ゴマフアザラシ 寿命。 タッチや腕枕はNG? 北海道で始まったアザラシとの“添い寝イベント”が話題

アザラシ全19種類を画像付きで徹底解説!あなたのお気に入りはどの子?

ゴマフアザラシ 寿命

ゴマフアザラシの幼獣 体長はオスで170cm前後、メスで160cm前後。 体重は70-130kgほどになる。 ゴマフアザラシを漢字で表すと「胡麻斑海豹」となる。 この名からも分かる通り背面は灰色の地に黒いまだら模様が散らばっている。 一方、腹面は薄灰色でまだら模様は少ない。 体表の模様は個体差が著しく大きい。 性成熟年齢はオスで3-4歳、メスで3-5歳。 繁殖は一夫一妻形式で4月に交尾する。 約一年後の3-4月に流氷上で一子を出産。 授乳期間は2-3週間。 新生児は白色からややクリーム色をした産毛に包まれて生まれてくる。 この白色の産毛は流氷上で出産するゴマフアザラシにとって保護色となる。 なおこの産毛は出産後2-3週間で抜け落ち、新生児も親と同じ胡麻斑模様になる。 生態 [ ] 氷の隙間から呼吸のために顔を出す 冬から春にかけてはとともに移動・回遊するアザラシであるため、冬の沿岸でよく見られる。 流氷上で出産や育児を行う。 流氷が消滅し後退すると北上する個体が圧倒的に多いが、北海道東部のやなどにとどまる個体もいる。 寿命は30年前後。 国内の水族館でも30歳を越えた個体が出産した例がある。 国内の水族館で同じのと交雑した記録がある。 広食性で口に入るものなら何でも食べる。 小型の類、類、、、などの魚類の他、や、やなどの無脊椎動物も食べているらしく、飼育している個体にや、、、などを与える施設もある。 保全状態評価 [ ]• LEAST CONCERN Ver. 1 2001 The IUCN Red List of Threatened Species 2016 では LC と評価している。 個体数は1970年代には全体で40万頭、うちベーリング海・チュクチ海に20万-25万頭、オホーツク海に17万頭が分布していたと推定されている。 その後、日本や旧ソ連が狩猟を行っていたため減少した。 しかし、日本では年1000頭ほど捕獲されていたが毛皮の価値が低下したために商業的捕獲は衰退した。 ソ連も捕獲頭数制限を設けたために、現在では個体数は回復しているとされるが 、正確な推定はされていない。 北海道では本来は越冬のために冬季にゴマフアザラシが集まっていたが、近年は夏季でも居着く個体が増加している。 そのため、漁業被害が深刻となっている。 それにともない、北海道東部で行われている秋サケ定置網に迷入し溺死するゴマフアザラシもいる。 人間との関わり [ ] 抜海港で越冬する個体群 原作の漫画『』に、ゴマフアザラシの赤ちゃん「 ゴマちゃん」が登場。 後にテレビアニメ化され、一般にもゴマフアザラシが「ゴマちゃん」の愛称で親しまれるとともに、本種の知名度が高まるきっかけにもなった。 で飼育されていた「ジョー」は2006年頃から「立つアザラシ」として評判になった。 水深1・5メートルのプールでひれ足を底につけ、直立不動になる姿がテレビ番組などで紹介され親しまれた。 高齢のためと目が悪いため、一番楽な姿勢をとっていたと推測される。 ジョーは2011年1月に老衰で死亡した。 推定年齢は33歳。 抜海港には、11月-4月まで多いときで1200頭を超えるゴマフアザラシが越冬のためにやってくる。 抜海港にはライブカメラや双眼鏡を設置したアザラシ観測所があり、防波堤の消波ブロックの上に寝転がる姿や港内を泳ぐ姿を見ることができる。 脚注 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2013年5月)• Ronald M. Nowak " Walker's Mammals of the World Walker's Mammals of the World " Baltimore : Johns Hopkins University Press 1999. 和田一雄・伊藤徹魯 『鰭脚類 : アシカ・アザラシの自然史』東京 : 東京大学出版会 、1999年、284頁。 和田一雄編著 『海のけもの達の物語 : オットセイ・トド・アザラシ・ラッコ』東京 : 成山堂書店、2004年 172頁。 斜里町立知床博物館編 『知床のほ乳類』斜里町 : 斜里町教育委員会、 2000年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

