マットレス ダニ防止。 マットレスの手入れ ダニ・カビ対策、防止方法

ベッドマットはダニだらけ!?簡単掃除方法と対策グッズのまとめ

マットレス ダニ防止

人が住んでいるところには必ずダニがいます。 その中でも、「布団」が最もダニが多くいる場所と言われています。 目に見えないのでお手入れをサボりがちかもしれないですが、数万匹のダニとダニのフンに埋もれて寝ていると考えると気持ち悪くなってこないでしょうか? もちろん、アレルギーや喘息などの原因にもなり得ますので、 早めにダニ退治・対策を行いたいところです。 アリデン Ariden197201 そこで今回は、 ベッドの正しいダニ退治方法&対策方法についてご紹介していきます。 ダニという生き物について ダニは足が 8本あり、クモに近い生き物とされています。 温度20~30度で湿度60~80%、もぐりこめるような住処とエサがある場所を好みます。 実はこの条件が布団やマットレス、そのものなのです。 2~3か月のうちに50~100個の卵を産みます。 それぞれのダニは 1か月で成虫となり、繁殖を繰り返します。 何も対策をせずに放っておけば、あっという間に数万匹まで数を増やしていくのです。 また、乾燥しているところも苦手です。 とすると、日本の冬は苦手でダニはいないと推測することができると思います。 ですが、ダニが苦手な環境は人間も苦手です。 現代では、寒ければ暖房をつけて部屋を暖かくし、乾燥していれば加湿器で湿度を保ちます。 確かにジメジメした時期は、ダニが爆発的に増えますが、 基本的には1年中ダニ対策が必要なのです。 天日干しは夏の暖かい時期は多少効果がありますが、布団そのものを干すだけではなかなか表面温度は 50度を超えません。 天日干しには殺菌効果もあるので、無駄とは言いませんが、 ダニ対策として考えるには効果が薄すぎます。 ダニが引き起こす健康被害 ダニから受ける被害は大きく分けて 2つ。 生きているダニに刺されるか、ダニの死骸やフンを吸い込むかです。 布団やマットレスに最も多く含むチリダニは、人を指しません。 ですので、ダニによる健康被害の多くは、 ダニの死骸やフンを吸い込むことで発生します。 アレルギー性疾患の 8割はダニが原因!? 朝起きると鼻がムズムズする鼻炎の方、もしかしたらダニが原因かもしれません。 アレルギー性疾患の約8割はダニが原因で起こるものとされています。 ダニ対策をしないでいれば、いつ発症してもおかしくありません。 鼻炎だけでなく、気管支炎や皮膚炎などの症状を引き起こす場合もあります。 また、小さな子どもがアレルギー性疾患にかかってしまうと、 一生涯付き合っていかなければならないこともあるので注意が必要です。 1.部屋を暗くする。 カーテンを閉め切る。 2.1時間ほど待つ。 3.スプレーを噴射してダニ退治! 掃除は昼間にやることが多いので上記のようにやり方を記載しましたが、よくよく考えると、夜やるのが最も効果的です。 平日、暗くなってから帰ってきて、布団は暗い部屋に静かに置いてあります。 このときこそ、スプレー噴射のベストタイミング!是非実践してみてください。 ただ、高温が苦手と言っても、一瞬では弱るだけなので ある程度高温の状態を保つことが必要です。 ですので、 スチームアイロンはゆっくりと動かすことがコツです。 また、先ほど説明したように、ダニを誘き出してからの方が、より効果的です。 なお、布団自体が高温に弱いものもあるので、確認してから実践してみてください。 ベッドのダニ駆除方法『死んでいるダニとフンの除去』 生きているダニを除去させたら、次は 死骸とフンの除去です。 掃除機を使って除去します。 布団用の掃除機を持っていない方でも、通常の掃除機のヘッド部分を布団専用に変えて使うことができます。 吸引力は強いもので吸っていきます。 このとき、 なるべく繊維の奥の方のダニやフンまで吸うために掃除機をゆっくり動かしましょう。 少し時間はかかりますが、この工程が、一度布団を清潔な状態に戻すためにも一番大切です。 頻度は、週 1くらいが理想的です。 ベッドのダニ対策方法 目に見えないダニ。 減っても増えても危機感を感じにくいですが、ダニを除去したら、 対策もしていきましょう。 ダニが増えるのを黙って見過ごすわけにはいきません。 