ダイソー 支払い。 ダイソーでクレジットカードは使えるの?使える店舗の探し方やメリットをご紹介

100円ショップ『ダイソー』で支払い・決済に使えるクレジットカードの種類は?

ダイソー 支払い

ダイソーはクレジットカードや電子マネーが使える? ダイソーは日本国内だけでも3,200店舗以上、海外も含めると5,000店舗以上を運営している最大手の100円ショップですが、ダイソーは原則として現金払いの100円ショップとなります。 そのため、ダイソーでクレジットカードや電子マネーは利用することができません。 ただ、店舗によってはクレジットカードに対応している場合がありますので、クレジットカードに対応している店舗ではVISAカードやJCBカード、MasterCardなどを使うことができます。 また、電子マネーについても同じで、店舗によっては利用できる場合があります。 ダイソーは、イオンやイオンモール、マックスバリュやイトーヨーカドー、ダイエーやマルエツなどのショッピングモールやスーパーのテナントとして出店している店舗が多くありますので、店舗ごとに支払い方法が大きく異なる100円ショップとなります。 ダイソーで使える電子マネー ID、QUICPay、楽天Edy、nanaco、WAON、交通系電子マネー(Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん) ダイソーでクレジットカードや電子マネーが利用できるか調べる方法 ダイソーはスーパーやショッピングモールなどのテナントとして出店することが多い100円ショップということもあり、店舗ごとにクレジットカードが使えるかどうか、電子マネーが利用できるかどうかが異なります。 そこで、ダイソーでクレジットカードや電子マネーが使えるかどうかを確認するには、ダイソーの店舗検索を利用するのが最も便利な方法です。 ダイソーは、公式HP上で近くの店舗を探すことができるようになっていますが、こだわり検索としてクレジットカードや電子マネーが使える店舗ごとに検索をすることができます。 そのため、ダイソーの公式HPでこだわり検索を行うことで、クレジットカードや電子マネーが使える近くの店舗を簡単に探すことが可能です。 ダイソーの店舗検索 クレジットカードが使える店舗で検索した場合 のこだわり検索で「クレジットカードが使える」にチェックをして検索をすると、下記のようになります。 店舗によってはクレジットカードや電子マネーが利用できる場合もありますが、ダイソーでクレジットカードや電子マネーが使える店舗は全体の10%~20%程度となりますので、かなり少ないのが現状です。 そのため、ダイソーの支払いでクレジットカードや電子マネーを希望する場合には、公式HPで近くのダイソーがクレジットカードや電子マネーに対応しているかどうかを確認した上で買い物をすることになります。 そこで、ダイソーでクレジットカードや電子マネーが使えない理由は、カード決済や電子マネーの支払いには所定の手数料がかかるためです。 クレジットカード決済や電子マネーの支払いは、利用する側の私たちには金銭的な負担が一切ない非常に便利なサービスです。 しかし、店舗側はカード会社や決済代行会社に対して決済額の5%前後の手数料を支払うことになりますので、100円ショップのような薄利多売の商売ではカード決済や電子マネーに対応することが難しいのです。 ダイソーはクレジットカードが使える店舗で購入するほうがお得! ダイソーは、一部の店舗でクレジットカードや電子マネーが使える100円ショップです。 そこで、ダイソーで買い物をする際には、クレジットカードが利用できる店舗で買い物をされることをおすすめします。 クレジットカードは、利用金額に応じてポイントを受け取ることができますので、現金で支払うよりもクレジットカードで支払うほうがお得です。 特にやのように、年会費が無料でポイント還元率が高いクレジットカードを活用することで、通常よりも何倍もお得に買い物をすることができるようになります。 ダイソーは100円ショップとなりますので、基本的にクーポンや割引などを利用することが難しいお店です。 少しでも安く買い物をするためにも、現金払いではなくクレジットカード決済を利用するほうがお得です。

