2日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われ、「」の演技が評価されたが最優秀助演女優賞を受賞した。 第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選出された本作は、監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。 裁判をビジネスと割り切る弁護士・重盛()が担当することになったのは、死刑がほぼ確実な殺人事件。 2度目の殺人を自供した容疑者・三隅()と面会を重ねるが、供述が二転三転し明確な動機を見抜くことができず、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。 是枝監督とは「」以来2度目のタッグとなった本作では、物語の鍵を握る被害者の娘・山中咲江役に息吹を注ぎ込んだ広瀬。 第40回「」で優秀助演女優賞を受賞していたが、同部門の最優秀賞は初の戴冠となった。 発表前、司会を務めたから「初々しいのに風格がある」、から「黙っているのにずっと喋っているかのようなエネルギーを感じました」と絶賛されると「台本をいただいてなかった『』の時は、現場に行くまでは何も知らなかったですし、ある意味力が入らなかったんです。 (事前に台本をもらった本作では)今日やっているシーンを知っている自分が恥ずかしかった」と振り返っていた。 心に闇を抱えた少女を静かに力強く演じた広瀬に対し、是枝監督は「色々な監督さんと良いお仕事をされたんだと思います。 すごくキモがすわったといいますか、大きく育っている。 ついていくのが精一杯でした」と手放しで称賛した。 プレゼンターを務めたから最優秀賞ブロンズを受け取ると「本当にありがとうございます」と力強く言葉を紡いだものの、「ちょっと、何をしゃべればいいのかわからない」と驚きを隠し切れない様子。 だが「やっぱり込みあがってくるのは、嬉しいという気持ち」と笑みを浮かべると、「監督はいつも見たことがない景色をたくさん見せていただけるので、これから少しでも恩返しができるように。 そして、自分が出演させていただいた作品の力になれるような役者さんになるため、これからも頑張ります」と気持ちを新たにしていた。 (映画. com速報)•

次の

G&G,エアガン・電動ガン,迷彩服の格安通販なら|41ミリタリー

すず ひ 41

【第41回日本アカデミー賞】広瀬すず「三度目の殺人」で最優秀助演女優賞! 2018年3月2日 21:26 「三度目の殺人」の演技が評価された広瀬すず [映画. com ニュース]第41回日本アカデミー賞の授賞式が3月2日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われ、「」の演技が評価されたが最優秀助演女優賞を受賞した。 第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選出された本作は、監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。 裁判をビジネスと割り切る弁護士・重盛()が担当することになったのは、死刑がほぼ確実な殺人事件。 2度目の殺人を自供した容疑者・三隅()と面会を重ねるが、供述が二転三転し明確な動機を見抜くことができず、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。 是枝監督とは「」以来2度目のタッグとなった本作では、物語の鍵を握る被害者の娘・山中咲江役に息吹を注ぎ込んだ広瀬。 第40回「」で優秀助演女優賞を受賞していたが、同部門の最優秀賞は初の戴冠となった。 発表前、司会を務めたから「初々しいのに風格がある」、から「黙っているのにずっと喋っているかのようなエネルギーを感じました」と絶賛されると「台本をいただいてなかった『』の時は、現場に行くまでは何も知らなかったですし、ある意味力が入らなかったんです。 (事前に台本をもらった本作では)今日やっているシーンを知っている自分が恥ずかしかった」と振り返っていた。 心に闇を抱えた少女を静かに力強く演じた広瀬に対し、是枝監督は「色々な監督さんと良いお仕事をされたんだと思います。 すごくキモがすわったといいますか、大きく育っている。 ついていくのが精一杯でした」と手放しで称賛した。 プレゼンターを務めたから最優秀賞ブロンズを受け取ると「本当にありがとうございます」と力強く言葉を紡いだものの、「ちょっと、何をしゃべればいいのかわからない」と驚きを隠し切れない様子。 だが「やっぱり込みあがってくるのは、嬉しいという気持ち」と笑みを浮かべると、「監督はいつも見たことがない景色をたくさん見せていただけるので、これから少しでも恩返しができるように。 そして、自分が出演させていただいた作品の力になれるような役者さんになるため、これからも頑張ります」と気持ちを新たにしていた。 (映画. com速報)•