ちょっとした心がけだけでも、ダニの繁殖を抑えることができます。 ですので、天気の良い日には、 寝室に風を通すようにしましょう。 起きたら枕は立てかけて、掛け布団はベッドの背にかけて置くなど、 敷き布団に密着しない場所に置くようにしましょう。 布団やマットレスのどこに一番ダニが多いか調べたところ、足元よりも頭の近くの方が 2倍ほどダニの量が多いことがわかっています。 起きたらコロコロをさっとして、 ベッドや布団の上にあるごみを取り除くのもよいでしょう。 皮脂なども染み込んでいるので、 週1くらいの頻度でシーツも洗うのが理想的です。 また、家の中のホコリもダニにとってはエサとなります。 部屋にホコリをためないよう、小まめに掃除をするようにしましょう。 シートを貼るだけの簡単な対策ですね。 使い捨てで、 効果の持続は3~6か月ほど。 また、布団やマットレスにあたるように風向を調節してあげれば、 布団自体の湿度も下げることができ効果的です。 ベッドで使用しているマットレスは、 半年に1度ほど、裏表を逆にしてあげるとより良いです。 冬に潤いを補うために加湿器を使いますが、使い過ぎには注意しましょう。 また、加湿器の位置も布団のすぐ近くではなく、空気全体に潤いを補うために高い位置に設置するなどの工夫をこらすとよいでしょう。 プロの業者にクリーニングを頼む 費用はほとんどの場合 1万円以下で頼みますので、手入れ等が面倒くさい!という方は、 時間・手間の節約のためにクリーニング屋さんに頼む手もあります。 出張かつ即日仕上げの業者も少なくないので、カビもダニも含めて一度きれいにしてもらうのも安心ですね。 まとめ.

次の

毎晩ダニに悩まされています。ベットのマットレスにいると思うのですが、どう...

マットレス ダニ防止

高品質のブランドマットレスはおよそ10年 粗悪品の安いマットレスは数ヶ月で使えなくなる場合も 内部劣化の可能性があるので、外見だけで判断しない マットレスの価格と耐用年数は比例する マットレスの耐用年数は品質によって大きく異なります。 安いマットレスの耐用年数は短く、高価なマットレスの耐久性は高いと言えますが、一度高価なマットレスを購入すれば一生使えるというものではなく、残念ながら、必ず機能は落ちていくものなのです。 楽天などで売られている粗悪なマットレスは半年~2年程度がひとつの目安で、シモンズ、シーリー、フランスベッド、マニフレックスなどのブランドマットレスの品質水準であれば10年程度が耐用年数になります。 マットレスには必ず寿命がありますが、それは一様ではなく、使う人の体格や体型、また使い方によって大きく異なってくることも覚えておきましょう。 内部の劣化による寿命 10年以上使っていても表面的はなにも問題がない場合もありますが、内部では劣化が進んでいることが多いため、買い換えのタイミングだと言えます。 寿命の兆候としてまず挙げられるのは、最も体重がかかる場所である「中央部分のへこみ」です。 これはコイルやウレタンが反発力を失っている証拠です。 この状態でも寝ることはできますが、本来の機能が発揮できないので、腰痛の原因になってしまうことがあります。 さらに、マットレスの表地が破れている場合も寿命だと考えるべきです。 人が直接触れる部分である表地は耐久力が高い生地を使用していますが、破れるほどであれば、その部分に負荷がかかっている証左であり、当然内部も劣化しています。 まだ寝ることができたとしても、寝心地も悪くなっているため、実際にマットレスとしての寿命はもう終わっていると考えるべきで、無理に使い続けず買い替えた方が無難と言えます。 マットレスの種類で耐用年数が異なる 低反発マットレスは劣化が早い 高反発マットレスは長持ちする傾向 マットレスといっても沢山の種類があります。 それを大別すれば「低反発」と「高反発」になりますが、それぞれの素材の特性により、耐用年数は大きく異なってきます。 低反発マットレスは劣化する スポンジのような素材の「低反発マットレス」は形状が変化しやすい特性があります。 例えば5キロ太った場合、低反発マットレスでは今まで以上に沈み込みが深くなることが考えられます。 そして、過度に沈み込んだ状態が常態化することで、マットレスの劣化に直結し、寿命を縮めていきます。 