おり もの 水 大量。 災害時に必要な1日の水の量ってどれくらい?

水っぽい・さらっとしているおりものは注意が必要なことも!

おり もの 水 大量

概説 [ ] 水はにとって最もありふれたであり、基本的なである。 また、がを維持するには必要不可欠であり、様々な産業活動にも不可欠な物質である。 古代ギリシャではが「万物のは水」とし、はの1つで基本的なとして水を挙げた。 古代インドでもの1つとされ、中国のでも基本要素の1つと見なされている。 18世紀の後半まで、洋の東西を問わず人々はそうした理解をしていた。 また無味無臭である。 日常生活で人が用いるコップ1杯や風呂桶程度の量の水にはほとんど色が無いので、水の色は「無色透明」と形容される。 詩的な表現では、何かの色に染まっていないことのとして水が用いられることがある。 しかし、、、、大きななど、厚い層を成して存在する大量の水の色はに見える。 このような状態で見える水の色を、日本語ではそのままと呼んでいる。 やで最も多い物質でもあり、細胞内の物質をする際の媒体としても利用されている。 水は人類にとって身近であって、地球上の生物の生存に必要な物質である。 しかし宇宙全体で見ると、液体の状態で存在している量は少ない。 現代の東京の家庭での水の使用量を多い順に並べると、、、である。 呼称 [ ] 日常的なでは、同じ液体の水でも温度によって名称を変えて呼び分ける。 低温や常温では 水と呼ぶが、温度が高くなると 湯(ゆ)と呼び 、別の漢字を宛てる。 しかし、 water や eau や agua などでは、液体であれば温度によらず名称は不変である。 日本語では、湯などから立ち上ったが凝結して空気中に細かな粒として存在する水は、と言う。 用途、性質、存在する場所などによる呼び分けも行われている。 例えば、水の中でも、特に飲用に供せるものをと言う。 海にある塩分などを多く含む水は、地下に存在する水はと呼び、地下水を汲みボトルに詰めた製品をと呼ぶ。 また、用途によって、、などの呼称もある。 機能とに基づく、、、という呼称もある。 (この学術的接頭辞の発音は、言語ごとに異なり、での発音、での発音それぞれに忠実な片仮名表記は「ハイドロ」、「イドロ」)である。 接頭辞hydro-の使用例: hydrogen (=「水を生むもの」「水のもと」といった意味の造語)、。 :aqua()(注 : ラテン語も伝統的に学術用語に用いられており、さらにラテン語が非学術的分野で(商用も含めて)造語に用いられることもあり、様々な言語で「aqua- アクア~」といった語や表現が(会社名、製品名なども含めて)多数用いられている)。 は オキシダン oxidane だが、ほとんど用いられない。 また、 一酸化二水素、 酸化水素、 水酸、 水酸化水素といった呼び方をすることも可能である。 特に純度の高い水は「」という呼称もある。 重水・半重水とトリチウム水を併せ、さらに酸素の同位体と水素の化合物である水も含めて、単に重水と呼ぶこともある。 この広義の重水に対して、普通の水は、と呼ばれる。 軽水と重水はが同じなので、化学的性質は等しい。 しかし、質量が2倍、3倍となる水素の同位体の化合物である水では、結合や反応の速度などのに顕著な差が表れる。 それらが上空にある状態では、と呼ぶ。 雲からして大きめの水滴となって地上に落ちてくる水はと呼ぶ。 上空で水蒸気が凝固して結晶となった氷はと呼ばれ、一体の結晶になっていない粒は、大きさによって(あられ)や(ひょう)と呼ぶ。 それらが水と混合した状態になっていれば、(みぞれ)と呼ばれる。 水の知識の歴史概略 [ ] 古代から18世紀まで [ ] の哲学者、一般に最初のとされる、頃の人物のは、万物の根源を探求する中で「アルケーは水である」と述べたと伝えられている。 これはに継承された。 でも、地、水、火、風 およびこれに空を加えた の思想が唱えられていた。 また中国においても、万物は 木・ 火・ 土・ 金・ 水の5種類の元素から成るとする が唱えられた。 つまり、洋の東西を問わず、水は、基本的な4~5種のの1つだと考えられていた。 こうした水の理解は、2000年以上、18世紀後半の時点でも、ごく一般的であった。 こうした理解に変化が生じ始めたのは18世紀末である。 人類の歴史の中で見ても、ごく最近のことである。 18世紀末に、が、金属と酸とが反応した時に、軽い謎の気体(現在ではと呼ばれているもの)が発生し、それは簡単に燃えて水になることを発見した。 また、が、この燃焼で化合する相手が空気中の酸素であることを確かめた。 これによって「水は元素ではなかった」という考え方が登場した。 ただし、ラボアジエの実験があっても、人々の考え方が直ちに変化したわけではない。 人々や学者らもおおむね四元素の考え方をそれまでどおり用いていた、と科学史家たちは指摘している。 18世紀までの文献に現れる「aqua」「water」「水」などは、基本元素としての水であると理解するのが妥当である。 19世紀 [ ] その後初頭、イギリスのが実験の結果、水素と酸素が重量比で1:7で化合するとし(後に正しくは1:8と判明)、1805年にはやなどがそれぞれ、体積比で2:1で化合することを見出した。 この19世紀の初頭に、西欧の学者たちの水の理解が変わったと科学史家らによって指摘されており、同世紀を通して一般の人々の理解も変化していったと考えてよい。 分子説の成立と共にあったという点などで、水は近代の発展のきっかけを作った物質である。 この時期は、おおむねphilosophia()を母胎としてscientia()が生まれつつあった時期と一致している。 こうした新しい独特の哲学を行う人の数が徐々に増え、彼らが自分達のことを他の哲学者と区別するためにscientist()という用語がによってに造語され その使用が提唱された。 水と氷の近代以降の主要な研究の年譜 [ ]• 初頭 - ベルギーのは植物成長に関する実験により、水を元素と結論づけた。 あらかじめ重量を測定した鉢植えに水だけを与え、4年後に重量を測定すると重量が増加していた。 すなわち水元素が木元素に変換したことになる。 ヘルモントはという用語を作り出した。 ビールの発酵、石炭の燃焼、炭酸塩から発生するガスが全て同じ物質であり、命名もしていたが、彼自身の実験と彼のガスの関係には気づいていなかった。 - イギリスの、水を材料に熱の研究を行ない、蒸発熱や潜熱を測定した。 - キャベンディッシュ、「人工空気の実験を含む三論文」を発表。 第1論文で「可燃性空気」すなわち水素の発見を発表。 ただし、水素の燃焼物が何であるかを理解していなかった。 - 酸素の発見者の1人であるイギリスのは、水素の燃焼物が水であることを見いだし、キャベンディッシュに確認を求めた。 - キャベンディッシュが「空気に関する諸実験」を発表。 水の組成を確認する実験について記述されている。 実験には2年を要した。 水素と酸素を電気火花によって反応させると大量の反応熱を出すため、生成物にどうしても窒素の酸化物である硝酸が混入してしまうためであった。 彼の論文では水素と酸素を可燃性空気と脱空気としているものの、水素2容積と酸素1容積から水が生成することを確認している。 フロギストンによらない説明を最初に与えたのは酸素という名を命名したであった。 - ラボアジェが赤熱した鉄管に水を通すと水素が発生することを示し、水素、酸素こそが元素であって、水は化合物であることを最終的に確認した。 - イタリアのが酸素と水素が一定の比率で化合する性質を利用し、逆にこれらの気体の分量を測定するユージオメーターを開発した。 - 、化学反応による電流の発生に成功。 これが化学電池の原型であり「ボルタの電堆」と呼ばれる。 - イギリスの、「ボルタの電堆」を用いて、初めて水をした。 に水素が2容積、に酸素が1容積発生することを示した。 - この頃までにの概念が提唱された。 - が、水のを行った。 - 、氷の残余の理論。 - がを人工的に世界で初めて作成した。 - 、水中の移動に関するモデルを提唱した。 - により、水のによるシミュレーションが行われた。 - が、水のによる構造解析を行った。 - R. Miller らにより、水にレーザーパルス照射で生じさせた構造変化は 50 フェムト秒以内に失われることが報告された。 水の性質 [ ] のモデル図 地球上の水 [ ] 地球上には多くの水が存在しており、生物の生育や熱の循環に重要な役割を持っている。 この水の存在は、やなどの、における大きな要因の1つである。 水蒸気は最大のでもある。 そのほとんどがやとして存在している。 氷の状態の淡水の大部分は南極大陸とグリーンランドが占めている。 009 0. 0001 0. 31 0. 31 0. 005 2. 15 0. 001 0. 008 97. として利用できる水はさらに少ない。 海水は天然および人工の全ての汚れを合わせ高濃度に汚染されているため、としての利用価値はほとんどない。 地球における継続的な水の循環は と呼ばれている。 から与えられたエネルギーを主因として、・・間で相互に状態を変化させながら、・・・への浸透などを経て、地球上を絶えず循環している。 また、この循環の過程で地球表面の熱の移動や・運搬・などのを形成する作用が行われる。 太陽系の水 [ ]• のおよびの表面に存在する水のほとんどはまたはであり、地球以外で液体の水が存在する場所は少ない。 相図から判るように、液体の水が存在できる温度範囲は高圧ほど広くなる。 逆に、のように気圧の低い環境では、液体の水は安定に存在することはできない。 しかし、かつての火星の表面には液体の水があったことが判明している。 の1つであるには、内部に液体の水からなる海が存在するのではないかと考えられている。 太陽系外の水 [ ] には、大量の液体の水を保持している可能性のある惑星が複数見つかっている。 例えばや、といった惑星は、地球と同じような環境で水の海を持つと推定されている。 しかし、やといった惑星は、地球と異なり、高温高圧のの海を持つとされている。 にののに、地球の水の140兆倍という膨大な量の水が発見された。 にはの観測により、が高温の水蒸気の大気を持つことが確認された。 大気の下には超臨界水の海が存在する可能性がある。 生物と水 [ ] 極地の風景 生物体を構成する物質で、最も多くを占める物質は水である。 やで最も多い物質でもあり、細胞内の物質をする際の媒体としても利用されている。 生きているには(理想的なである)水が多く含まれており、生命現象を司るの場を提供し、また水そのものが種々の化学反応のとなっている。 として、体内の物質輸送や分泌物、に用いられる。 また高分子鎖と化することで体を支える構造体やにも利用されている。 クマムシのように厳しい環境にも耐えられる生物は、体内の水分を放出し、不活性な状態を作り出すことができる。 なお、「生物は太古の海で誕生した」とされることがある。 生物のとの組成が似ていることもその説の根拠の1つである。 地上の生物もその先祖をたどれば水中生活を送っていた、とされる。 陸上のように、常に水に浸かっていない環境では、生物にとって最も重要な問題の1つが水の確保である。 陸上のでは、周囲が湿っていなければ活動できない種も多い。 に見られる進化的形態の多くが、水の確保やが限られた環境への適応である。 の場合も、頻繁に乾燥にさらされる環境への適応として、休眠の能力が発達したと考えられている。 また女性は男性に比べて体内の脂肪分が多い関係で水分量は同年代の男性に比べてやや少ない。 この、の両者を総称してと呼ぶ。 この体液が生命の維持、活動に重要な役割を果たす。 なおニッスイによると1日に排出される水の量は体重60 kgの成人男性で2500 mLであり、内訳としてはが1400 mL、100 mL、汗500 mL、肺からの呼気500 mLである。 1日に必要な水の量は当然2500 mLで、一般にから1200 mL、から1000 mLが摂取され、残りはを300 mL得ている。 水は強力な水素結合で水分子同士が引き合っているためにが多い。 このため汗が蒸発することにより、非常に効率良く体温を下げられる。 脱水症 体内の水分量が不足した状態を医学的にはと呼ぶ。 水分喪失量に対して水分摂取量が不足することによって起こる。 水分摂取不足、あるいは水分喪失過剰、あるいは水分摂取不足と水分喪失過剰の同時進行によって起きる。 具体的には、高温の環境、重作業、激しい、、、などが原因となって起きる。 水中毒 人体が過剰な水分を投与された場合、のが異常に下がり、によって悪心、、間代性の、等の症状を引き起こす。 これをと言い、ミス、心因性多飲、などの結果として見られる。 「」も参照 人間の健康と水 [ ] 安全な水を飲めるかどうか、ということは人間の健康に大きな影響を及ぼしている。 汚物などに触れた不衛生な水を飲むと、・・などで命を落とす者が出る。 そしてこれらの病気は伝染する。 体力の弱い乳幼児は、不衛生な水を摂ると、しばしば酷いを起こしで死亡する。 老人も免疫力が弱く、不衛生な水で命を落としやすい。 また、不衛生な水はの問題も引き起こす。 古代でも中世でも、人類のほとんどは水道無しで生活していたと考えてよい。 都市で暮らすにしても上水道が無かったのである。 安全な水を飲む方法として古代から行われている1つの方法は、(しゃふつ)してから口に入れるという方法である。 水道 [ ] の水道橋であるの。 (古代ローマ)は、土木技術に秀でており、ローマに水を引くべくを建設した。 これのおかげでローマの住むローマ市民は公衆浴場を利用することができた。 もあった。 石でできたベンチ状の物の下を水が流れており、ベンチには穴があいており、そこにこしかけて用をすれば、排泄物が流れてゆくのである。 ローマのように水がふんだんにある都市生活は世界的に見て例外的であり、他に類を見ない状態であった。 ローマ帝国の時代、ローマという都市に住む人たちは風呂に頻繁に入っていたわけだが、その後、彼ら かつてのローマ帝国の中核的市民。 今のローマ市民やイタリア人)は頻繁に風呂に入る習慣は失った。 都市では、都市で生活する者に安全な飲料水をいかにして届けるかということは、都市を治める者、政治を行う者にとって大きな問題である。 日本のでは、水不足の状態を改善するために、1652年にの建設が計画され、翌1653年、まずは本線が建設された。 難工事で幕府の用意した資金は底をついてしまい、玉川兄弟は自宅を売って建設を続行したという。 承応3年(1654年)6月から、江戸市中への通水が開始された。 玉川上水は江戸っ子の自慢となった。 江戸の上水道は世界的に見て質が高かったと指摘されることは多い。 京都では1885年(明治18年)に琵琶湖第1疏水を着工、1890年(明治23年)に完成した。 ヨーロッパの小都市の広場などにある 「fonteフォンテ」 や「fontaineフォンテーヌ」(=「泉」)の例。 