猫窓ショップ。 【楽天市場】窓貼付け キャットステップ 猫窓 絶景リゾートテラス 猫 窓 吸盤 階段 キャットウォーク 猫 窓 ベッド ステップ:ライブイット

猫の網戸脱走防止対策7つ!脱走できない完璧対策はコレ!

猫窓ショップ

家の脱走ポイントごとの脱走防止対策! 今回は猫の脱走防止方法を、家の脱走ポイントごとに紹介していきます。 危険な脱走ポイントは以下の3点になります。 1つずつ詳しく見ていきましょう。 ベランダ 1. 玄関の脱走防止対策 玄関は飼い主さんが帰宅した際など、すれ違いざま猫が脱走してしまいやすい脱走ポイントです。 ベランダと共に最も危険な脱走ポイントと表現することもできるでしょう。 そんな玄関からの脱走防止をするには、以下の3つの方法が挙げられます。 1つずつ詳しく見ていきましょう。 小型簡易ゲート• 簡易扉(パーテーション)• フェンス 1-1. 小型簡易ゲート リッチェル ペット用 木製ハンズフリーゲート 簡易扉(パーテーション)のメリットとデメリット メリットは以下になります。 成猫でも簡単に飛び越えることができない 一方デメリットは以下になります。 値段が高め• (商品によっては)少し安っぽい• 取り付けが大変• 普段使いが少し手間 正直安い物ではなく、普段使いで荷物がよく引っかかってしまうなんて意見もレビューの中には見受けられました。 デメリットが多く目立ちますが、その分脱走防止という点ではとても優れています。 玄関を安心して開けられるようになるという点は、大きな魅力だと思われます。 飼っている猫が活発で、簡易ゲート程度では難なく飛び越えられてしまうことが予想できる場合はこちらを選択するのも一つの手かもしれません。 また中には玄関への廊下ではなく、台所などへの侵入防止に使っている方もいました。 このように脱走防止対策としてだけでなく、入ってほしくない部屋などへの侵入防止に使うこともできます。 1-3. フェンス アイリスオーヤマ ペットフェンス フェンスのメリット・デメリット メリットは以下になります。 設置が最も楽• 値段が安い• 普段使いが楽 一方デメリットは以下になります。 活発な成猫なら飛び越えてしまう• フェンスのみだといじっているうちに隙間ができてしまう フェンスの魅力はやはり圧倒的に安いこと、そしてとても手軽に脱走対策ができることです。 1000円程度でちょっとした脱走防止ができるという点は素晴らしいですね。 また設置も楽なため、手間をかけたくないという方にも向いています。 一方脱走防止対策としては、それほど素晴らしいとは言えません。 あくまで そこそこの抑止力になるという考えが正しいと思われます。 こういった点を考えると、 「玄関の脱走防止をそこそこで良いから手軽にしたい!」という方には最も向いている対策方法と言えると思います。 窓の脱走防止対策 窓も猫にとっては格好の脱走スポットになります。 特に一軒家にお住いの方や、1・2階の賃貸アパートやマンションに住んでいる方も気を付ける必要があります。 中にはちょっと空気の入れ替えとして窓を開けたら、猫が逃げてしまったなんて経験がある方も多いのではないでしょうか? また お風呂場の窓など普段あまり気にしない点も、意外と見過ごしがちなポイントです。 玄関やベランダは気を付ける方が多いと思いますが、窓はそれほど気にしない場所にもあるため気をつけましょう。 そんな窓の脱走防止対策は以下の3つが挙げられます。 1つずつ詳しく見ていきましょう。 補助錠• ペット用網戸• 窓柵 2-1. 補助錠 ノムラテック ウインドロックZERO 3個入り 最後にご紹介するのはベランダ(ウッドデッキ)の脱走防止対策です。 ベランダは玄関と同じくらい猫が脱走しやすいポイントになります。 猫が日向ぼっこや外気に触れることは、健康上でも大切なことですが脱走は出来ないようにしたいところですね。 また3階以上の高階層マンションなどに暮らしている方は、脱走の危険というよりかは猫の転落防止に気をつける必要があります。 そんな ベランダの脱走防止方法は基本的に「網カーテン」のみになります。 網カーテンとは画像のように、ベランダの手すりに登れないようにしてしまうカーテンです。 完成イメージは以下になります。 手すりの内側に網が張られているのがわかるでしょうか? これを設置するのは多少大変ですが、一度できてしまえばベランダからの脱走防止にとても役立ちます。 飼っている猫がベランダの手すりに登るのが大好きという場合は、是非試してみてください。 実際に作りたいという方はがあるため、そちらを参考にしてみてください。 まとめ 猫が脱走してしまうと、愛猫への申し訳なさから本当に後悔し悲しい気持ちになってしまいます。 多くの場合、猫の脱走はちょっとした意識と防止対策で防げるものです。 脱走してから後悔するのは遅いです。 猫が脱走する前に必ず脱走防止対策をするようにしましょう。 はじめまして、ミツバと申します。 以前「猫カフェ」+「ペットショップ」+「ペットホテル」の店員でした。 店員だったときの経験を活かして、現在は『ネコワラ!』の管理人をしています。 プライベートではラグドールのわたげを飼っていましたが、2019年1月17日腎不全や腹水、黄疸などの症状から眠りにつきました。 1歳と11カ月のことです。 当サイトでは管理人が「仕事」「プライベートでの飼育経験」から得た猫に関する知識を、余すところなく公開していきます。 全ての猫好きが笑顔になれる場所を目指して、情報提供をしていきます。 ぜひ気軽に楽しんでいってください: 所持資格: ・少額短期保険募集人資格 ・アニコム損保ペット保険募集人資格 わたげが膀胱結石になり、40万円の治療費がかかったときの話はから.