さらに、この形状の変化(劣化)により、睡眠時の姿勢がこれまでとは異なってくることがあるので、特に腰痛に悩んでいる方は、この違いに敏感になっておかなければいけません。 このような点を考慮せずに低反発マットレスを使っていると、首、肩、腰の痛みを発症させてしまうリスクがあります。 高反発マットレスは長持ちする 長持ちするマットレスと言えば「高反発マットレス」です。 元々、耐久性があるウレタン素材を使っており、体重がかかった場合でも復元力があることから、マットレス自体が劣化しづらい特徴があるのです。 さらに、軽い素材でできているため、持ち運びが容易なので、簡単に陰干しができます。 その上、洗える素材もあるので、衛生面でも利点があります。 衛生的な状態を長く保つことができれば、当然、マットレスの寿命は長くなります。 マットレスの耐用年数の判断ポイント 見た目の異常は即買い替え 寝ていて違和感があれば買い替えを検討 腰部分が凹んでいるとき 睡眠時、体重が一番多くかかる腰や臀部が凹んでいる場合は、残念ながらマットレスの寿命です。 マットレスの中央部分がヘコんでいると睡眠姿勢が「くの字」になるので、腰痛の原因になります。 腰部分がヘコんでいるマットレスは寿命であり、買い替え時期だと判断して間違いないでしょう。 寝返りが打ちづらい 一般的に人は一晩に20〜30回寝返りを打つと言われています。 寝返りは体熱の放出や筋肉の疲労と取り、代謝をよくする効果がある欠かせない行為です。 しかし、耐用年数の過ぎたマットレスは自然な寝返りを阻害します。 寿命を迎えたマットレスは寝返りが打ちづらくなるため、どうしても力が入ります。 それが睡眠を妨害してしまうことになるのです。 起床時に疲労が残っていたり、肩こりや腰痛などの症状が出ている方はマットレスの寿命による寝返りの阻害を疑った方がいいかもしれません。 ベッドがきしむ コイルマットレスの場合、中のスプリングなどからきしむ音が聞こえ始めていたら、買い換えのタイミングだと考えるべきです。 これはスプリングそのものが耐用年数を迎えている可能性が高いので、買い替えが最良の選択肢になります。 健康被害が出る前に買い替えを検討してください。 マットレスを買い換える マットレスが寿命を迎え、買い換えなければならなくなった場合の自分に合った快眠できるマットレスの選び方をご紹介します。 特に腰痛や肩こりが改善できる「健康マットレス」がおすすめです。 マットレスの機能性 睡眠科学の進展に伴い、腰痛や肩こりの改善に特化した「機能性の高いマットレス」が人気になっています。 マットレスの買い替えを検討する際には、体の痛みが軽減される機能性マットレスを最優先してください。 人気の高機能マットレスは「雲のやすらぎ」「モットン」「マニフレックス」などが有名です。 スポーツ選手も愛用する健康マットレスなら、腰や肩の痛みの改善に抜群の効果を発揮します。 マットレスの価格 マットレスの価格と機能性は確実に比例します。 マットレスの値段は、使用素材の品質や縫製で決まるため、安いマットレスは品質が悪く、快眠効果は期待できません。 一方、高額なマットレスは高品質で、熟睡でき、健康が得られる上に、長期間使えます。 信頼できる高額マットレスは、決して高い買い物ではないのです。 マットレスブランド マットレスのブランドを鵜呑みにしてはいけません。 有名スポーツ選手出演のCMにより、思わず指名買いしていまいますが、これは早計でしょう。 有名ブランドのマットレスだからといって、必ずしも高品質とは言えないのです。 知名度がないものの高機能のマットレスは沢山あるので、派手な演出に騙されないようにしましょう。 同品質のマットレスが半額で売られていることも珍しくないのです。 マットレスの硬さ マットレスは「硬すぎ」と「柔らかすぎ」は絶対によくありません。 板の上で寝れば全身が痛くなりますし、ウォーターベッドのような柔らかすぎる寝床も腰を痛めます。 体重に最適な硬さがなければ、寝心地や体の痛みの解消は望めないのです。 高反発マットレスがおすすめ 低反発マットレスは絶対におすすめできません。 実際に寝てみると腰が「くの字」になり、負担がかかり、腰痛を発症するリスクが高まります。 