ヨーロッパではどんな状態だったかというと、ヨーロッパでは中世、各都市は外敵を防ぐべく壁を建設し(城塞都市)、が行われ、独立性が高く、小さな国のような様相を呈する都市が多かった。 ヨーロッパの都市では、街の広場などに、都市の近くの山などから水道で水を引き 、その水を出す fonte フォンテ (イタリア語、ポルトガル語。 フランス語では fontaine フォンテーヌ、日本語では「泉」)を設置して、飲料水を市民に提供している都市が多かった。 市民は桶を持って広場にやってきて、この「泉」で水を汲んで、水が入った重い桶を持って家まで運び、各家でそれを使うのである。 つまり「水道」があるといってもそういう程度のことであったのであり、基本的に各家まで引かれていたわけではない。 ヨーロッパの水事情を理解するための例の1つとして、フランスの首都のの水事情について説明すると、パリの水事情は劣悪であった。 16世紀・17世紀・18世紀と、パリ市民は安全な飲料水をたっぷりと確保できていたわけではない。 基本的に、風呂に入る、などということは考えられない状態であった。 やることと言えば、布に水や湯を含ませて身体を拭くということだったり、せいぜいやるとしても、身体があまりに臭くなったら、や()を用意して、服を脱いでその中で立って、桶にくんだ水をチョロチョロと身体にかけて流し、数分後にはそそくさと身体を拭く、という程度であった。 (日本人のように熱い風呂に全身をどっぷりと沈めて身体を温めるなどという発想はフランス人にはまったく無かった。 ) 汚水の扱いも酷い状態で、パリに下水道が整備されていなかったため、市民は、汚物を家(アパルトマン)の前の街路に捨てていた。 当時、パリの街路は道の端や真ん中に水が集まるようにしてあり、雨になるとそこを雨水が流れるのだが、そこに汚物が大量に流れ、街全体に悪臭が漂っていたのである。 そんな状態が常態化すると、終いには、建物の3階・4階などに住み、いちいち1階まで歩いて降りる手間を面倒に感じる者などでは桶に入った汚物を窓から直接放り投げるような不届き者すらもいた。 パリの街を歩くには、足元の汚水にも気を付けなければならないし、同時に、頭上にも注意を払って汚物をかけられないように気を付ける必要すらあったのである。 この状況が変わったのは19世紀のことで、オスマンが行った(オスマニザシオン)の御蔭であり、オスマンは、パリ市民のために安全な水を豊富に確保するために、パリから100 kmも離れた水源からパリに水を引くという決断(大英断)を行い、それが成功し、各家庭に充分に水を届けることが可能になり、その結果、当時、パリの各家庭でを置き風呂に入るということがちょっとした流行になった。 だが、今でもフランス人はあまり風呂に入らない。 少なくとも日本人のように毎日風呂に入ったりするような習慣は全然無く、本当にたまにしか入らない。 なお、フランス人は、風呂に入らない身体のひどい体臭をごまかすためにを用いるという文化が発達した。 地域によっては現代でも水道が無い国が多い。 毎日水をバケツ等で家まで運ぶ地域もある。 さらに、水源が遠いため自力で長距離を歩かなければならず、その労働にあたる子供が通学さえままならない地域もある [ ]。 産業利用を目的とした水利は、と呼ばれる(・)。 水の使用量 [ ] 現代の水道の。 水使用量は1950年から1995年までで2. 6倍になっているともされ、2025年には30億人以上が水の量と質の限界(水ストレス)に直面する、とも予想されている。 という指標で水の使用量が計算されている。 家庭での水の使用状況と用途 [ ] 家庭での水の使用量は、地域によって著しく異なる。 の中には、1日1人当たり数リットル程度の国も見られる。 その一方で、先進国では1日1人当たり数百リットルという国が多く、途上国と先進国の間には大きな差がある。 日本の家庭の使用量も他の先進諸国と同様、最も高い部類に属する。 日本での使用状況の1例として東京の家庭でのそれを挙げると、1日で1人当たり242 Lの水を使っている(2005年現在、調べ)。 水の利用法 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年10月)• 生命維持のための摂取。 植物はなどから吸収。 動物は直接飲用またはより摂取• 冷却(、の利用) - ・の式、、、、、• あたため・加熱(熱交換) - ・、、装置、• としての利用 - 、• 溶媒として溶かし、かつ溶かした物質を除去するため - 、• ()の軽減(特異なの利用) - 、• 位置エネルギー・運動エネルギーの利用 - 、、、• (スチーム)の圧力の利用 - 、・の• 水の粒を利用した映像作品やスクリーンとしての応用• 重みをかけるため(としての利用) - 船舶の、ビーチパラソル・旗・・看板などの重し• 水の重みによるの利用 - 、• - 、 農業 [ ] 世界のそれぞれの地域における水の状況は、地域による差、気候の差の影響を大きく受ける。 その水の状況が、に影響を与え、社会構造にも影響を与えている。 日本は山と海に囲まれ湧水も多く、水に恵まれた国である。 山の地形を利用して米を作る棚田農法や滋賀県高島市針江区の湧水と井戸を利用した川端文化(かばたぶんか)など、地域に合った水との付き合いをしている。 水と芸術 [ ] 水は人類にとって最も身近で重要な物質であり、かつ様々な態様を見せることから、水をモチーフとした数々の芸術作品が生み出されている。 水そのものを取り入れた作品として、庭園における池やなどがある。 代表的な慣用句 [ ]• 水掛け論 - 双方が主張を言い合い解決しない議論のこと。 に水が欲しい双方が水を掛け合ってまで争うところからきているといわれる。 湯水のように(ごとく) - 大量に使うことを指し、通常は無駄遣いや乱費の表現として用いられる。 日本ではかつて「水と安全はタダ」など言われ、水は非常に安価または無料の代名詞であった。 のでを清めるために大量の湯水を使うことに由来する。 (またはその略称「お水」) - またはの別称。 1日の客数が安定しない(水物である)から。 一説に、酒の水割り用の水道水に値段を付ける(金を取る)ことから。 水に流す - 過去の因縁を忘れること。 汚れ物は水に溶かして流れ去るに任せるのが古来の流儀である。 実際に、多くの汚物は水中における自然の作用とその人工的応用であるによって処理される。 他にも、世間や市場に普遍的なもの(貨幣や情報など)を水に喩えて、「のような」、「する」などと表現されることがある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• エンジンの「冷却水」など水以外の物質が多く含まれた混合物も水と呼ばれる場合がある。 日本語以外でも、しばしば液体全般を指している。 例えば、では(オー・ドゥ・ヴィ=命の水)が類を指すなど、eau(水)はしばしば液体全般を指している。 そうした用法は、様々な言語でかなり一般的である。 ただし、これはであって、物理学的な言葉の使い方とは異なる。 特に温度の高い水は 熱湯(ねっとう)と呼ぶ。 理・工学的な分野では 熱水(ねっすい)という語も用いられる。 対して、技術用語では高い温度の湯に相当する物も水と呼ぶ場合がある(例:冷却水)。 アイヌ語では、低温の水のことをワッカ、高温の水(湯)のことを ウセイと言う。 英語では、温度が高い場合でも名詞 water は変化せず、形容詞を付加する hot water。 これを伝えているのは、の書などである。 