ドッカン バトル かわら わり パーティ。 リザードンの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

【ポケモンGO】かわらわりの性能と習得するポケモン

ドッカン バトル かわら わり パーティ

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

ドッカン バトル かわら わり パーティ

イベント概要 ステージ情報 本イベントは、 パンチマシンに渾身の一撃を叩きこむイベントだ! 一度の攻撃で与えた一定以上のダメージ量に応じて ミッションをクリアすることができるぞ! リーダースキルやパッシブスキル、 リンクスキルなど、チーム編成を工夫して 自身の出せる最大限のダメージを叩き出そう! また、バトルには各属性のパンチマシンが登場するぞ! 有利な属性の相手を選んで攻撃するのが 大ダメージを狙う秘訣だ! 本イベントはACTを消費せずに 挑戦できるので、毎日気軽に挑戦してみよう! 事前にしっかりと確認して挑みましょう!• バトルは2ターンで終了します。 パンチマシーンは攻撃などの行動は行いません。 本イベントでは、 サポートアイテムを持ち込めません。 本イベントは、 【悪魔の策略】アックマンをチームに編成して挑戦することはできません。 本イベントは 1日2回の挑戦のみとなります。 「MENU」から「あきらめる」を選択するなど、ステージをクリアせずに中断した場合も1回の挑戦と扱われます。 1回の攻撃で1キャラに与えた最高ダメージが記録されます。 メインとなるアタッカーの属性と同じアイテムを持ち込みましょう! 上記アイテムの気玉変化は、運が良ければ 複数の気玉を一気に変化させることがあります。 詳しくはの記事を参考にしてください。 おすすめリーダーキャラ いかにして1回の攻撃でダメージを出すかがポイントです。 ただ「大猿化」が発動する可能性があるため、やや扱いづらい。 【蒼き光の鉄槌】超サイヤ人ゴッドSS孫悟空や 【神の域への突入】超サイヤ人ゴッドSSベジータは、気玉変換のパッシブを持っているので、サブキャラとしてもオススメです。 【暴走する復讐心】スーパーベビー2 大猿ベビー も大猿化します。 おすすめアタッカー メインとなるアタッカーキャラは、 ステータスが高く超必殺技を持つLRキャラか パッシブに「気玉取得でATKアップ」を持っているキャラがオススメです。 また3000万以上のダメージを出すには、 潜在解放率が高め、かつ「会心」スキル発動が必要条件になっています。 高火力アタッカー 現状No1の高火力アタッカー。 攻撃前に敵にATK低下状態にしておく必要があるため、ATK低下持ちキャラ必須。 知属性No1アタッカー。 極限Z覚醒必須。 「取得気玉でATKアップ」のリーダースキルとの相性がよい。 極限Z覚醒必須。 「取得気玉でATKアップ」のリーダースキルとの相性がよい。 会心ありの場合は、表示上ATKの 約2. 5倍のダメージを与えることができます。 会心ありで9999万以上のダメージを出すためには、必殺技発動時に約4000万以上のATKを叩き出す必要があります。 会心なしの場合は、 与えるダメージは表示上ATKの約2倍なので、約5000万以上のATKを出す必要があります。 技 パーフェクトセルPT フェス限技属性のパーフェクトセルを使って9999万ダメージを達成しました。 9999万ダメージを出すために パーフェクトセルの登場ターン できればATKサポートキャラと一緒 になったら、サポートアイテム「たこ焼き」を使って技気玉に変えます。 気玉変化の仕様に関しては、のページを参照にしてください。 運がよければ、たこ焼きを2個使って、全ての気玉を技気玉に変換することができます。 うまく技気玉に変換できたら、ATKアップのサポートアイテム ここでは、アナウンサー、ブルマ2種)を1回ずつ使います。 あとは、敵のターゲットが速属性のキャラになっていることを確認して、攻撃します。 今回、会心が出て9999万になりましたが、表示上のATKが4800万ぐらい出ていれば、会心が出なくても9999万は出せるかもしれないです 検証中 サポートアイテムは使えないため、かなりの運要素が必要になってきます。 メインアタッカー• 最高火力 ダメージ)を出すためには、条件 理想 として• 「気玉取得でATKアップ」のリーダーキャラを設定する• 「気玉変換キャラ」を2〜3キャラ編成する• 「味方のATKアップ」のサポートキャラを編成する• フレンドもこのキャラを選ぶ。 メインアタッカー。 敵がATK低下状態のときに技気玉をなるべく多く取り超必殺技を撃つ。 力気玉を技気玉に変化させる。 体気玉を技気玉に変化させる。 必殺技にATK低下効果。 必殺技を撃たなくても攻撃するだけで確実にATKを低下させることができる。 ただ、必殺技を撃たないとATK低下させることができないため、ATK低下要因としては、やや扱いづらいです。 1ターン目にグルドでATK低下させた状態。 必殺技発動時のATK約1300万 気玉13個取得時 会心発動時 孫悟飯「少年期」 知属性 パーティー 条件: 知気玉に変換させるキャラ必須。 フレンドもこのキャラを選ぶ。 メインアタッカー。 力気玉を知気玉に変化させる。 速気玉を知気玉に変化させる。 超激戦リンク持ち。 その他おすすめキャラ 虹気玉を知気玉に変化させる。 ステージ一覧 全属性の敵が出現します。 ゼニーステージ 0 0 2. 潜在能力玉ステージ 0 0 3. 龍石ステージ 0 0 4. ゼニーステージ 0 0 5. 潜在能力玉ステージ 0 0 6.

