俺じゃなかったら見逃しちゃうね。 ハンターハンターの日常で使える名言集!俺でなきゃ見逃しちゃう名言

戦いたくなんてなかったんや

俺じゃなかったら見逃しちゃうね

団長の手刀を見逃さなかった人とは、 団長の手刀を見逃さなかった人である。 版の担当は(1作)、(2作)。 おそろしく速い概要、オレでなきゃ見逃しちゃうね 『』()編でンに雇われた暗殺者のひとり。 同じく雇われたを前にしても気圧されない、戦を好まない武闘肌である。 を首筋への一でさせた()の、おそろしく速い手を見逃さなかったが有名。 その性質はと同様のである。 しかし下記の探りを入れる思慮など驕りの少ないツワモノでもある。 クロロのおそろしく速い手を看破した団長の手刀を見逃さなかった人は、クロロが撒き散らした「血の香り」を足取りにを追い詰めていく。 「血の香り」は自らの同類を呼び込むクロロのでもあったが、団長の手刀を見逃さなかった人はそれを知りながらもサシでの戦いをめてクロロの元へ飛び込んでいった。 さらなるにかからぬようで慎重に探りを入れるが、クロロと対面後、本格的にサシでのを開始。 、クロロの用いた念「密室遊(ッシュ)」に生きたまま全身を食われて。 念者の中でもの実を誇るのおそろしく速い手を見逃さず、念の極意 ()を使わせるほどまでに追い込んだ実者であるといえよう。 その関連動画、巻き戻せるか? 関連商品をわざと垂らし、そして拭く。 同類にのみ香るように 何故 関連コミュニティはまだ生きてるんだ!? 関連項目なんてないもーん• 撮用のようなものを考えると、いきなりのにが飛ぶのはだとが勘付いたので、やのをにへ誘導するを、どうしても出す必要があった。 ついでに、続くのためにを開ける必要もあったため、それ専用のも出した。 密室じゃないと使えないというのは、を開けると消える、になる。 だから、ごくにを開けるにつながる。 一つを開けるためだけに、これだけ面倒臭い手順を採ってる。 逆に言うと、一つを開けるためだけに出てきた、壮大なということになる。 しかも版だと全話のうち喰われるはの話。 「です」のの前座なんで印に残らない訳がい。 喰われるの直前が「条件が付いた。 手にやれ」なモンで、団 省略しています。 402 ななしのよっしん.

次の

団長の手刀を見逃さなかった人 (だんちょうのおそろしくはやいしゅとうをみのがさなかったおれ)とは【ピクシブ百科事典】

俺じゃなかったら見逃しちゃうね

団長の手刀を見逃さなかった人とは、 団長の手刀を見逃さなかった人である。 版の担当は(1作)、(2作)。 おそろしく速い概要、オレでなきゃ見逃しちゃうね 『』()編でンに雇われた暗殺者のひとり。 同じく雇われたを前にしても気圧されない、戦を好まない武闘肌である。 を首筋への一でさせた()の、おそろしく速い手を見逃さなかったが有名。 その性質はと同様のである。 しかし下記の探りを入れる思慮など驕りの少ないツワモノでもある。 クロロのおそろしく速い手を看破した団長の手刀を見逃さなかった人は、クロロが撒き散らした「血の香り」を足取りにを追い詰めていく。 「血の香り」は自らの同類を呼び込むクロロのでもあったが、団長の手刀を見逃さなかった人はそれを知りながらもサシでの戦いをめてクロロの元へ飛び込んでいった。 さらなるにかからぬようで慎重に探りを入れるが、クロロと対面後、本格的にサシでのを開始。 、クロロの用いた念「密室遊(ッシュ)」に生きたまま全身を食われて。 念者の中でもの実を誇るのおそろしく速い手を見逃さず、念の極意 ()を使わせるほどまでに追い込んだ実者であるといえよう。 その関連動画、巻き戻せるか? 関連商品をわざと垂らし、そして拭く。 同類にのみ香るように 何故 関連コミュニティはまだ生きてるんだ!? 関連項目なんてないもーん• 撮用のようなものを考えると、いきなりのにが飛ぶのはだとが勘付いたので、やのをにへ誘導するを、どうしても出す必要があった。 ついでに、続くのためにを開ける必要もあったため、それ専用のも出した。 密室じゃないと使えないというのは、を開けると消える、になる。 だから、ごくにを開けるにつながる。 一つを開けるためだけに、これだけ面倒臭い手順を採ってる。 逆に言うと、一つを開けるためだけに出てきた、壮大なということになる。 しかも版だと全話のうち喰われるはの話。 「です」のの前座なんで印に残らない訳がい。 喰われるの直前が「条件が付いた。 手にやれ」なモンで、団 省略しています。 402 ななしのよっしん.

