バイデン。 「スリーピー・ジョー」バイデン氏って誰? 米大統領選のトランプ氏の対立候補をご紹介

民主党候補者選、バイデン氏躍進で株価上昇の理由

バイデン

ボー・バイデン(2013年5月21日撮影) 第44代 任期 2007年1月2日 — 2015年1月6日 前任者 後任者 個人情報 生誕 1969-02-03 死没 2015-05-30 (46歳没) 国籍 配偶者 ハリー・オリヴィエ・バイデン(2002 - 2015、 ボーの死) 親戚 父 ネイリア・バイデン 母; 故人 継母 弟 ナオミ・バイデン 妹; 故人 アシュリー・バイデン 異母妹 子供 ナタリー・バイデン 娘 ハンター・バイデン 息子 出身校 職業 、、 宗教 公式サイト 映像外部リンク ボー・バイデン Beau Biden 所属組織 軍歴 2003 - 2015年 最終階級 () ジョセフ・ロビネット 「ボー」 バイデン3世(: Joseph Robinette "Beau" Biden III , - )は、の、、。 第47代の長男である。 、は継母にあたる。 ()を2期務め、「 ()」の期待の新星として注目されていた。 ()に出馬する意向を明らかにしていたが、2015年5月30日にのため46歳で亡くなった。 生い立ちと家族 [ ] ボー・バイデンはにのにて、と彼の最初の妻であるネイリア・ハンター・バイデンの長男として出生した。 母親のネイリアは1972年12月18日に に備えた買い物をするために3人の子供と車で出掛けたが、彼女の運転するがに追突される事故が起こった。 彼女は1歳1か月の娘のナオミ・クリスティーナ・バイデンとともに死亡した。 同乗していた当時3歳の長男ボーと次男は命を取り留めたが、事故による負傷で入院することになった。 一家を見舞った不幸にジョーは絶望して一時は自殺も考えた。 選出されたを辞退することも決めたが、その後に思い直して病院のボーが横たわるベッドのそばで就任の宣誓を行った。 ネイリアの死から2年半が経過した頃にボーとハンターはジョーが交際している女性、と会った。 二人は父親が彼女と再婚するように励ました。 父親と息子の仲は非常に良好であった。 ジル・ジェイコブスは1977年にボーの「第二の母」となり、1981年に新たな妹となるアシュリーが生まれた。 1987年に系のである ()を卒業した。 1991年にの号を取得し、1994年には ()の ()を取得した。 1995年から2004年までは最初に政策開発室の法律顧問として、次いで ()の連邦検察官としてでの業務に携わった。 2004年から ()に選出される2006年までの間は3つの(ビフェレイト、ジェンティロッティ、バイデン・アンド・バリック)のパートナーとなり、として活動していた。 ()でジョー・バイデンが候補に指名された後、ボーはスピーチを行い、父親の誠実な人柄を紹介した。 彼は母親と乳児の妹を死に至らしめた自動車事故について振り返った。 二人の息子を育てるために一時は連邦上院議員を辞退することを考え、議員になってからも息子のために毎日、(1日4時間費やす )デラウェア州ウィルミントンの自宅からまでの電車通勤を継続した父親に敬意と感謝の気持ちを表した。 このスピーチはジョーを含め、多くの出席者の涙を誘った。 彼はには目もくれず、私たちのことしか頭にありませんでした。 ・・・彼は就任の宣誓をしないことに決めました。 」 兵役 [ ] ボーは2003年にの一員としてに加入した。 のちにデラウェア州 ()に拠点を置く ()の一部をなす ()の ()に昇進した。 ボーが所属する部隊は2008年10月3日にに展開した。 父親が合衆国副大統領として宣誓を行うに出席するために、2009年1月にイラクから一時帰国した。 2009年7月4日に ()のでジョーの訪問を受けた。 2009年9月に1年近くに及ぶ任務を完了し、イラクから帰国した。 ボーは出国する前にイラクでの展開中もデラウェア州に残る彼ののシニアスタッフと協力しながら働いていくことで、 ()としての務めを積極的に果たしていく意向を表明していたが 、部隊のメンバーにはイラクでの任務に専念するために司法長官の業務の多くを代理の者に引き継いだことを話した。 