次の

ダイソーの支払いでVISAやマスターカードが使える店をさがす。JCBも使えます

ダイソー 支払い

「ダイソー」では、2019年5月から順次「PayPay」の導入を開始し、2019年10月1日より全国の直営店(一部店舗除く)でご利用いただけるようになりました。 この機会に「ダイソー」での「PayPay」の利用を促進し、利用者の利便性向上とレジ会計の効率化による生産性向上を図ってまいります。 「PayPay使うなら『だんぜん! ダイソー』キャンペーン」詳細 1. JAPAN IDでPayPayユーザーID連携を行った方が対象です。 mobileサービスの初期登録(Y! mobile契約電話番号とYahoo! JAPAN IDが連携)されているYahoo! JAPAN IDでPayPayユーザーID連携を行った方が対象です。 法人契約のお客さまや一部の端末をご利用のお客さまなど、スマートログインまたはY! mobileサービスの初期登録をご利用いただけない方は対象外です。 また、一部対象外の料金プランがあります。 付与時期を変更する場合は別途お知らせいたします。 ダイソー」をスローガンに、生活必需品から趣味趣向品まで生活を豊かにする商品約70,000種類を取り扱っています。 2019年3月現在、「ダイソー」を世界28の国と地域に5,542店舗展開しています。 (国内3,367店、海外27の国と地域に2,175店)毎月約800種類の新商品を開発し、2019年3月期の売上げは4,757億円となっています。 ユーザーは、事前にチャージしたPayPay残高、またはクレジットカードから決済手段を選択でき、PayPay加盟店やオンラインサービスでのお支払いにご利用いただけます。 大型チェーン店だけでなく、日本全国の小さなお店にも急速に拡大中。 PayPay残高へのチャージは、銀行口座などからのオンラインでのチャージに加え、お近くのセブン銀行ATMでも可能です。 また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでの飲食に便利な「わりかん」機能など、さまざまな機能を提供しています。

