年末 調整 電子 化。 保険料控除証明書等が電子データになり、電子的提出が可能になります【年末調整・確定申告で提出できます】

「年末調整の電子化」対応について大手法人を調査、進んでいるのは6割―Works Human Intelligence:IT人材ラボ

年末 調整 電子 化

Contents• 生面保険料控除証明書等の電子的交付・電子化(電子的提出)の概要 概要 所得税の確定申告や年末調整で生命保険料控除、地震保険料控除又は寄附金控除の適用を受ける場合には、従来までは、保険会社や寄附金の受領者から書面(ハガキ等)により交付を受けた控除証明書等を、申告書等に添付等する必要がありました。 平成30年分以後においては、保険会社等からメールやインターネット等の方法により交付を受けた控除証明書等(以下「 電子的控除証明書等」といいます。 )を一定の方法により印刷した電磁的記録印刷書面(以下「 QRコード付控除証明書等」といいます。 )による提出が可能となりました。 また、平成31年1月以後に平成30年分以後の確定申告をe-Taxで送信する場合には、 電子的控除証明書等をそのまま添付して送信することができるようになります。 今後の予定 国税庁から発表された今後の予定では、順次次のようなことが可能になってきます。 控除証明書等の電子的交付のイメージ【国税庁資料より】 保険会社等から電子的控除証明書等の交付を受けた場合に出来ること 所得税の確定申告をe-Taxでする場合に電子データのまま提出できる 保険会社等から交付を受けた電子的控除証明書等については、平成30年分以後の確定申告書を平成31年1月以後e-Taxで送信する場合に、そのまま添付書類としてオンライン送信することができるようになります。 QRコード付控除証明書等を作成すれば確定申告や年末調整で提出できる 平成30年分以後において、確定申告書や年末調整の際の給与所得者の保険料控除証明書を書面により提出する場合には、電子的控除証明書等を一定の方法により印刷したQRコード付控除証明書等を作成して提出することも可能となります。 このQRコード付控除証明書等は、「QRコード付証明書等作成システム」を利用して作成することができます。 対応している各種証明書は以下になります。 ・生命保険料控除証明書 ・地震保険料控除証明書 ・寄附金の受領証 控除証明書等の電子的交付・電子化(申請)のまとめ 〇従来の書面タイプの控除証明書の他に、保険会社等から「 電子的控除証明書」を取得できるようになる。 〇「電子的控除証明書」と、国税庁が用意したシステムを用いて、「 QRコード付控除証明書等」を作成することができる。 〇平成30年分以後の所得税の確定申告書や年末調整時に提出していた書面による保険料控除証明書に取って代わり、「電子的控除証明書」や「QRコード付控除証明書等」を利用することができる。 手続きにおける各証明書等の提出可否について、国税庁の資料をもとに以下の表にまとめました。

