かゆみ肌原因。 大人も注意したいあせも(汗疹)の原因と症状、予防方法|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

体のあちこちが【かゆい】のはなぜ?〜かゆみの原因と対処法

かゆみ肌原因

2 どうしてかゆくなるの? 私たちにとって「痛み」や「かゆみ」は大切な皮膚感覚です。 かゆみは、痛みとよく比較され、両者とも神経を伝わって感じることから、かつては「痛みの神経が感じる弱い痛みがかゆみである」と考えられていました。 私たちは経験的に「痛み」は皮膚だけでなく体の内部でも感じることを知っていますが、「かゆみ」は体内の臓器では感じません。 「胃が痛い」ということはあっても、「胃がかゆい」ということはないことから、痛みとかゆみを脳に伝える神経はそれぞれ別々の神経であるという説が提唱されました。 今では、この説は正しく、痛みとかゆみは異なる神経によって脳に伝えられること、かゆみを伝える神経は「C-線維」とよばれる細く、伝導速度(情報を伝える速度)が遅い神経であることが明らかになりました。 最近の研究では、伝導速度の速い神経であるA-線維の一部もかゆみの伝達に関わることが明らかにされています。 一端、かゆみが生じると私たちはかゆい場所を引っ掻きます。 掻くと最初は気持ちが良いですが、その後は痛みが生じるために掻くことを止めますが、同時にかゆみも鎮まります。 それでは、なぜ、引っ掻くとかゆみが鎮まるのでしょうか。 最近の研究から、皮膚から脳へ感覚情報を伝える中継地点の脊髄のなかで、痛みの神経回路はかゆみを伝える神経回路を抑制することが明らかにされました。 すなわち、かゆいところを引っ掻くと痛みの神経回路が活動し、それがかゆみの神経回路の活動を鎮めるわけです。 後述するように、アトピー性皮膚炎の患者さんでは「掻いても掻いてもかゆい」と訴える場合があります。 近年、この原因の一つに、前述した「痛みによる鎮痒の仕組みの異常」が関係しているのではないかと推察されています。 3 どうして掻くといけないの? かゆいところを掻くと一時的に「気持ちいい」と感じます。 しかし、掻き過ぎると、皮膚を傷つけたり、湿疹などの皮膚のトラブルが悪化したりするだけでなく、わずかな刺激にも反応してかゆみが起こりやすくなる「かゆみの悪循環」を発症します。 かゆみを感じると、ついつい掻いてしまいます。 掻くと気持ちが良いし、ひりひりするまで掻いてしまえば、しつこいかゆみから一時的に逃れることができます。 しかし、強く掻くと皮膚のバリア機能、すなわち外からの異物に対する防御機能が低下してしまいます。 また、体の中から水分が外に逃げてしまい、皮膚から水分が失われることで乾燥肌になります。 バリア機能の弱まった皮膚からは、アレルギー反応を引き起こすアレルゲンなどが体内に入りやすくなり、衣服のこすれなどのちょっとした刺激によってもかゆみ神経を刺激することでますますかゆくなります。 また、かゆいところを掻くと皮膚に存在する細胞から炎症を促すさまざまな物質やかゆみの神経にはたらく物質が放出されて、結果的に皮膚炎がさらに悪化し、かゆみも強くなります。 いったん掻き始めると、そのまわりの皮膚もかゆくなったりします。 すると、もともとかゆかった場所よりも広い範囲を掻いてしまい、皮膚のダメージは広がり、皮膚炎はどんどん悪化します。 例えば、アトピー性皮膚炎の患者さんのしつこいかゆみは、この「かゆみの悪循環」が原因であると考えられています。 オピオイドによるかゆみ かゆみの原因は皮膚局所にある場合が多いですが、最近ではこれとはまったく異なる原因で起こるかゆみがあることがわかってきました。 それがオピオイドによって生じるかゆみです。 強力な鎮痛薬として使用されるモルヒネは、痛みを鎮める作用と同時に、かゆみを起こす作用があることが知られていました。 私たちの体内では、モルヒネと同じ働きをするオピオイドとしてベータエンドルフィンという物質が作られていますが、この物質が増えると強いかゆみが起こります。 体内には、ベータエンドルフィンとは逆に、かゆみを抑えるオピオイドとしてダイノルフィンという物質があります。 ベータエンドルフィンとダイノルフィンはそのバランス(割合)によってかゆみを強めたり弱めたりすると考えられています。 例えば、強いかゆみに悩まされている透析患者さんでは、血液中のベータエンドルフィンの量がダイノルフィンの量に比べて多いことがわかっています。 この2つの物質のバランスの異常が、透析患者さんのかゆみの原因の一つであると考えられています。 