王の顔 動画。 王の顔|動画を日本語字幕で無料視聴する方法1話~最終回まで全話配信|韓国ドラマおすすめ情報

韓国ドラマ「王の顔」ノーカット字幕版|韓流|TBS CS[TBSチャンネル]

王の顔 動画

Contents• 王の観相について書かれた書物『龍顔秘書』の存在が世に出ることを恐れる宣祖は、王の顔を持つ息子の光海君を疎ましく思っていた。 ある夜、『龍顔秘書』を狙う者たちが宮廷内の書庫に侵入する。 そこに偶然居合わせた光海君は侵入者たちとの格闘の末、一人を取り逃してしまう。 侵入者の腕には5つの点が描かれていた。 光海君はその模様を手掛かりに侵入者を捕まえるために町に出て、身分を観相師と偽って調査を始める。 そこで光海君は儒生の格好で男装しているカヒに出会い、その模様が王の星を示した星座だと教えられる。 一方、宣祖は自らの相を補う女性を後宮に入れるために躍起になっていた。 宣祖の命を受けた観相師は町で王の相を補うのに相応しい相手を見付ける。 大司諫において、不健康な女人を差し出したカドでお叱りを受けてしまう。 一方、中殿に迎えられたのは、キム・ジェナムになった。 この女性を中殿に据えることは、まさにドチの思惑通りだった。 光海君はこのたびは完全にドチにしてやられることになる。 宣祖はガヒと話をしていた・・。 「自分の顔が恐ろしくてしかたない」と、宣祖はガヒに伝えるのだった。 宣祖が恐怖におびえる日々を過ごすようになったのは、龍顔秘書が原因だったという。 しかしこの話はばっちりとドチに聞かれていた。 ドチは龍顔秘書を受け取るためにやってきた。 相手は尚膳だが、師匠ヨリプが欲しがっていたものだと話す。 そして龍顔秘書を根拠に、宣祖は王にふさわしくないと語る。 一方、宣祖はこの会話を聞いていた…。 その名はドチ、彼は中殿の助けを借りて脱獄することに成功した。 一方、光海君は一つの書を受け取っていた。 届けたのはガヒ、受け取った書はあの龍顔秘書だった。 ガヒはヒッシの思いで光海君に気持ちを伝えるのだった。 なんとか・・尚膳の願いをかなえてほしいと。 やがて時間が過ぎていった。 後に永昌大君となる子供を産む中殿、年老いて体調が悪い宣祖、そして宣祖の前に中殿の子を連れてくる光海君の姿があった。 ガヒも一緒にいたが、そこにいるのは昔のガヒではなかった。 彼女は宣祖を気遣う様子を見せていた。 そして一つの宣言が宣祖によってなされ、それは、世子から光海君を廃するというものだった。 ガヒに光海君を守るよう頼むのは、世子嬪だった。 そのとき、官軍が世子邸にやってくる…。 それは、世子に誰を据えるのかということ。 大君なのか、それとも光海君なのか、ガヒはそれがどうしても知りたかった。 もし、世子が大君になってしまえば、廃世子になる光海君の立場は・・。 当然、身辺に危険が及ぶことにもなるはず。 そんなことを考えていたガヒは、ある決意を胸に抱く。 その頃、宣祖は光海君を呼んで問いただしていた。 話の内容は謀反に関することだったが、光海君はまったく身に覚えがない、 謀反など企てたことはないと弁解する。 ただ一点だけ、民衆にふさわしい王になろうと思ったことはあると言った。 宣祖はこれを聞いて憤慨、その考えが謀反になるのだと話した。 一方、光海君は宣祖に龍顔秘書を見せたが、これを見た宣祖は驚愕するほかなかった。 世子嬪はガヒの部屋に向かった・・。 なんと宣祖が亡くなり、その訃報を聞いたのだった。 ひそかに部屋を片づけさせる世子嬪だったが、どうやら全てを察していたらしい。 光海君のもとへは臨海君がやってきた。 臨海君は怒りに満ちた表情で光海君を問い詰める。 父の命を奪って王の座に就こうとするなんて、と。 王位が自分から遠ざかったことで、彼は激しく怒るのだった。 しかし、それはとんでもないことだと光海君。 激しく動揺して取り乱していたが、そこへガヒが現れる。 光海君は、こんな事態になったのはドチのせいだと考えた。 それで彼に密書を出すことに決めた。 それからまた時間が経ち、事態は全て収束することになった。 一時は廃世子になろうとした光海君だったが、今ではそんな彼が第15第王に。 胸に誓うのは必ず聖君になることだったが、 それは身を挺して自分を守ってくれたガヒのためでもあった…。

