山口組 まとめ。 [B! 2ちゃんねる] 【画像】山口組のナンバー2、出所時のオーラがヤバすぎる「80万円のフリース来てて草」「10代で闇市仕切ってたってマ?」「ヤクザって儲かるんか?」2chなんJヤクザまとめ

六代目山口組 幹部 秋良連合会会長 秋良東力 : アウトローまとめ総合板

山口組 まとめ

容疑は、敵対する神戸側の 有力組織「山健組」系組員らを 襲撃するため、昨年12月17日 午後7時半ごろ、同市中央区 宗右衛門町の路上で、ゴルフクラブや金属バットを持って大勢で集まった 疑いが持たれている。 この直後、山健組系の組員2人が乗った車のフロントガラスを ゴルフクラブなどで壊して 2人に軽傷を負わせる事件があり 府警は今後、傷害容疑での立件も 視野に捜査を進める。 襲撃の約2時間前には、同連合会の事務所付近に神戸山口組系の組員らが訪れて挑発し、数十人で小競り合いになるトラブルが起きていた。 さらに、翌18日早朝には 同連合会傘下の別の組事務所 (浪速区)に乗用車が突っ込み 玄関の扉が破壊される事件も起きた。 府警は宗右衛門町であった 襲撃事件の報復とみて調べている。 山口組直系の秋良(あきら)連合会(同市浪速区)の会長(59)ら約20人についても逮捕状を取り、行方を追っている。 捜査4課によると、両会長は昨年12月17日夜、山口組が分裂してできた神戸山口組系の組関係者を襲うため、秋良連合会の事務所前に、バットやゴルフクラブを持参した組員を集合させた疑いがある。 能塚容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。 集合の数時間前、秋良連合会の事務所前で、山口組系と神戸山口組系の組員がもみ合いになる騒ぎが発生。 翌18日朝には、秋良連合会系の組事務所(浪速区)に車が突っ込んだ。 府警はこの日、車が突っ込んだ事件に絡み、神戸山口組系組幹部の吉武徹弥容疑者(44)=大阪市平野区加美東4丁目=ら4人を、建造物損壊容疑で逮捕したと発表した。 左、三代目一心会の能塚恵会長(55歳) 右、秋良連合会の秋良東力会長(59歳) 2015年12月18日早朝、六代目山口組『秋良連合会』傘下『綾誠会』の事務所に車が突っ込んだという情報があった。 前日に『秋良連合会』の本部事務所付近で秋良連合会系組員と神戸山口組系組員の数十人が怒鳴りあいになり、 その後に神戸山口組系組員が襲撃されていた。 2016年05月10日、襲撃をするために凶器を準備して集合させたとして六代目山口組幹部で『三代目一心会』会長の能塚恵が逮捕され、 六代目山口組幹部で『秋良連合会』会長の秋良東力ら20人に逮捕状が出た。 さらに『綾誠会』に特攻した神戸山口組系幹部も逮捕された。 👀 Rock54: Caution BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f.

次の

/);`ω´)<国家総動員報 : <山口組分裂>早くから告発されていた「神戸山口組」の不安要素“投稿日:2016/12/11”「織田親分は既に神戸山口組の負けを予想しているという」