こうしたかゆみを和らげるために、体内のダイノルフィンの割合を増やせば良いのではないかという発想で長い間研究が行われてきました。 現在では、その努力が実り、ダイノルフィンと良く似た働きをする内服薬が透析患者さんのかゆみ治療薬として使われています。 また、最近の研究ではこの内服薬は原発性胆汁性肝硬変の強いかゆみにも効果があることがわかってきました。 5 なかなか治らないかゆみとは? なかなか治らないかゆみを理解するためには、かゆみを引き起こす物質として有名なヒスタミンについて知ることが大切です。 皮膚のなかにはヒスタミンを作る細胞が存在しており、その代表が肥満細胞(ひまんさいぼう)です。 皮膚に存在する肥満細胞が刺激されると、ヒスタミンを分泌します。 分泌されたヒスタミンは、血管にはたらきかけ、皮膚が赤くはれます。 また、ヒスタミンが神経にはたらくと強いかゆみを起こします。 これが蕁麻疹(じんましん)で、蕁麻疹のかゆみはヒスタミンが神経にはたらきかけることで生じることから、かゆみの第一選択薬である抗ヒスタミン薬によってかゆみが鎮まります。 また、皮膚の表皮ケラチノサイトもヒスタミンを作り、分泌することもわかっています。 イラクサなどの植物のとげにヒスタミンなどが含まれている場合もあり、そのとげが皮膚に刺さることによってもかゆみを感じます。 ヒスタミンを分泌させる刺激とは? 接触アレルギー 肌に何かが接触するとそれが刺激となってかゆくなることがあります。 「かぶれ」ともいいます。 植物アレルギー:ウルシ、タンポポ、イチョウなど• 金属アレルギー:アクセサリー、虫歯や矯正の金属など• 化粧品:口紅、染毛剤、日焼け止め、アロマオイルなど• 薬:湿布、ばんそうこう、目薬、防腐剤、消毒薬など• その他:ゴム手袋、歯みがき粉、シャンプー、洗剤など 食物アレルギー 食べると蕁麻疹を起こしやすい食品があります。 青魚、エビ、カニ、そば、ナッツ類、卵、肉、乳製品、アルコール類などです。 虫刺され 虫に噛まれたり刺されたりすると、赤く腫れてかゆみを感じます。 毒の成分にヒスタミンなどが含まれていてかゆみや炎症を起こします。 蜂、ムカデ、蚊、アブ、毛虫、ガなどです。 温度変化 冷えていた体が急に温まったり、その逆の温度変化が起こると、広い範囲でかゆみを感じることがあります。 お風呂やスポーツ、暖房器具などが原因になります。 ストレス 勉強や仕事などで生じる強いストレスによってかゆみを強めることがあります。 しかし、抗ヒスタミン薬を内服しても効果が無く、なかなかかゆみが鎮まらない場合や、何度も繰り返し、かゆみが生じる場合には、ヒスタミン以外の原因によってかゆみが起きていることが考えられます。 最近の研究では、ヒスタミン以外のいろいろな物質によってかゆみが引き起こされていることがわかっており、例えば、セロトニン、タンパク質分解酵素、脂質、サイトカインなどがあります。 肥満細胞はヒスタミンだけでなく、その他のかゆみ物質も分泌することがわかっています。 これらのヒスタミン以外のかゆみ物質は肥満細胞だけでなく、免疫細胞や表皮ケラチノサイトなどでも作られ、分泌されます。 前述したように、乾燥肌になるとかゆみのC-線維が体の表面近くまで伸びています。 この神経が外界の刺激である衣服のこすれなどの刺激を受けることでもかゆみが起こりますが、このようにして生じたかゆみにヒスタミンは関与していないため、抗ヒスタミン薬が効きません。 抗ヒスタミン薬を使ってもかゆみが改善しない場合には、アトピー性皮膚炎や内臓疾患などを疑って、早めに受診することが大切です。 こうした病気に伴うかゆみは、前述したようにヒスタミン以外の原因でかゆみが起きているために、抗ヒスタミン薬が効きにくいと考えられます。 特に注意したいのは、内臓疾患によるかゆみです。 単なるかゆみと思って放置していると、病気そのものが悪化する可能性があります。 かゆみをともなう内臓疾患として、糖尿病、腎不全、肝硬変の一種(原発性胆汁性肝硬変)、内臓がんなどがあります。 内臓疾患によるかゆみは、抗ヒスタミン薬でかゆみが改善しないことに加えて、肌には目立つ異常はなくても夜も眠れないようなかゆみがしつこく起こり、乾燥肌の特徴がみられる場合があります。 なかでも、透析患者さんや原発性胆汁性肝硬変患者さんのかゆみには、前述した脳内モルヒネともいわれるベータエンドルフィンが関与することが分かっています。 なかなか治らないかゆみが起こったときには病院に行き、検査を受けると良いでしょう。