次の

王の顔 動画20話

王の顔 動画

【王の顔-あらすじ-22話~23話 最終回 】 王の顔 あらすじ 22話 ドチはたくさんの仲間と共に宮中を出ると 王妃の用意した隠れ家に潜んていた。 ドチが見つからないまま時は過ぎ…、ソン内官は王様を 守れるのは世子様だけでしたと言い残し亡くなったのでした。 カヒはソン内官から預かっていた龍顔秘書を光海君に手渡した。 そしてカヒはこれから世子様の世を作ってくださいというと下がっていく。 宜祖は王妃との間に永昌大君が誕生し、光海君はとてもかわいがっていた。 けれども永昌大君の誕生により光海君を推す大北派と永昌大君を 推す小北派が生まれてしまう。 ある夜、ホ・ギュンを中心とした大北派が集会を開き譲位をせまろうと 意見をまとめていたのだが、その動きは宣祖に伝わり宜祖は 内禁衛将に捕縛を命じた。 そしてホ・ギュンたち大北派謀反の罪で捕えられた。 そんな時女真族のリーダーが都に来ると言う報告が入り、会う約束を交わす。 けれどもその女真族の中にもドチの部下がいたのだ。 リーダーは都に来るなりドチに捕えられ、宣祖に引き渡されてしまったのだ。 リーダーは口を割らなかったが、ドチはそれも予想していたため ヌルハチの密書を光海君が持っていると報告したのだ。 宣祖はすぐに東宮殿の捜索を命じたのだ。 カヒは光海君とずっと距離を置いて来ていたが、今回の事は光海君にとって 命を分ける問題だと感じ牢のホ・ギュンに事情を聞きに向かったのだ。 そしてヌルハチの密書の事を聞いたカヒは、世子嬪ユ氏と共に 必死に探しその密書を持って東宮殿を出たのだ。 光海君は女真族のリーダーと会う約束の場所で待ち続けていまたが そこにリーダーが捕らわれたと報告が入り急いで王宮に戻る光海君。 宜祖は光海君が女真族と手を組んで謀反を 起こそうとしている事より、カヒとの事が許せなかった。 そのため今回密書を隠しカヒが光海君を庇った事に耐えられなかったのだ。 宜祖はカヒが密書を差し出せば光海君を許すが 出さなければ罪を問うと告げる。 光海君はカヒのみが危険と感じカヒの元に行こうとするが、ユ氏に止められる。 カヒは席藁待罪をし宣祖に許しを請うものの、決して密書は差し出さない。 結局宜祖はカヒを許し、重臣たちに廃位すると宣言してしまったのだ。 王の顔 あらすじ 23話 最終回 カヒは宣祖に光海君が廃位された後は永昌大君が 世子になるのか、もしくは廃位された後は光海君の命も 奪われるのか確認した。 すると宣祖はどちらも頷いたのだ。 それを見たカヒは迷うことなく毒をお茶に入れただ。 カヒはそのお茶を迷うことなく宣祖と飲んだのだ。 兵に囲まれた光海君でしたが、自分に罪は無いと剣を 降ろすよう指示し内禁衛将はその指示に従った。 光海君は堂々と宣祖の前に進み出ると、自分は無実で 聖君になろうと思ったことはなかったと告げる。 そして龍顔秘書を持っている事、内容を読んだことを明かし 人の相は無くなるときにようやく完成すると続けるのでした。 光海君の言葉は宣祖の胸に突き刺さり、思わず光海君の胸倉をつかんだのだ。 その時、飲んだお茶の毒が聞き始めたのか宣祖はそのまま倒れたのだ。 そしてカヒにも毒が回り始めていた…。 手には昔光海君が星を刻んだ玉を握り、世子様を王座に 据えると言う目的を果たしまたとの言葉を残し倒れたのだ。 宣祖はそのまま亡くなるが、王妃はまだ永昌大君が 正式に世子となる王命を受けて無い事に焦ってしまう。 けれども王妃はその時点で最高位である事を理由に王印を手中にしたのだ。 キム氏は宜祖が亡くなった事に呆然としてしいた。 光海君も同じでした…。 その中、世子嬪ユ氏だけがカヒがその場にいないことに気が付いたのだ。 ユ氏はカヒの館で倒れたカヒを発見したのだ。 ドチはカヒが宣祖の命を奪って自害したと察していた。 そしてそのことを臨海君に暴露した。 他方、王印を手にした王妃。 宜祖が遺言を残さないまま 亡くなったので王妃の指示が無いと王位継承が出来ない。 するとキム氏が王妃を脅しにかかる。 すぐにドチに連絡をとろうとした王妃は尚宮を遣わしたのでしたが 定遠君に捕えられ、定遠君は王妃からの書状と共に尚宮を光海君に渡したのだ。 光海君の怒りは相当でした。 王妃は大妃の地位に つくことになり、光海君が王座についたのだ。 光海君はユ氏から一切の事情を聞きカヒの事を打ち首にするといった。 けれども全ての原因はドチにあると思った光海君は 王妃に偽の呼び出し状を書いてもらった。 光海君は王宮の者たちを避難させた上で、ドチと兵を待ちかまえていた。 ドチは大殿の玉座に1人座っていた。 光海君はドチを 許さないというとドチを斬りつけた。 民が見守る前で打ち首にと光海君が言った時、ドチは自ら命を断ったのだ。 カヒは生きていた。 山奥の寺にこもっていたカヒでしたが 言葉を話すことができなくなっていた。 そこに光海君が会いにやってくる。 カヒのおかげで王位につく事が出来たのに今まで会いに来なかった事を詫びたのだ。 そしてもう2度と会いに来ないと告げると、カヒは微笑みながら頷いたのでした。

