ホワイト ムスク ドンキ。 隠れモテ香水ボディショップのホワイトムスクを愛用!男受けの良い香水について!

ルシェロホワイトの販売店や最安値。ドンキやドラッグストアで売ってない!?

ホワイト ムスク ドンキ

ホワイトムスク• ラベンダー• ラテモカ• アップルペアー• ムスクジャスミン• レッドワイン 全ての香りのフレグランスジェルが、販売されています。 ジョンズブレンドのコンセプトが、「柄や色に頼らない」といっているだけに、ラベル以外のパッケージがほぼ同じことが多いジョンズブレンドですが、フレグランスジェルはほぼ、香りによって色が変えられています。 香りと色の好みがあっていないと、購入を迷う要素になってしまう事もありますよね。 でも、全て統一をしてしまうと味気なくなってしまうので、たまにはカラーで癒されるのもいいのかもと、公式インスタを見て思いました。 蓋を空けたら中身はプルプルっ! ついつい触りそうになってしまう~っ 香りの持続時間は、約4週間~5週間です! 置き場所や環境によって異なります。 アロマウォーターやルームミストは、使用するたびに香りが発生するものですよね。 必要な時だけ使用できるので、無駄に消費せずに使えるのが魅力的です! でも、 常に香りを持続したい場合は、置くだけで香りが発生してくれるフレグランスジェルは、めちゃくちゃ便利ですよね~。 この場所ならジェルフレグランスがオススメ! 商品のパッケージに書かれている使用方法には、 フタを開け、玄関・トイレなどの水平な場所に置いてください。 心地良い香りが広がります。 と記載されています。 もちろん、使用使途は個人によって異なります。 でもパッケージ同様に、 筆者オススメの使用方法も、玄関・トイレでの使用です! フレグランスジェルは常に香るアイテムです。 リビングや寝室みたいに長時間使用する場所なら、使用する時に香りを出すアイテムでも、徐々に香ってくる位でちょうどいいと思います。 しかし、香りものが好きな方だと、リビングや寝室でアロマ効果を狙って、他の香りを使用したいこともあると思います。 生活の中で発生する香りに混ざって気持ち悪くなってしまった…なんて事にならない為にも、やはり オススメは一時的に利用する場所! 玄関やトイレの香りって気になりませんか? さらに、 生活のなかで利用する時間は、短時間で一時的なのでオススメなんです! 靴を履くたび、トイレに行くたびに毎回香りをたたせる為のひと手間がかからず、すでに良い香りを広めてある状態にしてくれるのが、フレグランスジェル。 車のフレグランスとして利用するのも、いいかもしれません! 使用後の瓶は活用できる! 瓶のアイテムだと、使用後の処分がめんどくさかったりしますよね。 筆者も気になる部分でした。 なので、使い終わった後の、瓶の使いまわし方法をまとめてみました! もともとシンプルでおしゃれな商品なので、色々と使い勝手はありそうですよ。 ペンの半分は支えがある高さなので、十分にペン立てとして利用できますね! USBケーブルの収納 USBメモリーや、短いケーブルなら収納できます! デスクの中にモノが多いと、こまごまとしたアイテムって、必要なときに見当たらなくて無駄に時間をとってしまうなんて事はありませんか? インテリアとして瓶を飾って、そのなかにUSBアイテムを収納しておけば一石二鳥です。 デイリー編 コットンやめんぼうの収納 コットンやめんぼうなどの、日常的に使用するものを収納しておくのもおしゃれです。 どちらも香りがつきやすいものなので、直接肌に使うものに香りがうつるのは嫌だという方には不向きな利用方法ですね。 同じ瓶を並べておくと統一感でインテリアとしてもスッキリまとめられるし、ガラス瓶は中身がわかるので、いくつか並べても見分けがつくのが便利。 見分けがつきにくい時は、瓶にリボンで目印をつけると、可愛くてオススメですよ。 メイクブラシ立て ブラシ立てって、なぜか円柱のものを選びガチな筆者です…。 でも、大きすぎてもブラシ立て自体が邪魔になってしまう事もあります。 ジョンズブレンドのフレグランスジェルの瓶は、大きすぎず小さすぎず… ちょっとしたものに再利用するには、程よい大きさで扱いやすい! そして、四角い形って並べてもキレイにはまって、邪魔になりにくく感じました! ヘアブラシとなると、モノによっては重さにたえられず倒れやすいという事もありそうなので、メイクブラシ位の利用がちょうどいいかもしれません。 電飾ライトを入れて飾る 最近ではインテリア用のLEDライトとして、おしゃれなものがたくさん販売されていますよね。