次の

乾燥肌が原因!?湿疹、かゆみを伴う「乾燥性皮膚炎」とは

かゆみ肌原因

肌荒れや、お肌のかゆみを感じたら、それはストレスが原因かもしれません。 かゆみは、我慢するのがとても辛いので、かゆいところをかきこわしてしまい、肌荒れが悪化して、お肌がボロボロになってしまう危険性があります。 私たちは、日々の生活の中で様々なストレスを感じています。 ストレスによる肌荒れやかゆみの原因を探っていきましょう。 肌荒れやお肌のかゆみはストレスが関係している? 肌荒れやお肌のかゆみを感じる場合、原因の1つにストレスがあげられます。 ストレスは、外的な環境・体内や精神的な変化に抵抗・適応するための反応です。 ストレスは、悪いイメージを持たれる方が多いですが、実は生きていく上ではある程度のストレスは必要なものなのです。 しかし、このストレスを過剰に感じてしまうと肌荒れやかゆみなど、様々なトラブルの原因になってしまいます。 では、どんなストレスが肌荒れやかゆみを引き起こしてしまうのでしょうか? ストレスには外的ストレスと、内的ストレスがあります。 外的ストレスは、主に紫外線やホコリ、乾燥した空気といった環境的な刺激や、間違ったスキンケアによる刺激が原因です。 内的ストレスは、偏った食事や睡眠などによる、栄養バランスやホルモンバランスの乱れや、精神的なストレスによるものです。 どれも、生活する上では誰にでも起こりうるものです。 これらの内的・外的ストレスによって自律神経のバランスを崩し、血行不良や腸内トラブル、ホルモンバランスが乱れて乾燥や湿疹、ニキビなどの肌荒れが起こりやすくなります。 また、ストレスが溜まると、かゆみを誘発する物質である、ヒスタミンが分泌されやすくなるので、かゆみから肌をかきこわして、肌荒れが悪化する可能性も十分考えられます。 外的ストレスによる肌荒れやかゆみの原因 肌荒れやかゆみの症状は、外的なストレスによって「肌を守る力」が失われかけている可能性が高いです。 正常なお肌はお肌の表面にある、潤いを蓄えるわずか0. 02mmの角質層に、水分と油分がバランス良く保たれており、外からの刺激からお肌を守るバリア機能が備わっています。 しかし、紫外線や乾燥した空気、強い風、ホコリ、花粉などの環境的なものや、間違ったスキンケアによる刺激を受けると、お肌を守るバリア機能は低下し、お肌はどんどん敏感に傾いてしまいます。 バリア機能の弱ったお肌は、少しの刺激でもダイレクトに受けてしまうので、健康なお肌よりも受けるダメージが大きく、かゆみや赤みなどを伴う肌荒れが起こりやすいのです。 内的ストレスによる肌荒れやかゆみの原因 栄養バランスの偏った食事や睡眠不足、精神的なストレスなどによって、ホルモンバランスが乱れることも、肌荒れやかゆみの大きな原因となります。 私たちの体はストレスを感じると、交感神経を刺激してストレスを退治しようとします。 交感神経は活動的なときに活発にはたらくので、ストレスがかかると、男性ホルモンを活発化させ、皮脂の分泌を促進させます。 そうすると、皮脂の過剰分泌によってお肌の土台である、ターンオーバーのサイクルを乱してしまいます。 また、女性ホルモンにも影響があります。 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあります。 