北極のアザラシ

ゴマフアザラシ 寿命

オットセイの生態 オットセイは哺乳綱食肉目鰭脚類アシカ科に属する生き物です。 キタオットセイ属に分類されるキタオットセイと、ミナミオットセイ属のミナミオットセイがあり、それらがまとめて「オットセイ」と呼ばれます。 キタオットセイは1種のみですが、ミナミオットセイは生息地によって、ミナミアメリカオットセイやミナミアフリカオットセイなどいくつかの種に分けられています。 餌は魚類 甲殻類、軟体動物など幅広く、水中では華麗な泳ぎで的確に獲物を捕らえます。 南半球に住むミナミオットセイの場合は、ペンギンを捕食することもあるといいます。 いずれのオットセイも、1匹のオスと複数のメスから構成される「ハーレム」をつくり生活しています。 オス同士がハーレムのボスの座をめぐって争い、勝者はメスとの子作りの権利を得ます。 戦いに敗れたオスは、ハーレムから離れたところにオスだけの集団をつくり、ほとんどの場合はそのまま交尾の機会を得ることなく生涯を終えるのです。 上質な毛皮に加え、生薬の素材として珍重されたことから一時は乱獲され、数を減らしました。 日本では1900年代に入ってから保護のためのルールがつくられるようになり、その後は個体数が少しずつ回復しています。 オットセイの生息地 Sponsored Link キタオットセイとミナミオットセイの分布域は大きく離れており、自然条件下でこれらが出会うことは基本的にありません。 キタオットセイはアメリカ西海岸やロシア東部、オホーツク海、ベーリング海などの北太平洋に分布しています。 冬になるとほとんどのキタオットセイは南下し、越冬します。 北海道沿岸や日本海沿岸などへやってくることもあるんです。 一方、ミナミオットセイの分布域は南アメリカ大陸の沿岸や、南アフリカ沿岸、南極に近い島々などの南半球です。 オットセイの名前の由来 「オットセイ(漢字では膃肭臍)」という不思議な名前の語源はアイヌ語に求められるといわれています。 古い時代、オットセイはアイヌ語で「オンネプ(onnep)」と呼ばれていました。 この「オンネプ」が中国に紹介されたとき、中国では「膃肭(おつとつ)」という漢字が当てられます。 その後、中国ではオットセイの陰茎が精力剤として使われるようになりましたが、この陰茎とその周辺をまとめて「臍」と呼びました。 ここからオットセイの陰茎を使った生薬が「膃肭臍」と記載されるようになります。 この薬が日本へもたらされるようになると、膃肭臍が日本語読みで「おんとつせい」となり、そのうち「オットセイ」に変化しました。 オットセイの寿命 キタオットセイの寿命は、メスが30年ほど、オスはその半分ほどといわれています。 ミナミオットセイの場合も同程度であるようです。 野生個体の寿命の測定は難しく、正確な数字を出すことが難しいのですが、オスよりもメスの方が長生きする傾向にあります。