次の

年末調整手続の電子化について|国税庁

年末 調整 電子 化

扶養控除等申告書• 保険料控除等申告書• 配偶者控除等申告書 のような様式は、「配布、記入、チェック、給与ソフトに転記、保管」という一連の流れになっています。 これらは紙での印刷や、手書き記入が前提であり、不効率です。 保険会社などから受け取る控除用の資料も、紙(ハガキ)が前提となっています。 そんな事態を解決しようと、デジタルファーストの流れで効率化が検討されたのが、「年末調整手続きの電子化」というわけです。 従業員から見た手続き簡略化の情報ばかりだった ところが、これまでの論議を見るに、 電子化の推進で語られていたのは「従業員側からの視点」のものがほとんどでした。 具体的にいえば、「年末調整控除申告書作成ソフトウェア(年調ソフト)」を国税庁が無料配布するので、これを使えば手続きを電子化できるというものです。 これだけを見ると、どの企業でもパッと電子化できて、負担が軽減できそうなイメージがあります。 引用: 電子化には給与ソフトの対応が必須 ところが、現実はそんなに甘くなかったようです。 先日公開されたP. 5~6によると、令和2年の年末調整の電子化について、企業側で対応すべき内容が記載されていました。 それによると、年末調整の電子化にあたっての会社側の対応としては、• 給与システム等の改修• 税務署への申請• 従業員への周知 が必要とされています。 上記のうち、税務署への申請と従業員への周知は難しくありませんが、給与ソフトは企業ごとに環境が異なります。 上の画像を見てもわかるとおり、従業員が送信してくるのはデータ(記入内容や、添付すべき控除証明書)なので、そのデータを受け付ける機能が給与ソフト側でも必要です。 よって、 電子化対応は給与ソフトしだいといえそうです。 電子化による負担軽減のイメージが先行したものの、中身を見てみると企業側でもそれなりに負担が生じます。 システムが整っている大企業では、大いに電子化が進むでしょう。 しかし、小規模事業者や中小企業で電子化がどれだけ利用されるかは、給与計算の環境や、利用している給与ソフトの対応状況によるといえます。 スポンサーリンク 中小企業でよく用いられているインストール型の給与ソフトの場合、電子化に対応できるのかを確認する必要があるでしょう。 給与計算を外注化している場合も、外注先との相談が必要です。 また、小規模事業者ではおなじみのExcelによる給与計算なども、電子化は難しそうです。 申請制による失念のリスクもある このほかに気になるのは、この年末調整の電子化が、事前の申請制度になっていることです。 税務署への届出が必要なことが、P. 6に書かれていましたので、転載しておきます。 上の画像にあるとおり、具体的にはの申請が必要です。 その理由は、原則は紙で保管する必要があるが、これをデータ保管する場合は、例外扱いとなるためです。 また、 申請しても即時承認はされず、提出月の翌月末で承認となります。 つまり、不提出に気づいて12月にあわてて提出しても、年末調整には間に合わないことになります。 もし届出を失念した場合は、その年の年末調整は、紙の印刷や従業員の押印が必須となります。 電子化だけしていて、未申請だったことがあとでわかった場合など、源泉徴収の甲欄に関するリスクが生じます。 小規模事業者で電子化を実現できる前提が整っているのは、「2.電子化・紙の併用」の割合を含めたとしても、およそ6割程度に限られそうです。 出典:「平成29年度小規模事業者等の事業活動に関する調査」(中小企業庁委託・三菱UFJリサーチ&コンサルティング、2018年) 新聞記事などでは、年末調整の電子化がニュースになるなど、一定の話題となっているようです。 国税庁もこれから周知を進めていくものと思われますが、そもそも会社側が電子化に対応できない……という状況も続出しそうな予感です。 年末調整の電子化に対応できる給与ソフトと、対応できない給与ソフトというように、機能の違いが強調されたり、クラウド化が一層進む可能性もあるかもしれません。 まとめ 令和2年の年末調整電子化にあたり、企業側で対応すべき内容という新情報が国税庁から提供されたため、ブログにて採りあげました。 今年(2019年)の年末調整では関係のない話ですが、来年(2020年)になれば早々に話題となっていくことでしょう。 現在のところ、については、クラウド給与ソフトなどを利用しており、扶養控除等申告書などで「WEB回収」を実施している場合には申請済みということもあるでしょう。 当ブログでも、2年前に申請方法をご紹介したことがあります。 カテゴリー カテゴリー アーカイブ•

次の

年末調整まで電子化へ!デジタル化で生まれるメリットとデメリットって?

