犬 の ワクチン 種類。 【獣医師が解説】 犬のワクチンは毎年必要? 種類や接種時期、費用、副作用まで|いぬのきもちWEB MAGAZINE

犬の混合ワクチン、種類や何種がいいのか選び方

犬 の ワクチン 種類

お外に遊びに行ったり、ドッグランで他の犬と触れ合ったり。 外遊びが大好きな犬は、感染症ウイルスとの接触機会も増えます。 風邪のような軽いものから、重篤になると死に至る可能性がある感染症まで、犬の感染症は様々です。 犬の感染症の種類やワクチンの種類、費用についてご説明します。 猫の予防接種についてはこちらをご参照ください。 犬の予防接種は、大きく分けて2種類あります。 接種が義務付けられている「狂犬病予防接種」と、飼い主が任意で行うその他の感染症予防接種です。 これらの予防接種は、犬を感染症から守るだけでなく、犬から犬への感染や、犬から人に感染する「人獣共通感染症」を防止する役割もあります。 またドッグランやペットホテルなど、複数の動物が集まる施設を利用する場合は、予防接種をしていないと利用を断られるケースもあります。 狂犬病の予防接種は飼い主の義務 狂犬病は、すべての哺乳類に感染する「人獣共通感染症」です。 年に一回、飼い犬に狂犬病の予防接種を受けさせることは、狂犬病予防法によって義務付けられています。 狂犬病は、発症すると治療法はなく、ほぼ100%死に至ります。 しかも犬だけでなく、猫やネズミ、そして人間などほとんどすべての哺乳類に感染する「人獣共通感染症」です。 日本国内での狂犬病発生事例は1957年以来なく、また海外で感染して日本国内で発症した事例も、1970年と2006年に各1例あるのみです。 しかし中国や東南アジアでは年間100人以上が狂犬病で亡くなっています。 日本国内で発生していなくても、海外旅行中や海外から輸入された動物などが感染原因となる可能性もあります。 犬だけでなく人間やその他の哺乳類を守るためにも、必ず接種を受けるようにしましょう。 【参照】 狂犬病予防法 厚生労働省「狂犬病」 狂犬病の予防接種はいつ受けるの? 春は狂犬病予防接種の季節です。 狂犬病の予防接種は、自治体による集団接種と、動物病院での個別接種があります。 集団接種については、市町村に登録されている犬の鑑札情報にもとづいて、飼い主さんに案内が送付されます。 実施期間は4月〜6月ですが地域ごとに日程が異なります。 地元の広場や公園などで行なわれ、費用は3,000円程度に設定されています。 集団接種に行かない場合は動物病院で個別接種することもできますが、費用はそれぞれの病院によって異なり、集団接種よりも高額になることが多いようです。 いずれの場合も、予防接種をすると「注射済票」が交付されます。 集団接種について詳しくは、お住いの市町村窓口までお問い合わせください。 混合ワクチンで予防できる感染症 飼い主さんが任意で受ける感染症予防接種は、一般的に「混合ワクチン」です。 混合ワクチンは組み合わせによって、2種混合から11種混合まで種類があり、複数の病気に効果的なワクチンを組み合わせ、一度に接種します。 下記のワクチンのうち、致死率の高い感染症を防ぐためにすべての犬に接種するように勧告されているワクチンは「コアワクチン」、生育環境によって接種を推奨されているワクチンは「ノンコアワクチン」と分類されています。 9種以上のワクチンは、犬レプトスピラ症の血清型が追加になります。 追加になる内容は、製薬会社によって異なります。 【参照】 世界小動物獣医師会「犬と猫のワクチネーションガイドライン」 コアワクチンで予防できる感染症と、感染した場合の治療費 死に至る感染症を防ぐために、「コアワクチン」の接種が勧告されています。 コアワクチンが対象としている感染症は、「犬ジステンパー・犬伝染性肝炎・犬アデノウイルス(II型)感染症・犬パルボウイルス感染症」の4種類です。 犬ジステンパー 感染した犬の目ヤニ、鼻水、唾液、排泄物との接触やくしゃみなどの飛沫物によって感染します。 初期症状は目ヤニ、鼻水、発熱、食欲の低下などで、重篤化すると麻痺や痙攣などの症状が出ます。 ニホンオオカミの絶滅原因となった疾患として有名で、犬の致死率は50〜90%と高く、発症すると有効な治療法はありません。 