次の

「3つのワードで例えられたら...」ファーストサマーウイカが発見した売れる法則:あちこちオードリー|テレ東プラス

俺じゃなかったら見逃しちゃうね

11月3日、午前0時ちょうど。 「伊武くん、14歳の誕生日おめでとう!」 ベッドの中でスマホを片手に俺がこう言うと、しばらくの沈黙の後、伊武くんのボソボソとした返事が返ってきた。 『ありがと……ございます……』 ちょっと照れてるみたいだ、可愛い。 『明日も会えるんだから……別に明日でもよかったのに。 千石さんも明日早いんですよね?』 「そうだね、明日から合宿が始まるもんね、そろそろ電話切って寝ないと。 あ、誕生日プレゼント、明日渡すからね、楽しみにしてて」 『はい、わかりました。 じゃあ……おやすみなさい』 「おやすみ、伊武くん。 愛してるよ」 『俺……も……大好き……です……』 消え入りそうな声で伊武くんは恥ずかしそうにこう言った後、電話は切れてしまった。 ああ、照れちゃって可愛い! 明日からU17合宿が始まる。 伊武くんの誕生日にU17合宿が始まっちゃうなんて、運がいいんだか悪いんだか。 でも、しばらくの間は伊武くんと朝から晩まで一緒だ、嬉しいよねぇ。 明日が楽しみだなー。 そしてU17合宿当日。 日が暮れかけた時間、合宿所の外には一台のバスが停まっている。 伊武くんはそのバスに向かって俯き加減で歩いていた。 ……まさかこんな事になるなんて。 伊武くんは神尾くんとの試合に負け、合宿所を去る羽目になってしまったのだ。 嘘でしょ……、本当に帰っちゃうワケ? 俺は大急ぎでラケットバッグからとあるモノを取り出すと、駆け出していた。 「伊武くん……っ!!」 俺が大きな声を上げると、伊武くんはふと立ち止まりこちらを振り返る。 「千石さん……」 「これ……っ!!」 俺は手に持っていたモノを伊武くんに突き出す。 ソレを見た途端、伊武くんは目を丸くしていた。 「……これ……」 「誕生日プレゼント、今を逃しちゃったら渡せないでしょ?」 「……」 伊武くんはソレを手に取ると、夕日に照らしながらジッと見つめる。 俺が誕生日プレゼントに伊武くんに贈ったもの、それは手作りのネックレスだった。 シリコン型のペンダントトップの中には、カモミールの花が挟まっている。 「この花……」 「それね、カモミールって言うんだ。 キミの誕生花だよ」 「俺の……誕生花……」 「花言葉は逆境に耐える、逆境で生まれる力。 キミらしいなって思ってさ」 「……ありがとう……ございます」 「俺の誕生日プレゼントの時に四つ葉のクローバーのネックレス手作りしてくれたでしょ?だからね、おそろいにしたかったんだ」 「……大切に……します」 「うん。 キミはね、この花にとっても似合う人だと思うから、だから……」 「はい、わかってます。 こんなことで落ち込んだりはしませんよ。 でも……試合に不戦勝した千石さんが言うとちょっと嫌味ですね、あ~あ、俺だって本当は勝って残りたかったのにさ……別にいいけど……」 「ぷ、そういうのも伊武くんらしいね」 「……もう行かないと……。 千石さん、合宿頑張ってくださいね」 「うん、ありがと」 伊武くんは大事そうに俺からのプレゼントを手に持ちながらバスに乗り込む。 背後からコーチの声が聞こえてきた。 俺も行かなくちゃ。 