快眠には、やはり高反発マットレスがおすすめです。 高反発マットレスは、快眠できる機能性がある上に、通気性や耐用年数でも優れ、結果的にお得な買い物になります。 事実、人気の機能性マットレスの殆どは高反発マットレスです。 マットレスの通気性 多くのマットレスは天日干しができません。 特にコイル系マットレスは重量があり、移動が困難なので、簡単な陰干しすらおざなりになります。 これではカビやダニの発生が懸念されます。 カビ・ダニ対策には、上げ下ろしが簡単で容易に風通しができる軽量マットレスがおすすめです。 人気の機能性マットレスは、防ダニ対策もバッチリなので、安心して使えるでしょう。 湿気を開放でき、内部の空気が循環しやすい通気性のよいマットレスを選択してください。 マットレスの耐久性 マットレスは長期間使用することが前提なので、荷重に耐え得る耐久性が絶対条件になります。 仮に10年使うと、3652日もの間、体重分の荷重に耐えなければいけないのです。 一方で寝心地のよさも必要なので、単純に硬くすればいいわけではありません。 「耐久性」と「寝心地」という相反する両機能を満たす性能がなければ、すぐに廃棄せざるを得なくなるでしょう。 マットレスのサイズ 国内のマットレスは一般的に「シングル」「セミダブル」「ダブル」「クイーン」「キング」の5サイズが一般的です 既存のベッドに合わせる場合は、ベッドフレームのサイズに合うマットレスを選んでください。 「一人暮らし=シングルサイズ」と判断せず、部屋のスペースと相談しながらも、少し余裕のあるサイズを選ぶことがポイント。 少し大きめのサイズだと、寝返りが打ちやすくなるので、よりリラックスでき、快眠できる確率が高まります。 高齢者は「軽量タイプ」がおすすめ マットレスの寿命を延ばすためにはメンテナンスが必須です。 特にカビやダニの発生防止のための「陰干し」が欠かせませんが、重量のあるマットレスでは移動が困難になるので、メンテナンスが疎かになります。 とりわけ女性や高齢者には、重たいマットレスはおすすめできません。 ストレスなく持ち運べ、陰干しがしやすい軽量マットレスを中心に選ぶとよいでしょう。 マットレスの寿命を延ばす方法 一流ブランドのマットレスの耐用年数は約10年ですが、正しい使い方をしていない場合は、それ以前にヘタってしまうことがあります。 一方で、定期的なメンテナンスをしていれば15年以上も長持ちさせることができるかもしれません。 せっかく買ったマットレスは長く使いたいものです。 寿命を長くするために必要なメンテナンスを実践してください。 マットレスの位置の入れ替えによる延命 体重を預けるためマットレスには大きな負荷がかかっています。 そのため、知らないうちに体の形がついてしまうことがあります。 特に体の中で1番重たい腰部分が、気づかないうちにへこんでしまっていることがあるのです。 この防止策として「定期的なマットレスの方向の入れ替え」を実践してください。 つまり、頭と足の位置を入れ替えたり、表と裏を入れ替えたりするのです。 マットレスは、どの部分も均等な作りになっているため表と裏を入れ替えても寝心地に変わりはありません。 一ヶ月程度を目安に位置を入れ替えることを心がけましょう。 これでコイルやウレタンの劣化を防ぐことができます。 表側と裏側の入れ替えに加えて、上下のローテーションに組み入れることで4パターンの入れ替えが可能になります。 最初は表面に寝るようにして、続いて裏側が上に出るように入れ替えます。 さらに、その状態から上下を入れ替えてこれまで頭だった部分が足に来るようにするのです。 そして、そのまま裏と表を入れ替えると、寝ているときに負担がかかる場所を4回分ずらすことが可能になります。 この入れ替えを1ヶ月に1回行えば、4ヶ月で4つの場所を使うことになり、コイルやウレタンの負荷を大きく減らせ、表地の劣化も防ぐことができるのです。 これにより、特定部位の沈み込みがなくなり、マットレスの寿命を伸ばすことができます。 陰干しによる延命 定期的な陰干しはマットレスの延命に有効です。 人は睡眠時に毎日コップ1杯分の汗をかくと言われています。 特に夏場はそれ以上に汗をかくことがあるでしょう。 大量の汗を吸収したマットレスをそのままにしておくと、カビやニオイの原因になり、とても不衛生です。 