ツイッター 宮本浩次。 沢田研二 X 宮本浩次

宮本浩次が結婚を隠すワケ!文春も知ってる?

ツイッター 宮本浩次

歌は、歌い継がれることでスタンダードとなり、永遠の命を授けられます。 この番組では、ジャンルを超えたJ-POPのアーティスト達が、 日本の歌謡曲やポップスを中心に、自身が影響を受けた名曲を、 それぞれの持ち味でカバーし、新しい命を吹き込んでいきます。 名曲と「今」を走り続けるアーティストのコラボレーションは、 世代を超えた視聴者の皆様に、新鮮な感動を届けてくれるはずです。 その歌と共に青春を生きた方々は、甘酸っぱい懐かしさも感じて頂けるはず。 アーティスト御自身の楽曲ももちろん披露して頂きます。 MCは歌謡曲をこよなく愛する、リリー・フランキーさん。 そして、新鮮な感性で名曲に向き合ってくれる女優の池田エライザさん。 懐かしくて新鮮な音楽と ゆったりした語らいに、 少しだけお付き合いください。 イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多分野で活動。 初の長編小説『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は 2006年本屋大賞を受賞し220万部を超え、絵本『おでんくん』はアニメ化。 音楽活動では、総合プロデュースした藤田恵美『花束と猫』(ポニーキャニオン)が 第54回 輝く!日本レコード大賞において優秀アルバム賞を受賞。 俳優としては、映画『ぐるりのこと。 』でブルーリボン賞新人賞を受賞。 イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多分野で活動。 初の長編小説『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は 2006年本屋大賞を受賞し220万部を超え、絵本『おでんくん』はアニメ化。 音楽活動では、総合プロデュースした藤田恵美『花束と猫』(ポニーキャニオン)が 第54回 輝く!日本レコード大賞において優秀アルバム賞を受賞。 俳優としては、映画『ぐるりのこと。 』でブルーリボン賞新人賞を受賞。

次の

エレカシブログ 俺の道

ツイッター 宮本浩次

Contents• プロフィール 愛称 みやじ、ひろじ、先生 誕生日 1966年6月12日 出身地 東京都北区赤羽 学歴 東京国際大学 ジャンル ロック 職業 シンガーソングライター 担当楽器 ボーカルギターブルースハープ エレカシとしての活動だけでなく、音楽プロデューサーとしても活動している宮本浩次さん。 幼少期はNHK東京放送児童合唱団に入団しており、 みんなのうたに出演していました。 過去に宮本さんが歌った代表曲には 「はじめての僕デス」などがあります。 著作権の都合でリンクは貼れませんが、youtubeで聞くことができます! 幼少期からもう 宮本浩次節がバチバチ出ていますよ!笑 この合唱団ではボーイ・ソプラノのスター的存在だったそうで、好きな音楽もベートーヴェンなどのクラシックや沢田研二さんなどの流行歌や歌謡曲を好んでいたということです。 1981年、中学生だったメンバーたちでエレカシのルーツとなるバンドを結成。 当初は6人編成で、 ディープ・パープル、レインボー、RCサクセションのコピーから始められました。 その後様々なライブハウスで活動を行い、1986年に 双啓舎と契約し、メジャーデビューを果たしました。 宮本浩次は結婚していることを隠しているのか? 幼少期から才能を見出され、現在でもロックは詳しくないけど 『エレカシの宮本なら知っている!!』というくらい存在感がありお茶の間でも知られている宮本さん。 結婚しているのかどうかとても気になりますよね? 『結婚していることを隠している』という噂もあるようなのですが、それは 完全なるガセネタだそうです! ファンの間でも ・「宮本さんみたいな気難しい人と結婚できるような女性はいない」 ・「あれほど破天荒な人についていける人はいない」 ・「一生結婚できないんじゃない?」 という散々な声が聞こえています・・w 結婚はしていないのですが、これだけ才能があるお方です。 過去に何人かの女性と噂になっていました。 その中でもかなりインパクトの大きいエピソードが 『財産持ち逃げ事件』です。 財産持ち逃げ事件 それは宮本さんが37歳の時。 当時結婚を意識して一緒に暮らしていた女性に財産を持ち逃げされるという事件が起きます。 スポンサードリンク エレカシの 「今宵の月のように」が大ヒットした頃なので、もうスターの仲間入りをした後の話です。 いーいぃーーーーーーーーあぁあーーーーーーーーあはぁーーーーー — ヒーロー戦記 torystorys 金額ははっきりと明らかにはされていませんが、マンション購入のために貯めていた資金をごっそり持っていかれたという事なので、かなりの金額かと思われます。 宮本さんの手元に残ったのは 3000円だけ入った通帳、 ポルシェ、 美術品のみ。 結婚を意識して、お相手のことを信じて通帳などの貴重なものを全て預けていたという事なので、持ち逃げが発覚した時は相当ショックだったでしょう。。 しかし宮本さんは警察に届けず、 「俺もバカだったから、、」と言ってあきらめたのだそうです。 しかも後日、街でその彼女とバッタリ再会。 その時の感想も 「元気そうで良かった」と思ったのだそうです。 宮本さんにとっては「お金はまた稼げばいい!」という感覚だったのでしょうかね?普通の人だったら、警察沙汰にしたり、裁判を起こしたり泥沼化しそうな事件なのに。 相当な器の持ち主です・・>< 江角マキコとの文春砲 過去には江角マキコさんと交際していたときもありました!下の写真は二人がスーパーで買い物をするところを撮られたところです。 江角マキコと言えば、長嶋一茂一家とのトラブルで 『落書きおばさん』というイメージしかありませんが・・ 20代の頃は、多部未華子そっくりなとても可愛らしい女性だったんですよ~ 今ではあまりテレビで見なくなった江角さん。 日本テレビ 『ぐるナイ』を卒業するときに、過去の振り返りVTRが流れたのですが、そのBGMがエレカシの 『悲しみの果て』だったので、過去の交際を知っているファンは結構ざわつきました 笑 財産を持ち逃げした女性を責める事をしなかった宮本さんが、江角さんとはあっという間に別れてしまったのはは、今となっては納得ですよね。 お母さんとの関係は? 宮本さんは父、母、兄という4人家族で育ったそうです。 中でもお母さんとは仲が良いそうで、高齢になった現在でもライブに足を運んでくれるそうです。 でもお母さん、 「あんたの声うるさいから」とライブ中に耳栓をしているそうです 笑 ファンの人はあの声が聴きたくてお金を払ってライブに行くのですが、お母さんからしたら息子の声はうるさく感じてしまうみたいです。

