ホルモン タレ やまき。 【クックドア】ホルモンやまき(大阪府)

ホルモン やまき 西成センベロ紀行

ホルモン タレ やまき

2017. 11 【西成潜入記 その1】 大阪の超ディープゾーン・西成に潜入しました。 地元の食に詳しい飴屋さんに事前にアドバイスされたのは「お金は裸でポケットに」。 置き引き・スリは日常茶飯事とのことで財布も鞄も宿に置いて、4,000円だけ持ってのスリリングな旅となりました。 最初に向かったのは今池の「やまき」。 阪堺電気軌道のボロ電車が走るガード下のホルモン鉄板焼きという、最も西成らしいディープな場所。 マジで。 そんな店に慣らし運転なしの無謀な挑戦です。 11:00開店ということで11:10に行ったら準備が始まったばかり。 先に並ぶ4人と30分ほど準備風景を眺めながら待ちます。 おじさんの「ええよ。 」との合図でカウンターにかぶりついたのは10人ほど。 ただ日曜日とあって、ほとんどが地元大阪からの観光客か、出張ついでにやってきたというサラリーマンのグループ。 期待したどろどろの阿鼻叫喚の世界とはちょっと違って残念です。 準備が整い、一斉に鉄板を囲むとまずは「キモ レバー 」から。 握り拳くらいあるふわふわのレバーが1人前70円。 焼けたら鉄板の私の前に置いてくれますからそれを竹串でつつきます。 辛いたれをつけて食べるとおいしい。 ぷりぷりしてて新鮮です。 ホルモンは串に刺された状態で鉄板で焼かれ、焼き上がると客が鉄板からそのまま自分で取って食べる。 ぷりっぷりで1本70円。 にんにくと唐辛子まみれのタレがまたおいしく、二度づけ禁止。 やっぱり大阪です。 アブラという部位も別注文で70円。 ホルモン3本にキモ・アブラ、缶ビール2本でしめて950円と、まさに「センベロ」の世界がここにはありました。 でもほんとにおいしかった。 西成ディープゾーンの探検はまだまだ続く…。

次の

絶品!西成 ホルモンやまき!|ゆー|note

ホルモン タレ やまき

感想 一件目から西成の洗礼をガツンと浴びた。 路上での立ち食いと、ありえない美味しさのコントラストが素晴らしい。 この店では、人混みをかき分けて、自分が欲しいものをしっかりと伝える必要がある。 遠慮がちにしていては、欲しいものは手に入らないのだ。 ただ、他のお客さんも状況をよく分かっている方々なので、ちゃんと意思を表明すれば、場所を空けてくれるし、教えてくれる。 なお、お金の払い方は、キャッシュオンでその都度支払ってもいいし、最後にまとめてのお勘定でもいい。 最後にまとめる場合は、串の数で計算するので、串を捨てないように注意だ。 なお、我々は3人で2000円台。 せんべろという言葉があるが、1000円分飲むのも大変である。 お店情報 やまき 今池店 大阪府大阪市西成区萩之茶屋2-2-7 06-6634-3535 営業時間:[月~金] 14:00~21:00、[土・日] 11:00~21:00 定休日:雨の日 しずか みちこ 経営ビジネストレーナー Gallup認定ストレングスコーチ/二級ファイナンシャル・プランニング技能士 経営者の生き方やビジョンを共有した上で、経営数字を直感的に理解できるようにキャッシュフローを可視化し、自信を持ちつつ経営に集中できる環境作りをサポートします。 また、ストレングスファインダー・クリフトンストレングス専門家として、個人やチームが「強み」を活かして最大の成果を生み出せるよう、ストレングスファインダーをベースにした、個人向けコーチングと法人向けのチームビルディング研修をしています。 趣味:野球観戦、旅行、美味しいものを食べること。 Gallup認定ストレングスコーチとしての知識をベースにしていますが、個別セッションにて200人以上の方の資質にじっくり向き合った経験と、カウンセラーとして得た心の知識を組み合わせ、より理解しやすいように踏み込んだ解説をしています。 Gallup社の承認を受けたものではない点、ご了承ください。

次の

西成【やまき】ホルモン焼きが美味すぎる 自宅で再現!