山口組 まとめ

コロナ禍で自粛を余儀なくされていたのは、一般市民のみならず暴力団も同じだった。 そして自粛明けすぐ、山口組の分裂抗争が再び着火した。 * * * 5月30日、岡山市の歓楽街である北区田町で銃声が響いた。 午後2時37分頃、池田組事務所の真横にある駐車場で、ナンバー2である前谷祐一郎若頭が銃撃されたのだ。 ヒットマンは対立する六代目山口組側の二次団体幹部だった。 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が全面解除となってからわずか5日で、山口組の分裂抗争は再開された。 六代目山口組は自粛要請の解除を待ち、ただちに襲撃計画をスタートさせた可能性が高い。 それも相手が最もダメージを負う「メモリアルデー」を狙ったのだ。 事件当日は、池田組にとって特別な日だった。 4年前の2016年5月31日、池田組の高木昇若頭が、六代目山口組傘下の組員によって殺害された。 事件当日、岡山の墓所では、その高木若頭の法要が営まれていた。 池田孝志組長をはじめ参列者が帰宅した後、前谷若頭が池田組事務所に立ち寄ったという。 駐車場に車を停め、組員と立ち話しているその瞬間を見逃さず、懐に拳銃を呑んだヒットマンが襲来した。 池田組事務所のある田町は夜の街だ。 周囲には飲食店をはじめ、クラブや性風俗店、紹介所などが密集しているが、土曜昼間の犯行だったため、周囲にはまだ人通りが少なかった。 また池田組事務所は周囲を駐車場が囲んでいるため、飲食店まで距離があって目撃者がほとんどいない。 実際、片っ端から店に飛び込み、念入りに聞き込みをしても、銃声を耳にした住民さえ見つからなかった。 「もちろん(事件があったのは)知ってます。 でも厨房には換気扇があり、その下で調理をしていたので何も聞こえなかった」(近くの飲食店で働く30代女性) 警察は4年前の殺害事件から行なっていた池田組事務所前の貼り付け警戒を解除していた。 「最近は(抗争を)忘れていました。 警察もいなくなったし、まさかこんな事件がまた起きるとは思っていなかった」(近隣の店に勤務する20代女性) 地元記者は「岡山県警が舐められてるんですよ」と毒づくが、警察は暴力団の無料ボディガードではない。 池田組にしてもまさかこんな時期、この日を狙って襲撃されるとは予想していなかったろう。 ヒットマンはじっと地下に潜み、相手の油断を待ち、一瞬の隙を突いて襲撃してくる。 事件から3日目、池田組事務所に据え付けられた防犯カメラ映像が流出した。 事務所前を通る一方通行の南北に向けられた2台のカメラは、犯行の一部始終をはっきり捉えていた。 今回に限らず山口組の分裂抗争では、当事者が撮った事件直後の写真や動画が、ネットで拡散されるようになった。 スマホの普及で戦場カメラマンの存在意義が変化したように、プロカメラマンでは撮れない決定的瞬間は、抗争事件の報道をも大きく変えた。 あのNHKまでが圧倒的な迫力の流出映像を放映するようになったのだ。 動画を見るとヒットマンはラフなジーンズ姿で、事務所から北側約50メートル先に黒のRV車を停め、徒歩で事務所の敷地に侵入してきた。 池田組の駐車場は左右に10台以上の車が停められるだけのスペースがある。 その一番奥にある白い鉄柵の前で、前谷若頭は組員と談笑している。 ヒットマンが歩きながらズボンのポケットに突っ込んだ右手を差し出した。 その手には22口径の拳銃が握られていた。 前谷若頭までの距離は車幅3台分あった。 およそ6〜7メートル……戦場帰りの軍人なら余裕の距離でも、外国の観光射撃場で銃を撃った経験がせいぜいのヤクザにとっては遠距離の銃撃だった。 初弾は外れたように見える。 若い衆は逃げ、前谷若頭は果敢に相手に掴みかかろうとした。 拳銃が連射され、若頭が地面に崩れ落ちた。 事務所の敷地を出てRV車に向かって走った犯人を2人の組員が追いかけた。 車は一方通行を逆走して南側に急発進した。 追いついた組員が助手席に乗り込み、実行犯を引きずりだそうとしたため、意図せぬ方向への逃走となったのだろう。 事務所前を通り過ぎる際、組員は路上に放り出されて昏倒した。 池田組側から動画が流出したのは、自陣営の勇猛さを喧伝するためと推測していいだろう。 実行犯は犯行から1時間も経たずに同じ岡山市北区の奉還町で捕まった。 警戒中の警官が職務質問を行ない、拳銃を所持していたため、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕されたのだ。 犯人は六代目山口組大同会(本部は鳥取)の岸本晃生若頭代行(52)という最高幹部だった。 大同会は元来、現在は神戸山口組の中核団体である山健組から山口組の直参に昇格した組織だが、分裂抗争では六代目側の大幹部となり、トップの森尾卯太男会長は山口組ナンバー4の本部長である。 昨年8月、六代目山口組の中核団体である弘道会の神戸にある拠点で、組員が銃撃された事件では、容疑者として山健組トップの中田浩司組長が逮捕された。 通常なら「ほぼ絶対にない」上の立場の人間がヒットマンとして走らざるを得ない状況は、暴力団組織が思った以上に人手不足で、小さな集団になっている事実を浮き彫りにしている。

