キーワードプランナー 使い方 2019。 【2020年最新版】無料でキーワードプランナーを使用する方法と使い方【Google広告登録】|Life is alright。

【2019年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方!初心者でも丸わかり

キーワードプランナー 使い方 2019

Googleキーワードプランナーだけ無料で登録する方法 キーワードプランナーはGoogle広告を出す際に利用するツールです。 登録時に支払い方法や、広告の登録などをしなければいけないのですが、すぐに停止させることで無料にて使うことができます。 任意のものを選んでください。 3.ビジネスの説明 ビジネスの名前はサイトの名称で大丈夫です。 またサイトのアドレスはお持ちのブログアカウントなどでも大丈夫です。 ターゲットとするユーザーの所在地 次へを選択 商品やサービスを指定する 任意のものを選んで次へを選択 広告を作成する これも任意のもので大丈夫です。 空欄だと次へ進めないので「あ」や「テスト」等を入力してください 広告の予算を設定する ここでは1広告当たりの予算を設定できます。 通常だとこの画面で予算内に広告表示がストップするよう設定できるのですが、今回は無料でキーワードプランナーだけを利用するのが目的なので、一番左に設定します。 単価0にはなりませんが、このあとすぐに広告を停止すれば料金発生しないので安心してください。 最後に広告の確認画面になるので間違いがなければ次へをクリック お支払い情報の確認 ここは項目が多いですが、注意する点は下記の4つ 注意点• アカウントの種類:「個人」• お支払いタイプ:「手動支払い」• 支払い方法:「振込」 選択・入力を終えたら、送信をクリック 広告を停止する 登録が終わったら、すぐに広告を停止させます。 ダッシュボードに移動し、先ほど作った広告の詳細をクリック• Googleから停止に至ったアンケートが来ますが、任意のものを選択して完了 以上で登録は完了です。 Googleキーワードプランナーの基本的使い方 では登録が完了したところでキーワードプランナーの使い方のご説明をします。 エキスパートモードに切り替え デフォルトのモードではキーワードプランナーが使えないので、下記の手順でエキスパートモードに切り替えましょう。 ツールアイコン(工具のマーク)からエキスパートモードに切り替えます。 エキスパートモードでもう一度ツールアイコンをクリック• キーワードプランナーが表示されているので、クリック これで完了です。 キーワードプランナーの使い方 キーワードプランナーを起動させるとこのような画面になります。 新しいキーワードを見つける このページで関連キーワードを見つけます。 ここではテストと入力しました。 テストに関連するキーワードが列挙されています。 横に項目が伸びていますが、見るポイントは• 月間平均ボリューム• 競合性 の二つのみです。 月間平均ボリューム 指定のキーワードが月間でどれほど検索されているかがわかります。 この数値は大きいほど良いですが、競合もその分多くなります。 競合性 低・中・高 と3段階に分かれています。 基本的には低のキーワードを選ぶのがベターでしょう。 このように、キーワードプランナーを使って検索ボリュームと競合性を調べることができます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 Googleキーワードプランナーだけ無料で登録する方法• Googleキーワードプランナーの基本的使い方 についてご紹介しました。 具体的なキーワードの決め方についてはこちらの記事も合わせて参考にしていただければ幸いです。 この記事が皆様のご参考になり、助けになることを祈っております。

