インスタ dm 色。 【徹底解説】インスタ映えとは?意味や写真の特徴と撮り方。カフェやスイーツも女子に人気

【Instagram】インスタのDMでやり取りしてる人なんなん?

インスタ dm 色

14 紙だけでなく、木や陶磁器、金属や布・プラスチックなど、幅広い素材に書くことができる、ホルダー式色鉛筆。 マーキンググラフは皮膚に直接書くことができる色鉛筆です。 芯が非常に柔らかいのでフイルムやガラス、陶磁器など通常の筆記用具では書くことが困難なものにも使用できます。 芯が柔らかく、対象物を痛めません。 選択できるオプション: 色: 数量: お使いのブラウザは設定言語に「日本語 [ja]」が含まれていないためご購入手続きが行えません。 H-DMについて• メーカー トンボ鉛筆 []• カテゴリ• 商品重量 約 0. 1kg• 販売価格 230円 税込価格 253円• 商品の仕様・価格等は予告なく変更される場合があります。 配送や送料についてはをご覧ください。 WEB掲載商品は 実際の在庫状況に連動しておりません。 在庫状況、納期等については受注確認時にメールにてご連絡いたします。 もお読みください。 商品在庫・掲載エラー等によりご注文を承れない場合がございます。 当サイトの表示価格は『秀峰堂WEB支店独自の価格』となっております。 実店舗での販売価格と異なる場合がございますのでご了承ください。 この商品のレビューは後にご記入頂けます。 この商品を買った人は、こんな商品も買っています 1,640円 税込価格 1,804円 480円 税込価格 528円 540円 税込価格 594円 710円 税込価格 781円 940円 税込価格 1,034円 410円 税込価格 451円 2,180円 税込価格 2,398円 860円 税込価格 946円 860円 税込価格 946円 カートは空です... ログイン E-Mailアドレス パスワード ベストセラー 50,260円 税込価格 55,286円 46,100円 税込価格 50,710円 最近チェックした商品 01. SSLによる保護 この接続は 168bit SSLで保護されており、第三者から内容を読み取られることはありません。

次の

インスタグラムのハートとは?マークの3つの意味・dmや投稿での出し方・消すと通知でバレるのかを詳しく紹介【Instagram】

インスタ dm 色

【徹底解説】インスタ映えとは?意味や写真の特徴と撮り方。 カフェやスイーツも女子に人気 2017年のユーキャン新語・流行語大賞を受賞した「インスタ映え」について、SNS映え投稿分析のスナップレイスが徹底解説します。 スナップレイスでは、SNSの様々なデータを独自のアルゴリズムで分析し、インスタ映えする写真の特徴や写真の撮り方、人気のスポットやスイーツなどの情報をあぶりだしました。 インスタ映えするにはどうしたらよいか悩んでいる方や、インスタ映えって何?と思っている方も、これを見るだけでインスタ映えの全てが分かります! 参考例: 目次 インスタ映えとは インスタ映えの言葉の意味(との違い) インスタ映えの意味は、インスタグラムに写真を投稿した際に、見栄えが良かったりして映えるという意味です。 写真そのものだけではなく、高級なレストランに行ったなどその投稿の内容も含めてインスタ映えと呼ぶのが本来的ですが、フォトジェニック(写真写りが良い、写真が映える)だけを意味して使われることもあります。 また、「インスタ映え」は2017年ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされ、みごと「年間大賞」に選ばれました。 もう一つの年間大賞は「忖度(そんたく)」でした。 インスタとは女子に人気のSNSアプリ インスタグラム(instagram)、略してインスタは写真や動画を中心としたSNSアプリで、全世界で若い世代を中心に利用者を増やしています。 日本では、特に女性を中心とした若い世代で人気のコミュニケーションツールになっており、おしゃれカフェでのランチや可愛いお菓子の写真などが多く投稿されています。 インスタ映えとはSNS上での評価 インスタグラムでは、投稿した写真を見た人は、その人の写真が気に入ったら、「いいね」といって、ハートのボタンを押します。 そのいいね、つまりハートがたくさん付くような写真は、SNS上で受けがいい、評価が高い写真となります。 そういう写真をSNS映えする写真・インスタ映えする写真(インスタジェニックな写真)と呼んでいます。 最近では、インスタ上で注目を集めたスポットへ多くの若者が訪れ、撮影をしてインスタ上に投稿するというムーブメントも生まれています。 人気のインスタグラマーは職業に? インスタグラムで積極的に発信している人をインスタグラマーと呼びますが、最近では、インスタグラムでフォロー数が多い、人気になっている人を「インフルエンサー」と呼んでいて、その中から芸能人になる人や、企業のプロモーションを請け負うような人も出てきています。 インスタ映え・SNS映え写真の6つの特徴 インスタ映え・SNS映えする写真の特徴はSnaplaceの分析によると、大きく6つの特徴があることが分かりました。 フォトジェニックな観点で3点、面白い・ネタな観点で3点の合計6点です。 1、可愛いカラフル フィード上でもパッと目を引くような彩度の高いもの。 多くの色を用いたものは傾向的にSNS上の反響が大きいです。 参考例: 2、おしゃれな雑誌風 ポスターや雑誌に使われてもおかしくないようなスタイリングで撮られた写真。 最近では人気旅行本がテイクアウトフードに焦点を合わせて、風景をぼかした写真を表紙に採用したことから、それ以降このような写真投稿が増えています。 参考例: 3、非日常 日常生活で見慣れた光景とかけ離れたもの。 まるで日本にいながら海外にいるような写真やリゾート地は「ここどこ?」「行きたい」などのコメントが多く寄せられる傾向があります。 参考例: ここまでの3点は写真投稿だけで判断される場合、特に重要な構成要素です。 世間でいう「インスタジェニック」「フォトジェニック」と揶揄されるものは、この3点の特徴が他と比べて強く出ています。 次に、以下3点は言語情報(コメント文)を含んだ場合インスタや他SNS(Facebook、Twitter等)で反響が高くなる特徴です。 