次の

おすすめのムスク系香水17選!ホワイトムスクとは?|レディース/メンズ

ホワイト ムスク ドンキ

最近、 のブランド がお気に入りなんで紹介しますわ。 ジョンズ 最初試したのがフレグランスジェル。 簡単に表現すると 「よくある石鹸の香りのする芳香剤の上位互換」って感じ。 香りがしっかりしているのにウザくなくて、すごく上品。 普通、香りが上品だとどうしても匂いが弱くなるけど、このは香りも上品な上に匂いも結構しっかりしてた。 ジェルタイプは近場にいないとあまり香りがしないけど、 スティックタイプの方は少し拡散力がある模様。 でも今日買って来た アロマウォーター (加湿器に入れて蒸気拡散するタイプ)が 効果範囲的に最強だと思う。 これまじメッチャおすすめ。 アロマ の ぼくは普段、 のアロマ (大)を使ってます。 超音波式のやつで、最初出た小型のじゃなく、3時間くらい稼動出来る 大型のやつ。 これこれ。 っていうかには何でもあるのかよ。 だぞおい。 ちなみにこれ、記憶ベースですが買うなら 普通にに行った方が安かった気がしますね。 商品リンク貼っといてアレですけど、でポチるより良品週間とか狙って無印で買った方が良いかもね。 今回この のアロマウォーターを入れて使ってみましたが、 まーーーめっちゃいい香りwww なんすかね、このセレブ感。 イイ、凄く。 お掃除用品 ところで、 アロマって 水垢というか、特有の汚れが沈着するじゃないですか。 最近これも大掃除でキレイにしたんですが、その時に使ったのがコレ。 洗剤としてはちょっとお高いシリーズなんですけど、 コイツめっちゃ有能。 もともとお風呂掃除用に買ったんですけど、お風呂での汚れの分解能力がヤバかったので、何か他にも使えそうだなと思って色んな物キレイにしてやりました。 これでキレイキレイした上でアロマウォーター使って加湿&芳香。 そうそう、乾燥する季節ですしね、加湿器いいっすよね、加湿器。 本当は加熱型の方が良いって話もあるけど、雑菌的なアレで。 後日追記 洗剤系に関してはこちらにも色々載せておいたので、気になる人はこっちもを見てね。 ドンキで安かったのでドンキの方をオススメしてみる。 で、さんざんの商品リンク貼っておいてアレなんですけど、、、。 ドンキが安かったんですよ。 ええ、ドンキ、ドンキ。 アロマウォーターのやつが ドンキ限定モデルで1380円の、しかも ちょっと増量してました。 標準520mlに 40mlほど増量だったので、一割ないな、七~八分って所かな。 値段が 1730円のところが 1380円でしょ、気持ち二割くらいオトクって所。 総合的に二割半、25%くらいお得なのかな? 超概算だけど。 後日追記 あとこれ、こっちのフレグランスジェルのほう、こっちもドンキ限定の増量版が売ってましたよ、 880円ですって。 1割増量ですって、確かになんか容器サイズは同じだけど、通常は四角い角の部分くらいまでしか充当されてないジェル成分が、なんか 上の方までミッチリ詰まってますね。 で買って貰った方が個人的には嬉しいんですけどね、ドンキの方が安かったらね、そりゃドンキ薦めるしか無いよね。 別にドンキの方オススメしたってぼくには一銭も入って来ないですけどねwww まぁでも多分 ドンキで買う方がお買い得だと思います。 最近、ノルコーポレーションのJohnsBlendシリーズがお気に入り。 のアロマウォーターが良かった。 よりドンキの方が安かったwww sugaryo1224.

次の

ジョンズブレンドの人気商品ホワイトムスクの香りの商品をご紹介!