ジル・バイデンの著書『 Don't Forget, God Bless Our Troops』は義理の息子であるボーの従軍が彼の若い家族に与えた影響について書かれたものである。 政治家としてのキャリア [ ] 2013年5月21日。 記者会見を行うデラウェア州司法長官ボー・バイデン ボーは2006年にデラウェア州司法長官選挙への出馬を表明してとしての第一歩を踏み出した。 彼はの盗難行為、(小児性愛者)による上の行為、、といった問題に対処するために州司法省を再編成することを約束した。 対立候補となったフェリス・ウォートンは連邦検事補であった。 州司法長官に就任したボーのもと、デラウェア州では2008年1月7日に「 ()システム」の強化を目的とする法律が施行された。 のランニングメートとしてに勝利したジョー・バイデンは副大統領に就任するために連邦上院議員を辞職することになった。 ボーがジョーの後を継ぐことになるとの憶測が流れたが 、彼はイラクに従軍することを理由として指名の受け入れを拒否する意向を明らかにした。 ()は空席を埋めるための議員にジョーを長らく補佐してきた ()を指名した。 ジョーはカウフマンが指名された後に出した声明の中で次のように述べている。 「 私が息子のボー・バイデン司法長官を偉大な司法長官だと考えているのと同様に、彼が偉大な合衆国上院議員になると信じているのは紛れもない事実であります。 ですが、彼は生活に入った瞬間からいかなる仕事も自分の力で勝ち取っていく意思を明確にしております。 」 デラウェア州の ()が起こした悪名高い事件を徹底的に追及していくために、2010年1月に同年に行われる父親のかつての上院議席を得るための上院選挙に出馬しない意向を明らかにした。 ボーは「私には司法長官としての義務があり、一刻も早く重大な問題に取り組まなければならないのです。 しかも、それは私がやらなければならないことです」と説明している。 翌2月にブラッドリーは11年間で103人の児童患者(102人の女児と1人の男児)を性的に虐待した罪でされた。 2011年8月に児童に対する14件の第一級強姦罪などで有罪となり、14つのと165年を宣告された。 2010年11月2日にボーは ()から出馬した対立候補のダグ・キャンベルを大差で破り、デラウェア州司法長官に再選された。 3選は目指さず、2014年のデラウェア州司法長官選挙には出馬しなかった。 2014年4月に ()に立候補する意向を明らかにした。 当時は公表されていなかったが、この時にはボーは既に死の原因となるを宣告されていたものの、期に突入していた。 2015年初めにオフィスを去った後はのを専門とするデラウェア州の法律事務所に入り、弁護士としての活動を再開した。 公職 公職名 タイプ 場所 選挙年 任期開始日 任期終了日 備考 () 2006 2007年1月2日 2011年1月3日 () 2010 2011年1月3日 2015年1月3日 選挙結果 選挙年 公職名 選挙方式 勝者 政党 得票数 得票率 対立候補 政党 得票数 得票率 2006 () 一般 ジョセフ・R・バイデン3世 133,152 52. 2010年5月12日に、、を訴えた後にデラウェア州のクリスティーナ病院に搬送された。 当局者は「軽い」と報告している。 その後にの ()に移り、経過観察のために5月18日まで同病院にとどまった。 2013年8月に当局者が「と衰弱の」と述べた症状を経験した後、の「」に入院した。 この時に初めて脳腫瘍と診断され 、手術後にとを行うことでがんが寛解し、その年の11月にはから「健康証明書」を与えられた。 退院直後の報道では、がんセンターに入院していた時期の医療行為の内容について「詳細不明」とされていた。 ところが2015年春にボーの脳腫瘍が再発した。 彼はの「 ()」に入院して再度がんの治療を受けることになった。 5月20日に同センターに入院していることが公表されたが、入院理由は明らかにされなかった。 脳腫瘍による闘病生活の末、に親族に見守られながら息を引き取った。 46歳没。 ハリー未亡人には2人の子ども、11歳の娘ナタリーと9歳の息子ハンターが残された。 同日にジョー・バイデンは故人をしのび、「私の父はかつて、子育てが成功したことは子どもが自分を超えた時に分かると話していた。 