次の

G&G,エアガン・電動ガン,迷彩服の格安通販なら|41ミリタリー

すず ひ 41

なぜやらないの?と、よく聞かれるのですが。 twitterとInstagramは、一生やらないと決めています。 すずひです。 やらない、というのはちょっと違いました。 「怖くてようやらない」の方が、ぴったりくる表現かな。 寝苦しい季節がいきなりやってまいりましたが・・・ 準備万端! 夏の寝具! *************************************** 「LINE」も、どこか同じ気持ちです。 いまだにしていませんし、 それで困ったことは一つもないですし、 これからもわたしは きっとずっとしないまま、なのだろうと思います。 できることなら、必要な時期が過ぎたら、 いつかスマホを手放したいと思っている民ですから(笑) とっても便利なものではありますが、 もしもスマホを急に取り上げられたとしても、 わたしの暮らしや気持ちは、そんなに変わらない気がします。 なくても大丈夫な気がしています。 呆れるほど依存してない(笑) 家に自分のPCがあれば・・・もうそれで平気かな。 ***************************************** 実際、Payを使わないお出かけの時には、 わたしはスマホをしょっちゅう家に忘れたまま出かけそうになります。 出先で「あ、忘れた」と気づきますが、 だからどうってこともなく、 そんな時に限って着信があったりして なんで出ないんだ!なんで携帯していないんだ!と もしも叱られたりすると、 スマホのせいで怒られる羽目になったという理不尽さに納得がゆかず、 ますますスマホ嫌いになるのがわたしです。 おっと話が逸れました。 twitterはやらない。 Instagramもやらない。 ではなぜ「ブログ」はできるのだろうか、というのが、今日のお話です。 5月に入ったらすぐに準備しています。 梅雨の前にしっかり洗って、乾かしてスタンバイ。 *************************************** それがなぜなのか、 自分でもよくわからなかったのですが、 大好きな作家さんの発信の中に、 その「答え」を見つけた気がしました。 SNS twitterやInstagram)とブログは、 その目的が全く異なるのですよ、というお話。 有名人や芸能人や企業さんや政治家さんなどのSNSは別として、 これは個人の。 個人の一般人の場合、のお話として。 SNS twitterやInstagram)とブログでは、 その「目的」が異なる、と。 そういえばサークルにも入らなかったです。 「内輪ノリ」が、ツラすぎて(泣) 朝夕バイトして、 専門学校へ通うための学費100万貯めることの方が楽しかった。 バイトの友達が大好きだった。 19歳の秋に、目標にしていた100万が貯まった時は・・・ 通帳の「0」の数を一、十、百、千、万と数えて、本当に嬉しかったなあ。 暗いですか?(笑) **************************************** ブログは、不特定多数に向けた「発信」。 SNS twitterやInstagram)は、共感を前提とした「コミュニケーションの場」。 そうか。 大違いではないか! これはもう、両者比較すらもできない、 全く異なるスキルが求められる・・・ 根底からの「大違い」だわ!! 化繊には戻れないコットン100%。 夏の快眠を約束してくれる、頼もしい味方です。 ************************************* 「友達とカフェ行ってタピオカした」 「今日は、寿司!」 「子供の寝顔がかわいい」 「犬」 「猫」 「空」 こういった書き込みは、とてもSNS向きなのだそう。 「いいね!」「そうですね!」「可愛い!」と共感を得られる、 まさに理想のコミュニケーション。 ところがブログで。 「発信」の場でそれに終始してしまうと、 「知らんがな」「自慢ですか?」「だからどうしたの?」 といった冷たい反応が混じってくる不思議。 発信の、壁か。 **************************************** この「壁」が、けれどもわたしは、とても好きだ。 この壁があるからこそ、真剣に向き合わなければ、と気が引き締まるし、 壁に突き当たったのなら、ひとつひとつ突破してゆきたい。 つまりは、「進撃」したいんだ(笑) ************************************** アカウントは持っていませんが、 素敵な方々のInstagramを見るのは大好きでした。 ある時Instagramやってる友人が教えてくれたんですけれど、 わたしの本を買ってくださった方が、 まるで「相田みつを」の名言みたいに、 本の中にある一文を毛筆で書いてくださって、 それをpostしてくださっているんですって。 