次の

Googleキーワードプランナーの使い方について【2020年版】|SEOラボ

キーワードプランナー 使い方 2019

私はGoogleキーワードプランナーを使うことで、月間のオーガニック検索アクセス数を複数のブログ合計で90万PVまで伸ばすことができました。 Googleキーワードプランナーは、そもそもPPC広告を出稿をすることを前提として設計されているため、ただSEOのためのキーワード戦略を練るために作られていません。 だから、利用する時は不必要ないろいろなややこしい機能が大半を占めていて混乱するかもしれません。 それを踏まえた上で、Googleキーワードプランナーを使い、最適なSEOの検索キーワードを見つけ出すために活用しましょう。 このページでは、 ブロガー向け Googleキーワードプランナーの使い方について解説していきます。 まだアカウントを持ってなくても、すぐに作れるのでご安心を。 メールアドレス• 名前や住所などの個人情報• 取り組んでいるビジネスについてのいくつかの質問 などを入力すればアカウント作成は完了です。 キーワードプランナーを使うために広告出稿する必要はありませんが、最低限の設定は必要です。 私も毎月1,000円ほどキーワードプランナーを利用するために広告出稿しています。 (本当は1ドルギリギリにしたいけど調整が面倒なので) キーワードプランナーについて アカウントを作ったらグーグル広告へログインし、ページ上部のツールバーにあるレンチのアイコンをクリック、「キーワードプランナー」を選択します。 キーワードプランナーには「新しいキーワードを見つける」と「検索のボリュームと予測のデータを確認する」という2つのツールがあります。 「新しいキーワードを見つける」はピンポイントのキーワードで検索すれば効果的なキーワード候補をリストアップすることができます。 とはいえ私は「検索ボリュームと予測のデータを確認する」しか使いません^^;検索ボリュームを確認するためだけにキーワードプランナーを使っています。 新しいキーワードを見つける そのまんまですが、新しいキーワードを見つけることができます。 検索フィールドに「トピックに関するURLかキーワード(例:「宅配」、「革のブーツ」)を入力します」とあります。 言われた通り「革のブーツ」で検索してみました。 すると… こんな風に、「革のブーツ」に関係するキーワードをずらりとリストにして表示してくれました。 ここの注意点なのですが、この検索結果に出てくるキーワードは、検索フィールドに入れたキーワードに関連するかなり広い範囲のキーワード群が出てきます。 これが使いにくくて私は使用していません^^;「革のブーツ」に関係ないキーワードもゴマンと出てきますから… なので、この「新しいキーワードを見つける」ツールの活用法はこうです:• 少なくとも2語以上のキーワードを入れること• 検索結果は「新しいキーワードを見つける」を利用した時とほぼ同じデータが得られますよ。 私が記事を書くときの多くは、検索キーワードを他のツールで洗い出してから、Googleキーワードプランナーの「検索ボリュームと予測のデータを確認する」ツールで検索ボリュームを確認し、記事に含めるキーワードの組み合わせを決めます。 結果のフィルタリングと並べ替え たくさんあるキーワードリストを、どのようにサイトや投稿記事に反映するか?それを考え出すには、絞り込みとカテゴライズが必要になってきます。 Googleキーワードプランナーの「新しいキーワードを見つける」を活用するなら、キーワード結果を見て次にすることは「フィルタの追加」です。 キーワードのテキストでフィルタをかけると、特定のキーワードを含むリストだけを表示させることができます。 例えばさっき入力した「革のブーツ」だと、革以外のブーツに関するキーワードもたくさん出てきてしまっていたので、「革」を含むキーワードだけに絞ることができます。 「革」を入力すれば… 「革」が入ったキーワードのみのリストを作ることができました。 ここからはcsvファイルでダウンロードして、ローカル環境でファイルをいじって月間平均検索ボリュームが多い順に並べたり、キーワードの好きな順番に並べ替えたりして記事に含めるキーワードについて作戦を練ることができます。 競合性についての注意点: 競争率が「低」「中」「高」で表示されるのですが、これはSEO向けではなく、グーグル広告向けの指標です。 つまり、ここでの「競合性」はグーグル広告の出稿をする際の競合性を表しています。 キーワード候補から作戦を練ろう! ここまでで、サイトや記事に含めるべきキーワードをある程度リストアップできました。 Googleキーワードプランナーの「新しいキーワードを見つける」と「検索ボリュームと予測のデータを確認する」の両方を使ってキーワード戦略を練るためのステップは、おさらいを含めてこうなります。 「新しいキーワードを見つける」にあなたのブログのニッチに関連するキーワード、読者が検索するキーワードを入力してキーワードリストを出す• フィルタをかけて、できるだけ必要なキーワードのみ表示させる• csvファイルでダウンロードする• キーワードリストが多いならカテゴライズする• 類語、同じような意図の検索と思われるキーワードをまとめる• 検索ボリュームが多い順に並べる• 1記事に入れる検索キーワードのボリュームが500〜1000程度になるように含める(ブログを始めたばかりなら、100程度でも私は記事にします) 正確な検索ボリュームには広告出稿が必要 はじめにもチラッと書きましたが、Googleキーワードプランナーはそのまま利用すると検索ボリュームが曖昧な状態で表示されます。 これが広告出稿していると、ある程度正確な検索ボリュームで表示してくれます。 正直なところ、私は検索ボリュームは変動するし目安でしかないと思っているので、それほどこだわりがありませんが、「まあ月100円〜1000円で済むならいっか」と思って広告出稿しています。 検索ボリュームとキーワードリストを無料で調べるならが使えますが、こちらも正確ではありません。 初心者の方なら、まずは無料ので記事にキーワードを含める練習をある程度重ねてから、Googleキーワードプランナーを利用するのでも問題ないかもしれません。 キーワードリストアップは王道を外してみて! Googleキーワードプランナーは優秀だし使えるツールですが、欠点はあります。 それは…多くのSEO対策したい人がGoogleキーワードプランナーを利用しているので、 同じ検索結果を他の人も見ているということ。 つまり、Googleキーワードプランナーで見つけた良さそうなキーワードは、もうすでに誰かがウェブページに反映しているでしょう。 (ガーン!) いつだって競争が激しい中にいることは、変わらないのですね^^; そんな時に、ちょっとした変化球のキーワードリストアップ方法をご紹介します:• Googleキーワードプランナーの「新しいキーワードを見つける」で、あなたの競合サイトのURLを入力してください。 例えば「革 ブーツ」と入力する代わりに、ブーツ専門店のブーツカテゴリのページを入力します。 すると… 競合サイトの関連するキーワードを見ることができちゃいます…これの方が、なんとなくリアル感があっていいですね。 他にもこんなURLでキーワードのリストアップができます:• コンテンツ内容が競合するブログ記事• ニッチに関連するプレスリリースやニュース記事• ニッチ業界で有名なインフルエンサーのウェブページ そのページにテキストがあれば、関連するキーワードを判別できるようです。 キーワード探しは永遠に続く… ブロガーならキーワードとは切っても切れない縁になると思います。 あなたは、キーワード候補を考えるのにGoogleキーワードプランナーを使っていますか?それとも、やなどの別のツールを使っていますか? ブロガーの皆さん、今何を使っているのかぜひコメント欄で教えてください^^.