完治しても、神経症状などの後遺症が出ることがあります。• 犬伝染性肝炎 犬アデノウイルスI型の感染によっておこる伝染病で、感染した犬の鼻水や唾液、排泄物に接触することで感染します。 嘔吐や発熱、下痢、腹痛などの症状が表れます。 軽症の場合は鼻水が出る程度ですが、重篤化すると肝臓の機能不全や低血糖に由来する神経症状が起こることもあります。 また回復しても半年以上尿中にウイルスを排出すると言われており、注意が必要です。• 犬アデノウイルス(II型)感染症 「犬伝染性喉頭気管炎」とも言われ、咳やくしゃみなど風邪に似た症状が出ます。 I型(犬伝染性肝炎)よりも症状が軽く致死率も低いとされていますが、他のウイルスや細菌との複合感染により重篤化する場合もあります。• 犬パルボウイルス感染症 感染した犬の便や嘔吐物に接触して感染します。 激しい下痢や嘔吐、発熱、脱水症状などが表れ、重症になると血便が出ることもあります。 また下痢や脱水の悪化によりショック症状を起こして死に至ることもあり、特に子犬の致死率が高くなっています。 また妊娠中のメス犬が感染すると、流産や死産の原因になります。 ノンコアワクチンで予防できる感染症 散歩中に感染した犬の唾液や排泄物に接触することで、感染リスクが高まります。 居住地域や生育環境など、必要に応じて接種したほうがよい「ノンコアワクチン」で予防できる感染症は、以下の通りです。• 犬パラインフルエンザウイルス感染症 「ケンネルコフ」とも言われ、咳や発熱、鼻水などの重い風邪のような症状が出ます。 単独での致死率はあまり高くありせんが、他の感染症との複合感染で症状が重くなります。• 犬コロナウイルス感染症 感染した犬の排泄物を舐めたりすることによって感染します。 病原性は弱く、成犬の場合は感染してもほとんど症状が現れませんが、犬パルボウイルス感染症など腸炎を引き起こすウイルスと複合感染すると重篤な状態になることがあります。• 犬レプトスピラ症 病原性レプトスピラ菌に感染した動物の尿で汚染された土や水を口にしたり、また触れたりすることで感染します。 症状が出ない「不顕性」、腎炎や出血性胃腸炎などになる「出血型」、痙攣や嘔吐、黄疸などが出る「黄疸型」があり、人間にも感染する「人獣共通感染症」です。 飼育環境によって混合ワクチンの種類を選ぼう 何種類混合のワクチンを接種すれば良いのかは、一概には決められません。 室内犬であるか室外犬であるか、ドッグランなど多くの犬が集まる場所に行くか、海や山などに行くか、地域でその感染症が流行しているのか……など、様々な飼育環境によって、何を接種するのかを判断する必要があります。 ドッグランなどで他の犬と接触する機会が多い犬は、感染の機会も増えます。 お住いの地域の動物病院で流行している感染症などの情報を確認し、獣医師と相談した上で接種内容を決めてください。 ワクチン接種にかかる費用は? 免疫を維持するためには、1年〜数年おきに定期的に接種する必要があります。 ワクチン接種の費用は動物病院によって異なりますが、2種混合で3,000円〜5,000円程度、7種以上になると7,000円〜10,000円程度です。 ワクチン接種は病気の治療ではなく、健康な状態で行う「予防行為」となるため、ほとんどの場合ペット保険の対象外となっています。 ワクチンによって作られる免疫は、そのまま一生持続できるわけではありません。 ワクチンや感染症の種類によって異なりますが、通常、複数回接種が必要となります。 一般的には、生後1年までの子犬期に3回、その後1年〜数年に1回、継続して接種します。 かかりつけの獣医さんに相談しながら、適宜接種を行ってください。 犬の感染症、発症率はどれくらい? では犬の感染症は、どの程度の割合で発症しているのでしょうか。 『伴侶動物ワクチン懇話会』の「犬と猫の感染症調査」によると、2013年9月から2015年8月の2年間に全国600軒の動物病院のうち、56. 8%の病院で何らかの感染症を診断していることがわかりました。 感染して取り返しのつかないことになってしまう前に、かかりつけ医と相談しながら、定期的な予防接種を受けてくださいね。

