佐藤 正久。 佐藤正久の家族は?かっこいい画像!田母神とは?出身と身長は?

佐藤正久の家族は?かっこいい画像!田母神とは?出身と身長は?

佐藤 正久

切り取られ、Twitterで拡散された発言 佐藤議員が実際に発言した内容は次の通りですが、これはインターネットの動画でも確認することができます。 個人の権利、個人の権利、個人の権利、馬鹿じゃないかと そこはまさに、そういう、もっと大きなものを護るために個人の権利を抑えて 今はこうですよ(だから死んでこい) そういう意味で、憲法にそういう精神の(国のために死ぬ)規定がないから余計に弱いんです 憲法に緊急事態条項とかあれば、もっとたぶん、軽易に緊急事態を法律に基づいて発令(部下に死ねと命令)できた 憲法では権利や自由というものが前面に出過ぎていて、義務と責任が引っ込んでいるような感じ 個人の権利や自由を抑えるということも必要なわけで 私は義務なき権利はないし、責任なき自由はないという国柄を、憲法の方にも明記・・・ ただし、この動画を見れば分かるのですが、括弧書きの箇所「(だから死んでこい)」とか「(国のために死ぬ)」について、佐藤氏はまったく発言していないことが分かります。 まさに言うところの「発言が切り取られた」状態なのです。 佐藤正久「人権発言」完全版 インターネットの一部で盛り上がりを見せていた、佐藤正久議員の人権を軽視する発言でしたが、少なくとも彼は「死ね」という発言はしておりませんでしたし、また、人権についてどのようなスタンスなのかも、これまでの動画では判然としませんでした。 よって、佐藤氏の真意を確かめるためには、動画にきちんと向き合う必要があると考え、インターネットを検索したところ完全版が見つかりました。 佐藤氏の発言は、平成25年 2013年 4月に「チャンネル桜」で放映された番組、『日いづる国より』の中でなされたことが分かったのです。 この番組の中で、佐藤氏はどのような文脈で人権を語ったのかが重要となります。 これについては、佐藤氏は次のように語っています。 「災害対策基本法に基づき、災害緊急事態を行使して欲しい」 返ってきた政府答弁は「個人の権利を抑えるような、そんなことはできない」であった。 そして憲法にそのような精神や規定がないから弱いのだ。 結論を申し上げると、佐藤氏の発言については 「人権」を「法律」に置き換えるとスッキリします。 そして、佐藤氏の意図もそこにあるものと考えられます。 つまり、佐藤正久議員は、こう言いたかったのです。 ただ、現実には本来「法律」と表現すべきところを「人権」と言い、そのことで少なからず軋轢を生み出したのは確かです。 筆者に言わせれば読解力の範疇なのですが、もしかしたら、ここに佐藤氏の何らかの含みがあるかもしれません。 今回の発言で、佐藤氏の決定的にダメな点を挙げるとすれば、それは「法律」と「憲法」の区別が分かっていない、完全に混同していることです。 この辺の区別が出来なければ、はっきり言って議員失格です。 立憲主義とは、最高法規である「憲法」が権力を縛るというのが基本的な考え方です。 つまり、憲法は市民から統治権力への命令で、統治権力にとっての義務規定。 一方、法律とは統治権力から市民への命令で、市民にとっての義務規定。 今回、佐藤氏が取り上げた震災での支援や捜索は、何も佐藤氏のような国政議員のみがやるわけではなく、自衛隊、地元の消防団、そして一般人も入り混じっての活動となるので、その活動の規定は当然「法律」の範疇となります。 それを、佐藤議員が「法律」を「人権」と置き換え、憲法に緊急事態条項を加える、つまり、憲法改正があたかも必要であるかのように語るのは、明らかに佐藤議員が意図した「ミスリード」とも受け取られます。 そして、佐藤正久氏を批判するとすれば、まさにこの「ミスリード」の部分なのです。 なぜなら、この問題は「憲法」ではなく、「法律」の問題だからです。 ただ、動画全体を見た印象としては、佐藤氏にそのような頭はないように思われます。 話の中で何度となく「人権」というフレーズが出たこともあり、佐藤氏が話の流れで「人権、人権、人権」と言った。 その程度の話だと筆者は考えています。

次の

佐藤正久議員に訊く~緊急事態宣言の詳細と“与党がするべきこと”