次の

エイベックエコ 猫窓ショップ

猫窓ショップ

網戸ストッパー(ロック)で猫の脱走防止対策 【メリット】• 簡単で手軽• 100均にも売っている 【デメリット】• 網戸が破れたら猫が脱走できてしまう• 簡易的な網戸ストッパー(ロック)は100均にも売っています。 設置が簡単なので手軽にできる猫の脱走防止対策ですね。 でも網戸が破れたり、網戸ごと外れてしまったら、猫さんが脱走してしまう可能性も。 ただ、網戸ストッパー(ロック)を使用している方の評判はわりといいですね。 網戸に登らない、突進しない、大人しい性格の猫さんなら大丈夫なのかな? 強化網戸+網戸ストッパー(ロック) 強化網戸+網戸ストッパー(ロック)で猫の脱走防止対策 【メリット】• 網戸が破れる心配が減る 【デメリット】• 網戸の張替えが少し大変• 強化網戸に張り替えれば、猫さんが登ったり爪を立てても網戸が破れる心配は減ります。 さらに網戸ストッパー(ロック)も併用すれば、猫さんが網戸を開けてしまう心配も減りますね。 不安なのは、網戸が何かの拍子に外れたら猫さんが脱走できてしまうこと。 網戸が外れない工夫もプラスすればより安心できる脱走防止対策になります。 強化網戸はペット用の製品もありますよ。 窓のちょい開け+窓ロック(補助鍵) 窓のちょい開け+窓ロック(補助鍵)で猫の脱走防止対策 【メリット】• 脱走の心配がない• 窓ロック(補助鍵)は100均にも売っている 【デメリット】• 猫が通れない幅だけ少し窓を開け、防犯用などで売られている窓ロック(補助鍵)をかけます。 これなら窓を手で開けてしまう器用な猫さんでも脱走できません。 リビングは窓が大きく重いので愛猫ミコには開けられないと思っていますが、やっぱり少し不安ですよね。 窓ロック(補助鍵)があれば、今は締め切っている別室の小さい窓も心配することなくちょい開けできます。 今度、窓ロック(補助鍵)を100均でみてみよっと。 100均のだと頼りないかな? 防犯用の窓ロック(補助鍵)ならより安心です。 器用な方は100均のアイテムで自作されていますね。 自作が面倒な方は、市販の猫の網戸脱走防止フェンスもあります。 一緒にみていきましょう。 自作の脱走防止フェンス 自作のフェンスで猫の脱走防止対策 【メリット】• 100均アイテムで自作できる• 猫が網戸を突き破ることはできない 【デメリット】• 突っ張るだけではフェンスが外れる心配がある• 自作する際の注意点は、 隙間はなるべく作らないように狭く、猫さんの頭が通らないようにすること。 そして突っ張るだけだと、 猫さんが登った重みなどでフェンスが外れる心配もあるので、固定する工夫をしましょう。 サッシの溝に100均のフェンスを挟み込む簡単な方法もありますよ。 防犯用の窓ロック(補助鍵)と併用すれば動かなくなっていいですね。 フォロワーさんから質問があったので、ここでちょっと補足を?? ダイソーで150円のフェンス状のやつを3枚。 これを高さにあわせて結束バンドで繋ぎます?? 縦は、サッシの溝にはめて窓を閉めるだけ??? 網戸も出来るよ?? プーチンが押しても大丈夫? — 天然和尚 koukioshow 簡易フェンスは力ずくで外してしまう猫さんにより本格的なフェンスを100均アイテムで自作するなら、こちらのブログがわかりやすかったですよ。 100均アイテムで自作するより楽• 猫が網戸を突き破ることはできない 【デメリット】• 突っ張るだけではフェンスが外れる心配がある• 自作するより楽ですね。 設置する窓の幅と高さを測って、サイズの合うものを購入しましょう。 設置の際は 隙間ができないようにするのが大事です。 さらに突っ張るだけでは、 猫さんが登った重みでフェンスごと外れる心配もあるので、なにかに固定しましょう。 マイホームにおすすめ猫の網戸脱走防止対策 マイホームなら、 ルーバー雨戸、カンガルーが体当たりしても大丈夫な防犯網戸がおすすめです。 コストはかかりますが、完璧に猫の脱走防止ができて防犯にもなる対策です。 さらに、最近は台風も大型化して暴風で窓が割れるのが心配だったりしますね。 そんな時も、ルーバー雨戸や、防犯網戸なら安心できるかなと思いました。 一緒にみていきましょう。 ルーバー雨戸 これなら猫さんが登ってもへっちゃら。 網戸に登る猫さんをニコニコみながら写真を撮ったりできますね! マイホームなら、これもいいですね~! マンションなら、ルーバー雨戸より防犯網戸の方が取り付けやすいですね。 今のところ防犯網戸は、こちら2製品のようです。 まとめ 猫の網戸脱走防止対策を、簡単なものから本格的なものまで7つ、ご紹介しました。 実践してみたい対策はありましたか? この記事をまとめていて、 「どれだけ猫を閉じ込めておきたいんだ?」と思ってしまいましたが、 すべては猫さんの安全のため。 わが家は賃貸なので、「窓のちょい開け+窓ロック(補助鍵)」が一番簡単でいいです。 マイホームなら「ルーバー雨戸」「カンガルーでも破れない防犯網戸」いいですね~。 いつかマイホームに住んだら…と調べながら妄想してしまいました。