次の

【無料】Googleキーワードプランナーの使い方|2020年版

キーワードプランナー 使い方 2019

通常はGoogle広告を出稿するために広告主に参考となる情報をGoogleが提供しているわけですが、SEO対策をするためにキーワード選定を行う場合にも参考になる情報となっておりますので、 使い方によっては強力なSEOツールとなります。 具体的には、Webサイト(ウェブサイト)のキーワード選定はもちろん、ブログ記事にコンテンツ(文章)を追加する際の関連語(関連キーワード)、ロングテールキーワードなどの抽出、お宝キーワードを見つけるなど、 コンテンツマーケティングにおけるコンテンツSEOを実施するうえで、キーワードプランナーが欠かせません。 このように、キーワードプランナーは、 SEO対策に役立つ数多くの情報を無料で調べることができます。 そして、キーワード選定にも非常に役立ちますので、使い方をしっかりマスターしておきましょう。 関連記事• SEO目的の使い方 SEO目的の使い方では、 「キーワード選定」が主な用途となります。 そのために、まずキーワードプランナーにログインした際、最初の画面の左側の「キーワードを検索」を選択しましょう。 次に、「自分が扱ってるビジネスのサービスや商品の語句(単語・フレーズ)、関連する語句・URL」「自社サイトに関連するキーワード」や「実際に検索上位表示させたいキーワード」等を入力して、「開始する」をクリックします。 すると、キーワード候補ごとに「月間検索ボリューム」「競合性」「入札単価」といった情報が簡単に取得できます。 上記より例えば、自分の関連サービスのキーワード候補が「seo 対策」であれば、月間検索ボリュームが「1万~10万」、競合性が「中」となります。 これらの情報から、良く検索されやすく、強い競合もある程度存在するキーワードのため「seo 対策」での上位化は容易でないと推測することができます。 また、「入札単価」が高ければ競合も強い傾向にあるので、適宜キーワード選定の参考にしましょう。 このように、このキーワードで上位化が狙えるか?上位化したらどの程度自然検索流入(アクセス数の増加)が見込めるか?といった判断ができ、 効果的なSEO対策を行う上で、キーワードプランナーを使ったキーワード選定が大切となります。 ちなみに、検索ボリュームが大きく、競合性が高いキーワードは、上位化が難しくなります。 なので、 検索ボリュームが小さく競合性が低めのキーワードを狙って少しづつ上位化しやすい需要のある(ユーザーのニーズがある)キーワードを狙ってくこともSEOの成功を収めるうえで重要となります。 関連記事• リスティング(Google広告)目的の使い方 SEOにも有効ですが、 基本的には、Google広告(リスティング)の運用ツールとしてキーワードプランナーを使います。 そのためには、キーワードプランナーにログイン後、最初の画面の右側「検索ボリュームと検索の予測を取得しましょう」を選択します。 Google広告(リスティング広告)に出稿したい自分のサービスや商品等に関連する語句(単語・フレーズ)などを入力して、「開始する」をクリックしましょう。 すると、Google広告を出稿した際の広告のクリック数、表示回数、費用、クリック率、平均クリック単価(推奨入札単価)などの 詳しい見込み数値(予測データ)が簡単にわかります。 また、上部の「キャンペーン作成」からGoogle広告出稿を手軽に進めることも可能です。 その他、除外キーワードの設定や、過去の指標を参考にGoogle広告を運用することもできます。 このように、 SEO目的の場合だけでなく、Google広告の配信パフォーマンスを予測する便利なキーワードツールとしても、キーワードプランナーを活用しましょう。 SEOとリスティング目的の使い方をそれぞれ紹介しましたが、その他共通した便利な使い方もあります。 