美しい筆文字と、「篆刻印」っていうのかな? 書道や絵画などの作品に落款(サイン)として押されるハンコが、素敵で。 ちらっと拝見させていただくことができました。 涙が出そうでした。 アカウントを持っていれば、 こんな時、お礼を申し上げたり、 それこそここでご紹介せさていただけないかどうかお願いしてみたり、 できたのかもしれないけれど・・・ できなかったんだなあ (;_;) みつを 最近は、なんだかInstagramのシステムが変わってしまったらしく、 アカウントを持っていないとちゃんと見られなくなってしまいました。 ああ、もう以前のようには見られないのか、と とてもがっかりしました。 それならアカウント作ろう!ではなく それならもう見ることをやめようかな。 と思い至りました。 楽しみにしていた日課がひとつ減ってしまいました。 ************************************** けれど。 離れてしまえば、数日で慣れてしまう。 ステキなひとのフォロワーさんは、 これまたこぞってステキなことがほぼ確実で、 それをたどって、たどって楽しんでいると、 あっという間に数時間が失われていることも、かつてはありました。 嬉しかったpostや、大好きだったpost は 今も脳裏に焼き付いているし、 コミュニケーションを断たれてしまったような気持ちには、 不思議と、ならなかった。 ああ、またひとつ。 ここから「卒業」なのかな、と。 コロナ禍は。 発信における 大きな「壁」でした。 今もまだまだ真っ最中なんですけれど。 何を発信したらいいのかが、とても難しく、 そのせいでしょうか、 悩んだ末におやすみをされるブロガーさんも、お見受けしました。 なるべく触れない感じで ブログのイメージを守り通す方あり。 不安や葛藤のありのままを、 ご自分の言葉で正直に発信される方あり。 この状況に何を不安に思うかも、 どう感じているのかも、 本当に人それぞれで・・・ 発信の「個性」を、ものすごく見た気がした。 ************************************* シンガー・ソングライターでタレントの泰葉さん(59)のブログが 6月に入ってから、暴走中なのだそうです。 この1週間で「570本超」と それはもう尋常ではない更新ぶり。 10〜20分おきに短文で更新し、 その内容も支離滅裂のものが多く、 ブログ読者を震え上がらせているのだとか。 1週間で570本って、これはTwitterだとしてもすごい数! これ聞いただけで、なんかもう凄そうで、 怖そうで、一切読んではいないのですが・・・ 一体どうされてしまったというのでありましょう (;_;) ************************************** わざと違う名前で呼ばれて、 「大嶋さん」とか「のじまさん」とか呼ばれて、言い返す。 あの芸人さんが、わたしは昔から大好きで。 雛壇のすみっこに彼が映るだけでも、 あ、いるいる!と、ほんわか嬉しくて、好きで。 相方さんのことを深く深くお詫びされたあと、 「頑張ります。 Twitterで発信されたのだそうです。 たくさんのたくさんの激励に対する御礼。 「頑張ってください!」「応援してます!」 「ありがとうございます。 頑張ります。 」 こんな変哲もない言葉のやりとりなのに 優しい言葉を書き込んだ人。 それに応えようとする人。 両者のお気持ちを想像しただけで・・・心はとても、あたたまる。 発信でも。 コミュニケーションでも。 直接関わらなくても、遠くから見ているだけでも、 心あたたまるものがある。 そうではない、震え上がるようなものもある。 ブログが好きだから。 大好きだから。 心あたたまる「発信」に、支えられたことが、 これまで、わたしには、何度も、何度も、何度もあるから。 そういう言葉を発信できる人に、わたしも、なりたいです。 ブログを1日お休みさせていただいた昨日は、 家事の合間に。 お茶の時間に。 そんなことを、ずっと考えていました。 おわり この数ヶ月は、いつも通りのブログを書くことが本当に難しくて、 これは大きな災害が起こったあとにも、長く長く感じる「苦しさ」なのですが。 すごい「壁」だと感じました。 今も感じ続けています。 そんな中でも、それぞれの発信を続けておられるライフスタイルブロガーさん。 みなさんのブログに、わたしはとても励まされています。 読んでいただけること。 そして読ませていただけること。 ブログにも「コミュニケーション」が確かに存在するってこと、ひしひしと感じました。 人間くさいわたしのブログをいつも読んでくださって・・・ 本当にありがとう。

次の