マイ ボディーガード 実話。 マイ・ボディーガード : あなたの知らなくて良い世界

あなたの心を豊かにする映画を紹介

マイ ボディーガード 実話

舞台は現代のメキシコ。 治安の悪いメキシコでは 誘拐が立派なビジネスとして成立する程だった。 結果、多少経済的に余裕のある家庭は必ずボディーガードを雇うようにし、 誘拐保険に加入していた。 ジョン・W・クリーシーは16年もの長い間米軍の 対テロ暗殺部隊に所属していた。 長い間そんな生活を続けたせいか、 除隊後クリーシーはアルコール中毒になってしまっていた。 そんなクリーシーに友人のレイバーン クリストファー・ウォーケン は ある少女のボディーガードをするという仕事を紹介した。 実業家のサムエル・ラモス サムエル・ラモス には美しい妻のリサ・ラモス ラダ・ミッチェル と 9歳になる愛娘のピタ・ラモス ダコタ・ファニング が居た。 誘拐がビジネスとして成立し、日常的に発生するメキシコという国では サムエルもまた、その他裕福な家庭と同じようにボディーガードを雇うことに。 そして、今回サムエルに雇われたボディーガードがクリーシーだった。 クリーシーの任務は娘のピタをボディーガードすること。 ピタは『クマ』のような男、クリーシーと友達になりたいと思っていた。 しかし、酒に溺れ生きる希望をなくしてしまったその『クマ』のような男の瞳には無邪気な少女の笑顔も写らず、最初は興味も示さなかった。 ピタに 『君の友達ではない』と言いながら、ひたすらに義務的に自分の仕事をこなしていた。 そんなクリーシーを見てピタは母リサに言った。 『彼はクマに似てる。 大きくて寂しげで。 だが、クリーシーは長い間ピタのボディーガードとして過ごす内に、ピタに心を許し始め、同時 に父親にも似たような感情を抱くようになっていくのだった。 しかし、そんな優しい時間も長くは続かなかった。 ある事件をきっかけに平和だった日常が音を立てて崩れさってしまうことになるのだった…。 映画マイ・ボディガード Man on Fire を見た感想・レビュー 今日は僕の大好きなアクション映画『マイ・ボディガード Man on Fire 』を紹介します! この『マイ・ボディガード』という映画も本当に超おすすめ映画です!! この映画『マイ・ボディガード』は2004年に公開されたアクション映画です。 アクション映画というジャンルで括られていますが、作品の内容自体は 非常にシリアスで、 サスペンス的な要素も満載で、その中に様々な人間のヒューマンドラマが詰め込まれています。 本当におすすめ映画です!! この映画を初めて見たのは僕が確か20代前半くらいだったと思うのですが、 その時の気分は『カッコイイ迫力のあるアクションが見たい!!』という気分で意気揚々とGEOに向かい、迷うことなく洋画のアクションが並んでいるコーナーを目指し借りた映画です。 DVDのパッケージがすごく印象的で、 『絶対に面白いだろう!』という予感がしていました。 早速自宅に帰ってビールを飲みながらこの『マイ・ボディーガード』という映画を見ていたのですが、 想像していたものとは全然違い、映画自体は何だか暗い雰囲気でした。 ストーリーも中々シリアスな感じで、映画を見始めて少し経つと 僕のアクション熱が覚めてしまいました…。 それから少しずつこの『マイ・ボディガード』という映画の世界観に引き込まれて、 気付けば1時間以上経過していて、その時にはもう この映画に釘付けになっていました。 ただ『カッコイイ!』、『迫力がヤバイ!』といったようなアクション映画というものではなく、 本当にシリアスな内容が多く、サスペンス要素もあり色々と考えさせられる映画でした。 クリーシー役のデンゼル・ワシントンが格好良く、アクションシーンもすごく迫力のある感じで良かったのですがピタ役のダコタ・ファニングの演技もすごく良く、本当に最高の映画でした!! 特にピタのセリフで 『私は囚人。 銃声で開放される。 』というものがあるのですが、 すごく印象に残ります! この映画『マイ・ボディガード』はメキシコを舞台に製作された映画のようですが、 メキシコ実際に『世界で一番治安が悪い』みたいなこと言われることとかあありますよね? この映画『マイ・ボディガード』はその辺を妙にリアルに表現していると思います。 余談ですが、ピタ役のダコタ・ファニングは 映画『アイ・アム・サム』にも出演していましたよね? この人の演技力は素直にすごいなと思います。 今回のように自分の大好きな映画を紹介していくことで 僕の中の『おすすめ映画ストック』がどんどん減っていっているような気がするのですが、 今後ももっと色んな映画を見て、これからも自分なりにおすすめ出来る映画を紹介できればと思います! 観た事がある人は是非もう一度、観た事がない人は是非DVDで。 日本で生きている以上、色んなことを考えさせられる映画だと思います。 アメリカ• メキシコ 映画マイ・ボディガード Man on Fire のジャンル• 映画マイ・ボディガード Man on Fire のキャッチコピー 守りたい。 男に生きる希望をくれたのは、たった9歳の少女だった。 映画マイ・ボディガード Man on Fire を一言で例えるなら シリアスな世界感から垣間見えるヒューマンドラマ 映画マイ・ボディガード Man on Fire の公開年 2004年 映画マイ・ボディガード Man on Fire の監督 トニー・スコット 映画マイ・ボディガード Man on Fire の主要キャスト• デンゼル・ワシントン ジョン・W・クリーシー• ダコタ・ファニング ピタ・ラモス• クリストファー・ウォーケン ポール・レイバーン• ラダ・ミッチェル リサ・ラモス• マーク・アンソニー サムエル・ラモス• ジャンカルロ・ジャンニーニ ミゲル・マンサーノ• レイチェル・ティコティン マリアナ・ゲレロ• ミッキー・ローク ジョーダン・カルフス マイ・ボディガード Man on Fire を閲覧できる動画サービス• Netflix• hulu• U-NEXT マイ・ボディガード Man on Fire の関連キーワード• この映画へのコメント.