次の

タイミングはいつ?犬のワクチン接種の種類と費用

犬 の ワクチン 種類

種類が多ければ高いしなぁ…どれがいいんだろう と、獣医さんに相談したり、獣医さんから説明されたりもします。 何となくでも「ワクチンってこういう感染症を防ぐんだ」という知識を頭の片隅に入れておくだけで、大切な愛犬に適切な混合ワクチンを接種してもらうことができますよ。 そもそも犬のワクチンって何? ワクチンは、病気が発現しない程度に毒性を弱めた病原体、死滅させた病原体等を含ませたもので、感染症を防ぐために接種されます。 毒性の弱い病原体を体の中に入れることで抗体をつくり、その感染症に対しての免疫ができます。 免疫ができると、いざ感染源(病原体)が体の中に入ってきたら攻撃を開始して、病気を発症させない、発症しても軽い症状に抑えることができます。 犬の感染症の中には、伝染力が強く死亡率も高いものもありますので、感染予防のために必ず接種するようにしましょう。 犬のワクチンにはどんな種類があるの?どんな感染症を予防できる? ワクチンで予防できる感染症は全部で8種類。 そのうちの1種類は「 狂犬病」で、狂犬病ワクチンは混合ワクチンではなく、 単独で毎年の接種が義務付けられています。 狂犬病予防接種については「」の記事で詳しく解説していますので、ご覧になってくださいね。 それでは、「狂犬病」以外の7種類の感染症について説明していきます。 犬パルボウイルス感染症 発熱、食欲不振、元気消失、嘔吐に始まり、 トマトジュースのような血便( 下痢)を起こします。 生後2ヶ月未満の子犬が感染すると、 心筋炎で急死することもあるので要注意です。 伝染性が強く、症状の進行も早く、死亡率も高い、非常に怖い感染症です。 感染犬の糞便や汚染された環境から、口や鼻を介して体内に侵入して、血流に入って全身へ運ばれます。 犬ジステンパー 「パルボウイルス」同様、伝染力の強い感染症のひとつで、死亡率も高いです。 感染犬との直接接触や、鼻汁や唾液、目ヤニなどの分泌物、糞便や尿などの排泄物との接触、飛沫の吸入により感染します。 症状の出方にはかなり幅があり、 無症状から死亡まで多様。 発症初期は、一定しない発熱を繰り返し、鼻汁、くしゃみ、結膜炎、食欲不振、白血球の減少がみられます。 続いて、下痢や血便、肺炎が起こりますが、痙攣や震えなどの強い神経症状が現れることもあり、神経症状が落ち着いても後遺症が残ってしまうこともある怖い感染症です。 感染犬との直接接触や、鼻汁や唾液、目ヤニなどの分泌物、糞便や尿などの排泄物との接触により感染します。 全体的な死亡率は10%~30%ですが、 子犬の死亡率は高いです。 感染初期は元気がなくなり、水っぽい鼻水が垂れ、涙が出て、発熱が続きます。 また、お腹が張ったり肝不全の兆候も見られます。 だんだん回復してくると、目が白く濁ったり、「ブルーアイ」と言われる角膜混濁が起こる場合もあります。 単独感染での死亡率は低いですが、他の感染症と混合感染してしまうと重篤化するので、注意が必要です。 発熱、食欲不振、短く乾いた咳(コンコン、ケッケッなど)が特徴的で、興奮や運動などで誘発されることが多いです。 咳は数日から数週間で収まってきますが、中には1年近く咳が続いてしまうこともあります。 犬パラインフルエンザウイルス感染症 「犬伝染性喉頭気管炎」と同じく、集団飼育下で感染しやすく「ケンネルコフ」の主要病原体のひとつです。 伝染力が非常に強い感染症ですが、単独感染での死亡率は低いです。 感染犬との直接接触や飛沫感染で、侵入したウイルスは鼻粘膜、咽頭、気管支で増殖します。 発熱、くしゃみ、咳、扁桃炎を引き起こし、二次感染を起こすと肺炎などに進行してしまいます。 【 ケンネルコフ】 「 犬風邪」とも呼ばれます。 