例えば、神社の鳥居は一般的に「赤色(朱色)」ですが、その色が金色だったり、水色だったりするスポットは他投稿に比べてコメント数が多くなる傾向があります。 参考例: 5、規格外 標準サイズを大きく超えた又は下回ったもの。 代表的なものは「デカ盛り」グルメですが、このような投稿には「凄い」「食べられるの?」などのコメントが寄せられやすくなります。 参考例: 6、ストーリー 写真を見ただけでは分からないものの、その場所に関するコメントのワードにインパクトがあること。 特に「世界一」「日本一」などの言葉に対するリアクションは大きいです。 参考例: インスタ映えする写真の撮り方8選 1、おしゃれな壁の前で撮る 一番簡単にフォトジェニックな写真を撮る方法は、ずばり「おしゃれな壁の前で撮影すること」です! 特に撮影に慣れない方は、写真一面に壁の全体図が入るようにするとフィード上で目立ちやすい写真になります。 参考例: また、慣れたらこんな風におしゃれな壁の一部をアクセントにして写真撮影をするのも素敵ですね。 参考例: 2、真上からのアングルで撮影をする 雑誌風の特徴が大きい料理写真に共通することは「真上からのアングル」で撮影をしていることです。 特に、一緒に頼んだ料理やドリンクを位置に気を配りながら並べて撮影をすることで、鑑賞側からも料理のおいしさが伝わりやすい写真になります。 参考例: 3、風景写真は出来るだけ広角で撮影をする 自分が目にした風景と撮影した写真が違うと感じたことはありませんか? その理由は、カメラの標準レンズの画角と視界範囲のズレがあるからだと言われています。 それを解消するのがGoProです。 GoProを使用すると、自分が目にする風景以上の迫力あるその場にいるような臨場感ある写真でインスタ映えも抜群です! 参考例: ゴープロは小型・防水・動画も撮れるということもあり、ほとんどの人気インスタグラマーさんがGoProを利用して撮影をしています。 特に人気の機種は「 」です。 2016年10月に販売されたモデルですが、人気インスタグラマーさんはこぞってこちらのモデルに買い替えをしているようです。 また、価格ドットコムやアマゾンなどの評価もゴープロシリーズの中で最も高くなっています。 また、自撮り撮影をする場合は純正のセルフィースティックを使うとより素敵な写真が撮りやすいです。 参考例: 上の方までアートが描かれた場合も、ゴープロならダイナミックに撮影可能です。 いきなり高額なゴープロを買うのは不安という方は というサービスを使ってみるのも良いかもしれません。 ゴープロ撮影に必要なものが全て揃ったセットで3泊4日6,980円なので旅行やイベントで試しに使ってみたい方にはお勧めです! 4、足元にも気を配る 最近では足元と地面のアートを組み合わせた写真もインスタ上で人気です。 「 あしもと倶楽部」「 足元倶楽部」などのハッシュタグをつけると素敵な写真が見つかるので参考にしてみてはいかがでしょうか。 また、旅行先で同じ足元ばかりの写真だとつまらないと感じる人は持ち運びしやすい靴を持っていかれることをお勧めします。 参考例: 5、小物を合わせてスタイリングする 料理やスイーツのテーマに合わせて小物をグラフィカルに配置しても良いですね。 例えば写真のようにハワイで食べた料理に合わせて、旅行中に使用したサングラスなどを配置すると見ている方も旅の食事の雰囲気が伝わりやすくなり、写真に面白みが加わります。 参考例: 6、料理はカトラリーやクロスを使って奥行きを出す テーブルに置かれた料理を「真上からのアングルで撮影すること」と触れましたが応用編としてこちらはいかがでしょうか? 食器の配置をわざと画面からはみ出すようにすることで、写真にアクセントをつけることが出来ます。 また、食事中の手をわざと写真に写すことで食事中の姿をナチュラルに撮影したような雰囲気を醸し出し、雑誌やポスターで見かけるようなおしゃれな雰囲気の写真を撮影することが出来ます。 参考例: 慣れるまでは難しいですが、この技を活用するとこんな素敵なインスタ映えする写真が撮れますよ。 また、料理や食べ物をもっとインスタ映えするように撮影したい方はの記事もご覧ください。 7、自然光を活用して撮影をする 電灯から直接そそがれる強い光より、自然からやさしくそそがれる光の方が料理写真は美味しく見えます。 座席の都合上難しいこともありますが、料理が逆光で暗くなったり、手影がはいったりしないように細かく微調整しながら撮影することをお勧めします。 参考例: 8、小物をフル活用する セリフが書かれた吹き出しや口ひげ、メガネのフォトプロップスは近年では定番になってきましたがこちらもインスタ映えする効果に一役買います。 写真がにぎやかになることでタイムライン上では目が引きやすくなり、映っているメンバーの統一感も出て楽しそうな雰囲気になります。 そんな感情が伝わりやすいものは、何かしらの反応がしやすいため「コメント」や「ハート」の数が増える傾向にあります。 参考例: また、こちらの写真のようにポップなサングラスをおそろいで使うことで仲の良さがぐっと引き立つ素敵な写真になりますよね。 参考例: ビーチの写真はどうしても単調になってしまいがちですが、こんな風に写真を撮ったビーチの国旗タオルを加えただけで表情豊かな写真になります。 さらには、後で写真を見返したときどこで撮ったのか分かりやすいという利点もあります。 同様のテクニックとして、ラウンドタオルを敷物にしたり、可愛くて派手な浮き輪と共に写真を撮るというテクニックもあります。 参考例: いずれにせよ、ビーチと砂浜の限られた色に色どりを添えることになるのでインスタ映えに必要な「カラフルさ」を高めるので効果的な方法と言えるでしょう。 アプリでインスタ映えする写真に加工する 人気インスタグラマーさんの投稿写真を見ていると色鮮やかで見ていてワクワクするような写真が多いと感じたことはありませんか? 実は人気インスタグラマーさんのほとんどがカメラアプリで色彩や明るさを調整してからインスタグラムに投稿をしているのです。 代表的に人気なのが「VSCO」というアプリです。 このアプリには、フィルターが豊富にあり、コントラストや色温度を細かく設定することが出来ます。 写真の仕上がりにつきましては好みはありますが、インスタ映えする写真は彩度が高めで明るさは色温度が通常より少し高めとなっています。 