次の

韓国ドラマ「王の顔」ノーカット字幕版|韓流|TBS CS[TBSチャンネル]

王の顔 動画

2 「カヒとの再会」• 3 「すれ違う二人」• 4 「観相の試験」• 5 「矢の行方」• 6 「5日間の猶予」• 7 「狙われたカヒ」• 8 「父上の夢」• 9 「解けた誤解」• 10 「兄の嫉妬」• 11 「忍び寄る戦の影」• 12 「命懸けの提案」• 13 「世子 セジャ 冊立」• 14 「譲位宣言」• 15 「漢陽 ハニャン 奪還」• 16 「戦の爪痕」• 17 「宮中入り」• 18 「宣祖 ソンジョ 暗殺計画」• 19 「疑惑を呼ぶ白馬」• 20 「新たな王妃」• 21 「龍顔秘書 ヨンアンビソ 」• 22 「謀反の罪」• 23 「民の顔」 あらすじ 1589年。 政権闘争が激化し、外敵の侵入が頻発する16世紀末の朝鮮王朝。 即位前、観相師から王になってはならない顔だと予言された過去を持つ14代王・宣祖 ソンジョ は、自分の凶相を補う相の女人を探させる一方、王の相を持って生まれた息子・光海君 クァンヘグン を嫉妬心から冷遇し、鍼でその相を変えようとしていた。 聡明な光海君はその仕打ちに気付いていたが、父を思う心から気付かぬふりをしていた。 そんなある日、王宮の書庫に盗賊が侵入する。 捕らえた盗賊が口にしたのは、ごく限られた人間しか知らないはずの王家に伝わる観相書、今の王が王の顔ではないと証明するという「龍顔秘書 ヨンアンビソ 」の名前だった。 スタッフ・作品情報.

次の