単独の病原体での発症では症状は軽いことも多いのですが、いくつかの病原体の混合感染をしてしまうと重篤になってしまうので要注意です。 「ケッケッ」という乾いた咳が特徴で、合併症が起こらなければ、数日~2週間ほどで症状は治まってきます。 犬コロナウイルス感染症 単独での発症であればそんなに症状が重くなることはありませんが、「 犬パルボウイルス感染症」 と併発すると重篤化し、命にかかわることもありますので、「パルボウイルス」と「コロナウイルス」を一緒に予防することが重要です。 感染犬の糞便や汚染された環境から口や鼻を介して侵入し、消化管で増殖します。 嘔吐と下痢が主な症状で、子犬は二次感染を起こして重篤化することがあります。 レプトスピラ感染症 動物と人間の共通感染症(人獣共通感染症)のひとつです。 「共通感染」なので、動物から人間へ(その逆もあり)感染してしまう怖い病気です。 感染源は主にドブネズミが持つ「レプトスピラ菌」で、尿から排出されたレプトスピラ菌が犬や人の 皮膚に触れることで感染します。 「レプトスピラ菌」は数種類あり、感染した菌によって症状が異なります。 【代表的なレプトスピラ菌】• 歯ぐきの出血や黄疸が見られる「 黄疸出血型」(肝臓が冒される)• 高熱、嘔吐、下痢を起こす「 カニコーラ型」(消化器が冒される) 昔は農村部で流行していた、いわゆる「地方病」でしたが、最近ではアウトドアを楽しむ地域や都市部でも感染が見られるようになりました。 海、川、山など、アウトドアレジャーを楽しむワンちゃんは、 必ず「レプトスピラ感染症」のワクチンを接種しましょう!! キャンプへ行くワンコは必須ですよ!! 単独ワクチンと混合ワクチン それぞれの感染症をピンポイントで予防する【単独ワクチン】と、いくつかの感染症予防を一度に行える【混合ワクチン】があります。 「犬のワクチン」といえば、【混合ワクチン】のことを指すのが一般的です。 混合ワクチンは、「コアワクチン」と「ノンコアワクチン」の組み合わせで、各種メーカーから販売されています。 コアワクチン 日本国内で暮らす全ての犬猫に接種するよう勧告されているワクチンです。 犬の「コアワクチン」は次の4種です。 狂犬病• 犬ジステンパー• 犬パルボウイルス• 犬伝染性肝炎 ノンコアワクチン 個々の犬猫の「居住場所」「活動量(移動の有無)」「家族構成」「病原体との接触リスク」などを獣医師が考慮して決めます。 犬の「ノンコアワクチン」は次の3種です。 レプトスピラ症(血清型の違う2~3種類)• 犬コロナウイルス• 犬パラインフルエンザウイルス 混合ワクチンの種類 ひとえに「混合ワクチン」といっても、いくつか種類がありますので、解説していきますね。 「〇種混合ワクチン」と呼ばれていて、「〇種」は前述の感染症の種類になります。 最近では「2種」「5種」「6種」「7~11種」に分かれていて、代表的なものは 「6種」と「9種」です。 ちなみになぜ「7~11種」と一括りにしたのかというと、ここはすべて「レプトスピラ」だからです(レプトスピラ菌は数種類あるので)。 2種混合ワクチン• 犬ジステンパー• 犬パルボウイルス感染症 5種混合ワクチン 「2種混合ワクチン」に加えて• 犬伝染性肝炎• 犬パラインフルエンザウイルス感染症 6種混合ワクチン 「5種混合ワクチン」に加えて• 犬コロナウイルス感染症 7~11種混合ワクチン 「6種混合ワクチン」に加えて• 犬レプトスピラ感染症 犬レプトスピラ感染症は前述のとおり数種類あるのですが、「8種混合」ならレプトスピラ感染症ワクチンのうちの2種類、「9種混合」なら3種類、「11種混合」なら5種類を予防できます。 動物病院では「8種混合」「9種混合」がメジャーです。 ちなみに、私が勤めている動物病院は「8種」、うちの愛犬がお世話になっている動物病院は「9種」を採用しています。 