次の

神戸山口組を研究する会

山口組 まとめ

マネーの虎などのテレビ出演で世間の注目を集めてからは 現在の芸能界ではダブーとなっている暴力団 山口組 との関わりについても 注目を集めているようです。 美空ひばりの公演を手掛けていたのが山口組3代目組長の興行会社だった• 加藤和也の実父で美空ひばりの実弟「かとう哲也」が山口組系の組の舎弟 子分 だった ということなのです。 10代でトップスターに上り詰めた美空ひばりさんの活躍には 山口組三代目・田岡一雄氏が立ち上げた「神戸芸能社」の全面的なバックアップがありました。 美空ひばりさんにとって、山口組3代目の田岡一雄氏は親も同然の存在。 当然のことながら、実弟である加藤和也さんの実父にとっても 「親同然」の関わりが深い存在だったのでしょう。 そういった事情が 加藤和也さんの実父が、その世界に足を踏み入れるきっかけになったようです。 山口組と関わりのあった大スター達 現在の芸能界では「あってはならない関係」ですが 当時は、美空ひばりさんのみならず 里見浩太朗、山城新伍、橋幸夫、三波春夫など多くの大スターが 山口組と関わりのある「神戸芸能社」のバックアップを受けていました。 このように、1960年代前半までは 資金源が豊富な暴力団系の組織が芸能界や興行に関わることは それほど「反社会的行為」として非難を浴びることはなく当たり前の光景でした。 しかし、1960年代中盤に 警視庁による暴力団全国一斉取り締まりが行われたことから 芸能界のみならず、世間全般がこのような組織と縁を切る動きとなり 山口組のみならず、多くの組織が表舞台から消えていきました。 スポンサーリンク 加藤和也と実母・阿部静子のエピソード 実弟の子供・加藤和也を養子として育てた美空ひばりさん。 気になるのは 「加藤和也の実母は誰なのか?」ということですよね。 ネットの情報や過去に出演したテレビ番組によると・・・ 加藤和也の実父・かとう哲也の二番目の嫁「阿部静子」さんという女性のようです。 正確には、実母である阿部静子さんが正式に「嫁」だったのかは分かりません・・・。 加藤和也の実母が出産する約一年前に父親が前妻と離婚している• 加藤和也の実父・実母が生存しているのに6歳の時に美空ひばりの養子となっている という事情を考えると• ホステスをしていた加藤和也の実母・阿部静子と実父の関係は前妻との関係もあり正式な夫婦ではなかった• 実父が山口組系の組員だったことで逮捕歴がある という理由から、加藤和也の将来を考えた結果 「美空ひばりの養子」という選択だったと思われます。 実際、実母と言われる阿部静子さんと加藤和也さんは 美空ひばりさんの死後、何度か面会していることが明らかになっています。 しかし、現在は 加藤和也さんを本当の息子のように育てた美空ひばりさんをはじめ 実父の加藤哲也さん、実母の阿部静子さんも亡くなっており 家族といえるのは となりに寄り添い二人三脚で事業を手掛ける嫁だけとなっています。

次の