ストレスがかかると、お肌を美しく保つために必要な、エストロゲンの分泌量が減ってしまうので、潤いやハリツヤを失って乾燥や肌荒れを招きます。 一方でプロゲステロンは、皮脂の分泌を活発化させるので、これもまたターンオーバーを乱す原因となります。 一時的なストレスであれば問題はありませんが、このような内的ストレスが続くと、常に交感神経がはたらいている状態になるので、緊張状態が続き、肌荒れやかゆみの症状は治りにくくなります。 肌荒れやかゆみを改善する内・外ストレスの対策方法 肌荒れやかゆみの症状には、様々な内・外のストレスが関係しているので、色々な角度からストレス対策をしていきましょう。 外的ストレスの対策方法 環境とうまく付き合っていくことや、スキンケアの見直しによって肌荒れやかゆみの改善が見込めます。 紫外線 紫外線は、外的ストレスの中でも特にお肌へのダメージが大きく、肌荒れやかゆみを悪化させやすいです。 紫外線は、夏だけではなく、1年を通して必要なお手入れなので、毎日日焼け止めや、日焼け止め入り下地を塗る習慣をつけましょう。 特に、紫外線によるストレスが強くなるのは、3月〜10月です。 この時期は、乾燥などの肌荒れや、かゆみなどのお肌トラブルが起こりやすくなります。 曇りの日は、晴れの日の7割、雨の日は4割の紫外線が出ていますし、家の中でも紫外線は入ってくるので、油断せずにUVケアをしましょう。 外出する時は、日傘や帽子、サングラスを活用したり、飲む日焼け止めスプレーやサプリメントも合わせて活用すると良いでしょう。 ひどい肌荒れやかゆみで敏感になっているときは、「敏感肌用」・「赤ちゃんでも使える」・「石鹸で落ちる」といった表示のある、低刺激なものを活用しましょう。 乾燥した空気 乾燥した空気は、お肌の大敵です。 冬場の空気・強い風・エアコン・扇風機・ストーブなどは、お肌を刺激し、乾燥を招いて肌荒れやかゆみなどの様々なトラブルを起こします。 お肌の乾燥や肌荒れを招く環境的要因は、以下のような工夫をして対策をしていきましょう!• 部屋に濡れタオルを干す• 加湿器を使う• エアコンや扇風機の風が直接当たらないようにする• 部屋に湿度計を置く• 強風のときは風が直接当たらないようにマスクをしたり、マフラーで覆う• 着込む・湯たんぽ・ホッカイロなどで暖房を控える 環境的なストレスは、うまく適応していくしかないので、 肌荒れやかゆみを悪化させないためにも是非取り入れてみてください。 エアコンによるストレスから顔の乾燥を防ぐ方法については。 長時間お肌に付着していると、お肌の刺激となって、そこから炎症を起こしてお肌が荒れたり、かゆみが出てくることもあります。 花粉のひどい時期は、外出時にマスクをしたり、外から帰ってきたらすぐに顔を洗って保湿をしましょう。 また、眠っている間も汗をかいたり、ホコリは付着するので、朝の洗顔も忘れずに行いましょう。 スキンケア スキンケアは毎日行うものなので、間違ったやり方で刺激を与え続けると、肌荒れやかゆみを悪化させる原因になります。 洗顔や、タオルで顔を拭くときにゴシゴシと強い圧をかけてしまう• 洗顔をするときは、熱いお湯ですすいでいる• クレンジングはオイルタイプを使っている• スキンケアは化粧水だけ• 角質ケアを頻繁にしている 肌荒れやかゆみによってお肌が敏感に傾いている方は、お肌に負担のかかる洗顔をしていたり、保湿不足や、角質ケアのやりすぎで敏感になっていることが多いです。 