写真の設定を彩度・露出・コントラスト・色温度をやや高めに設定し フェード・ティント・シャープ処理・明瞭度・ハイライトの数値をやや高めに設定すると写真は以下のように変化します。 Before After 手軽に画像調整をされたい方は「B612」「LINE Camera」などを使って加工される方も多いです。 また、人物写真を加工する時は「BeautyPlus」が人気です。 こちらのアプリでは肌をきれいにしたり、目や鼻の大きさを変更させたり、輪郭を変えたり思い通りの顔に加工することが出来ます。 その機能の一環の「ニキビ消し」はニキビを消すだけではなく、写真に写り込んでしまったものの消したい人物や建物なども消すことに使う方もいます。 Before 写り込んでしまった人の箇所を、ニキビ消しでポンポンとなぞると After こんな風に人の姿がなくなります。 その他にも荒いモザイクをかけたり、ぼやかしたりすることで消すというテクニックも人気です。 インスタ映えする料理・スイーツ パンケーキ 平成生まれのおしゃれ女子に人気のスイーツといえば、パンケーキです。 パンケーキは、ソースだったり、添えるフルーツだったりの盛り付け方ひとつでインスタ映え度合いも大きく変わってきます。 見た目がカラフルでおしゃれなパンケーキはインスタを色鮮やかにする写真としてすごくオススメです。 参考例: 見た目からしてカラフルで可愛いパンケーキですが、ポイントは小さいお皿にはみ出るくらいに盛り付けられたパンケーキです。 この、小さいお皿にはみ出るサイズというのがインスタ映えのひとつのポイントになっています。 参考例: 紫色のパンケーキはインパクト絶大で、インスタ上に紫色の写真を載せると凄く目立ち、色合いもカラフルになるためインスタグラマーの間ではひそかに人気になっています。 パフェ インスタグラムに良くアップされるスイーツの定番はやはりパフェです。 パフェもカラフルなフルーツが華やかで、可愛いいものが人気です。 参考例: 苺のパフェがインスタ上で話題を集めています。 特にロンドンで大人気のデリカフェで日本初出店のお店という、海外発というのもインスタ受けはしやすいポイントです。 ソフトクリーム・アイス お洒落なスイーツといえばやっぱりソフトクリームです。 と言っても、シンプルなソフトクリームではインスタ映えは難しいです。 ちょっとしたおしゃれさが必要です。 参考例: ここは、もこもこでまるでおもちゃのようなソフトクリームを食べられることでインスタでいいねが絶えない人気のお店です。 特に、店内にある可愛いインテリアもインスタジェニックとして人気です。 もっとスイーツ・お菓子が気になる方は、や、をご覧ください。 インスタ映えする場所 カフェ インスタ映えといったら先ずはカフェではないでしょうか?おしゃれカフェでゆったりと過ごす空間を切り取った写真はインスタジェニックで、いいね!が安定してゲットできる定番です。 その中でも特にインスタ映えするカフェの特徴は、色合いがピンクだったり、スタイリッシュで雑誌風のカフェです。 参考例: このカフェは店内がピンクまみれで、乙女チックな空間なのでどこで写真を撮ってもフォトジェニックです。 PVにも出てきそうな店内にテンションも上がります! 参考例: このカフェはハワイにあるカフェですが、テラス席で自然あふれたおしゃれな雑誌風の雰囲気が漂っていて、フォトスポットとして人気です。 おしゃれな壁 インスタグラムを見ていると、おしゃれな背景をバックにした写真を目にすることはありませんか? 写真の大部分を占めるのは多くの場合、背景のエリアです。 その背景をおしゃれにするのが壁です。 そうなんです、壁がインスタ映えには重要なのです。 特に、壁がおしゃれというだけで有名になったスポットもあります。 参考例: ここはフランス語・英語の語学学校ですが、建物のピンクの壁にアルファベットが描かれ、とてもキュートで、スタイリッシュで可愛い写真が撮れると話題で、壁目的で訪れる人が多くなっています。 参考例: 白い花と赤い花で作られたオブジェがあり、ここで写真を撮るとインスタ映えするということで大人気になっています。 特に工夫せずに、素敵な写真が撮れるので楽ちんです。 その他にも、ハワイのカカアコウォールアートがインスタ映え女子の間では注目されています。 ハワイに行く機会があれば、「」もご覧ください。 また、もご覧ください。 美術館・ミュージアム 美術館やミュージアムなども非日常的な写真がとれたり、異国の地でとったような、普段とはレベルの違うおしゃれな写真がとれることで人気です。 単に鑑賞するだけではなく、館内で自撮りができるところがインスタ女子の間では人気になっています。 参考例: もはや言うまでもなく、びっくりする写真を撮るためのスポット。 写真中心のインスタグラムが流行りだし、さらに人気のスポットとなっています。 可愛い自撮り写真を上げるためにトリックアート美術館に定期的に通っている女子も多いです。 インスタ映えするスポットに出かけてみる いつも訪れる場所で工夫しながらインスタ映えする写真を撮るのも良いですが、せっかくならインスタ映えするフォトジェニックなスポットへ訪れるのはいかがでしょうか?日本全国のインスタ映えスポットをいくつかピックアップして紹介します。 サナギ新宿(東京都) 参考例: アジアや日本の屋台村をイメージしてフードショップが立ち並び、4つのエリアごとにテーマが異なった食事スペースがある施設。 食事施設はカラフルなランタンがぶら下がっていたり、ピンクの壁にお皿がディスプレイされていたりと写真映えするポイントが随所に見られます。 まるで不思議の国のアリスの世界に迷い込んだような摩訶不思議な空間なので、フィード上にも目立ちやすいと思います。 高輪プリンセスガルテン(東京都) 参考例: ドイツ・ローテンブルグの街並みをイメージした商業施設。 洋風な建物にはピンクやイエローなどのパステルカラーで彩られ、絵本に出てきそうな空間となっています。 あえて建物の壁を背景にしてシンプルに撮影をしても良いですし、建物と一緒に入るように撮影してメルヘン風にしたりとアレンジしやすいスポットですよ。 また、他にも東京のインスタ映えするスポットを探したい方はやもご覧ください。 Cafe Otogi(兵庫県) 参考例: 不思議の国のアリスや白雪姫などお馴染みの童話をモチーフにしたスイーツや料理が頂けるカフェ。 