次の

【楽天市場】窓貼付け キャットステップ 猫窓 絶景リゾートテラス 猫 窓 吸盤 階段 キャットウォーク 猫 窓 ベッド ステップ:ライブイット

猫窓ショップ

ご利用頂いたお客様にお写真アンケートのご協力をお願いしています。 こちらでお客様から頂いた声や写真をご紹介させていただきます。 まずはネットショップ担当:坂本の自宅です。 ネットショップにもたびたび登場する我が家のもーたんです。 野良出身のもーたんですが、お外に対する執着心はあまりないようです。 ただ、ベランダに小鳥が来たり蝶が飛んできたりすると大興奮。 興奮した拍子に、網戸を突き破って飛び出てしまわないように。 と、まずはベランダのはき出し窓に設置しました。 真冬の寒い時期以外は換気のために窓を開けています。 外からの音、風、香りを楽しむように窓辺にいることがとても多いです。 続いて廊下に面する玄関横の腰窓にも設置しました。 ここからお見送り、お迎えをしてもらえます。 この窓は面格子がついているし、出入りをする必要がないため、 窓の開口全てを覆うサイズで取付けました。 ジツはこの使い方が一番のオススメ!!! ココからの脱出はほぼ不可能。 リビングからは目の届かない窓ですが、開けておいても安心です。 我が家の網戸は簡単には外れそうもありませんが、 ネットはゴムで押さえてあるだけなので、思い切り突っ込めば外れてしまいます。 つっぱり棒+メッシュパネルも考えたけれど、 見た目がイマイチなのと、高さ2mにガッチリとめることができなかったので却下となりました。 格子を窓に取り付けたら、圧迫感があるのではないかと心配だったけれど 全く違和感もなくすっきりしているのも、考えていた以上。 安心して窓を開けるためにも、やっぱりつけてよかったなぁ。 と思います。 試行錯誤のすえ、やっと完成したこの商品。 胸をはってオススメできます。 色や寸法など完全オーダーなので、安心してお使いいただけると思います。 お問い合わせだけでも、お気軽にどうぞ。 フリーダイヤル 0120-818-985.

次の