「共通に支持されている理論体系と矛盾する断片的な発見がいくつあっても人々の考え方の体系(理論体系)は基本的に変化せず、それが変わるのは、あくまで別の理論体系が現れた時だけである」とする考え方は、の科学哲学者がという用語を用いて提唱した。 この辺りの経緯・事情はヤマザキ・マリなども調べており『』に書いている• ローマ人が実例を見せ、教えてくれた土木技術のおかげで、ヨーロッパ人にも一応それはできるようになっていた。 フランスやドイツなど、つまり、かつてローマ帝国の市民からは「」と呼ばれ、辺境の地で、どうしようもない野蛮人たちが住む場所と見なされた土地にもローマ帝国の強大な軍事力を使った侵略・進出の結果、ローマ帝国の高度な土木技術が残されたのである。 家庭での水の使用状況と用途についての関連資料。 INAXニュースリリース• 大阪ガス• 三宅基文、沖大幹、虫明功臣 (第 6 回水資源に関するシンポジウム論文集, 2002)MS Word文書。 出典 [ ]• 2551 【水】• Cowan, M. ; Bruner, B. ; Huse, N. ; Dwyer, J. ; Chugh, B. ; Nibbering, E. ; Elsaesser, T. ; Miller, R. 2005-03-10. Nature 434 7030 : 199—202. Kielh, J. ; Trenberth, K. 1997. " Bull. Meteorol. Soc. Mission News. 2011年7月22日. 2012年5月19日閲覧。 Search for Life Space. com. 2012年2月21日. 2016年5月5日閲覧。 PR誌「GLOBAL」 ニッスイアカデミー. ニッスイ 2008年10月. 2015年5月7日閲覧。 コスモス薬局グループ 2004年6月. 2020年5月19日閲覧。 大森弘喜 2012-03. PDF. 成城大學經濟研究 196 : 1-58. 2014年10月2日閲覧。. 進藤惣治 2002-10. PDF. ARIC情報 農業農村整備情報総合センター 67 : p. の2011-09-17時点におけるアーカイブ。 2008年3月9日閲覧。. PR情報 節水の習慣. 東京都水道局. 2007年10月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年10月15日閲覧。 参考文献 [ ]• 『 第89冊(平成28年)』編、、2015年11月30日、机上版。 関連項目 [ ] で 「 水」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの ウィキデータの• - - -• - -• - - -• - -• - -• - - -• - -• - - - -• - -• - 漢字の部首 外部リンク [ ]• 環境省• 国土交通省• 上記のHPのうち、水の性質についての一覧表• (英語) - 「水の物理的性質」の項目。 日本語訳あり。

次の

【子宮ガン?】水っぽいオリモノが大量に出る原因

おり もの 水 大量

この記事の目次• 地球の内部の水は海水の約5000倍! 地球の表面の大部分が海で覆われているのですが、 意外なことに海水の量というのは質量で地球全体のなんと約0. 023%というかなり少ない量なのです。 これは意外な事実ですよね。 ただ、この水が我々を含めた生命を誕生させました。 プレートテクにクスという、固い岩盤であるプレートが海嶺という場所でできて、 深い海溝で地球の深部に戻るといった地質活動も、 水があるために起こるとされています。 これまでにたくさんの科学者が、地球の水の起源、 海水以外の水の分布、循環方法について研究してきました。 このようなことがわかれば、地球とほかの惑星の違いを明確にできるからです。 地球の水では、海水の安定方法も問題となりますが、内部にある水も 重要で、地球の内側にある水はなんと海水の5000倍ほどになるのだそうです。 地球の内部は長年の研究により、 深部にある物質が多くの水を蓄えられるということが判明されました。 地球の内部にある水の分布についても推定することが可能となり、その結果として 海よりも多くの水があることが判明し、 さらに、そこで水がどのように循環しているのという点についても、 だいぶ解明されてきています。 地表の海水も、地球の深部の水が循環することと深い関係があるということです。 最近では太陽系外惑星がたくさん発見されていますが、 その中には地球と同じように少しの水があり、生命が誕生できる惑星も存在するかもしれません。 地球の水の謎が解ければ、地球のような惑星がどのような条件でできるのかが理解できるはずです。 地球に海をもたらしたのは小惑星? 地球には他の星と比べて早い段階から水が存在していたとされていることです。 地球の水の謎とは、その起源、どうやって当時の地球の地表に水が存在できたかということです。 一般人からいえば地球の水は「あって当たり前」と考えるのかもしれませんが、 地球の水の謎について学者たちが議論してきました。 これまでは彗星が海をもたらしたという説もありましたが、 最近、この謎のついての新しいニュースがありました。 彗星探査機「ロゼッタ」の観測チームが、 地球に海をもたらしたのは小惑星の可能性が高いと発表しました。 地球の海水はどのようにしてできたのか? 約38億年もの昔に地球に大量の彗星が飛来した際に水がもたらされたかという、 長年の謎に迫り、どうやらその可能性は低いという研究結果になりました。 チームを率いたスイスのベルン大学のキャスリン・アルウェッグ氏は、 地表にある水は小惑星によってもたらされた可能性が高いと語っています。 論文では、ロゼッタは現在、太陽から4億1800万キロ以上の位置にある、 直径4. 1キロのチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星を周回しているそうです。 彗星は「氷」と「塵」の塊で、宇宙空間を飛びながら太陽の近くもときおり通過しています。 太陽系が約46億年前に誕生して、彗星・小惑星は8億年の間衝突を繰り返してきました。 それは地球・月・ほかの惑星に飛来して最期を迎えましたが、 この出来事が起きた間を「後期重爆撃期」と言います。 初期の地球にも間違いなく彗星が突入していたそうです。 このため、惑星の科学者たちはこれまで、 宇宙の氷山のような彗星こそが地球に海の水を与えたのではないかと考えてきました。 科学者たちが海ができたことを宇宙に求めるのは、 地球が球体になったときに地表の水はすべて蒸発するほどのマグマだった可能性が高いからです。 最近、地球に水をもたらしたのが彗星であるという説の後押しとなる発見がありました。 欧州宇宙機関のハーシェル宇宙望遠鏡が「ハートレー第2彗星」に、 地球の氷と化学的な構造がよく似た氷を見つけました。 チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星と同じくハートレー第2彗星は、 海王星軌道のすぐ外側の「エッジワース・カイパーベルト」が起源とされています。 しかし、今回の研究はその仮説を否定するものでした。 