次の

エレカシブログ 俺の道

ツイッター 宮本浩次

スポンサーリンク 宮本浩次の出身地 宮本浩次さんは、東京都北区赤羽の出身です。 北区立赤羽台中学校時代に、ディープ・パープル、レインボー、RCサクセションなどのコピーバンドを組み、翌年には、地区予選に出場し、のちにデビュー曲となる「デーデ」を作り披露し、エレファントカシマシがスタートしました。 宮本さんは赤羽出身ですが、特に赤羽に思い入れはないと語っています。 しかし、アルバムのジャケットが赤羽の商店街の写真だったり、1997年に大ヒットした「今宵の月のように」のプロモーションビデオに赤羽の新川土手が登場したり、赤羽台団地内でプロモーションビデをを撮影したりしています。 この赤羽台団地は、実は宮本さんの実家。 宮本さんは、24歳で実家を出て一人暮らしするのですが、暮らした場所は、なんと同じ団地の別棟。 理由としては「ご飯を食べに行けるから」とのことで、実際、24歳の時に大失恋をしてライブもほとんどできないほどブルーになっていた宮本さんは、1ヵ月の半分は実家でご飯を食べていたとか。 スポンサーリンク 宮本浩次の家族 宮本浩次の父親は雪印? 2002年に閉鎖してしまいましたが、雪印乳業の東京工場が東京都北区にあり、宮本さんの父は営業マンとして働いていました。 このことは、2008年に「宮本浩次100問突撃」というインタビューをされた際、ミュージシャン以外の仕事をするならの問いに「スーツを着て、サラリーマン」と答え、父が雪印の営業マンだったことを告白しています。 宮本さんは、デビュー当初は、父親に借りたジャケットをステージ衣装として着ています。 そんな父親は、音楽活動に反対していたようです。 宮本浩次の5歳年上の兄貴 宮本さんには、5歳年上の兄がいます。 年が離れていることもあり、小さい頃から可愛がられていて、「僕は猫かわいがりだった」と語るほど、ひたすら愛をそそがれていたようです。 宮本浩次の最愛の母親 小さい頃、家族で初詣に車で行く時には、宮本さんと一緒に、後ろの座席に座り歌っていたという母は、バンドをすると言った時にも賛成してくれた、宮本さんの唯一の理解者だったようです。 エレカシのライブを見にきた71歳だった母は、耳栓をしてきたとか。 理由は「あんたの声がうるさいから」。 スポンサーリンク ボーイ・ソプラノのスターだった小学生時代 【本店2F野球ジャケ新入荷】NHKテレビ『みんなのうた』より'76年に発売された宮本浩次のシングル『はじめての僕デス』。 エレファントカシマシのヴォーカリスト小4時代のソロデビューシングルであることは、もはやファンのあいだでは常識ですが、歌い方が既にエレカシ宮本になってることに驚くよね。 — サウンドパック本店 中古レコード・CD soundpak 宮本さんは、小学校3年生から5年生までNHK東京児童合唱団に入団して、声楽指導を受けていました。 ソロを任されるほど歌が上手くて、ボーイ・ソプラノのスター的存在でした。 NHK教育の「みんなのうた」で、小学生時代の宮本さんの歌声が流れていました。 あるテレビのトーク番組で、泉谷しげるさんにその話しをすると「だからか~」と泉谷さんが納得。 だから宮本さんの声は良いとのこと。 この合唱団を勧めてくれたのが母親でした。 歌が好きだった宮本さんを合唱団に入れちゃおう!と入団させたそうです。 小学5年生の時、歌うことが恥ずかしくて辞めてしまいましたが、母親には照れながらも感謝していたそうです。 カテゴリー•

次の