佐藤 正久

佐藤正久氏 59歳 といえば、かつて自衛官として活躍し、いまだにヒゲの隊長の愛称で親しまれている参議院議員だ。 そして党国防議連事務局長としても活躍している人物だが、そんな彼がピースボートに関してあまりにも衝撃的な書き込みをし、注目が集まっている。 ・クルーズ中止分の返金が滞っている ピースボートは2020年4月から航行するはずだった世界一周クルーズが中止となり、客に対して返金をする必要があるのだが、中止分の返金が滞っている事が判明し、多くの人たちからバッシングを受けている。 そんなピースボートの状況に関して、佐藤正久氏は以下のようにコメントしている。 ・佐藤正久氏のTwitterコメント 「必要十分な保険はかけていなかったのか?「海自の海賊対処行動は反対だけど『守って』」との要請で海自が護衛したことが話題に。 そのピースボート、船は予定通り出航できない場合もあるので保険が必須だが」 【必要十分な保険はかけていなかったのか?ピースボート、中止分の返金滞る 1500人超、観光庁が行政指導】 「海自の海賊対処行動は反対だけど『守って』」との要請で海自が護衛したことが話題に。 そのピースボート、船は予定通り出航できない場合もあるので保険が必須だが。 — 佐藤正久 SatoMasahisa ・海自の海賊対策反対!! でも海賊から守って欲しい ピースボートは海上自衛隊による海賊対処行動に反対していたものの、「でも海賊から守って欲しい」と海上自衛隊に依頼してきたということだろうか。 もしそれが事実ならば、ピースボートのポリシーと反することをピースボートが言っているように思われても仕方ない。 ・新型コロナウイルスの問題も浮上 ピースボートは世界一周クルーズを比較的安い価格で体験できるとあって話題となることが多いが、また違う部分で批判を受けることが多く、常にバッシングの的となっている。 新型コロナウイルスの感染が広がるなか、日本の港に入港してきたピースボートがしたことに関しても物議をかもした。 ・矛盾とも思える海上自衛隊への依頼 ピースボートは根本的な部分からさまざまな部分を作り直す必要があるのかもしれない。 また、佐藤正久氏が話していた矛盾とも思える海上自衛隊への依頼に関しても説明が欲しいところだ。

次の

佐藤正久の家族は?かっこいい画像!田母神とは?出身と身長は?

佐藤 正久

佐藤正久参議院議員の出身や学歴などプロフィールを紹介! ご本人のツイッターより写真をご紹介します。 今でもトレードマークのひげは健在ですね。 【危機感!佐藤正久は、まさひさ】 今日も2会場で「まさひこ」さんと紹介されました。 ガクッ。 本人は、真面目に応援のつもりで一生懸命、何度も「マサヒコ」と。 「まさひさ」を覚えてもらう良いキャッチありませんか? (例、まさに久々、まさひさ) — 佐藤まさひさ(正久) SatoMasahisa 佐藤正久さんのプロフィール、 オフィシャルサイトだけでは十分ではなかったので、JIJI. COMの国会議員情報も参考にしました。 【氏 名】佐藤 正久(さとう まさひさ) 【出 身】福島県福島市 【生年月日】1960年10月23日 【年 齢】59歳 【小学校】福島市立佐原小学校 卒業 【中学校】福島市立西信中学校 卒業 【高 校】福島県立福島高等学校(福島県福島市) 卒業 【大 学】防衛大学校(27期・応用物理)卒業 【所属政党】自由民主党 【当選回数】参議院2回(全国比例区) 【座右の銘】無意不立(意無くば立たず) 防衛大学校卒業後、25年間、陸上自衛官として勤務され、国連PKOゴラン高原派遣輸送隊初代隊長、イラク先遣隊長、福知山駐屯地司令など歴任されています。 引用元:佐藤正久オフィシャルサイト 引用元:JIJI. COM ほとんどの方にとっては、イラクでのひげの隊長のイメージが強いでしょう。 また意外にも(失礼!)本もたくさん出されていて、オフィシャルサイトでは全部で7冊も本を紹介されています。 佐藤正久参議院議員の所属派閥はどこ? 佐藤正久参議院議員は「平成研究会」に所属しています。 佐藤正久参議院議員の自身のブログでも、平成研究会セミナーに参加されている記述があります。 (引用元:佐藤正久オフィシャルブログ ) 日本経済新聞によると、「平成研究会」は自民党の第2派閥、竹下派の正式名称になります。 竹下派は、1987年に竹下登元総理が立ち上げた「経世会」を源流に持ち、その後1994年に小渕恵三元首相の元で「平成政治研究会」としてスタートしたそうです。 (引用元:日本経済新聞 ) しかし年号が令和に変わりましたが、令和でも名称は「平成研究会」で行くのでしょうか? 少し気になりますね。 佐藤正久参議院議員の息子さんの職業は? 佐藤正久参議院議員の息子さんですが、佐藤議員ご本人のツイッターにて、息子さんが自衛官であることを投稿されています。 自衛隊家族会発足記念祝賀会に参加。 自衛官出身の国会議員ではありますが、自衛官の息子を持つ元自衛官として、現役が誇りを持って働ける環境整備に汗をかいていきます。 やはり、いつでも、どこでも、家族の愛情、家族の思いは一緒ですね。 — 佐藤まさひさ(正久) SatoMasahisa 残念ながら、自衛隊の陸海空のどこに所属するかはわかりませんでした。 息子さんは、自衛官である父親の背中を見て、自分も自衛官になることを決意されたのでしょう。 きっとお父さんに負けない立派な自衛官になられることでしょう。 佐藤正久参議院議員について、学歴や所属派閥、そして息子さんの職業について調べてみました。 息子さんがお父さんと同じ自衛官になっているのはビックリしました。 今年は参議院選挙もありますが、多くの方が政治に関心を持ち投票に行かれますように、またより良い日本になるように、議員の方々にも頑張って頂きたいです。 ちなみに、選挙の時に投票用紙に「佐藤正久」ではなく、「ひげの隊長」と書くと無効になるそうです、って当たり前ですね。 この記事がお役に立ちましたら幸いです。

次の