食生活 栄養バランスの偏った食生活は、胃腸の不調につながり、乾燥や肌荒れ、かゆみにも直結します。 お肌は腸を映す鏡とも言われており、胃の調子が良く、排便がある時は、お肌も快調なことが多いです。 特に、肌荒れを改善して強いお肌を作るためには、タンパク質・良質な油・ビタミン・ミネラルは積極的にとりたい栄養素です。 タンパク質や良質な油はお肌を保湿して丈夫な土台をつくります。 また、ビタミンは現代人に不足しやすく、ビタミン不足が原因で肌荒れしやすい傾向にもあります。 肉や魚、卵、乳製品などは、タンパク質とビタミンどちらも摂取できるので、おすすめの食材です。 また、バナナや豆乳もおすすめです。 バナナはビタミン豊富で便秘解消にも良いですし、豆乳に含まれているイソフラボンは、美肌に導く女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきがあります。 睡眠不足は、ホルモンバランスを崩して肌荒れにつながります。 私は、不眠に悩んでいた時期があるので、快眠のために、色々な対策をしてきました。 眠る前、30分〜1時間はスマホ・PC・TVは控える• 眠る前は部屋の明かりを間接照明にする• 眠る前はカフェインの入っていない飲み物 ルイボスティー・白湯・ハーブティー・ホットミルク などがおすすめ• ゆったりとした、寝苦しくない服を着て眠る• 眠る直前は、激しい運動・食事・熱いお風呂に浸かるのは控える• アロマでリラックスをする 眠りを誘うネロリや、リラックス効果のあるラベンダーやセドロールの香りがおすすめ!• 英語のラジオに集中したり、快眠の音楽を聴くと眠りにつきやすい• 15時以降の昼寝は夜の睡眠の質を下げるので控える• すると、お肌のターンオーバーが乱れてニキビなどの肌荒れが起こり、敏感になりやすいです。 私は精神コントロールがとても苦手なのですが、色々と実践しているうちに、ストレスとうまく付き合えるようになりました。 ちょっとした秘訣をお伝えしますね! まず、私は食生活と睡眠のコントロールによってストレスがだいぶ改善されました! 規則正しい生活は、気分の浮き沈みを安定させるので、1番の精神安定剤です。 また、自分に合ったストレスを発散する方法をみつけましょう。 ピラティスは結構キツイので良い運動になります。 凝り固まった部分をほぐすので、最初はとても痛いですが、私は血行が促進されて冷えや肩凝りが解消されました。 強いかゆみの対処法 お肌のかゆみは我慢できないですよね。 お肌を刺激してはいけないとわかっていても、かゆみは我慢できずにかいてしまうものです。 お肌をかくと、さらにかゆみが増すという無限ループに陥ってしまうので、とにかく「かかないこと」が1番です。 かゆみの悪化を防ぐためには、かゆみを抑えるために以下のような対策をしてみてください。 保冷剤で冷やす• 乳液やクリームで保湿を強化する• かゆみ止めとしてオロナインを塗る ただ、かゆみがあまりにも強くて収まらない場合は、皮膚科を受診してみてください。 まとめ いかがでしたか?肌荒れやお肌の かゆみの原因の1つに「ストレス」が関係していることがわかりましたね。 ストレスには、外的ストレスと内的ストレスがあり、それぞれが複雑に絡み合ってお肌トラブルを引き起こしているので、様々な角度から対策を行いましょう。