結局、何種を打てばいいの? だいたいの動物病院では、「5種」「6種」と「8種」「9種」が主流になっています。 「5種」と「8種」、「6種」と「9種」の採用が多いみたいですね。 では、愛犬はどちらを接種すべきか…悩ましいですね。 たとえば、東京都心に住んでいて、アウトドアはしない…という都会派の方であれば、「5種」または「6種」(かかりつけの動物病院で採用している方)で問題ありません。 そして、我が家のようにキャンプに行ったり、「犬と一緒にカヌーします!」「ワンコと高原へ遊びにいきます」「海や川で遊ぶの大好き」という場合は、「8種」もしくは「9種」(かかりつけの動物病院で採用している方)を選びましょう。 あと、自宅近くに山や森・林、田んぼ、畑などが多いなど、自然豊かな場所にお住まいであれば「8種」「9種」推奨です。 混合ワクチンを接種するタイミングはいつ? 混合ワクチンは狂犬病予防接種と違い、接種の時期は法令等で決まってはいません。 1年中、いつでも動物病院で打つことが出来ます。 混合ワクチンと狂犬病予防接種との間は1ヶ月は空けてくださいね。 副作用やアナフィラキシーショックも有り得る!混合ワクチン接種後の注意点 日本小動物獣医師会の2007年の調査によると、ワクチンを接種した犬のうち、200頭に1頭の割合で何らかの副作用が見られたそうです。 また、ワクチンで死亡してしまう確率は3万頭に1頭ほど。 このように、具体的な数字を見るとリスクが高いのではないかと接種を躊躇してしまうかもしれませんが、ワクチン接種をせずに何らかの感染症にかかってしまった場合には、死亡率が非常に高くなります。 人間も同じで、アレルギー反応が出てしまう人がいるように、犬もワクチンに対してアレルギーがあったり、その日の体調でアレルギー反応が出てしまうケースもあります。 感染症にかかってしまった後では治療が難しい場合もあり、最悪の場合には死を迎えてしまうことも十分に考えられるので、ワクチンは接種しておくべきだと考えます。 アレルギー反応(副作用)はどんな症状があるのか ワクチンによる副反応(ワクチンアレルギー)は、ワクチン接種直後~約2時間以内に起こるアレルギー反応です。 ワクチン接種後のアレルギー反応は、さまざまあります。 代表的なものは以下の症状です(他にもありますが)。 流延(よだれ)• かゆみ• じんましん• 顔面腫脹(ムーンフェイス) ミニチュアダックスはアレルギーが起きやすいので、注意して様子を見てあげてください。 ワクチン接種当日に注意すること• 接種後2時間は、ワクチンアレルギーの症状が出ていないか注意する• 接種後、普段と様子が違うことが続くことがある(元気がない、食欲低下)• アレルギー反応が出てしまった時にすぐにかかりつけの動物病院で診てもらえるよう 午前中にワクチン接種を行い、 接種後30分くらいは動物病院に留まって様子を見るか、 すぐに動物病院へ連れて行けるようにしておく(病院まで時間がかかる場合は、帰宅せずに動物病院の近くで待機する)• 接種当日~翌日くらいまで シャンプー、 激しい運動、 水浴びは控える ワクチン接種後に、愛犬の様子がおかしいと思ったら、動物病院へ連れて行きましょう。 重症化しないように対処することが大切です。 犬の混合ワクチン接種まとめ 混合ワクチン接種は狂犬病と違い義務ではありませんが、感染症にかかってしまうのはとても怖いので、接種することをおすすめします。 お住まいの地域、居住の環境、自然と触れ合う機会などを獣医さんに相談しながら考慮して、何種混合ワクチンを打つのか決めましょう。 ワクチンアレルギーは重症化することもあるので、接種後2時間はしっかり愛犬の様子を見てあげてくださいね。 狂犬病予防接種とは1ヶ月以上空けて接種しましょう。