次の

『アイ・アム・サム』映画‐ピュアな気持ちになれる感動のヒューマンドラマ。

マイ ボディーガード 実話

邦題見ただけだとホンワカ映画と思いきや、それは前半だけでかなり冷酷な復讐劇。 追いつめ方、痛めつけ方、とどめの手口がなかなかなもんで本当に憎くてたまらないんだろうとこちらまで辛くなります。 メキシコで多発する犯罪や汚職も怖いです。 少女と打ち解けるところが意外とあっさりしてますが誘拐事件からはかなり濃い内容で、2時間越えと感じない見ごたえ十分な作品でした。 撃たれまくっても不死身のクリーシーも最後は眠るように逝ってしまいます。 殺されずに逝ったのはせめてもの救いなのか分かりませんが泣けますよ。 エンディングテーマもとても良くてしばらく浸れます。 好きな映画がまた増えました。 最後に主犯死亡についての字幕が入り実話?と思ったら小説「燃える男」の映像化だそうで原題もそのまま。 なぜに邦題がこうなったのか謎ですね。 これは、監督の遺言だったのか・・・? 投稿日:2016年2月25日 トニー・スコット監督の自殺は、いまだに衝撃を残したままだが、思えばこの作品の凄まじい狂気は、監督の最後を思えばまさしく遺書だったのだ。 とにかく、この映画の主人公。 自殺願望の強い、元特殊工作員の自滅への道は、壮絶の一語に尽きる。 復讐なのか自殺行為なのかわからない犯罪組織への挑戦は、畳みかけるようなテンポで観るものを圧倒させるが、同時に監督がまるで、その凄惨な戦いを楽しんでいるかのようで慄然とさせられる。 なぜ、そこまで残酷な「死の芸術」(主人公の友人のセリフ)を完成しようとするのか?疑問は最後まで引きずる。 だが、監督の自らの幕引きを思えば答えは「私の最後はこうだ」と伝えているかのようだ。 活劇としての面白さは極上品だが、真意を見抜くと背筋が寒くなる映画だ。 子供たちはボディーガードなしでは、学校へも通えない。 ビタにも新しいボディーガードがつく、名前はクレーシー。 アメリカ出身の黒人。 ビタはクレーシーに興味津々。 少しでも彼のことが知りたい。 クレーシーは無口で通っている。 ビタへ自分は友達にはなれない、ボディーガードだとクレーシーは言う。 それ以来、ビタは助手席から後部座席に場所を移る。 そんな中、一台の怪しい車をクレーシーは発見する。 ビタにペンを借り、ナンバープレートを控えようとする。 クレーシーの行動を感づいたビタは自分もナンバープレートを書き写す。 ビタと行動を共にするうち、クレーシーは、水泳でもっと速く泳ぎたいというビタの気持ちを知り、スタートが遅いと気付いていた彼はビタを特訓する。 何度も特訓させられるうちに、ビタとクレーシーの距離は近くなる。 ビタは水泳以外にも歴史の勉強をクレーシーに教えてもらう。 ビタは大好きな熊のぬいぐるみにクレーシーと名付ける。 そして彼に初めて他人へのプレゼントをおこづかいで買ったといい、熊の置物とペンダントを渡す。 