目で見て楽しめるような可愛らしビジュアルなので、インスタ上でも女性を中心に反響が高くなっています。 店内の壁も鮮やかにペイントされているため、簡単にSNS映えする写真が撮れるのもポイントです。 関西圏でインスタ映えするスポットを探したい方はやも参考にしてください。 佐久島(愛知県) 参考例:島全体に屋外型アート作品が点在しているスポット。 作品と人物を組み合わせることで成り立つアート作品が多いので絵になる写真を撮ることが出来ます。 他では中々見ないような作品ばかりなので、友達に差をつけられるかもしれませんね。 愛知県でインスタ映えするスポットを探したい方はも参考にしてください。 料理にはエディブルフラワー(食用花)が使われ、インスタ映えしそうな華やかなデコレーションです。 その他にも、ウォールが本物のグリーンを使っていることもあり、まるで森の中にいるような雰囲気の写真が撮れるようになっています。 お花は季節ごとに展示が変わるので、同じ場所へ行っても写真が被りにくいというのもポイントが高いです。 北海道でインスタ映えするスポットを探したい方はも参考にしてください。 長部田海床路(熊本県) 参考例:干潮時には海の上に道が出来上がり、その道を渡る時に水面に姿が映ってまるでウユニ塩湖のような写真が撮れることで人気のスポットです。 水の上に立っているような姿は、タイムライン上でも目を引くインパクト抜群なのでSNS映えすること間違いなし! その他にも九州でインスタ映えするスポットを探したい方はやもご覧になってください。 また、日本にはウユニ塩湖のような写真が撮れるスポットが他にもありますので、気になる方はもチェックしてみてください。 自分ではベストな写真だと思っていても、インスタでは中々反響が来ないとお悩みな方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか? インスタをきっかけに芸能人デビューやプロトラベラーとして活用される方も日に日に増えていっているので、インスタを少し工夫して投稿するだけで人生が変わるかもしれませんね。 インスタ映え・SNS映えスポットの分析データ インスタ映え・SNS映えする、フォトジェニック「Cool! 」のスポットと、SNS映えする面白い・ネタ「Haha! 」のスポットの特徴を分析した結果データの一部を初公開します! 写真の構成要素ランキング 先ずはフォトジェニック「Cool! 」の構成要素を見てみます。 すると、一番多いのは食べ物や食事(food、meal)がきています。 その次は小物(property)、レストラン(restaurant)、お皿に盛られた料理(dish)と続いています。 そしてその次に多いのがお部屋やインテリア(room、interior design)と、おしゃれな空間がやはりインスタでは反響が高いことが分かります。 デザート(dessert)や朝食(breakfast)もまた多く、食べ物を中心にインスタ映え投稿が多いことが分かります。 また、海や海岸(sea、coast)は青空と海辺がリゾートの雰囲気を演出して評価が高く、お花や植物(flower、plant)も女子受けがいいようで上位に来ています。 次にみられるのが地形や地理的な特徴、木で(landform、geographical feature、tree)、自然の特徴やちょっとした絶景地への旅行などがいいね!が付きやすい特徴となっています。 一方、フォトジェニック部門では芸術作品や建造物(art、building)などは多いものの、多数を占めているわけではないようです。 次に面白い・ネタ「Haha! 」の構成要素を見てみます。 するとこちらも食べ物やお皿に盛られた料理、食事(food、dish、cuisine、meal)などが上位を占めています。 特に、フォトジェニックと比較してその比率が高いことが分かります。 一方、フォトジェニックでは次にお部屋やインテリアなどお洒落なものや、デザートなどの可愛いモノが続いていましたが、面白・ネタ部門では芸術作品や寺院、建造物(art、temple、building)が続いています。 また、乗り物(vehicle)もフォトジェニック部門では見られない特徴です。 その次にも、銅像やモニュメント・像(sculpture、monument、statue)などが続いていることも特徴的です。 写真の色分析 次に写真を構成する主な色の分析をしてみましょう。 先ずはフォトジェニックな写真の色を見てみましょう。 すると、可愛い赤やピンク色、パステルカラーのエメラルドグリーンや青い空のブルーなどが多くなっています。 なんだか可愛い系の女性が来ている服の色に似ていますね。 これがフォトジェニックなインスタ映えカラーです。 次にこちらは面白・ネタ系の写真の色を見てみます。 すると、フォトジェニックな投稿とは異なり、濃い目の茶色や濃いブルー、ダークレッドなどの色が多くなっています。 なんとなく男性的な服の色合いに似ていますね。 これが面白・ネタなSNS映えカラーです。 近所から全世界までのインスタ映え・SNS映えスポットを探す Snaplaceでは、全世界のフォトジェニックなCool! スポット、面白い・ネタなHaha! スポットを地図上にプロットしています。 また、写真から探すこともできます。 Snaplaceさえあれば、休みの日にどこに行こうか悩んだり、インスタ映え・SNS映えするスポットを必死で検索して探したりする必要はなくなります! 独自の分析により、人工知能がインスタ映えスポットを選んでいるので安心です! また、どんなスポットがインスタ映え・SNS映えするのか気になる方は、も合わせてご覧ください! インフルエンサーになる近道 インスタ映えする写真の取り方を学んだら次は、写真をもっと多くの人に見てもらいたいですよね。 そこでスナップレイスでは、というサービスを運営しています。 登録するとシステム(人工知能AI)がインスタ映えする写真を自動抽出し、メディアに紹介します。 スナップレイスでは、独自のSNS映え分析システムを活用し、皆さんがインフルエンサーになるお手伝いも行っています。 興味のある方は是非ご覧ください。 インスタ映えをビジネスに生かす インスタ映えする写真は人の心を惹きつけるものがあります。 一枚の写真が「ここに行きたい」、「これが食べたい」という行動につながることがあります。 