次の

犬の混合ワクチン接種は毎年必要なの?その種類や間隔、値段について

犬 の ワクチン 種類

犬のワクチンとは? ワクチンは、犬を感染症から守るために必要です。 ワクチンを打つと、該当する感染症の病原体に対する免疫が誘導され、病原体が侵入したとしても身体が病原体を排除してくれます。 犬の感染症の中には命を脅かす恐ろしい病気もいくつか存在しており、そういった感染症から犬の命を守るためにもワクチンは打っておくべきです。 まれにワクチンは必要かという質問を受けますが、コアワクチンに関しては必ず打っておいた方が良いでしょう。 コアワクチンには、パルボウイルス感染症や犬ジステンパーウイルス感染症など、感染すると命を落とす可能性が高い病気が含まれているからです。 また、狂犬病ワクチンに関しては、法律で接種することが義務付けられています。 狂犬病ワクチンを接種した証明書がないと、ペットホテルやドッグランなどの施設に入れないこともあるので注意してください。 犬のワクチンの接種時期と回数 ワクチンは、たった1回の接種で完了するものではありません。 基本的なワクチンプログラムにおいては、1歳までに3回接種することが推奨され、1歳以降も定期的なワクチン接種を行うべきであるとされています。 1歳以降において、どのくらいの頻度、間隔で接種すべきかについては、議論されているところです。 今までは毎年1回接種するべきと言われていましたが、感染症の種類によっては毎年やる必要はないと言われ始めており、3年に1回程度でも良いとも言われています。 毎年ワクチン接種を行うことで、ワクチンの効果をしっかりと発揮することが期待できますが、一方で費用がかかってしまうことや副作用が発生する可能性もあるため、間隔を伸ばして定期的にワクチン接種を行っている例もあります。 犬のワクチンの種類 一般的に、ワクチン接種といえば、狂犬病ワクチンと混合ワクチンがあります。 狂犬病ワクチンは、狂犬病に対するワクチンですが、混合ワクチンは複数の感染症に対するワクチンがまとまったものです。 混合ワクチンについては、4種、5種、6種、8種、9、11種など様々あります。 いずれもコアワクチンに含まれる犬ジステンパー、犬パルボウイルス感染症、犬伝染性肝炎、犬伝染性喉頭気管炎の4種が共通しており、数字が大きくなるにつれて対象となる感染症が追加されていく形になります。 具体的には、パラインフルエンザウイルス感染症、コロナウイルス感染症、レプトスピラ感染症(数種類)があります。 レプトスピラに関しては、いくつか細菌の種類があるため、レプトスピラ感染症に対するワクチンだけで数種類存在します。 犬のワクチンの値段 狂犬病ワクチンの費用についてですが、ワクチン接種代に登録料や証明証の発行代が加わるのが一般的です。 混合ワクチンに関しては、種類の数が増えれば値段が上がっていきます。 なお、上記の値段はあくまで参考程度のものです。 獣医療は、人医療に該当する国民保険はなく、自由診療が一般的になっております。 実際には病院間、地域間での差が大きく、費用について一概に言うことは難しいため、お近くの動物病院にお尋ねください。 犬のワクチン抗体価検査について 狂犬病ワクチンは毎年の接種が法律で義務付けられていますが、混合ワクチンは必ずしも毎年しなければならないわけではありません。 ワクチンは、命を脅かす感染症から犬を守るためにも接種すべきものですが、副作用の可能性があることから、ワクチン接種回数を減らした方が無難であるといえます。 ワクチン接種回数を減らすために行う抗体価検査について解説します。 ワクチンを接種すると、抗体という病原体をやっつけるために役立つものが、体内に生成されます。 この抗体が十分に体内にあれば、病原体が侵入したとしても、身体の免疫がしっかりと働きます。 逆に抗体が十分に体内にない場合には、免疫がしっかり働かない可能性があり、感染症に感染して重篤な臨床徴候を示してしまう可能性があります。 抗体価検査 抗体価検査は、体内の抗体濃度を調べる検査になります。 抗体価検査は、少量の血液のみで検査が可能なため、犬への負担も少ない検査です。 抗体価検査によって、体内の抗体濃度が十分にあると判断されれば、ワクチン接種を延期することができます。 抗体濃度が不足している場合には、該当する感染症のワクチンを接種することになります。 抗体価検査は、感染症に対する予防という意味でも、副作用の確率の軽減という意味でもメリットが大きい検査であるといえるでしょう。 ひと昔前は、抗体価検査にかかる費用は、ワクチン接種の費用よりも高かったのですが、近年はワクチン接種と同じくらいの値段で受けることができるようになりました。

次の