キーワード情報がダウンロードできる 取得したキーワード情報が「キーワード候補をダウンロード」のテキストリンクから Excelファイル(csvファイル)として簡単にダウンロードできます。 期間におけるキーワード情報が取得できる 「カレンダー機能」から 選択した期間に基づいて、キーワード候補の情報が取得できます。 フィルタが追加できる 画面右のフィルタマークをクリックして、「キーワードのテキスト」「アカウントのキーワードを除外」「月間平均検索ボリューム」「競合性」「広告インプレッション シェア」「ページ上部掲載の入札単価(低額帯)」「ページ上部掲載の入札単価(高額帯)」「オーガニック検索のインプレッション シェア」「オーガニック検索の平均掲載順位」から フィルタが追加でき、絞り込んでキーワード候補が確認できます。 表示項目の変更ができる 画面右の「表示項目の変更アイコン」から、 キーワード候補における不要・必要な表示項目が変更でき、「適用」して表示・非表示にできます。 表示・非表示出来る項目は、「月間平均検索ボリューム・競合性・広告インプレッション シェア・「ページ上部掲載の入札単価(低額帯)」「ページ上部掲載の入札単価(高額帯)」「アカウントのステータス」「オーガニック検索のインプレッション シェア」「オーガニック検索の平均掲載順位」です。 また、チェックボックスにチェックを入れることで、 一旦決めた「表示項目の設定を保存」することも可能です。 地域・言語・検索ネットワークが変更できる 「地域」と「言語」「検索ネットワーク」の設定をそれぞれ変更して、 ターゲットや広告配信先などセグメントを絞りながら取得したキーワード候補が確認できます。 それぞれの機能を簡単に解説します。 地域 国や地域を指定して ターゲットにする地域を絞り込みながら、キーワード候補が取得できます。 言語 日本語や英語、韓国語など「言語」を変更して、 特定の言語に絞り込みながら、キーワード候補が取得できます。 検索ネットワーク 広告配信先のネットワークを変更して、 特定の掲載先に絞り込みながら、キーワード候補が確認できます。 point!! このように便利な機能を駆使して、目的のキーワード候補が効率よく見つかるように、キーワードプランナーをうまく活用しましょう。 キーワードプランナーを使ったキーワード選定方法について キーワードプランナーは、SEOのキーワード選定において活用できる便利なツールです。 実際にキーワードプランナーを使ってキーワード選定する前に、これから作成する対策ページのテーマをある程度明確にしておきましょう。 Webページのテーマがある程度決っていれば、 そのテーマを軸となる単語やフレーズに置き換えて、キーワードプランナーの「キーワードを検索」でその語句を入力してみましょう。 上記のように例えば、「ブログ集客」という単語を入力して調査すると、この語句に関連する候補キーワードが以下のように一覧表示されます。 このように表示された 関連語(関連キーワード)からもっともWebページのテーマに近しいキーワードを1つ選定しましょう。 こうして、 ページごとに1つのキーワードを選定するために、キーワードプランナーを随時活用していくことがSEOにおいて重要となります。 また、このようなキーワード選定のみならず、選定したキーワードの検索順位まで管理しながら、サイト運用を見据えたSEO対策ができる「キーワードファインダー」があります。 ちなみにこのキーワードファインダーは、当ブログ「SEOラボ」を運営する弊社(株式会社ディーボ)が提供するSEOツールです。 キーワードファインダーでは、キーワードプランナーよりも多くの候補キーワードを取得して、数多くのSEOに効果的なキーワードを見出せる点が特段の強みです。 その他にも、キーワードプランナーには、完備されてない機能も満載で、キーワードプランナーの良いところを踏襲し、かつ差別化を図るように設計したのがキーワードファインダーとなります。 なので、ご興味のある方はぜひ関連記事も併せてご覧ください。

次の