そんな中、その「インスタ映え」をビジネスに活用したいと考えている企業も増えてきています。 そこで、スナップレイスでは、というサービスを運営し、企業様のインスタ映えに関わるビジネスのサポートもさせていただいております。 具体的には、インスタ映えする商品や店舗・サービスの写真をインスタグラマーが撮影する「」や、インスタグラマーを被写体とした「」、そして「」などです。 そのほかにも、モニター調査や企画サポート、イベントや店舗への集客などインスタ映えに関するビジネスを幅広くサポートさせていただいています。 がキャスティング可能なインスタグラマーは、日本最大級のインスタグラマー会員がいる会員の中から、システムが最適なインスタグラマーを抽出してマッチングしているため、安心です。 また、2018年6月5日に日本でもインスタグラムから直接商品の購入ページにお客さんを送客できる、がリリースされました。 そのため、インスタ映えする商品写真をとることで、写真から商品の宣伝ができるようになり、ますますインスタ映えする写真には注目が集まっていくものと思われます。

次の

インスタのストーリーで透明文字を使う方法を徹底解説

インスタ dm 色

【徹底解説】インスタ映えとは?意味や写真の特徴と撮り方。 カフェやスイーツも女子に人気 2017年のユーキャン新語・流行語大賞を受賞した「インスタ映え」について、SNS映え投稿分析のスナップレイスが徹底解説します。 スナップレイスでは、SNSの様々なデータを独自のアルゴリズムで分析し、インスタ映えする写真の特徴や写真の撮り方、人気のスポットやスイーツなどの情報をあぶりだしました。 インスタ映えするにはどうしたらよいか悩んでいる方や、インスタ映えって何?と思っている方も、これを見るだけでインスタ映えの全てが分かります! 参考例: 目次 インスタ映えとは インスタ映えの言葉の意味(との違い) インスタ映えの意味は、インスタグラムに写真を投稿した際に、見栄えが良かったりして映えるという意味です。 写真そのものだけではなく、高級なレストランに行ったなどその投稿の内容も含めてインスタ映えと呼ぶのが本来的ですが、フォトジェニック(写真写りが良い、写真が映える)だけを意味して使われることもあります。 また、「インスタ映え」は2017年ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされ、みごと「年間大賞」に選ばれました。 もう一つの年間大賞は「忖度(そんたく)」でした。 インスタとは女子に人気のSNSアプリ インスタグラム(instagram)、略してインスタは写真や動画を中心としたSNSアプリで、全世界で若い世代を中心に利用者を増やしています。 日本では、特に女性を中心とした若い世代で人気のコミュニケーションツールになっており、おしゃれカフェでのランチや可愛いお菓子の写真などが多く投稿されています。 インスタ映えとはSNS上での評価 インスタグラムでは、投稿した写真を見た人は、その人の写真が気に入ったら、「いいね」といって、ハートのボタンを押します。 そのいいね、つまりハートがたくさん付くような写真は、SNS上で受けがいい、評価が高い写真となります。 そういう写真をSNS映えする写真・インスタ映えする写真(インスタジェニックな写真)と呼んでいます。 最近では、インスタ上で注目を集めたスポットへ多くの若者が訪れ、撮影をしてインスタ上に投稿するというムーブメントも生まれています。 人気のインスタグラマーは職業に? インスタグラムで積極的に発信している人をインスタグラマーと呼びますが、最近では、インスタグラムでフォロー数が多い、人気になっている人を「インフルエンサー」と呼んでいて、その中から芸能人になる人や、企業のプロモーションを請け負うような人も出てきています。 インスタ映え・SNS映え写真の6つの特徴 インスタ映え・SNS映えする写真の特徴はSnaplaceの分析によると、大きく6つの特徴があることが分かりました。 フォトジェニックな観点で3点、面白い・ネタな観点で3点の合計6点です。 1、可愛いカラフル フィード上でもパッと目を引くような彩度の高いもの。 多くの色を用いたものは傾向的にSNS上の反響が大きいです。 参考例: 2、おしゃれな雑誌風 ポスターや雑誌に使われてもおかしくないようなスタイリングで撮られた写真。 最近では人気旅行本がテイクアウトフードに焦点を合わせて、風景をぼかした写真を表紙に採用したことから、それ以降このような写真投稿が増えています。 参考例: 3、非日常 日常生活で見慣れた光景とかけ離れたもの。 まるで日本にいながら海外にいるような写真やリゾート地は「ここどこ?」「行きたい」などのコメントが多く寄せられる傾向があります。 参考例: ここまでの3点は写真投稿だけで判断される場合、特に重要な構成要素です。 世間でいう「インスタジェニック」「フォトジェニック」と揶揄されるものは、この3点の特徴が他と比べて強く出ています。 次に、以下3点は言語情報(コメント文)を含んだ場合インスタや他SNS(Facebook、Twitter等)で反響が高くなる特徴です。 例えば、神社の鳥居は一般的に「赤色(朱色)」ですが、その色が金色だったり、水色だったりするスポットは他投稿に比べてコメント数が多くなる傾向があります。 参考例: 5、規格外 標準サイズを大きく超えた又は下回ったもの。 代表的なものは「デカ盛り」グルメですが、このような投稿には「凄い」「食べられるの?」などのコメントが寄せられやすくなります。 参考例: 6、ストーリー 写真を見ただけでは分からないものの、その場所に関するコメントのワードにインパクトがあること。 特に「世界一」「日本一」などの言葉に対するリアクションは大きいです。 参考例: インスタ映えする写真の撮り方8選 1、おしゃれな壁の前で撮る 一番簡単にフォトジェニックな写真を撮る方法は、ずばり「おしゃれな壁の前で撮影すること」です! 特に撮影に慣れない方は、写真一面に壁の全体図が入るようにするとフィード上で目立ちやすい写真になります。 参考例: また、慣れたらこんな風におしゃれな壁の一部をアクセントにして写真撮影をするのも素敵ですね。 参考例: 2、真上からのアングルで撮影をする 雑誌風の特徴が大きい料理写真に共通することは「真上からのアングル」で撮影をしていることです。 