釈迦 の 手のひら 歌詞。 釈迦 筋肉少女帯 歌詞情報

掌 netflixomatic.goodformandspectacle.comen 歌詞情報

釈迦 の 手のひら 歌詞

小4の時 っていうか四年前 某リサイクルショップで買った「仏陀L」に入っていたこの曲で、私は一般的なポップソングに永遠の別れを告げる事になった。 そういった意味では非常に思い入れがある曲。 まずイントロからしてやられた。 シンセとエッヂーなギターの断続音からこの曲が始まった時、私は思わずこう叫んだ。 「筋肉少女帯って実はモノ凄くカッチョイイバンドだったんだ!!! 」 それから唄われた歌詞にも衝撃を受けた。 だって物凄くヘン。 無論褒め言葉 だって皆さん筋肉少女帯の曲以外で歌詞に「アンテナ売り」という単語が出てくる曲聴いた事あります? そしてまた衝撃にズガーンと打ちひしがれている時に始まった三柴さんと関口さんのソロは、私を否応なしにそっちの世界へ引きずりこんでしまった。 ……とやたら大袈裟な事を書いてますが、この名曲が半ズボン時代の私に及ぼした影響なんかとても言葉では言い表せません!! 初めて筋肉少女帯を聞く人は是非「仏陀L」から聴く事をお勧めします でも廃盤なんですよね……トイズファクトリーさん、再発してくださいよ~。

次の

釈迦 筋肉少女帯 歌詞情報

釈迦 の 手のひら 歌詞

自業自得 と 因果応報について 仏教は 未来の運命は全部きまってしまっているから、努力もすべて 意味がないのだという人生観も 未来はまったく決まっていないから、 運次第でどうにでもなるんだという 楽天的な人生観も、ともに否定しています。 私たちの智恵は相対的ですから、右でなければ左、左でなければ右と振り子のように 入ったりきたりを繰り返しています。 調子のいいときは、「俺には何でもできるんだ!!」と有頂天になって 自分の言動を見失いがちです。 一方、失敗ばかりが続くと人生なるようにしかならないのだから、 がんばっても仕方がないよね・・というあきらめモードになってしまいます。 こんなのを入ったり来たりしてませんか? 「未来の運命は決まっていないのだから、 これからの種まきしだいで未来は変えていけるんだよ。 まかぬ種は生えないのだから、 努力を怠るものにはどんなよい縁がきても幸せ という結果はやってこないのだよ。 」 これがお釈迦様の因果の道理です。 運命の原因と結果を明らかにされたのか 仏の覚りを開かれたお釈迦様の絶対の智恵によるものなのです。 昨日の日記にこんなコメントをもらいました。 「すべてはお釈迦様の掌のできごとなんですね」 そうです! よくしられている孫悟空と御釈迦様のお話は 仏の智恵の偉大さと 私たちの智恵の限界とをおしられた話なのですね。 【お前はこの掌のなかを飛んでいる】 神通力自在の自負する孫悟空が釈尊に、その力ためしを申し入れる。 こころよく承諾されたので、早速 孫悟空は、キントウンを呼び、 全力あげて飛びに飛んだ。 「俺の力はこのようなもの」 どうだといわんばかりに釈尊の元へもどってきた孫悟空に、 「あれが、おまえの精一杯か」 「あれ以上は、なんともなりません」 「おまえが飛んでいるうちに、五つの大きな山があったろう」 「はい、確かに」 「真ん中の山の頂上に、お前は何を書いてきた」 「孫悟空この山を征服せり、と記してきましたが、どうしてご存知で・・・」 驚いて尋ねる孫悟空に釈尊は、手のひらを開いて見せられる。 「おまえは、この中指の先に書いている」.

次の

手のひらの歌/うたごえサークルおけら

釈迦 の 手のひら 歌詞

大別すると梅花流詠讃歌には、三宝御和讃・正法御和讃のような「和讃」と、この大聖釈迦牟尼如来御詠歌のような「詠歌」があります。 「和讃」は七五調のリズムの歌詞に曲をつけたものですが、「御詠歌」は五七五七七の和歌にメロディをつけたもので、和讃に比べ全体的に曲のテンポがゆったりしています。 この、和讃と詠歌の両方をあわせて「詠讃歌」と呼ぶわけです。 さて、この「大聖釈迦牟尼如来御詠歌」の歌詞は、道元禅師が詠まれた和歌を引用しています。 この曲のように梅花流の御詠歌の歌詞には、道元禅師・瑩山禅師が詠まれた和歌を引用したものが数多くあります。 「草の庵」とは草を結んで作った庵 いおり のことで、粗末な住居を意味しますが、転じて「どんな所で寝起きしていても」という意味になるでしょうか。 「南無」は心から帰依し礼拝することを意味します(帰依とは、心から信じ、拠り所とすること)。 歌の大意は以下のようになるのではないでしょうか。 〜どこにいても、どのような時でも、ひと時も怠らないことは、「南無釈迦牟尼仏」と申し上げ、心から尊敬し帰依礼拝することである。 お釈迦さま、どうか多くの人々のためにお慈悲をお与え下さい。 〜 お釈迦さまを尊敬し、そのみ教えを至心に実践された道元禅師のお人柄がにじみ出ている歌ですね。

次の