アルウェッグ氏は、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の23キロ上空を周回している 「ロゼッタ」に搭載された分光計を指揮していますが、 チームではこの分光計を使って、 チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の表面の氷に含まれている重水素を測定したところ、 チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の氷に含まれている 重い水の比率が地球の海よりも3倍ほど大きかったデータが出ました。 これにより、カイパーベルト起源の彗星が 地球に水をもたらしたという可能性が消えたと、同氏は考えます。 地球とカイパーベルトの彗星では、 重い水の比率が違う可能性があるためにアルウェッグ氏は、 地球の海水は小惑星が衝突したことによってもたらされたのではという新しい説を話しています。 小惑星は小さい岩石の天体であり、その多くが火星〜木星の間で観測されています。 アルウェッグ氏は、初期の太陽では今ほど高温でなく、小惑星も水が凍ったままでいられたといいます。 初期の太陽系は太陽から最も遠くて、 最も冷たい場所の彗星が集まる所で重水素ができたと考えられており、 小惑星上の氷は重水素比率が非常に小さい可能性が高いからです。 地球の水の量がわかる一枚の面白い写真 表面が海で覆われていて、「水の惑星」という名前で呼ばれることもある地球なのですが、 その海水の質量は地球全体でいえばなんと約0. 023%というほどの量ということは、 ほとんどの人が想像していなかった数字ではないでしょうか? このたび、その水の量がパっとわかってしまうような一枚の画像をアメリカ地質調査所が 公開しています。 この画像を見てください。 これはかなりおどろきですよね。 画像には水色の球体が3つありますが、このなかで最も大きなものが地球上の全水量です。 地球の表面はおよそ71%が水で覆われていますが、それを1つの場所に集めると 直径1,380kmくらいの球となってしまいます。 2番目の水球は、氷河・地下水等の量であり、直径273kmほどです。 3番目の一番小さい水球は、すぐに飲める淡水の球体で直径が約56km。 このため、水がいかに貴重であるかがさらに明確となって、 飲むことができる水の量を具体的に考えさせられると話題になっています。 地球の水はその96. 5%が海であり、そのなかで人間が飲める水は2. 5%とされています。 2015年の12月にNASAとアメリカ国立科学財団の湖の調査では、 人工衛星から集められた25年以上の気温データ、235の湖の測定から、 湖の温度が10年ごとで平均0. 水温が変化すると生態系やに決定的な影響を与えます。 気温の急速で大きな変化が、湖沼の生物を変化させ、絶滅に至ることもあります。 世界では今、11億人が水不足に苦しみ、27億もの人が年に1度は水を使うことに問題を抱えています。 2025年までには世界人口における3分の2が水不足を経験するとされており、 このままの状態が続けば2050年までには世界の穀物生産の50%と、 総GDPの45%が危険になるそうです。 地球の水を大事にしましょう 地球の水についてでした。 「水の惑星」と呼ばれていても、 どこからその水が生まれたのかが謎とされているんですね。 最近では人口増加などで水不足の問題もあります。 この機会に、我々を含めた生物が誕生する場所にもなった地球の水について、 もっと考えてみたいですね。

次の

おり もの 水 大量

水流としての河川 [ ] 河川のは単純なものではなく、川底の地形などによって、二次流、流、状の流れなど様々な流れが発生している。 河川には沿岸や河床を削り取った土砂が含まれているが、この土砂は沿岸の土質によって含まれる量が異なり、沿岸がもろい土質だったり森林伐採などにより裸地となっている場合には多量の土砂が含まれ、濁った川の色となる。 こうした土砂の運搬は、水流によって砂礫がそのまま機械的に流されていくものと、川の水に溶け込んだ土砂が流されていくものとに分かれる。 河川の流速は一般に河川全体の勾配に比例しており、源流の標高が高く河川長が短いほど流速は早くなり、となる。 一般に日本の河川は勾配がきつく、流速が早い傾向にある。 また、河川の最小水量と最大水量の差をと呼び、この係数が大きいほど渇水期と雨季の流量の差が激しく、治水や利水が困難となる。 河況係数はとの明確な区別のある乾燥地帯を流れる河川 など)や、雨季に大量の降水がある上全長が短く降雨が一気に河道に集中しやすい日本の多くの河川において高くなる傾向がある。 の大部分は、北極・南極に集中するやと、として存在するので、河川水は地球上の水の0. 絶えず流れ下りながら尽きることがない川の水は、地球規模のの一部である。 川に流入する水の源は、究極的には雨や雪などの降水である。 降水が地表で直接河川に流れ込む以外に、地下水から川に入る水もある。 雪や雨は一時的な現象なので、川の持続的な水源は地下水である所が多い。 地下水は地表で流れ込むとは限らず、直接川底に湧出するものもある。 他に、から流入したり、ではやに由来する水も入る。 人間が利用した後の処理済み・未処理の排水も川に入る。 川からの流出でもっとも見えやすいのは、や湖沼に流れ込む部分である。 他に、表面から蒸発して大気中のになったり、川底から染み込んで地下水になったりする。 常時流水がなく、降水時以外は水の流れない、いわゆるも存在する。 水無川は周囲の降水が少なく水が流れない場合と、河床の土質が水を吸収しやすく、流水を吸い込んでしまう場合が存在する。 特に乾燥地帯では蒸発・浸透が大きく、降水時のみ流れたり途中で涸れてしまう川がほとんどを占め、これをと呼ぶ。 また、とくに石灰岩地域においては、地表から吸い込まれた水が地下の不透水地層にさえぎられて下流へと流れだし、地下に河川が成立する場合がある。 こうした場合、しばしば地下河川にはが成立する。 川によっては人間に利用される部分も大きい。 流入量と流出量を推計して全体の流れをみたものをという。 川においては川そのものの水収支のほかに、の水収支に関心が寄せられる。 水収支は一年以上の長期をとればほぼ釣り合うが、短い期間の量の増減と収支のバランスは、日々の天気やそれを通じた季節変動に大きく左右される。 水系と流域 [ ] 世界を分割する分水界 河道は通常1本ではなく樹状構造を取り、に各地から集まってきたが流れ込む構造となっている。 こうした河川の集合をと呼ぶ。 各水系はその水系に流れ込む水を集める領域 集水域)を持ち、その総合をと呼ぶ。 各河川の流域はなどによってかなり明確に区切られており、その境界を、山岳である場合はと呼ぶ。 本流と支流の区別は厳格な基準があるわけではなく、本流より長く水量も多い支流は珍しくない。 たとえば、世界3位の長さを誇るは本流よりも支流であるの方が長く、川の長さもミズーリ川の源流からの長さで計算されている。 また、支流は本流に流れ込むものであるが、逆に本流から流れ出して海へと注ぐ派川(分流)も存在する。 派川は多くの場合下流域に集中して存在し、とくに三角州においては多くみられる。 こうした派川によって、三角州に流れ込む川の多くは複数のを持つ。 潮汐の影響 [ ] 海の河口部においては、流速や水位が潮の干満の影響を受けて変動する区域がある河川がある。 こうした河川は、影響を受ける区域は感潮域と呼ばれる。 感潮域はとなっており、表層の軽い河川水の下に塩分を含んで重い海水が潜り込み、と呼ばれる形の海水の侵入をなす。 干満の差がとくに大きい場合には、満潮の際に海水がと呼ばれる垂直壁状の波となって激しく逆流する、という現象が発生する。 特にブラジルので発生するものはと呼ばれ、広く知られている。 