特に、一緒に頼んだ料理やドリンクを位置に気を配りながら並べて撮影をすることで、鑑賞側からも料理のおいしさが伝わりやすい写真になります。 参考例: 3、風景写真は出来るだけ広角で撮影をする 自分が目にした風景と撮影した写真が違うと感じたことはありませんか? その理由は、カメラの標準レンズの画角と視界範囲のズレがあるからだと言われています。 それを解消するのがGoProです。 GoProを使用すると、自分が目にする風景以上の迫力あるその場にいるような臨場感ある写真でインスタ映えも抜群です! 参考例: ゴープロは小型・防水・動画も撮れるということもあり、ほとんどの人気インスタグラマーさんがGoProを利用して撮影をしています。 特に人気の機種は「 」です。 2016年10月に販売されたモデルですが、人気インスタグラマーさんはこぞってこちらのモデルに買い替えをしているようです。 また、価格ドットコムやアマゾンなどの評価もゴープロシリーズの中で最も高くなっています。 また、自撮り撮影をする場合は純正のセルフィースティックを使うとより素敵な写真が撮りやすいです。 参考例: 上の方までアートが描かれた場合も、ゴープロならダイナミックに撮影可能です。 いきなり高額なゴープロを買うのは不安という方は というサービスを使ってみるのも良いかもしれません。 ゴープロ撮影に必要なものが全て揃ったセットで3泊4日6,980円なので旅行やイベントで試しに使ってみたい方にはお勧めです! 4、足元にも気を配る 最近では足元と地面のアートを組み合わせた写真もインスタ上で人気です。 「 あしもと倶楽部」「 足元倶楽部」などのハッシュタグをつけると素敵な写真が見つかるので参考にしてみてはいかがでしょうか。 また、旅行先で同じ足元ばかりの写真だとつまらないと感じる人は持ち運びしやすい靴を持っていかれることをお勧めします。 参考例: 5、小物を合わせてスタイリングする 料理やスイーツのテーマに合わせて小物をグラフィカルに配置しても良いですね。 例えば写真のようにハワイで食べた料理に合わせて、旅行中に使用したサングラスなどを配置すると見ている方も旅の食事の雰囲気が伝わりやすくなり、写真に面白みが加わります。 参考例: 6、料理はカトラリーやクロスを使って奥行きを出す テーブルに置かれた料理を「真上からのアングルで撮影すること」と触れましたが応用編としてこちらはいかがでしょうか? 食器の配置をわざと画面からはみ出すようにすることで、写真にアクセントをつけることが出来ます。 また、食事中の手をわざと写真に写すことで食事中の姿をナチュラルに撮影したような雰囲気を醸し出し、雑誌やポスターで見かけるようなおしゃれな雰囲気の写真を撮影することが出来ます。 参考例: 慣れるまでは難しいですが、この技を活用するとこんな素敵なインスタ映えする写真が撮れますよ。 また、料理や食べ物をもっとインスタ映えするように撮影したい方はの記事もご覧ください。 7、自然光を活用して撮影をする 電灯から直接そそがれる強い光より、自然からやさしくそそがれる光の方が料理写真は美味しく見えます。 座席の都合上難しいこともありますが、料理が逆光で暗くなったり、手影がはいったりしないように細かく微調整しながら撮影することをお勧めします。 参考例: 8、小物をフル活用する セリフが書かれた吹き出しや口ひげ、メガネのフォトプロップスは近年では定番になってきましたがこちらもインスタ映えする効果に一役買います。 写真がにぎやかになることでタイムライン上では目が引きやすくなり、映っているメンバーの統一感も出て楽しそうな雰囲気になります。 そんな感情が伝わりやすいものは、何かしらの反応がしやすいため「コメント」や「ハート」の数が増える傾向にあります。 参考例: また、こちらの写真のようにポップなサングラスをおそろいで使うことで仲の良さがぐっと引き立つ素敵な写真になりますよね。 参考例: ビーチの写真はどうしても単調になってしまいがちですが、こんな風に写真を撮ったビーチの国旗タオルを加えただけで表情豊かな写真になります。 さらには、後で写真を見返したときどこで撮ったのか分かりやすいという利点もあります。 同様のテクニックとして、ラウンドタオルを敷物にしたり、可愛くて派手な浮き輪と共に写真を撮るというテクニックもあります。 参考例: いずれにせよ、ビーチと砂浜の限られた色に色どりを添えることになるのでインスタ映えに必要な「カラフルさ」を高めるので効果的な方法と言えるでしょう。 アプリでインスタ映えする写真に加工する 人気インスタグラマーさんの投稿写真を見ていると色鮮やかで見ていてワクワクするような写真が多いと感じたことはありませんか? 実は人気インスタグラマーさんのほとんどがカメラアプリで色彩や明るさを調整してからインスタグラムに投稿をしているのです。 代表的に人気なのが「VSCO」というアプリです。 このアプリには、フィルターが豊富にあり、コントラストや色温度を細かく設定することが出来ます。 写真の仕上がりにつきましては好みはありますが、インスタ映えする写真は彩度が高めで明るさは色温度が通常より少し高めとなっています。 写真の設定を彩度・露出・コントラスト・色温度をやや高めに設定し フェード・ティント・シャープ処理・明瞭度・ハイライトの数値をやや高めに設定すると写真は以下のように変化します。 Before After 手軽に画像調整をされたい方は「B612」「LINE Camera」などを使って加工される方も多いです。 また、人物写真を加工する時は「BeautyPlus」が人気です。 こちらのアプリでは肌をきれいにしたり、目や鼻の大きさを変更させたり、輪郭を変えたり思い通りの顔に加工することが出来ます。 その機能の一環の「ニキビ消し」はニキビを消すだけではなく、写真に写り込んでしまったものの消したい人物や建物なども消すことに使う方もいます。 Before 写り込んでしまった人の箇所を、ニキビ消しでポンポンとなぞると After こんな風に人の姿がなくなります。 その他にも荒いモザイクをかけたり、ぼやかしたりすることで消すというテクニックも人気です。 インスタ映えする料理・スイーツ パンケーキ 平成生まれのおしゃれ女子に人気のスイーツといえば、パンケーキです。 