ホルモン タレ やまき

(またまた再訪) 花園町~新今宮にかけての昼酒はしご呑み4軒目。 今回、萩ノ茶屋お初の同行者であったので、こちらのお店ははずせない。 さくっとホルモン食って、次の店へ向かいましょうか。 「やまき」でディープ感に浸っていただきましょう。 相変わらずの人気店。 ただ2人くらいなら端っこに潜り込めそうです。 ビールもさんざん飲んできたので、ここでは缶酎ハイ(250円)。 ここのホルモンやと、ビールよりもこっちの方が合うかも。 とりあえず、各1人、ホルモン2本と肝1枚を頼みます。 1本60円なので、これだけでもたった180円。 缶酎ハイと合わせてもワンコインいきません。 ホルモン2本。 2度漬け禁止のタレにざくっとくぐらせていただく。 このホルモン自体はまあ値段相応だなって味わいなんですけど、 にんにくたっぷり、辛みもあるパンチの効いたこのタレが私は好き。 このジャンキーさが、この店の雰囲気とぴったり合います。 そして、レバーもいただきます。 こちらは中はちょっとレア気味に焼かれているので、 生レバー好きな私にはぴったり。 うん、いつもながらB級感たっぷり! これぞ、大阪ディープB級店の代表格やと思います。 (再訪) 萩之茶屋でのはしご1軒目・・・ 結構、同行者も気に入ったらしく、長居しました。 次のお目当ての店に行く前に、 これぞ萩之茶屋って店にも寄りましょかってことでこちらに。 ホルモンのやまきです。 このオープンな立ち飲み風情。 相当有名店になりましたので、この日も満員御礼。 ただ、また優しく立ち位置を譲っていただきました(^^) ここで飲んでいる方々、いつも気さくなんですよね。 ドリンクは私はラガー350缶(280円)、同行者はハイリキ酎ハイ(250円)に。 もうすぐに1杯ひっかけて次に行くつもりやったんで、 各自ホルモン1本(60円)ずつに、レバー(60円)を一枚頼みました。 手際よく、焼かれるホルモン。 これをどぎつい色をしたタレにくぐらせます。 ニンニク、唐辛子風味がたっぷりの、パンチのあるタレなのだ。 ホルモンてっちゃんのプニュっとした舌触りと、このタレの相性が抜群! この値段で食えるホルモンとは思えない旨さである。 またキモも大雑把にカットされているが味わい深い。 (以前の記事) ここはディープな萩之茶屋本通商店街でもかなりのディープさを誇っています。 「やまき」です。 店先の鉄板の周りをぐるりと取り囲む形で「ホルモン焼き」をむさぼり食う。 そんな光景が目の前にあります。 まるで屋台のような店。 で焼かれているのは、ホルモンとキモというシンプルな構成であり、 両方とも1本60円という低価格設定。 ここでは飲みもんは缶ビールか、缶酎ハイか、カップ酒という選択なので、 缶ビール(280円)とホルモン串(60円)を二人で4本注文。 ご覧のような串が出来上がってくる。 これをまた、写真のようなつけダレの中へどぼどぼと串をつけて喰らうのだ。 このつけダレが「刻んだにんにく」のようなもんと、 「唐辛子」であろう赤い粒粒が効いているせいか、非常にパンチのある味付けである。 いや~ニンニク&辛いもの好きの自分にはこのタレは絶妙でしたね~ このホルモンとタレのマッチングが非常に気に入ってしまった。 合計2人で800円のおあいそ。 しかし、この店ははっきり言って、ちょっとこの街に溶け込んだ人間でないと、 その店先で食うのは勇気がいります。 ただ、地元小学生の女の子が、普通に串を持ち帰りで買って帰っていたのには、 びっくりしたなあ~(^^;) さすが西成の子やわ。 再訪) 他にもホルモン焼き屋に行ったのだが、 結局はここのを食べたくなります(^^) 以前は選択できていたのかな? 前はスーパードライだけやったと思うのですが、 今回は、LAGER(280円)をチョイスできました。 頼んだのはホルモン串、各2本。 これを強烈なパンチのある2度漬け禁止のタレにくぐらせていただく。 同行者は、ここのホルモン、初めてであったのだが、 そのにんにくの強烈さに閉口していた。 自分はにんにく好きなので、大丈夫だが、 人を選ぶホルモンかも知れませんね。 このにんにく風味ホルモンがめっちゃ旨いんやけどな~(^^;) 再訪) この界隈に飲みに来ると、無性にこの店のホルモンだけは食いたくなる。 ただ、相当な人気店のため、その鉄板周りに立とうにも、 なかなかスペースがないのだ。 そのディープな雰囲気ゆえに、普通の人間ならば、 その輪の中に入ることも躊躇してしまうだろう。 ただ、同じ酒飲み・・・皆さん、すごく優しく立ち位置を譲ってくださいます。 そんな大人気のホルモン屋台「やまき」です。 さあ、どんどんホルモンが焼かれていきます。 そのメニューはたった2種類、串にささったホルモンと、あとはキモです。 両方とも値段は60円!!! また酒も、280円のラガーかスーパードライの缶ビール、250円のハイリキ酎ハイ、 それにカップ酒が置いているだけである。 その串を2度漬け禁止のこちらのツケダレにどぼっとくぐらせます。 ニンニク、唐辛子風味がたっぷりの、パンチのあるタレなのだ。 ホルモンてっちゃんのプニュっとした舌触りと、このタレの相性が抜群! この値段で食えるホルモンとは思えない旨さである。 またキモも大雑把にカットされているが味わい深い。 ここの店の前を初めて通った方は、おそらく最初ここの鉄板の前に立つのは、 勇気がいることであろう。 しかし、立ってしまうと、どうってことありません。 「ラガーに、あとホルモン2本、キモ1!」って言ってしまえば、 ワンコイン弱460円で、ええ立ち呑み屋台雰囲気を満喫できますよ。 旨さ…………15点 安さ…………20点 店の雰囲気… 9点 B級度………18点 印象度………17点 総合評価……79点 評価Bランク 住所:大阪市西成区萩之茶屋2-2-7 電話:06-6634-3535 営業時間:[月~金]14:00~21:00 [土・日]11:00~21:00 定休日:不定休.

次の