年末 調整 電子 化

2019-09-18 15:31 こうした内容を考えるに、とくに従業員数も多い大企業で、年末調整の電子化が進むのでは? と予想しました。 中小企業の場合は、給与ソフトの対応しだいといえそうです。 また、従業員が使用する年調ソフトは、マイナンバーカードの利用も想定されています。 この点から、企業のかけ声で、マイナンバーカードの普及が進む可能性があります。 年末調整の電子化とマイナンバーカードの普及 2019年7月時点のマイナンバーカードの交付率は、13. この交付率を引き上げるために政府がやっきになっていることは、よく知られています。 ポイント制度の導入や、2021年3月から健康保険証として使えるようになる()など、なんとか日常生活にマイナンバーカードをまぎれこませようという施策が中心となっています。 ところで当ブログでは、 年末調整の電子化が進むと、企業がマイナンバーカードの取得を勧奨することで、給与所得者のあいだでマイナンバーカードの普及が進むのでは……? と述べてきました。 つまり、実需の面からマイナンバーカードの普及が促進される可能性があります。 このような経路が、本来的に望ましいかたちでのマイナンバーカードの普及のはずですが、あまり注目はされていないようです。 最近になって、年末調整の電子化に関する情報が明らかになりつつありますので、ここで整理してみます。 年末調整電子化と年調ソフト まず重要なポイントとしては、国税庁ホームページにおいて、「年調ソフト(正式名称は年末調整控除申告書作成用ソフトウェア)」が2020年10月に提供されます。 この 年調ソフトは、従業員向けです。 企業側に何か配られるものはありません。 従業員は、この年調ソフトをダウンロードしてパソコンにインストールします。 そして、ソフトを通じて、会社に年末調整に関するデータを送信できます。 送信するデータですが、いままで紙に記入し、提出していた申告書の内容や、控除の証明となるハガキのデータを含みます。 従業員が使用するソフトと、受け付ける側の企業の給与ソフトをどのようにリンクさせるのか、その方法はまだ明らかではありません。 引用: 従業員は、控除資料をどのように入手し、提出するか? ここでポイントとなるのは、従業員側の対応です。 保険料控除や住宅ローン控除を申請するにあたって、その内容をソフトに入力するためには、その証明となる「控除証明書」が必要です。 これは企業によって対応がわかれるところですが、年末調整の電子化になった場合においては、 訂正:記事初出後に資料を読み直したところ、「マイナンバーカードの取得を前提とした制度」という表現はいいすぎでした。 控除証明書の電子データの取得は、保険会社等から直接取得することも通常の手段として想定されているようです。 証明書の電子提出が原則、ハガキはやむを得ない場合の手段 とはいえ、申告書の提出はデータで受け付けるものの、控除証明書はハガキでの提出を容認する企業もあるでしょう。 この場合は、従業員は必ずしもマイナンバーカードを取得する必要はありません。 年末調整の完全電子化を目指す企業では、原則的な提出方法はデータです。 そして、従業員が控除証明書をハガキを提出することは「やむを得ない場合にのみOK」とされるでしょう。 マイナポータルを経由せずに電子証明書を受け取れるか? マイナンバーカードは取得が面倒だから、いままでハガキをもらっているみたいに、控除証明書のデータを保険会社から直接もらえないか? という考え方もあるかもしれません。 マイナンバーカードが必要なマイナポータルを経由せずに、電子証明書のデータだけを取得したい、ということです。 この点について考えますと、現行(2019年時点)では、この方法が実現しています。 2018年に実施された制度で、「控除証明書等の電子的交付」と呼ばれています。 具体的には、保険会社から控除証明書をデータで直接受け取って、これを年末調整や確定申告に使用することが可能です。 ただし年末調整においては、データ提出は想定されておらず、国税庁ホームページにおいて、データから控除証明書を印字し、紙で企業に提出させるしくみとなっています。 (2019年の時点では) 2020年の年末調整において、マイナポータルを経由しなかった控除証明書のデータを、年調ソフトに組み込めるのかは、現時点では不明です。 年末調整の電子化が実現すれば、いままでのような直接受け取るルートは手間がかかりますので、いずれ廃止される可能性もあるでしょう。 (マイナポータルで受け取ってくれ、ということ) 追記:控除証明書の電子データを保険会社等から直接取得し、年調ソフトに組み込むことも通常の取得方法となるようです。 証明書の電子提出は実務にメリットがある 控除証明書がデータであることは、企業側において次のメリットがあります。 ハガキの保管が不要になる• チェックの手間が不要になる(証明書データが計算の基礎になっているので、間違いはない) 紙の証明書がベースとなっている現在、給与計算担当者は、従業員の記入ミスをチェックしていますので、電子化によりチェックの手間を省ける可能性があります。 とくに従業員が多数いる企業では、年末調整業務の削減につながるので、控除証明書のデータ提出を原則とする動きもあるかもしれません。 まとめ 年末調整の電子化をとりまく状況を整理しつつ、と、マイナンバーカードの普及の可能性について考えてみました。 企業側で控除証明書のデータ提出を強制させる場合は、従業員もマイナンバーカードを取得せざるを得ず、必然的に普及が進むことになるでしょう。 しかし、 年末調整の実務では「控除証明書とはハガキである」という固定観念は根強く、これが一夜にして価値観が変わるとも思えません。 また、保険会社や銀行は、その控除証明書の発行相手のマイナンバーを収集しないと、そのマイナポータルに控除証明書のデータを保存できないのでは……という疑問が浮かびます。 このあたりの対応はまだ不明です。 もしそうであれば、「マイナンバーの提出なんか、めんどくせー」ということになり、動きがにぶくなるでしょう。 実務の対応を考えるに、完全電子化ではなく、 申告書は電子化対応でデータ提出になっても、控除証明書はいままでどおりハガキになる可能性もありそうです。

次の