ビタのピアノ教室の送り迎え中に、ビタは誘拐犯に狙われる。 クレーシーは急いで駆け付けるが間に合わない。 クレーシーは、ピストルを撃つ。 ビタは練習とおり、スタートする。 振り返るとクレーシーは誘拐犯に撃たれて倒れている。 泣きながら駆け付けたビタは誘拐されてしまう。 ビタはどうなってしまうのか。 クレーシーは死んでしまうのか。 そんな時、今はメキシコで護衛の仕事をしている部隊の先輩レイバーン ウォーケン の紹介で、実業家サムエル・ラモス アンソニー と妻リサ ミッチェル の9歳の娘、ピタ ファニング のボディガードとして働くことになる。 最初は義務的に仕事をこなしていたクリーシーだったが、やがて純粋なピタとの交流の中で、生きる希望を取り戻していく。 だがある日、何者かにピタが誘拐されてしまう。 ラモス家では、弁護士のジョーダン ローク が犯人との交渉を仕切ろうとするが、司法警察が強引に介入し、身代金の受け渡しに失敗し、ピタが殺されてしまう。 事件の背後には、政府の幹部や汚職警官の巨大犯罪組織エルマンダーが絡んでいた。 クリーシーは事件の全貌を解明するために立ち上がり、黒幕関係者を次々と殺害していく。 そして実は、ピタの父であるサムエルもグルだったことが判明する。 彼は借金返済のために娘の誘拐を承諾してしまったのだ。 それが妻リサにバレてしまい、クリーシーはサムエルに銃を渡し、サムエルは自殺する。 クリーシーはさらに犯人組織を追い詰めていき、一度死んだと聞かされたピタがまだ生きていることを知る。 そして自らの身と引き替えに、ピタをリサのもとへと返し、自分はエルマンダーの手に渡り息絶えるのだった。 クィネルの1980年の名作小説「燃える男」をトニー・スコット監督が映画化しました。 脚色したのは「L. コンフィデンシャル」「ブラッドワーク」「ミスティックリバー」のブライアン・へルゲランドで、原作では舞台がイタリアでしたが時代が違うので舞台をメキシコに変え見事に脚色しました。 映像が大変スタイリッシュで美しいです。 しかしながらそれが逆に玄人好みの演出となっていて万人受けする映画とはなっていません。 前半はピタとクリーシーの交流がゆっくりと描かれ後半は打って変わって殺しのアーティストと呼ばれるクリーシーの壮絶な復讐がハードボイルドに描かれています。 映画ではクリーシーはピタを救って死にますが原作では死なず、クリーシーを主人公としたシリーズが続きます。 トニー・スコットとのコンビが多く、「エナミー・オブ・アメリカ」「スパイゲーム」と本作そして「ドミノ」と組み、最新作「DejaVu」でも組んでいます。 「燃える男」は実際は1度80年代に映画化されているようです。 主役のクリーシーをスコット・グレンが演じたらしいのですがそれ以外の情報は得ていません。 個人的には非常に好きな作品の1つです。 しかし邦題のセンスのなさは金メダル級です。