次の

リザードンの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

ドッカン バトル かわら わり パーティ

フラットルール(公式のダブルバトル) 4体4のバトルとなります。 見せ合いで6匹(用意するのは、6匹以下でも良い)が表示され、その中で4匹を選びます。 この時に1番目、2番目で選んだポケモンが最初の戦闘に出るポケモンとなります。 ちなみに、1番目が左、2番目が右に配置されます。 レベルは50に統一されますが、50以下のポケモンはそのままのレベルです。 ダブルバトルのやり方 ダブルバトルとは、その名の通りポケモンを2匹ずつ出し、バトルをする形式です。 考え方によっては2回攻撃ができるわけですが、それは相手も同じことが言えます。 なので、 シングルとはまったく性質が違うバトル形式であり、 ダブルバトル用の知識が必要になってきます。 タイプの相性で行動しない シングルバトルでは、タイプの相性が良ければ、そのまま弱点を突いた攻撃をするのがセオリーです。 しかし、ダブルバトルでは無闇に攻撃することはできません。 何故なら、相手ポケモンがもう1匹いるからです。 もし、そのポケモンがこちらの弱点を突く技を持っていた場合、こちらが『きぜつ』させられてしまうからです。 素早さの優先度は『まもる』で解決できる では、『すばやさ』が高ければいいのでしょうか? さきほどの例を具体的に説明すると、相手はユキノオーとライチュウで、こちらはリザードンがいます。 リザードンの『かえんほうしゃ』ならユキノオーを倒せますが、先に『10まんボルト』をライチュウに撃たれてしまうと撃沈です。 では、リザードンではなく、ファイアローだったらどうでしょう。 これならライチュウよりも『すばやさ』が高いので、ファイアローはユキノオーより先に攻撃できます。 しかし、ダブルバトルの場合、間違いなくユキノオーは『まもる』を使ってくるでしょう。 『まもる』を使うと、 100%先制でき、敵の攻撃を無効にできます。 これでファイアローは攻撃を防がれ、ライチュウに『10まんボルト』を浴びせられて『きぜつ』します。 このように、ダブルバトルにおいて『すばやさ』の順番は『まもる』によって解決できるため、もっとも重要な技であることが理解できたと思います。 焦らず、相手の行動を読む 相手ポケモンを倒せそうでも、さきほどのように『まもる』をされてしまうのがダブルバトルの現実です。 ですので、相手がどう出るか、行動を読む必要があります。 さきほどの例であれば、ユキノオーは『まもる』を使うことが分かりますので、こちらも『ファイアロー』に『まもる』か交換で『でんき』に強いポケモンを出します。 そうすれば、ライチュウの『10まんボルト』はほぼ無力化できるので、もう1匹のポケモンでライチュウを攻撃するなり、変化技で状況を有利にする戦術を展開していくのです。 また、 『まもる』は2ターン連続で使用すると失敗しやすくなる技なので、次のターンはユキノオーを倒す機会が生まれます。 このように、焦らず1つずつ状況を見定めていくことで、相手の隙をついて攻めるのが可能となります。 これが、ダブルバトルの戦い方なのです。 ダブルの難しい読み合い シングルと比べると、ダブルの読み合いは仮に成功しても、すぐに勝敗の結果が出ない傾向にあります。 何故なら、1匹倒しても残り3匹いるので、常に2回攻撃されるという状況が続きます。 つまり、読み合いをミスると、今度はこちらが不利な状況になってしまうのです。 ダブルで勝つには、読み合いの成功を積み重ねる必要があります。 ポケモンの差が2匹になった時、初めて圧倒的に有利になったと言えます。 逆にここまで来ると、相手側は大逆転を狙いづらくなります。 シングルでは『りゅうのまい』や『からをやぶる』など、例え1匹になっても逆転する手が存在しますが、ダブルの場合はほとんどなく、運でしか巻き返しのチャンスはありません。 ダブルは、 シングルに比べて大逆転しづらいバトル形式であることが言えます。 この2点がダブルバトルの難しいところであり、初心者と有段者の差が出てしまうポイントなのです。 ビギナーズラックは起こりやすい? とはいえ、ダブルはシングルよりもビギナーズラックが起こりやすいのも事実です。 何故なら、ダブルの読み合いで最も多いのは『まもる』か攻撃かの2択であり、相手を過大評価し過ぎて、裏の裏をかいてしまう有段者もいるからです。 その結果、あっという間に2匹を失うと、例え有段者でもバトルをひっくり返しづらくなるのです。 もっといえば、 シングルよりも運が出やすいバトル形式とも言えます。 ダブルバトルでは複数攻撃というものがあり、2体同時にポケモンを攻撃できる技もあります。 