次の

日本で最も飼育されてるゴマフアザラシ!他のアザラシとの違いとは

ゴマフアザラシ 寿命

アザラシの種類を大きく分けると、北半球の冷たい海に生息するゼニガタアザラシたちと、南方の海にも生息するモンクアザラシの仲間に分かれています。 更に、ゼニガタアザラシにはゼニガタアザラシ、ズキンアザラシ、アゴヒゲアザラシというアザラシがおり、ゼニガタアザラシにはワモンアザラシ、バイカルアザラシ、ハイイロアザラシがいます。 これらのワモンアザラシたちは他のアザラシたちより体が小さいのが特徴です。 バイカルアザラシは、アザラシの仲間で唯一淡水であるバイカル湖に生息しています。 モンクアザラシにはモンクアザラシ、ゾウアザラシ、カニクイアザラシがいます。 他、ヒョウアザラシ、ウェッデルアザラシなどがいます。 鰭脚類にはアザラシの他、アシカ科やセイウチ科などがいます。 もともと陸上の哺乳類が海に戻ったタイプの生物とされ、その祖先は2種に分かれるという考えが主流のようでしたが、最近になって鰭脚類たちはひとつの祖先をもつのではないか、という考えも出てきています。 アザラシの生態 呼吸は時折海から顔をあげて、鼻の孔から酸素を取り入れています。 食性はおおむね肉食とみられ、魚などをたべているようです。 嗅覚も発達しており、匂いには敏感なようです。 耳としては穴だけがあり、外耳はありません。 アザラシは後ろ脚をくねらせて泳ぎます。 アザラシは基本的に単独で行動する生物のようですが、繁殖期と休息時は違うようです。 休息時には陸にあがったり、氷の上で群れのように固まっています。 天敵が来た場合、すぐに逃げられるように、氷の割れ目などの近くに固まっています。 最近になってバイカルアザラシの研究が進み、アザラシたちは水中でも休息を取っているらしい事が分かったそうです。 アザラシの体の大きさは種類によって幅があります。 体長はオスの方が大きく、2mほど、体重は1,5kgほどです。 一番体の小さなワモンアザラシは70kgほどですが、大型で南極に棲むミナミゾウアザラシは3500kgを超える事もあります。 ミナミゾウアザラシは一夫多妻制を取り入れておりハーレムを作りますが、大型種であることもあってその様子はグロテスクにも見えてしまいますね。 繁殖は主に陸地で行い、一生に25頭ほど出産するようです。 日本近海のアザラシ 基本的に冷たい海に生息するアザラシたちですが、日本近海では北海道が南限のようです。 特にゼニガタアザラシは、道東から千島列島付近に定住しているとみられています。 天敵のような生物がいないからでしょうか。 ゼニガタアザラシという名前は、古銭のかたちの模様のように見えることからつけられたようですが、アニメ「ルパン三世」の登場人物である、銭形警部の苗字はゼニガタアザラシからつけらました。 作者のモンキー・パンチ氏は北海道出身ですが、故郷である霧多布岬にゼニガタアザラシが生息していたため、そこからつけたそうです。 設定としては銭形平次の子孫という事ですが、追っているはずのルパンと妙に親しげであり、とっつぁんなどと気安く呼ばれています。 アニメのルパン三世に使われている楽曲は、歌謡曲っぽさもありつつおしゃれです。 他に、日本近海で見られるのはゴマフアザラシなどです。 繁殖期である3月から5月にはオホーツクの海でできた流氷に乗っています。 ゴマフアザラシの赤ちゃんは真っ白でふわふわしています。 氷の上で見つからないようにする為の保護色だそうです。 アザラシの寿命など 種類によりばらつきがありますが、アザラシの寿命はだいたい30年前後だそうです。 ワモンアザラシは40年生きる事もあるようですね。 ワモンアザラシは海に棲む哺乳類の中で唯一、氷の裂け目などに育児室のようなものをつくることで知られています。 育児はおおよそ2か月程で、北極圏に生息しています。 稀に南下し、紋別でみられる事もあるそうです。 最高齢として、ゴマフアザラシが34年生きたという記録もあるようです。 アザラシについて アザラシは厚い皮下脂肪を持つ事で知られています。 低温の海を長距離遊泳していると考えられる事から、スタミナも必要でしょう。 また、漁の網を破ったり魚を食べたりする事から、漁業への被害も深刻です。 その為、生態の詳しい研究が必要なようです。 アザラシたちは用心深い性格のようであり、同じ鰭脚科のアシカたちとはだいぶ違い、なかなか生態が明らかにならない部分が多くあります。 箱根園水族館では、淡水に棲むバイカルアザラシの飼育が始まっています。 立地も芦ノ湖近くで駒ケ岳のロープウェーもありますし、紅葉も見られるかも知れません。 観光によさそうですね。 (ライター:おもち).

次の