次の

【死ぬまでに見て欲しい】おすすめ映画

マイ ボディーガード 実話

邦題見ただけだとホンワカ映画と思いきや、それは前半だけでかなり冷酷な復讐劇。 追いつめ方、痛めつけ方、とどめの手口がなかなかなもんで本当に憎くてたまらないんだろうとこちらまで辛くなります。 メキシコで多発する犯罪や汚職も怖いです。 少女と打ち解けるところが意外とあっさりしてますが誘拐事件からはかなり濃い内容で、2時間越えと感じない見ごたえ十分な作品でした。 撃たれまくっても不死身のクリーシーも最後は眠るように逝ってしまいます。 殺されずに逝ったのはせめてもの救いなのか分かりませんが泣けますよ。 エンディングテーマもとても良くてしばらく浸れます。 好きな映画がまた増えました。 最後に主犯死亡についての字幕が入り実話?と思ったら小説「燃える男」の映像化だそうで原題もそのまま。 なぜに邦題がこうなったのか謎ですね。 これは、監督の遺言だったのか・・・? 投稿日:2016年2月25日 トニー・スコット監督の自殺は、いまだに衝撃を残したままだが、思えばこの作品の凄まじい狂気は、監督の最後を思えばまさしく遺書だったのだ。 とにかく、この映画の主人公。 自殺願望の強い、元特殊工作員の自滅への道は、壮絶の一語に尽きる。 復讐なのか自殺行為なのかわからない犯罪組織への挑戦は、畳みかけるようなテンポで観るものを圧倒させるが、同時に監督がまるで、その凄惨な戦いを楽しんでいるかのようで慄然とさせられる。 なぜ、そこまで残酷な「死の芸術」(主人公の友人のセリフ)を完成しようとするのか?疑問は最後まで引きずる。 だが、監督の自らの幕引きを思えば答えは「私の最後はこうだ」と伝えているかのようだ。 活劇としての面白さは極上品だが、真意を見抜くと背筋が寒くなる映画だ。 子供たちはボディーガードなしでは、学校へも通えない。 ビタにも新しいボディーガードがつく、名前はクレーシー。 アメリカ出身の黒人。 ビタはクレーシーに興味津々。 少しでも彼のことが知りたい。 クレーシーは無口で通っている。 ビタへ自分は友達にはなれない、ボディーガードだとクレーシーは言う。 それ以来、ビタは助手席から後部座席に場所を移る。 そんな中、一台の怪しい車をクレーシーは発見する。 ビタにペンを借り、ナンバープレートを控えようとする。 クレーシーの行動を感づいたビタは自分もナンバープレートを書き写す。 ビタと行動を共にするうち、クレーシーは、水泳でもっと速く泳ぎたいというビタの気持ちを知り、スタートが遅いと気付いていた彼はビタを特訓する。 何度も特訓させられるうちに、ビタとクレーシーの距離は近くなる。 ビタは水泳以外にも歴史の勉強をクレーシーに教えてもらう。 ビタは大好きな熊のぬいぐるみにクレーシーと名付ける。 そして彼に初めて他人へのプレゼントをおこづかいで買ったといい、熊の置物とペンダントを渡す。 ビタのピアノ教室の送り迎え中に、ビタは誘拐犯に狙われる。 クレーシーは急いで駆け付けるが間に合わない。 クレーシーは、ピストルを撃つ。 ビタは練習とおり、スタートする。 振り返るとクレーシーは誘拐犯に撃たれて倒れている。 泣きながら駆け付けたビタは誘拐されてしまう。 ビタはどうなってしまうのか。 クレーシーは死んでしまうのか。 そんな時、今はメキシコで護衛の仕事をしている部隊の先輩レイバーン ウォーケン の紹介で、実業家サムエル・ラモス アンソニー と妻リサ ミッチェル の9歳の娘、ピタ ファニング のボディガードとして働くことになる。 最初は義務的に仕事をこなしていたクリーシーだったが、やがて純粋なピタとの交流の中で、生きる希望を取り戻していく。 だがある日、何者かにピタが誘拐されてしまう。 ラモス家では、弁護士のジョーダン ローク が犯人との交渉を仕切ろうとするが、司法警察が強引に介入し、身代金の受け渡しに失敗し、ピタが殺されてしまう。 事件の背後には、政府の幹部や汚職警官の巨大犯罪組織エルマンダーが絡んでいた。 クリーシーは事件の全貌を解明するために立ち上がり、黒幕関係者を次々と殺害していく。 そして実は、ピタの父であるサムエルもグルだったことが判明する。 彼は借金返済のために娘の誘拐を承諾してしまったのだ。 それが妻リサにバレてしまい、クリーシーはサムエルに銃を渡し、サムエルは自殺する。 クリーシーはさらに犯人組織を追い詰めていき、一度死んだと聞かされたピタがまだ生きていることを知る。 そして自らの身と引き替えに、ピタをリサのもとへと返し、自分はエルマンダーの手に渡り息絶えるのだった。 クィネルの1980年の名作小説「燃える男」をトニー・スコット監督が映画化しました。 脚色したのは「L. コンフィデンシャル」「ブラッドワーク」「ミスティックリバー」のブライアン・へルゲランドで、原作では舞台がイタリアでしたが時代が違うので舞台をメキシコに変え見事に脚色しました。 映像が大変スタイリッシュで美しいです。 しかしながらそれが逆に玄人好みの演出となっていて万人受けする映画とはなっていません。 前半はピタとクリーシーの交流がゆっくりと描かれ後半は打って変わって殺しのアーティストと呼ばれるクリーシーの壮絶な復讐がハードボイルドに描かれています。 映画ではクリーシーはピタを救って死にますが原作では死なず、クリーシーを主人公としたシリーズが続きます。 トニー・スコットとのコンビが多く、「エナミー・オブ・アメリカ」「スパイゲーム」と本作そして「ドミノ」と組み、最新作「DejaVu」でも組んでいます。 「燃える男」は実際は1度80年代に映画化されているようです。 主役のクリーシーをスコット・グレンが演じたらしいのですがそれ以外の情報は得ていません。 個人的には非常に好きな作品の1つです。 しかし邦題のセンスのなさは金メダル級です。

次の