地形にもたらす作用 [ ] 分水界の例。 兵庫県丹波市のにある高谷川(水系)の水路分岐点。 直線に進む側は水系で瀬戸内海へ向かい、写真右に分かれている用水路は水系で日本海へ向かう。 河道は恒久的な構造ではなく、自然の状態では水の各作用、土壌の・削りだした土砂の・流れが緩やかな部分への土砂のによって数年から数十年(百年以上も)単位で位置を変える場合がある。 また、河川はそのできてからの地形の変遷によって、幼年期・青年期・壮年期・老年期に大まかに分類される。 まず平原の低いところに水が集まって河道が形成されるのが幼年期である。 青年期になると、侵食が進むことで峡谷が形成される。 峡谷は水量が多く侵食力の大きい下流の方が深く広くなる。 また、同じ理由で渓谷は河口付近に誕生し、時とともに上流へと延びていくこととなる。 壮年期に入ると侵食は流域の全域に及ぶようになり、源流である山岳も削られて鋭いものとなる。 一方で下流では堆積が進んで平野が広がるようになり、堆積物による三角州も河口には形成されるようになる。 老年期になると、が著しく進み、山岳はすべて削られつくしてが広がるようになる。 こうした準平原には山岳のわずかな残りである残丘が点在している。 そしてこの準平原が地殻変動などで隆起することによって、再び幼年期からの川の成長が始まる。 なお、実際には老年期にまで達する河川はごくわずかで、地球上にあるほとんどの河川は幼年期から壮年期に属する。 これは、や、気候の変化や海面の高さの変化などの様々な要因によって、老年期に達する前に地形の若返りが起こり、そこから再びサイクルが開始されるからであるとされる。 こうした川を中心とした地形の変遷は地形輪廻とも呼ばれる。 侵食作用 [ ] 詳細は「」を参照 川は水を運搬するだけでなく、水流によって川底や川岸の土砂や岩石を削りとり、長期的にはを形成しながら下へ下へと沈下してゆく [ ]作用を持つ。 このような川の作用を 風化作用 [ — ]、もしくはと呼ぶ。 河川のはやなどが多い。 山岳地帯に存在する湧水や泉から河川は始まり、として山岳の斜面を流れ下るうちに各地の水源からの流水を合わせてとなり、太い流れとなっていく。 こうした源流部においては勾配が急であるため河川の侵食作用が激しく、山体は徐々に侵食されていくが、特に侵食がはげしい河川において侵食の先端が他の河川に到達した場合、前者の河川が後者の河川の上流部を丸ごと奪ってしまう場合が存在する。 これをと呼ぶ。 河川争奪が起きた場合、奪った側は流量の増大によって侵食力が大きくなり谷が深くなる一方、奪われた側は、奪われた地点から下流においては流量の低下によって土砂を運搬することができなくなり、残った支流からの土砂が堆積するばかりになるため、広い谷が形成される。 また、山岳地帯において侵食は一様ではなく、水流がに出た場合や、河床の地質が固く侵食が食い止められる場合には侵食に段差ができ、この場合水流はとなって落差をつけ垂直に落下する。 なお、河川は海岸で途切れてしまうわけではなく、海底谷をなして海洋のかなり深くまで地形的に連続していることがある。 これは、などによって海面が低下した際に河川がそこまで流れ込んでいたものが、そのまま残されたものである。 また、海に流れ込んだ河川の水はしばらくの間周囲の海水とはある程度異なった水塊をなすことが多く、のように非常に水量の多い河川の場合、河口から数百km先においても周囲とは明らかに塩分濃度や成分の違った水塊となっている。 運搬作用 [ ] 詳細は「」を参照 川が運搬するや礫は、勾配の緩やかな下流付近で川の流速が弱くなることにより、そのによってふるい分けられながら、徐々に川底や河岸に集積され、となる。 このような川の作用をと呼ぶ。 山岳地帯から平野部に河川が流出する地点においては、山岳地帯で流れ込んだ大量の土砂が扇型に広がって堆積し、を形成する。 特に中流域において、地殻変動により地面がした場合、河川がしてそれまでの河岸平野を高原上に取り残してしまう場合がある。 これはと呼ばれ、段丘という名の通り河道に沿っていくつかの段をなすことが多い。 流れのうち、緩やかでよどみがあり深い地点はと、浅く急流となっている地点はと呼ばれる。 また、堆積物が川の中央部にたまって陸地となることがあり、これをという。 河川が運んできた堆積物によって河川の下流部には広いが形成されることが多く、これをと呼ぶ。 後述の氾濫原やも、の一部である。 また、山岳部においても勾配の緩やかな地点においては上流からの土砂が堆積し、しばしばが形成される。 河川の増水時に河道から水が氾濫する一帯をと呼び、水が得やすく土地が肥沃なため古くから農業に利用されてきたものの、河川が増水した場合には当然本来なら水没してしまうため、それを抑えるために様々な治水が行われてきた地域でもある。 氾濫原の河道のそばには河川が運んできた土砂が堆積して微高地をなすことが多く、これをと呼ぶ。 これに対し、その背後に広がる低地はと呼ばれる。 なお、人類がを建設して河道を固定した場合、上流から流れてきた土砂は河道の中に限定して堆積するため、河道自体が周辺の平野よりも高くなってしまう場合がある。 これをと呼ぶ。 特に下流部においては河道は蛇行することも多いが、洪水などでその流れがショートカットされた場合、残された旧河道にはしばしば河道の形の湖が形成される。 これをと言い、自然の流路変更のほか人間による河川改修によって流路が変更された場合などにおいても形成される。 河口部には上流から流れてきたやなどの堆積物が集まりやすく、大型の河川ではを形成することが多い。 三角州といっても、堆積物の量や注ぎ込む海の状況によって様々な形状があり、海流が弱い場合はのように海に長く張り出す形を取り、また強い場合はのように、河口部では海岸線が膨らむものの直線的な海岸線となる。 またのようにの影響が強い場合は、三角州のそれぞれの洲は沖合に細長く、また三角州全体では扇形に幅広く広がる。 三角州は上流からの肥沃な土が堆積しており、また河川の水も豊富なため、各地で開発が進められ、大となっていることが多い。 ガンジス川や、のデルタ地帯がその例である。 種類 [ ] 内陸河川 [ ] 普通の川は高地を水源とし海洋に注ぎ込むが、内陸河川は海洋に注ぎ込む前に水量が大幅に減って海に注ぐことなく消滅してしまう川である。 のやのが知られている。 また、とのように海洋ではなく閉鎖された湖沼に注ぎ込むものもある。 また砂漠などに水が飲みこまれてしまうものもある。 日本の河川法による分類 [ ] はであるやの一部で川をや各自治体が管理 している。 は下記に分類される。 - 内の河川のうち、国土交通省が管理する河川。 河川法が適用される。 - 内の河川のうち、が管理する河川。 河川法が適用される。 - 一級河川や二級河川に指定された区間以外で、が管理する河川。 河川法が準用されている。 - 上記以外の区間のうち、市町村が必要と認めればにより管理される河川。 河川法の適用を受けない。 これらは治水の難度や整備の重要度から判断され分類される。 「一級河川」、「二級河川」で指定した河川の区間より上流域を「準用河川」や「普通河川」としたり、逆に上流の名称の異なる河川も含めて「一級河川」や「二級河川」に同じ河川として含める場合がある。 従って、これらの指定範囲は実際に呼称される範囲と一致しない場合が多い。 流量 [ ] 降水量と流量 [ ] 河川のは、降水量・流域面積・流域の状況によって変化する。 河川の流量は次式で表される。 