ああ、残念だなぁ。 今日から一日中伊武くんと一緒に合宿出来るって思ってたんだけど……。 俺がガックリとしていたのは数日間だけだった。 伊武くんはこの数日間どこかの崖の上でトレーニングをしていたらしく、見慣れないジャージ姿でこの合宿所に帰って来たのだ。 トレーニングが終わってから、俺はこっそりと伊武くんを呼び出して尋ねてみることにした。 やっぱり彼氏としちゃ、連絡がつかなかった間恋人がどうしていたのか、気になっちゃうでしょ。 「伊武くん、崖の上でトレーニングしてたって聞いたけど……」 本人に聞いてみると、伊武くんは案外ケロリとした様子で頷く。 「はい、最初から最後まで何だかワケがわからなかったんですけどね。 あ~あ、何で俺崖の上で鷲に追いかけられたり水くみしたりさせられたんだろうなぁ……。 まぁアレで強くなってるらしいから別にいいんだけどさ、でも寝る時くらいベッドで寝かせてくれても良かったんじゃないかなぁ……洞穴の中で雑魚寝ってさぁ、ありえないんだけど。 ありえないと言えば、風呂にも入れなかったのもありえないよなぁ、川で行水だもんなぁ……」 ボソボソと伊武くんがぼやき始めた。 ああ、このボヤキが聞きたかったんだよ~! ……じゃなくって。 なんか……恐ろしい事ばっかり聞こえてきたんだけど。 「えっと……洞穴で……雑魚寝……?」 「はい、寝袋渡されて洞穴みたいな所で雑魚寝です」 「か、川で行水……?」 「ありえないですよね」 「あ……ありえな……って、え、えぇっ!?川で行水って、もしかして皆で?裸になって?」 「……何考えてるんですか?」 「だってだってだって!!」 ありえない、ありえなさ過ぎる!! 俺だってまだ伊武くんと一緒にお風呂なんて入ったことないのに!! なのに、全裸で川で行水!?伊武くんが!?他の皆と!? すると伊武くんは、呆れたようにため息をついた。 「千石さん、俺、行水は皆が寝静まってからしてたんですけど」 「へ……?なんで……?」 「何でって……」 伊武くんはムッとした顔をすると、プイッと顔を背ける。 「……千石さんが……イヤな顔するかなって思って」 「い、伊武くんっ!!」 ちょっとどうしよう。 伊武くんってば、俺のこと考えてくれてたんだ!! 俺が伊武くんに抱きつくと、伊武くんは顔を赤く染めながらボソボソと小さな声で呟くように言う。 「……崖の上のトレーニング……キツかったですけど、でも、これもおかげで耐えられました」 そう言って伊武くんが俺に見せてくれたのは、首にかかったネックレス。 あの時俺が慌てて手渡したカモミールの花のネックレスだ。 「千石さんが教えてくれたから。 カモミールの花言葉は逆境に耐える、逆境で生まれる力だって。 こんな逆境でも何かが生まれるんだったら……耐えてみようかなって思えたんです」 「……そっか」 「……俺、強くなりましたから。 だから、今なら千石さんにだって負けませんよ。 今度試合してくださいね、ちゃんと負かせてあげます」 「俺だって負けないよ?」 「今度は不戦勝なんて許さないんですからね」 「そうだね」 人目がなさそうなのを確認してから、俺はチュッと伊武くんの頬に口づけた。 伊武くんは真っ赤な顔をしながら、キッと俺を睨みつけている。 そういう顔も可愛いんだから。 誕生日おめでとう、伊武くん。

次の