パンケーキは、ソースだったり、添えるフルーツだったりの盛り付け方ひとつでインスタ映え度合いも大きく変わってきます。 見た目がカラフルでおしゃれなパンケーキはインスタを色鮮やかにする写真としてすごくオススメです。 参考例: 見た目からしてカラフルで可愛いパンケーキですが、ポイントは小さいお皿にはみ出るくらいに盛り付けられたパンケーキです。 この、小さいお皿にはみ出るサイズというのがインスタ映えのひとつのポイントになっています。 参考例: 紫色のパンケーキはインパクト絶大で、インスタ上に紫色の写真を載せると凄く目立ち、色合いもカラフルになるためインスタグラマーの間ではひそかに人気になっています。 パフェ インスタグラムに良くアップされるスイーツの定番はやはりパフェです。 パフェもカラフルなフルーツが華やかで、可愛いいものが人気です。 参考例: 苺のパフェがインスタ上で話題を集めています。 特にロンドンで大人気のデリカフェで日本初出店のお店という、海外発というのもインスタ受けはしやすいポイントです。 ソフトクリーム・アイス お洒落なスイーツといえばやっぱりソフトクリームです。 と言っても、シンプルなソフトクリームではインスタ映えは難しいです。 ちょっとしたおしゃれさが必要です。 参考例: ここは、もこもこでまるでおもちゃのようなソフトクリームを食べられることでインスタでいいねが絶えない人気のお店です。 特に、店内にある可愛いインテリアもインスタジェニックとして人気です。 もっとスイーツ・お菓子が気になる方は、や、をご覧ください。 インスタ映えする場所 カフェ インスタ映えといったら先ずはカフェではないでしょうか?おしゃれカフェでゆったりと過ごす空間を切り取った写真はインスタジェニックで、いいね!が安定してゲットできる定番です。 その中でも特にインスタ映えするカフェの特徴は、色合いがピンクだったり、スタイリッシュで雑誌風のカフェです。 参考例: このカフェは店内がピンクまみれで、乙女チックな空間なのでどこで写真を撮ってもフォトジェニックです。 PVにも出てきそうな店内にテンションも上がります! 参考例: このカフェはハワイにあるカフェですが、テラス席で自然あふれたおしゃれな雑誌風の雰囲気が漂っていて、フォトスポットとして人気です。 おしゃれな壁 インスタグラムを見ていると、おしゃれな背景をバックにした写真を目にすることはありませんか? 写真の大部分を占めるのは多くの場合、背景のエリアです。 その背景をおしゃれにするのが壁です。 そうなんです、壁がインスタ映えには重要なのです。 特に、壁がおしゃれというだけで有名になったスポットもあります。 参考例: ここはフランス語・英語の語学学校ですが、建物のピンクの壁にアルファベットが描かれ、とてもキュートで、スタイリッシュで可愛い写真が撮れると話題で、壁目的で訪れる人が多くなっています。 参考例: 白い花と赤い花で作られたオブジェがあり、ここで写真を撮るとインスタ映えするということで大人気になっています。 特に工夫せずに、素敵な写真が撮れるので楽ちんです。 その他にも、ハワイのカカアコウォールアートがインスタ映え女子の間では注目されています。 ハワイに行く機会があれば、「」もご覧ください。 また、もご覧ください。 美術館・ミュージアム 美術館やミュージアムなども非日常的な写真がとれたり、異国の地でとったような、普段とはレベルの違うおしゃれな写真がとれることで人気です。 単に鑑賞するだけではなく、館内で自撮りができるところがインスタ女子の間では人気になっています。 参考例: もはや言うまでもなく、びっくりする写真を撮るためのスポット。 写真中心のインスタグラムが流行りだし、さらに人気のスポットとなっています。 可愛い自撮り写真を上げるためにトリックアート美術館に定期的に通っている女子も多いです。 インスタ映えするスポットに出かけてみる いつも訪れる場所で工夫しながらインスタ映えする写真を撮るのも良いですが、せっかくならインスタ映えするフォトジェニックなスポットへ訪れるのはいかがでしょうか?日本全国のインスタ映えスポットをいくつかピックアップして紹介します。 サナギ新宿(東京都) 参考例: アジアや日本の屋台村をイメージしてフードショップが立ち並び、4つのエリアごとにテーマが異なった食事スペースがある施設。 食事施設はカラフルなランタンがぶら下がっていたり、ピンクの壁にお皿がディスプレイされていたりと写真映えするポイントが随所に見られます。 まるで不思議の国のアリスの世界に迷い込んだような摩訶不思議な空間なので、フィード上にも目立ちやすいと思います。 高輪プリンセスガルテン(東京都) 参考例: ドイツ・ローテンブルグの街並みをイメージした商業施設。 洋風な建物にはピンクやイエローなどのパステルカラーで彩られ、絵本に出てきそうな空間となっています。 あえて建物の壁を背景にしてシンプルに撮影をしても良いですし、建物と一緒に入るように撮影してメルヘン風にしたりとアレンジしやすいスポットですよ。 また、他にも東京のインスタ映えするスポットを探したい方はやもご覧ください。 Cafe Otogi(兵庫県) 参考例: 不思議の国のアリスや白雪姫などお馴染みの童話をモチーフにしたスイーツや料理が頂けるカフェ。 目で見て楽しめるような可愛らしビジュアルなので、インスタ上でも女性を中心に反響が高くなっています。 店内の壁も鮮やかにペイントされているため、簡単にSNS映えする写真が撮れるのもポイントです。 関西圏でインスタ映えするスポットを探したい方はやも参考にしてください。 佐久島(愛知県) 参考例:島全体に屋外型アート作品が点在しているスポット。 作品と人物を組み合わせることで成り立つアート作品が多いので絵になる写真を撮ることが出来ます。 他では中々見ないような作品ばかりなので、友達に差をつけられるかもしれませんね。 愛知県でインスタ映えするスポットを探したい方はも参考にしてください。 料理にはエディブルフラワー(食用花)が使われ、インスタ映えしそうな華やかなデコレーションです。 その他にも、ウォールが本物のグリーンを使っていることもあり、まるで森の中にいるような雰囲気の写真が撮れるようになっています。 お花は季節ごとに展示が変わるので、同じ場所へ行っても写真が被りにくいというのもポイントが高いです。 北海道でインスタ映えするスポットを探したい方はも参考にしてください。 