流況曲線の期間別流量 豊水量 平水量 低水量 渇水量 最大流量からの日数 95 185 275 355 その流量の日数 95 90 90 90 温度 [ ] 河川は流域の熱を吸収し、にする作用がある。 このため、河川の温度は一般ににおいて最も低く、下流に及ぶにつれて上昇する。 これはに限らず、、でも成立する。 このため河川流域のを伐採すると、すばやく熱が河川に運搬されるため、一般にが下がる。 これは地表の日照が増えることから気温が上昇するだろうという直感とは逆の結果である。 開発 [ ] 人類文明にとって、川は様々な用途に役立つ非常に有用なものである。 人類の最初期に成立したは、がを、がおよびを、がを、がをそれぞれ基盤とするように、かなりの文明が大河川を母体としその流域に広がったものだった。 治水 [ ] 詳細は「」を参照 川はや集中豪雨などによって一時に大量の水が押し寄せた場合、本来の河道から水があふれ周囲へと流れだすことがある。 これはと呼ばれるが、川の周囲には多くの場合人間が特に集中しており、大きな被害をもたらすことが多い。 こうしたから、人命や財産を守るための取り組みを という。 地球上の多くの文明は川のそばに位置するものが多く、そのため川の氾濫を抑えることは文明の最重要課題のひとつであった。 のうえに社会を築く日本にとっても、治水は古来不可避の課題であった。 こうした洪水を抑えるため、古来より各文明は様々な手段を講じてきた。 水源近くによく整備された森林を整えてとし、降水を一時的にプールすることで豪雨時の増水を抑えるとともに渇水時に一定の流水を確保することや、河道のそばにを築いて河道をコントロールするとともに豪雨時に河道から水を溢れさせないこと、流路にを築いて土砂の流出を防いだり )、本流などにもっと大規模なダムを築いて貯水する、を確保して洪水時に水をプールする、分水路や排水路を建設して水を逃がす経路を作る、逆に締切堤によって分流を締め切り、川の流れを一か所に集めコントロールしやすくするなど、こうした治水手段は多岐にわたる。 こうした目的で、特に近代以降工業力が増大し大規模な工事が行いやすくなるとダムや堤防の建設が盛んになり、また蛇行する河道を直線化して流れを良くすることも行われるようになった。 一方で、堤防などの構築によって自然豊かな山地からの流水が平野部に流入しなくなると、土地固有の生物種の変化が生じたり、窒素や燐といった栄養塩の供給が絶たれる弊害も生まれる ようになった。 また、特にダムの建設には河道のそばに住んでいた住民の大量移住が必要となるなどの弊害も多い。 また、山地における森林の荒廃や、堤防工事の進捗によって水が河道に集中するようになり、集中豪雨時には水位が上がりやすくなってきているなどの問題もある。 利水 [ ] 河川を流れる水は、 生活・ 工業・ 農業の各用水としての利用や、も行える貴重なである。 利水のために、、(せき)、、などの施設を建設する。 地球上のすべての文明は農耕を基盤とするため、の源としての河川は文明の死命を制する存在であり、工業時代に入ってもその重要性は衰えなかったばかりでなく、工業用水の供給元としても、さらに規模を拡大し続ける農業の水源としても、そして増大を続ける人口を支える生活用水の水源としても、河川の重要性は増大し続けている。 一方で、中国の華北平原を流れるや中央アジアを流れるやのように、流域人口の増大や農業開発の促進によって流域の水需要が河川の水量を越えてしまい、黄河では断流をしばしば引き起こすようになり、アムダリア川、シルダリア川では両河川の注ぎ込むが干上がってしまうなど、水利用のバランスの崩壊が深刻な環境問題を引き起こしている例もある。 また、国際河川の場合、特に乾燥地を流れる河川においては水の分配は死活問題であり、深刻な国際問題となることが珍しくない。 とにおいては、上流部を領有し水源を握るがにGAP計画を策定して両河川に多数のダムを建設し、沿岸地域を灌漑したが、これは下流域のおよびとの深刻な対立を引き起こした。 また、ナイル川では1959年に結ばれた水利協定によって下流部のエジプトが流量の大半を利用できることになっている が、このエジプトに極めて有利な協定はやなど上流域諸国の強い反発を呼び、5月には「ナイル流域協力枠組み協定」という新協定ができたものの既得権を手放すこととなる下流域はこれを拒否し、いっぽう上流域はこれを受け入れて対立することとなった。 河川の重要な役割の一つにの供給があるが、特に都市部において都市中心部を流れる河川からの用水取水は通常行われない。 これは、都市部を貫流する河川の多くがの問題を抱えており、浄化に費用がかかるうえに処理を誤るとの蔓延する状況を招きかねないためである。 実際に期においては都市内の水質汚染が急速に進む一方で飲料水は河川から取水されることが珍しくなかったため、疫病の流行の一因となった。 現代では先進国のほとんどで、河川の水を水道用水とする場合は水質のきれいな上流に築かれたダムから引水するか、また河川のが豊富で清潔な場合はそこから取水して水道に供給されることが多い。 同様に、都市のとしても河川は重要であるが、処理されていないが河川にそのまま排水されることが近代以前は行われており、都市河川の水質の急速な悪化を招いた。 現代ではと下水処理場の整備によってこれらの汚染水のかなりが浄化され、都市河川の水質浄化が進んでいるところも多い。 また、河川は動力源としても古くから利用されてきた。 古くは河沿いに設置されたが貴重な動力源となっており、近代以降は川をせき止めたダムに水力発電機を設置し、主要な電源の一つとなっている。 戦後の日本では、が制定され、復興のためのエネルギー供給源として河川が利用された。 には、大都市圏での水需要が急速に高まり、水資源供給の安定の向上が求められた。 、「水資源開発水系」ごとの開発計画を決定・実行していくことを目的として、およびが制定された。 しかし、急激な水需要にダム建設などの対策は間に合わず、福岡、 [ ]、松江などの各地でが生じた。 砂防 [ ] 詳細は「」を参照 河川の上流部に位置する山地からは土砂が流入し、岩石なども自然の風化等によって砕かれ流れと共に細粒化しながら河口、または途中に堆積する。 堆積物も流れに応じて再び川へ流入する。 日本では1年間におおよそ2億立方メートルの土砂が山地から河川へ流出していると推定されており、半分程度の約1億立方メートルが川の途中のダムや砂防ダム、堰などに堆積して、残りが河口まで流れ下ると考えられている。 土砂は利水用ダムの機能を減殺したり、堤防で仕切られた下流の河床を上げることで決壊のような洪水のリスクを増したりするため、砂防ダムなどで流入量が調整される。 河川にこのような人工物が存在しない時代に自然に形成された河口側の砂浜などは、砂防ダムなどによる土砂の流入量の減少によって痩せ細る傾向がある。 採砂 [ ] 主に建築資材用として大きな河川の河床より大規模に採砂が行われる。 日本でもかつては大量の採砂が行われていたが、ダムや堤防による自然流入量の減少に対して過大な採砂が環境に悪影響を及ぼすとして規制され、1976年には全国合計で約4000万立方メートルだった砂利採取量が、2000年には約1100万立方メートルにまで減少した。 水運 [ ] 「」も参照 河川は古くから船舶による交通路として用いられてきた。 他の交通手段として馬車程度しかなかった時代には、船舶での交通は多くの物資や重量物を運搬するのに最適であり、川を下る場合には高速な手段でもあった。 