怖い話 実話。 怖い話<実話・怪談・短編・長編・不思議・猫他>|人から聞いた怖い話

未満警察が怖い怖すぎる!1話は実話のモデル事件(北九州)が実在?

怖い話 実話

当サイトへ、ようこそ。 まず、はじめに。 この「実話の怖い話」に掲載されている内容は、不可解な出来事を体験した方から直接聞いたものです。 当ブログ管理人が苦労して集めた情報や体験談を文章化したものであり、コピペやリライトの類ではありません。 他では絶対に読むことが出来ない最新のホラー系読み物になっております。 内容や文体すべて、当サイトの著作物です。 他のサイトへのコピペや引用、リライト、その他盗作行為と思われるものは一切を禁止させてください。 どうしても引用したい方は、必ずページへのリンクを貼ってくださいね。 苦労の結晶がこのサイトですので、ご理解お願いいたします。 読者さんを信頼していますが、 もしも万が一盗作と思われるものを見つけた場合、しかるべき対応をいたします きつい言い方をして、申し訳ありません。 コピペ掲載が後を絶たないもので困っているのです。 読者さんの99%は友好的で素敵な方ですので、残り1%の方へのメッセージです。 ご理解いただければ幸いです。 またもしも怖い話の朗読をされて動画をネットやSNSへアップする場合などは、当サイトへの出典リンクをお願いします。 ネットやSNSにアップせずに、お友達同士で怪談を楽しむ場合は必要ありません 目立つ位置へ出典リンクを下されば、むしろ朗読大歓迎です。 ちなみに、リンクはフリーですのでご自由にどうぞ。 また、ツイートやフェイスブックのいいね、ソーシャルブックマークへの登録、ネイバーまとめなどのキュレーションサイトからのリンクは、管理人とても喜びます。 内容に関しては、ノンフィクションが基本ですので、グロテスクなスプラッターホラーのようなものはほとんどありません。 どちらかといえば、心理的にじわじわ来るような恐怖感を煽るようなものが多いように思います。 管理人自身霊感はありませんので、聞いた話がどこまでが本当なのかは分かりません。 事実確認もしていません。 あくまで娯楽としてお楽しみいただければ幸いです。 怖い話の取材をしていてつくづく思うことは、「ハイクオリティーな怖い話」に巡りあえることはなかなかないのです。 たいていの場合、誰もが一度は聞いたことがあるような都市伝説に近い話を聞かせてもらいます。 有名な都市伝説をまるまる聞かせてもらうことも少なくありません 当サイトの更新が滞っているときは、「ハイクオリティーな怖い話」に出会えていないときだと考えていただければ幸いです。 前置きがながっくなりましたが、以下から実話の怖い話をお楽しみください。