次の

かゆみのある乾燥肌の原因&対策法を皮膚科医が解説!おすすめケア法&アイテム

かゆみ肌原因

肌の乾燥 肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下します。 バリア機能が低下した状態の皮膚は、外部からの刺激を受けやすくなり、ささいな刺激にも過敏に反応してしまうため、かゆみを感じやすくなります。 乾燥によるかゆみは、秋から冬にかけての空気が乾燥する季節に起こりやすく、低温・低湿になるほど症状は悪化しやすくなります。 また、布団などに入って体が温まると、その温度差が刺激となり、さらにかゆみが増します。 肌は加齢とともに乾燥しやすくなるため、高齢者にも起こりやすい傾向があります。 汗 エクリン汗腺からの汗の分泌量が急激に増えることと、汗口周囲の表皮が肥厚して汗の出口がふさがることで、汗腺や汗管内に汗がたまり、水泡状のあせもができます。 これによりかゆみや炎症反応(赤い発疹など)を引き起こすことがあります。 また、汗に含まれる成分が皮膚を刺激し、かゆみが起こることがあります。 高温多湿な夏の季節に起こりやすいかゆみの原因のひとつです。 虫刺され 蚊・ブヨ・ノミ・ダニ・ハチなどの虫に刺されたり咬まれたりした時に、虫が持っている物質によりアレルギー反応が起きることで、かゆみや炎症(赤み・腫れ)が起きます。 ハウスダスト ハウスダストとは、住まいの中にあるほこりや、カビやダニ、衣類から落ちた繊維や人やペットから出る毛やフケなどが混ざったものです。 ハウスダストが皮膚に触れたり体内に取り込まれたりすることによってアレルギー反応が起き、かゆみを引き起こす場合があります。 かぶれ かぶれとは、何らかの物質が皮膚に直接触れたことによって起こる接触性皮膚炎のことで、かゆみや赤みを伴う炎症が起きることを指します。 かぶれの原因になる可能性のあるものとしては、化粧品やヘアケア製品に含まれる成分や界面活性剤、アクセサリーなどの金属製品、うるしなどの植物や動物などが挙げられ、原因は多岐にわたります。 また、接触性皮膚炎には、原因物質による刺激が原因の一次刺激性接触性皮膚炎と、原因物質によるアレルギー反応によるアレルギー性接触性皮膚炎があります。 薬の副作用 のみ薬や塗り薬など、薬剤を体内に取り込んだことで身体にかゆみが現れることがあります。 多くは薬物に対するアレルギー反応で、薬疹と呼ばれています。 乾燥肌 健康な皮膚の肌表面では、外部の刺激から肌を守るバリア機能が正常に働いています。 しかし、このバリア機能が低下してしまうと、外部からの刺激が肌内部まで入ってくるのを防ぎきれなくなってしまいます。 乾燥肌の人はこのバリア機能が低下しているため、刺激によるかゆみが起きやすくなります。 アレルギー体質 本来、体内に侵入する異物を排除するための免疫機能が、特定の物質に対して過剰に反応し、症状を引き起こしてしまうことをアレルギーと呼びます。 アレルギーを起こしやすい人は体質的に、IgE抗体と呼ばれる物質を作りやすいと考えられています。 ストレス ストレスで体がかゆくなるという人もいますが、そのメカニズムはよくわかっていません。 ただ、アレルギー症状には精神的ストレスの影響で症状が悪化することもあるようですので、注意するといいでしょう。

次の