そのため、利水のほかも都市の形成にとって重要な要素であり、物資の運搬に有利であることが、河川沿いに多くの都市が発展した理由の1つである。 特に大きな船舶も航行可能な水量の豊かな河川は、内陸部の物資輸送に大きな役割を果たし、大陸を流れる大きな河川は、いずれの国においても重要視されてきた。 例えばの水運はの代表的なであるの発展に貢献している。 また、水運の利便性向上の為、河川のや、河川に繋がるの建設も、広く行われている。 特に各大陸においては、などのように複数の国家の領土内を流れる河川があり、こうした河川においては沿岸の国がを締結して、沿岸のみならずどこの国の船舶でも自由に航行できることとしたとなっていることが多い。 特に水量の多く流れの緩やかなやにおいては、川の遙か上流にまで外洋の大きな船舶が遡行することができる。 一方で、こうした川においても主流の船舶は小型のものが多く、そうした小型船舶は外洋に出ることが難しいため、河口部やその付近において外洋船と積み替える必要があり、ために大河川の河口部には大規模なが成立することが多い。 ライン川河口部のや、長江河口部のなどがその例である。 日本においても、水運は主要な交通手段の1つであり、例えばなどの多くの河川で、上流で伐採した木材を下流に流す、いかだ流しなども行われていた。 またなど水運のための運河建設も行われた。 しかし、日本では河川が急流であり川幅も狭く、季節による流量の変化も大きく、四方を海に囲まれているため海運が発達したこと、また、日本が近代化を迎えた時には既にが開発されていたこともあって、ヨーロッパ諸国ほどの水運の発展は見られなかった。 明治期にはやなどの大きな河川にが就航し、河川交通の改善が図られたものの、鉄道の敷設が進むと速やかにそれにとってかわられ、明治時代末には船舶による河川交通は衰退した。 現在では、アメリカ合衆国やヨーロッパ諸国においても、船舶の大型化や鉄道・との競合により河川水運の重要性は低下しているが、それでも重量の重いものや危険物などには優位性があり、河川水運は主要な輸送手段のひとつとなっている。 また、河川水運は道路や鉄道に比べ環境にかかる負担が非常に低く、そのため特にヨーロッパにおいては見直される傾向にある。 その他 [ ] 多くの川ではも盛んであり、重要な食料供給源の一つとなってきた。 産業としての漁業のほか、川も人気のあるレジャーのひとつである。 また、近代以降河道整備が進むにつれ、堤防の内側には広大なが広がるようになり、オープンスペースの少ない都市部においては特にや簡易なとして整備されたり、河川に沿ってが整備されるなどレクリエーション用の空間として用いられることがある。 境界としての河川 [ ] 河川は水運によって両岸を結びつける働きもあるものの、やといった手段がない限り川を越えることは難しい。 このため、古くから川は境界としての役割を持っていた。 現代においても、河川を国境とする国々は多い。 日本においても、千葉県と隣接各県のように、河川を境界とする自治体は多く存在する。 この場合、河川の中央線が国境線となることが多い。 しかし、河川は洪水などによって流路変更をすることも多く、山岳国境に比べて安定した境界とは言えない。 そのため、流路変更した河川をめぐってが起きることもある。 逆に、アメリカとメキシコの国境線はと定められているが、に人為的に川がショートカットされた結果南岸にアメリカ領の飛び地ができ、そして飛び地であることが忘れ去られてメキシコの施政下におかれ、という街がメキシコ施政下で建設されたという事件もあった。 にこの事実が再発見され、この本来はアメリカ領であった地区はメキシコに正式に割譲された。 環境 [ ] 日本における場合 [ ] 日本では1950年代から1960年代のに、、生活排水が直接川に流されたため、水質汚染が深刻になった。 これはまず公害病と悪臭の問題として取り上げられ、制定、翌年施行のなどの対策がとられた。 また、河川は人が自然と身近に触れ合うことのできる場であったが、都市化と治水を優先するあまり、河川をコンクリートの壁で隔てたり地下に通したりして、憩いの場とはいえなくなった。 治水が一段落し、水質改善のめども立ちはじめた1980年代には、このような状況を改善するためにの創出を意識した河川計画が立てられるようになった。 さらに河川・河畔の生態系が重要だと考えられるようになると、の建設省河川局の通達「多自然型川づくりの推進について」を転機にして、が今後の河川計画の基本とされるようになった。 また、近年は河川のを達成していることが多くなりの見直しなどにより、さらに水質の改善が図られている。 生物 [ ] 川には、様々な特有の生物相がある。 上流域は起伏に富み、流速が激しいので溶存酸素量も多く、水温が低く、貧栄養である。 このような区域をという。 渓流では水生の大型植物は少なく、岩の表面に多数のが付着している。 動物ではなどの、やなどの鳥類、やに代表される渓流性の、やといった幼虫がであるが非常に豊富である。 中流域では、河原が広く、水流は遅いものの川底は小石が露出している。 このような区域では河原にはのような樹木を含む特有の植物群が発達し、川底には珪藻が付着する。 動物ではなどの鳥類、やなどの魚類、それにカワゲラ、カゲロウなどのが多数生息する。 下流域では流れは遅く、川底は砂泥質となる。 川沿いにはやマコモなどの水生植物が茂る。 動物ではやコサギなどが水辺に住み、ヨシ原には小鳥が住み着き、やなどのが立ち寄る場となる。 また、やなど止水と共通の魚や、河口ではなど汽水性の魚が入り込む。 なども下流から河口域の魚である。 では泥質の川底にはなどが住み、魚のとして重要な役割を果たす。 またなど本来海に生息するはずの魚が現れる事もある。 底生動物の中で、が大きな比重を占めるのは、河川の大きな特徴となっている。 これらは採集、同定が比較的簡単である上、の状態や汚染によって大きく影響を受け、その種組成がはっきりと変化することが知られているので、環境調査の上でとても重要な役割を果たしている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• , p. 4 表1-1. , p. 145. , pp. 77-78. , p. 410. [ ]• , pp. 87-89. 公式ウェブサイト. JICA 2010年12月21日. 2015年7月8日閲覧。 [ ]• [ ]• , p. , p. 参考文献 [ ]• 、ヴィルジニー・レッソン、フランク・テタール、フレデリック・レルヌー『地図で読む世界情勢 第2部 これから世界はどうなるか』訳、、2007年8月16日(原著2009年)。 Le dessous des cartes : Tome 2 : Atlas d'un monde qui change. 『河道変遷の地理学』、2006年3月、初版第1刷。 末次忠司『河川の科学』〈 -絵と文章でわかりやすい!-〉、2005年10月11日、初版。 瀬川博義、遠藤貢、半田伸、須賀周平、ほか『現代国際関係の基礎と課題』、1999年4月15日、初版。 第4章「国際関係の法制度」瀬川博義• ポール・R・ピネ『海洋学 原著第4版』 監訳、、2010年3月(原著2006年)、初版第1刷。 原著: Pinet, Paul R. April 21, 19952006 英語. View shipping rates and policies. 関連項目 [ ] で 「 川」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの.

次の