長部田海床路(熊本県) 参考例:干潮時には海の上に道が出来上がり、その道を渡る時に水面に姿が映ってまるでウユニ塩湖のような写真が撮れることで人気のスポットです。 水の上に立っているような姿は、タイムライン上でも目を引くインパクト抜群なのでSNS映えすること間違いなし! その他にも九州でインスタ映えするスポットを探したい方はやもご覧になってください。 また、日本にはウユニ塩湖のような写真が撮れるスポットが他にもありますので、気になる方はもチェックしてみてください。 自分ではベストな写真だと思っていても、インスタでは中々反響が来ないとお悩みな方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか? インスタをきっかけに芸能人デビューやプロトラベラーとして活用される方も日に日に増えていっているので、インスタを少し工夫して投稿するだけで人生が変わるかもしれませんね。 インスタ映え・SNS映えスポットの分析データ インスタ映え・SNS映えする、フォトジェニック「Cool! 」のスポットと、SNS映えする面白い・ネタ「Haha! 」のスポットの特徴を分析した結果データの一部を初公開します! 写真の構成要素ランキング 先ずはフォトジェニック「Cool! 」の構成要素を見てみます。 すると、一番多いのは食べ物や食事(food、meal)がきています。 その次は小物(property)、レストラン(restaurant)、お皿に盛られた料理(dish)と続いています。 そしてその次に多いのがお部屋やインテリア(room、interior design)と、おしゃれな空間がやはりインスタでは反響が高いことが分かります。 デザート(dessert)や朝食(breakfast)もまた多く、食べ物を中心にインスタ映え投稿が多いことが分かります。 また、海や海岸(sea、coast)は青空と海辺がリゾートの雰囲気を演出して評価が高く、お花や植物(flower、plant)も女子受けがいいようで上位に来ています。 次にみられるのが地形や地理的な特徴、木で(landform、geographical feature、tree)、自然の特徴やちょっとした絶景地への旅行などがいいね!が付きやすい特徴となっています。 一方、フォトジェニック部門では芸術作品や建造物(art、building)などは多いものの、多数を占めているわけではないようです。 次に面白い・ネタ「Haha! 」の構成要素を見てみます。 するとこちらも食べ物やお皿に盛られた料理、食事(food、dish、cuisine、meal)などが上位を占めています。 特に、フォトジェニックと比較してその比率が高いことが分かります。 一方、フォトジェニックでは次にお部屋やインテリアなどお洒落なものや、デザートなどの可愛いモノが続いていましたが、面白・ネタ部門では芸術作品や寺院、建造物(art、temple、building)が続いています。 また、乗り物(vehicle)もフォトジェニック部門では見られない特徴です。 その次にも、銅像やモニュメント・像(sculpture、monument、statue)などが続いていることも特徴的です。 写真の色分析 次に写真を構成する主な色の分析をしてみましょう。 先ずはフォトジェニックな写真の色を見てみましょう。 すると、可愛い赤やピンク色、パステルカラーのエメラルドグリーンや青い空のブルーなどが多くなっています。 なんだか可愛い系の女性が来ている服の色に似ていますね。 これがフォトジェニックなインスタ映えカラーです。 次にこちらは面白・ネタ系の写真の色を見てみます。 すると、フォトジェニックな投稿とは異なり、濃い目の茶色や濃いブルー、ダークレッドなどの色が多くなっています。 なんとなく男性的な服の色合いに似ていますね。 これが面白・ネタなSNS映えカラーです。 近所から全世界までのインスタ映え・SNS映えスポットを探す Snaplaceでは、全世界のフォトジェニックなCool! スポット、面白い・ネタなHaha! スポットを地図上にプロットしています。 また、写真から探すこともできます。 Snaplaceさえあれば、休みの日にどこに行こうか悩んだり、インスタ映え・SNS映えするスポットを必死で検索して探したりする必要はなくなります! 独自の分析により、人工知能がインスタ映えスポットを選んでいるので安心です! また、どんなスポットがインスタ映え・SNS映えするのか気になる方は、も合わせてご覧ください! インフルエンサーになる近道 インスタ映えする写真の取り方を学んだら次は、写真をもっと多くの人に見てもらいたいですよね。 そこでスナップレイスでは、というサービスを運営しています。 登録するとシステム(人工知能AI)がインスタ映えする写真を自動抽出し、メディアに紹介します。 スナップレイスでは、独自のSNS映え分析システムを活用し、皆さんがインフルエンサーになるお手伝いも行っています。 興味のある方は是非ご覧ください。 インスタ映えをビジネスに生かす インスタ映えする写真は人の心を惹きつけるものがあります。 一枚の写真が「ここに行きたい」、「これが食べたい」という行動につながることがあります。 そんな中、その「インスタ映え」をビジネスに活用したいと考えている企業も増えてきています。 そこで、スナップレイスでは、というサービスを運営し、企業様のインスタ映えに関わるビジネスのサポートもさせていただいております。 具体的には、インスタ映えする商品や店舗・サービスの写真をインスタグラマーが撮影する「」や、インスタグラマーを被写体とした「」、そして「」などです。 そのほかにも、モニター調査や企画サポート、イベントや店舗への集客などインスタ映えに関するビジネスを幅広くサポートさせていただいています。 がキャスティング可能なインスタグラマーは、日本最大級のインスタグラマー会員がいる会員の中から、システムが最適なインスタグラマーを抽出してマッチングしているため、安心です。 また、2018年6月5日に日本でもインスタグラムから直接商品の購入ページにお客さんを送客できる、がリリースされました。 そのため、インスタ映えする商品写真をとることで、写真から商品の宣伝ができるようになり、ますますインスタ映えする写真には注目が集まっていくものと思われます。

次の