ボーはまさにその言葉通りの息子だった」と述べた。 葬儀は2015年6月6日にデラウェア州ウィルミントン市内の ()でしめやかに営まれ、同日にデラウェア州 ()の聖ジョセフの上のブランディワイン墓地にされた。 後に父ジョーはオバマ大統領がボーの病気治療のため、個人的に資金援助してくれたことを明かしている。 脚注 [ ]• 2015年12月25日閲覧。 International Business Times. 2015年12月25日閲覧。 2015年12月25日閲覧。 2008年8月23日. の2008年9月25日時点におけるアーカイブ。 2015年12月25日閲覧。 The New Yorker. 2015年12月25日閲覧。 Shear 2015年5月30日. 2015年12月25日閲覧。 Delaware State News. 2015年5月30日. 2015年12月25日閲覧。 Matt Bittle 2015年1月12日. Delaware State News. の2015年6月2日時点におけるアーカイブ。 2015年12月25日閲覧。 Kevin Connolly 2008年8月28日. 2015年12月25日閲覧。 Shailagh Murray 2008年8月20日. The Washington Post. 2015年12月25日閲覧。 DelawareOnline. 2009年1月15日. 2015年12月25日閲覧。 Gina Chon 2009年7月6日. 2015年12月25日閲覧。 Army Times. 2009年9月30日. 2015年12月25日閲覧。 Beau Biden 2008年9月29日 , プレスリリース , Attorney General of Delaware, の2009年4月29日時点におけるアーカイブ。 , 2015年12月25日閲覧。 Jason Horowitz 2009年10月23日. の2009年10月25日時点におけるアーカイブ。 2015年12月25日閲覧。 Politico: p. 2015年12月25日閲覧。 AJC. com. 2015年5月31日. 2015年12月25日閲覧。 2015年5月31日. 2015年12月25日閲覧。 2015年12月25日閲覧。 Delaware State Courts Official Website. 2015年6月16日閲覧。 Delaware Department of Elections 2006年11月7日. Delaware Department of Elections. 2015年12月25日閲覧。 6abc Action News. 2008年1月7日. 2015年12月25日閲覧。 DelawareOnline. 2008年11月24日. 2015年12月25日閲覧。 2015年12月25日閲覧。 Chris Cillizza 2008年11月18日. The Washington Post. 2015年12月25日閲覧。 2015年12月25日閲覧。 2015年12月25日閲覧。 Emily Friedman 2010年2月23日. 2015年12月25日閲覧。 State of Delaware. 2015年12月25日閲覧。 Esteban Parra 2014年11月5日. DelawareOnline. 2015年12月25日閲覧。 CNN. 2014年4月17日. 2015年12月25日閲覧。 2015年12月25日閲覧。 Lenny Bernstein 2015年5月31日. The Washington Post. 2015年12月25日閲覧。 2013年9月4日. 2015年12月25日閲覧。 Jason Molinet 2015年5月20日. The Daily News. 2015年12月25日閲覧。 CNN. 2015年5月31日. 2015年12月25日閲覧。 Jobina Fortson 2015年6月6日. WMDT. 2015年12月25日閲覧。 ロイター. 2017年1月13日. 2017年1月15日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 英語 -•