次の

実話だとしたら怖い事件の話 猟奇的な殺人

怖い話 実話

実話の怖い話 狂ってしまった家族の謎 これはすべて実話です。 僕が、中学3年生の頃のこと。 父母と小学校低学年の4人家族でした。 その日は大みそかで、紅白歌合戦も終わり、良い初夢を願い寝たのですが、内容は覚えていないものの悪夢にうなされて、真夜中に起きてしまいました。 脈は激しく、脂汗が全身から吹き出し、冷や水を背中から浴びせられたかのようでした。 身体は硬直してます。 「新年早々。。。 悪夢なんて最悪だ。 」 喉が渇いていたので、冷蔵庫に行くためにリビングを通ると、なぜか僕以外の家族が全員が抱き合ったような格好でテレビの前に座っています。 時刻はおそらく深夜2時過ぎ。 リビングのテレビはつけっぱなしです。 音が出ていないので、無声でテレビをつけているのです。 しかも、部屋の窓がすべて開けっ放し。 部屋は凍えるように寒くなっています。 この異変を見て、ゾッと寒気を感じずにはいられません。 「何やってんだよ?頭おかしいだろ。 」 恐怖を怒りで隠すかのように、怒鳴ってしまいました。 弟はなぜか泣き出してしまい、両親は無表情で何もしゃべらず窓を閉めてテレビを消しました。 泣いている弟に「もう寝なさい」と促し、寝室に連れていきました。 新年早々、意味がわかりません。 気味が悪くてその後は眠れず、朝まで部屋で漫画を読んでいました。 朝になり、「昨日のあれ何?」と両親に訪ねると「は?」という返事。 昨夜の無表情と、今の怪訝そうな顔の落差。 あまりの不可解さに、まるで怪談話でも聞いているかのような感覚でした。 それからしばらく経ってからのこと。 また、悪夢で真夜中に目が覚めました。 今度は微妙に内容を覚えていました。 見知らぬ人に、僕が後頭部を殴られるのです。 起きた後も、つむじの辺りがジンジンと痛むのです。 そして、なぜだか頭の中に「コンビニは安全」という意味不明な言葉が浮かんでくるのです。 「幽霊に襲われた」という考えも頭の中を駆け巡ります。 起きてリビングに行ってみると、夕食が焼肉だったせいかのか、焦げた匂いがしています。 真夜中にここに来て、新年の奇怪な家族の出来事を思い出してしまいました。 その日は、またもや眠れませんでした。 2月になると、僕の体が異常に痒くなってきました。 乾燥肌だろうと、気にしていなかったのですが、背中と頭に焼けるような感覚が出てきて、ガリガリと掻きむしってしまいます。 痒み日に日に悪くなり、皮膚科に行き塗り薬をもらいました。 風呂上りに薬をぬっていると、弟が「僕にぬらせて」と言ってきます。 弟に背中を向けると、なぜか弟は「バチーン」と音が鳴るくらいの張り手を背中に打ってきました。 「ふざけんな!」 僕が怒ると必ず泣く弟。 今も目に涙をためて、声は出さずに涙をポロポロ流しています。 でも・・・おかしなことに、顔は色味を失ったかのように白黒映像のようになって、いつのまにか無表情で涙を流しているのです。 なんだこれ。 気持ち悪い。 両親の方を見ると、両親もなぜか無表情で涙を流しています。 両親の口元を見ると、微妙に動いている気がする。 言葉をしゃべっているのか? でも、なにをいっているのか分からない。 次の瞬間、見えている景色がすべて真っ赤になり、そこから徐々に色褪せたセピア色になっていった。 意識が遠くなる・・・・・・・・・・・・ 見覚えある風景だった。 ここはどこだ? 従兄弟の家? そばには、深刻そうな顔の叔父が、僕の事を覗いています。 事態が全く飲み込めません。 周りにはどんどん人が集まってきました。 今までのものはすべて夢だったのか? もうパニック状態です。 「記憶がないなら、このままでいいのではないだろうか?」 と祖父が言うと、叔父は、 「いいや。 何があったのか話しておかんとならん。 まだ犯人も捕まってないし、近いうちに警察の人が来るだろうし。 」 そして、叔父から今回のことを聞かされた。 僕の家は、1月1日に放火され全焼したようです。 そのとき僕は、たまたまコンビニに行っていたので、助かったようです。 でも、犯人の顔を見たとかで、後頭部や全身を鈍器のような物でめったうちにされたとのことでした。 そして、今の今まで意識を失っていたのでした。 搬送先の病院で生死をさまよい、ある程度回復してからは叔父の家に引き取られたとのことです。 もう3月になっていました。 2ヶ月もの間、記憶を失いリハビリを続けていて、やっと記憶が戻ったようでした。 すべてを知って、泣くしかありません。 今まで見ていた謎の夢が、ジグソーパズルのように繋がっていきました。 背中の包帯を取ったときにわかったのですが、まだ青あざが残る背中には、弟の手のひらの形だけ無傷だったのです。 事件から5年経った今も、犯人は捕まっていません。

次の

実話だとしたら怖い事件の話 猟奇的な殺人

怖い話 実話

人気の怖い話• 愛してはいけない 私の尊敬する住職は、すでに結婚していてもおかしくない歳なのだが、まだ結婚していない。 その住... 夜中の死神 家系なのか血筋なのかわかりませんが、私の家族は代々霊感が少なからずあります。 それを踏まえてこの記... 張り紙アパート 私が大学生だった頃の話です。 私が通う大学のある街には「張り紙アパート」と呼ばれる奇妙なア... 裏S区 今から何年か前に男の子(仮にA)が一人行方不明になった。 (結局自殺してたのが見つかったけど) 俺は... 潰された足 これは私が大学2年生の時の話です。 大学の講義が終わった後、友達の家で焼肉会をすることになりました... 昔田舎で起こった怖い話 俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利... 田舎の大根さん 去年の秋頃だったかな 俺は時々変なものを見るようになった 明らかに人間じゃないんだけど、... ちなみに俺は今27歳。 昔のことは、ややうろ覚えの部分もある。 細かな描写はある程度、想像の部分もある... 姦姦蛇螺 かんかんだら 小中学の頃は田舎もんで世間知らずで、特に仲の良かったA、Bと三人で毎日バカやって... Y君は関西の某大手製薬企業に勤めている。 しかし仕事柄、中々女性と出会えず、彼女がいないのが悩みであった。...

次の