次の

【3%還元】ダイソーでPayPayを使ってみた!支払い方法も紹介

ダイソー 支払い

100円ショップ「ダイソー」では、PayPay(ペイペイ)を使って支払いができます。 PayPay残高で払うと、 支払い金額の1. 2019年10月1日から全国のダイソー直営店(一部店舗を除く)で、PayPayが使えます。 ダイソーでPayPayを使って支払う方法と「支払いの流れ」をご紹介。 目次 PayPay(ペイペイ)について PayPay(ペイペイ)とは、スマホにアプリをダウンロードすることによって、スマホから支払いなどの決済ができるサービスです。 実際の支払いは、スマホからバーコードやQRコードを見せるだけで、簡単に支払いが出来ます。 アプリをダウンロードしてチャージしておけば、簡単にPayPayを使って支払いが出来るようになります。 PayPayを使ってみる場合は、まずアプリをダウンロードしておきましょう。 ダイソーでPayPayが使えるか確認する 2019年10月1日から全国のダイソー直営店(一部店舗を除く)で、PayPayが使えます。 筆者の行った「ダイソー」では、レジの横に「ペイペイ使えます」と貼ってありました。 店舗に行く前に、ダイソーの公式ページから、PayPayを使えるお店を検索することも出来ます。 PayPay以外にも、クレジットカードが使えるお店や、「ヘリウムガス対応バルーンを売っているお店」なども検索できます。 参考URL: ダイソーでペイペイを使う時の流れ ダイソーでPayPay(ペイペイ)を使って支払いをする時に、初めての場合は手順が分からなくて不安に感じることもあるかもしれません。 実際にPayPayで支払った時の手順を書いてみます。 1.PayPayアプリを立ち上げてレジへ行く 自分のスマホでPayPayアプリを立ち上げて、レジに行きます。 2.PayPayアプリの準備をする PayPayアプリを起動して「支払い」をタップ 3.レジの人にPayPayで払うことを言う 商品の代金を支払う時に、レジの人に「PayPayでお願いします」と言います。 レジの人はレジの操作をして、PayPayアプリのスキャナーを用意します。 レジの人にスマホの画面を見せて、バーコード部分をスキャンしてもらいます。 4.支払い完了 これで支払いが完了しました。 PayPayで330円の支払いが完了しました。 PayPayで支払ったので、4円相当のPayPay残高が還元されました。 支払い金額からキャッシュバック PayPay残高からダイソーで買い物をすると、支払い金額の1. 今回の支払い金額は330円でした。 330円の1. 95円になります。 PayPay残高の還元は、1円未満は切り捨てになりますので、今回の買い物で4円が還元されました。 キャッシュバック金額の確認方法 実際のPayPay残高の還元は、PayPayアプリの「残高」をタップすると確認できます。 残高から「PayPay残高付与の処理中 +4円」をタップすると詳細な情報が見れます。 実際に残高が付与される「付与予定日」も確認できます。 ダイソーで、PayPayで支払った時のレシートです。 今回のダイソーでは、買う予定のなかったものを買ってしまいました・・・。 店舗を入ってすぐの場所に置いてあった「花と野菜のタネ」がよりどり2袋で100円。 「やすっ!」と思い、ついつい買ってしまいました。 「はやどり小松菜」と「菜の花」のタネ。 2袋で100円は安すぎる。 もう1つは、梱包資材の「われもの注意」のテープ。 海外にワレモノを送る時に「FRAGILE(ワレモノ注意!)」のステッカーを自分で作って貼っていたのですが、最初から印刷されているテープ。 こんな便利なものがあるなんて知らなかった。 ダイソーは100円以外の値段の商品も置いているので、工具などは選択の幅が広がって、欲しい商品を選びやすいですね。 PayPayと他の支払い方法は併用できる? ダイソーでは、PayPayのほかにも支払い方法があります。 そこで気になるのは、PayPayと他の支払い方法は併用して使えるのか?ですが、 PayPayとほかの支払い方法は、併用して使えません。 PayPayで支払う時は、PayPayだけを使って支払うことになります。 分割払いはできる? PayPayの支払いで「分割払い」はできません。 支払いは「1回払い」のみとなります。 ダイソーでペイペイが使えない場合の対処法について ダイソーの支払いの時に、PayPayを使おうとしたら使えない!?となると、急なことであせってしまます。 そんな時にはこんな原因が考えられます。 あらかじめ知っていると、いざという時に、落ち着いて対処できます。 PayPayの支払いができないケース 物理的な原因の場合• スマホの通信状態が悪い• スマホの液晶画面にヒビや傷などがあり、QRコード・バーコードの読み取りが出来ない 筆者の場合は、スマホの通信状態が悪かったのか、いざ支払いをする時にPayPayアプリの起動が出来ないことがありました。 その時はスマホを再起動することで直りました。 予期しないエラーが出た場合は、スマホの再起動で直るケースもあるかもしれません。 残高不足・利用額の上限の場合• PayPay残高が不足している• PayPayのクレジットカードでの支払いの場合、クレジットカードの利用額を超えている 利用額の上限(PayPayのクレジットカード払い) PayPayのクレジットカードでの支払いの場合、過去24時間・過去30日で利用額の上限があります。 利用上限は本人認証している/していないケースによって異なりますが、5000円~2万円(過去24時間)/5万円(過去30日)です。 複数のクレジットカードを登録している場合は、個別のクレジットカードではなく、カード決済の合計金額で計算されます。 ダイソーで使える支払い方法 PayPayで支払おうとした時に、何らかの原因でPayPayが使えないと、あせってしまいます。 そんな場合にも安心できるように、ダイソーの他の支払い方法をご紹介します。 ダイソーでは、クレジットカード、電子マネー、PayPayで支払いができますが、使えるかどうかは店舗によって違います。 クレジットカードは全国で約30の店舗で。 PayPay(ペイペイ)や電子マネーは全国でかなりの店舗で使えますが、実際にどの店舗で使えるのかは「ダイソーの店舗検索」が便利です。 参考URL: 以上「ダイソーでPayPayをお得に使う方法。 支払いの流れ・使えない時の対処法」でした。

次の