次の

中国が熱望するバイデン氏が米次期大統領になれば日本はどうなる

バイデン

米中の覇権争いによる経済制裁合戦は互いに譲歩も見られず、収束の気配はありません。 これまで以上の経済弱体化を避けたい中国は、既にトランプ政権以降の米国を見据え、民主党の最有力候補バイデン氏を上手く利用する手筈も整えている様です。 国際ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、中国がバイデン氏に浸透工作を働く根拠などについて詳しく解説するとともに、アメリカ、そして日本にとってどちらが大統領となる方が喜ばしいのかについても記しています。 米民主党の最有力大統領候補は親中? 「役者が違う。 トランプ突然の『ちゃぶ台返し』に顔面蒼白の習近平」で、トランプさんが突然、「中国からの2,000億ドル分の輸入品の関税を10%から25%に引き上げる宣言した」という話をしました。 こんなことを書きました。 中国は、アメリカをだまそうとしているに違いません。 トランプの任期が終わるまで引き延ばし、次の選挙で、親中のバイデンさんを大統領にするよう工作するでしょう。 金にだまされなかったトランプは、習にもだまされなかった(今のところは)のです。 トランプ氏は8日朝のツイッターに「中国が貿易協議を撤回し、再交渉しようとしたのは、大統領選の民主党候補との『交渉』で、米国からの搾取を続けられると希望を持ったからだ」と投稿した。 トランプのちゃぶ台返し、本人によると、「中国が貿易協議を撤回し、再交渉しようとした」からだと。 なぜかというと、時間稼ぎをすれば、民主党候補が大統領になり、交渉を有利につづけ、アメリカを搾取しつづけることができると希望をもったからだと。 なんというか、RPEの見解とトランプさんの見方が完全に一致していて、面白いです。 日本では、「アメリカ共和党は反中、アメリカ民主党は親中だ」と思われています。 これ、事実ではありません。 そもそも、米中関係を劇的に改善させた男ニクソンは共和党。 その後、レーガンも、ブッシュパパも、ブッシュ子も親中でした。 民主党も、カーター、クリントン、オバマも親中。 結局、アメリカは、ニクソン以降、ずっと親中政権がつづいてきた。 しかし、2015年のAIIB事件以降、アメリカは「中国が最大の脅威だ!」と悟った。 それで、2015年3月以降のオバマさんは反中になった。 トランプさんは、2017年北朝鮮問題で中国の協力を必要としていたので、米中関係は悪くなかった。 2018年になると、「やはり習近平はウソつきだ!」ということで、米中覇権戦争を開始した。 では、中国が期待する、民主党大統領候補とは誰でしょうか?現在、民主党最有力候補は、オバマさん時代副大統領だったジョー・バイデンさんです。 最近は、こんなことをいっています。 これに対し、対中強硬策を掲げるトランプ大統領だけでなく、民主党の他の大統領選立候補者からも批判が集中している。 バイデン氏は演説で、副大統領や上院外交委員長として世界の指導者と会ってきた経験を誇示。 「中国がわれわれをやっつけるって?いいかげんにしてくれ。 彼らは体制内の腐敗にどう対処したらいいのかさえ分かっていないんだ」と述べ、米国と対等に渡り合える国とみなしていないことを強調した。 バイデンさん。 本音でいっているとしたら、かなりアメリカの立場がわかっていません。 オバマは、親米諸国に「中国主導のAIIBには入るなよ!」と命令していた。 ところが、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、イスラエル、オーストラリア、韓国など、親米諸国が、ことごとくアメリカを無視して、AIIB参加を決めた。 意味は、「親米諸国は、アメリカではなく中国を選んだ」です(2015年3月時点)。 それに、5Gでも、放置しておいたらアメリカは中国に勝てない。 だから熱心にたたくのでしょう(もちろん、ファーウェイが情報を盗んでいることもあるでしょうが)。 もしバイデンさんの発言が本音でないとしたら、彼は、「中国ダメ論」を語ることで、中国を守っていることになります。 この「中国ダメ論」というのも、中国は意図的に流してくる。 だから注意が必要です。 トランプとバイデン、どっちがマシ? 皆さんご存知のように、私は、あまりトランプさんを評価していません。 「戦略的でない」からです。 彼は、中国との覇権戦争をはじめた。 その一方で、日本を叩き、欧州を叩き、イランを叩いている。 結果、日本も欧州もイランも、中ロに接近しています。 トランプは、動けば動くほど敵を増やし、アメリカが孤立する原因になっている。 それでも「バイデンさんと比べてどっちがマシ?」ときかれれば、「トランプさんの方がマシ」と答えざるを得ないでしょう。 アメリカも、「政治家の人材不足」が深刻ですね。 76歳のバイデンさんが「民主党最有力候補」とは…。 com MAG2 NEWS.

次の

なぜオバマは、バイデンを支持しないのか? WEDGE Infinity(ウェッジ)

バイデン

米副大統領とは、米行政府内で大統領に次ぐ第2位の官職。 歴史的に副大統領の主な役割とは、大統領が職務を遂行できない場合、代わって大統領に就任する。 ただし実際には、副大統領は政策について米大統領に助言を行い、外交任務を遂行する。 副大統領としてのバイデン氏 副大統領時代のバイデン氏の活動はシークレットで、「舞台裏的」なものだった。 オバマ大統領に対し、特にイラクとアフガニスタンに関する外交政策について助言していたのはバイデン氏だ。 バイデン氏のイニシアチブと権威のおかげで、米上院は2010年、露とのを承認した。 その何十年にもわたる政治キャリアにより、バイデン氏の支持者には年配の民主党員が多い。 また、バイデン氏はトランプ大統領の政策について何度も厳しい意見を述べている。 それに対し、政敵にをつけることが好きなトランプ大統領は、バイデン氏を「クレイジー・ジョー」、「スリーピー・ジョー」と呼んでいる。 このあだ名は、バイデン氏の気まずいタイミングでの失言がSNS上で流布されていることから来たものだろう。 バイデン氏の失言集はで確認できる。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の