ホワイト ムスク ドンキ

「ホワイトムスク」と呼ばれるムスクがあります。 ホワイトムスクとは? ムスクとの違いは? 洗剤に使用されるムスク 「ムスク」という香料は、とにかく凄い香料です。 香水はもちろんのこと、化粧品や石鹸にもシャンプーにも必要不可欠な香料です。 衣料用洗剤や柔軟剤にもよく使用されます。 「石鹸のような香り」「清潔感のある香り」とは、日本人が好みの香りを表現するときによく使用される言葉で日本独特の現象です。 「石鹸のような香り」「清潔感のある香り」が何のことを指しているのか、業界でも意見がわかれいますが、おおよそ、成分的にはムスクで一致すると思います。 ムスクの優れた残り香 石鹸で手を洗った後にかすかに香る「残り香」 のこりが は、肌の匂いと馴染み、清潔感と肌の温かさが感じられます。 お風呂上がりのお母さんのような優しさや柔らかさを感覚として感じる方もいるのかもしれません。 この香りの演出にムスクは圧倒的なパワーを発揮します。 ムスクとジャコウジカ 本来ムスクとは、ヒマラヤなどに生息するシカ、麝香鹿 ジャコウシカ から採れる香料です。 ジャコウジカは通常のシカより原始的なシカと言われます。 ジャコウジカには生殖器とおへその間に麝香腺という器官があり、そこからわずかなゼリー状の半液体が出てます ムスクが睾丸から採れるという話は都市伝説。 これが麝香 ジャコウ 、すなわちムスクです。 「動物性香料」と呼ばれる所以です。 現在、世界で製造される香水、クリームやローションなどの化粧品、石鹸やシャンプーなどのトイレタリーなどに本物のムスクが使用されることはありません。 天然ムスクを使用できない理由 まず入手できない、輸入できない ワシントン条約 、高価すぎる、品質上の問題 天然香料は不純物が多く変色やオリ、異物生成など安定性に欠ける。 そして何よりも香料の採取のためだけにジャコウシカを殺さなければならないという人道上の問題のためです。 本物のムスクは学術目的や特別なライセンスがあれば、入手できる場合もあり、過去から受け継いだ遺産としてムスクを所有するところもあります。 香料会社さんの研究所、あるいは香り関連研究所の一部、あるいはお香屋さんや漢方薬製造業者の倉庫に保管されている可能性がありますが、一般には入手は困難です。 ムスクの代打、合成ムスク そこで出てきた代替香料が合成ムスクです。 なんと1800年代の終わりには合成されています。 しかし、それらは発ガン性、光毒性の点で問題があったとされています。 80年代に出てきた合成ムスクは初期のムスクより安全とされていますが、反対意見もあり、現在でも新しい、より完全な合成ムスクの開発競争が続いています。 ホワイトムスクとは? さてホワイトムスクですが「ホワイトムスクとは植物性ムスクのこと」という人がいます。 誤解です。 植物由来の香料でムスクのような香りを持ったオイルにアンブレットシード精油やアブソリュートがありますが、これがムスクといえるか不明です。 一般にホワイトムスクとは、香料の正式な成分名ではなく、合成ムスクの「通称」です。 学会でも化粧品業界でも正式な定義がされておらず、一人歩きしている言葉のようにも見受けられます。 マーケティング的に優れた命名 ムスクは先に書いたように石鹸やシャンプーや洗剤・柔軟剤・漂白剤の残り香として清潔感がある香りを残しますので、イメージ的にも洗いたての白いシャツを彷彿させるものです。 それゆえそういうイメージを込めて「ホワイトムスク」と誰かが呼びはじめたのではないかと推測しています。 「合成ムスク」ではイメージがよくないため、腕のよいマーケターが商品名として生み出したのかもしれません。 マーケティング的に優れた命名です。 呼び方一つで商品イメージが180度変化する例です。 現在、さまざまな種類の合成ムスクが「ホワイトムスク」と通称されています。 ホワイトムスクの説明 by Wikipedia 海外のWikipediaにホワイトムスクの説明がありましたので引用します。 Wikipediaがいつも正しいわけではないと思いますが、まずは参考にどうぞ。 フィクソリド、ガラクソリドのような成分名がでてきますが、それらはそれら合成ムスクを開発し商品化した香料会社の商品名や登録商標です。 ほとんど特許が取得されています。 ---------------- 翻訳 --------------- ホワイトムスクとは、香水業界にて動物性の天然ムスクを代替す合成ムスクの一群を指します。 それら合成ムスクの分子式や成分名はさまざまです。 最初の合成ムスクは1890年ころに発見されました。 そして、現在でも合成ムスクの開発は続いています。 ホワイトムスクには、清潔感があり、ムスクのような、人の肌のような香りがあります。 またときにはブラックベリーのような、アンブレットのような、アンバーグリスのような香りと表現されることがあります。 ---------------QUOTE-------------- White musk, in the perfume industry, refers to a group of synthetic molecules that replaces natural, animal musk. The formulas and the names of these synthesis are varied, like fixolide, habanolide, galaxolide or ambrettolide. The first synthetic musk was discovered around 1890, and there are still new types being created. White musk brings clean, musky, skin notes. It can also be described as notes of blackberry, ambrette or ambergris. ---------------QUOTE-------------- 関連記事: 2009-03-10.

次の