その技に追加効果で『こおり』や『ひるみ』などがあった場合、その確率はシングルよりも対象が増えるので発生しやすいのです。 片方が動けない場合、ダブルバトルでは圧倒的に有利となるので、運という概念はシングルよりも初心者に恩恵を与えやすいかもしれません。 スポンサーリンク 最初の2匹 ダブルバトルでは、最初の2匹は決まっている、というトレーナーのほうが多いと思います。 シングルと違い、例え読み間違っても相方がフォローできるので、バランスの良い組み合わせをすでに決めているからです。 もちろん、相手の手持ちによって多少の変更はすると思いますが、間違いなく1匹は決まっていると断言できるでしょう。 組み合わせの良いコンボ シングルと同様に、パーティ構成は現環境で流行っているコンボやポケモンを対策して決める必要があります。 ここにある一例を対処できるパーティを組み、そこからアレンジを加えていきましょう。 ねこだまし サポートポケモンが『ねこだまし』を使うことで、相手の行動を封じます。 もう1匹のアタッカーで、弱点を突いて相手を『きぜつ』に追い込みます。 『メガガルーラ』がもっとも有名です。 トリックルーム どちらも遅いポケモンで登場し、片方が『トリックルーム』を使います。 こうすることで、次のターンから遅いポケモンから先攻することが可能なのです。 有名なポケモンが『クレセリア』であり、『ちょうはつ』防止に『メンタルハーブ』持ちであることが多いです。 おいかぜ 『すばやさ』を2倍にでき、圧倒的な先制攻撃を可能にします。 『トリックルーム』と大きく違う点は、自軍しか影響を受けないことです。 ファイアロー、クロバット、サンダーなど『ひこう』ポケモンならほとんど覚えてくれる技なのも魅力です。 ほろびのうた、かげふみ ダブルバトルでもっとも恐ろしいコンボです。 『ほろびのうた』が発動した時にいるポケモンは、3ターン後に『きぜつ』してしまいます。 交換をすると無効にできるのですが、特性『かげふみ』を持っているポケモンがいると、交換できなくなります。 どちらも備えているのが『メガゲンガー』であり、『まもる』で遅延を計ります。 手持ちに『ニョロトノ』か『ゴチルゼル』がいると要注意です。 ダークホール ダークライは幻なので滅多に出てきませんが、それを『スケッチ』で覚えたドーブルが凶悪です。 ドーブルは安心して『ダークホール』を発動させ、相手ポケモン両方を『ねむり』にするのです。 ダブルバトルで勝率を上げるなら、ドーブル対策は必要不可欠です。 対策として確実なのは、『ちょうはつ』を特性『いたずらごころ』で発動できるポケモンです。 1ターン目はそれを潰すために『ねこだまし』が来ますが、『まもる』で防いでしまいましょう。 ひらいしん、よびみず 特性『ひらいしん』は『でんき』技を誘導し、『とくこう』を上げます。 特性『よびみず』は『みず』技を誘導し、『とくこう』を上げます。 効果も素晴らしいですが、これにより苦手タイプがあるパートナーを守ることができるのです。 ただし、全体攻撃の『ほうでん』や『なみのり』などはパートナーを守ることはできませんが、自分はその恩恵を受けることが可能です。 それを逆手にとり、パートナーに使ってもらって『とくこう』を上げるという戦術も可能です。 『ひらいしん』はライチュウ、『よびみず』はユレイドルの十八番です。 このゆびとまれ、いかりのほうし 相手の攻撃を誘導する技です。 これなら弱点を突かれる心配もなく、パートナーは好きな行動を取ることができます。 ただし、片方はボコボコに攻撃されますし、全体攻撃は防ぐことができないので注意が必要です。 ファストガードとワイドガード ダブルなら重要な意味を持つ技。 『ファストガード』は『ねこだまし』などの優先度のある技を無効にし、ワイドガードは複数攻撃の技を無効にします。 これは発動したポケモンだけでなく、自軍のポケモンも含まれるので、たとえ1ターンと言えど心強い壁です。 『まもる』と違って何度でも使用できるので、相手にプレッシャーを与えることも可能です。 ひかりのかべ、リフレクター、オーロラベール シングルでも使うトレーナーはいますが、自軍すべてに効果があるのでダブルでは大活躍です。 また、『かわらわり』『サイコファング』で破壊することができます。 いわなだれ、ほうでん、ふぶき 複数攻撃の技は、ダブルバトルにとって大事な要素です。 その中でも強力なのが、追加効果を持つ技です。 『いわなだれ』は『ひるみ』を30%、『ほうでん』は『まひ』を30%の確率で引き起こします。 『ふぶき』はダメージが強力でありながら、『こおり』を引き起こす可能性を1割もっているので、ここぞという時は使いたい技です。 関連記事.

次の