また、皮脂などをエサにするダニを発生させてしまうことになります。 そのために定期的にマットレスを陰干しする必要があります。 風に当てるだけでも湿気は放出されるので、マットレスのジメジメ感は解消されるでしょう。 常にマットレスを衛生的にしておけば、カビやダニの発生を押さえられるので、マットレスを長く使うことができるのです。 天日干しで乾燥させて延命 マットレスは寝室に置いたままでは、湿気がたまってしまいます。 ジメジメした状態が続くと布地が劣化するだけでなく、コイルが錆びる可能性もあり、衛生上の問題も発生します。 このジメジメ状態の解決には、天日干しがおすすめです。 よく晴れた日を選び、ベランダや庭に出し、壁に立てかけ日光を当てましょう。 このときに大切なことは、時間を掛けてマットレスの全体を日光に晒すことです。 表側だけでなく裏側も同じ時間をかけて日光を浴びせることがポイントです。 但し、エアウィーヴなどのファイバー系のマットレストッパーは、熱に弱い特性があるので、直射日光に当てるのは危険です。 あくまで陰干しが基本になりますので、製品による使い分けをしてください。 ダニ対策でマットレスの耐用年数を伸ばす ダニ対策で耐用年数を延ばせる マットレスが長持ちしない原因のひとつに「ダニの繁殖」があります。 とはいえ、使っていれば少なからずダニは発生してしまうので、その数を減らす対策が大切です。 まず、シーツやカバーは定期的に交換します。 本来であれば毎日交換することが望ましいですが、現実的には難しいため一週間程度を目安に交換することがおすすめです。 また、マットレスのローテーションで向きを変えるときに掃除機を掛けましょう。 掃除機は生きているダニへの効果は薄いとされているものの、既に死んでいるダニや排泄物の除去には大きな効果があります。 ダニの死骸などが残っていると、睡眠時の呼吸によって体内に吸い込まれてしまうリスクがあるので、健康被害の原因になりかねません。 さらに、埃を除去したりスノコを敷くこと、ダニ取りシートをはじめとする対策グッズを用いることでダニが付着する可能性を低下させることができます。 マットレスは品質と比例して価格が上がっていきます。 高品質なマットレスほど価格が高いため、購入後はできるだけ長持ちさせたいと考えるのは当然のことです。 そのためには、向きの入れ替えや天日干し、ダニ対策といった方法を継続して行うことが大切で、どれか一つでも怠ると寿命は短くなっていきます。 メンテナンスを習慣づけることがおすすめです。 おすすめの人気ふとんクリーナー 近年、ダニやハウスダスト対策のための寝具専用掃除機「布団クリーナー」が注目されています。 「レイコップ」がブームの火付け役となりました。 布団を干すのは天候に左右される上に、布団を持ち上げるのは重労働で、特にシニア層にとっては辛い作業になるので、どうしても不衛生な睡眠環境にならざるを得ませんでした。 しかし、布団クリーナーがあれば手軽に、しかも短時間で布団をキレイにできることです。 マットレスの寿命を延ばすことにも一役買ってくれる存在です。 メーカー別マットレスの耐用年数一覧 マットレスの品質はピンきりです。 ブランドや価格によって耐用年数は違ってきます。 また、マットレスの使用環境やメンテンスによっても、寿命は大きく左右されます。 これを踏まえ、おおよそ下表を目安に寿命を判断してください。 当然ですが、「シモンズ」「シーリー」「フランスベッド」などのマットレス専門メーカーの方が耐用年数は長い傾向にあります。 価格がやや高めになりますが、それでも専門メーカーの高額マットレスを買った方がいいでしょう。 但し、高温に弱いのでぬるま湯で洗うこと。 しかし、マットレス専門メーカーの商品と比べると耐用年数は短めだと言われています。 元々の価格が違うので当たり前かもしれませんが、やはり使っているウレタン素材などの質が違うので、あまり長持ちはしない傾向にあるようです。 高品質のマットレスを作る場合には、それなりの素材を使う必要があるため、当然、販売価格も高くなります。 一方、安いマットレスでは、高品質な素材が使えなくなるので、必然的に耐用年数は短くなってきるのです。 また、ニトリが展開している低反発マットレスは耐用年数が短くなる傾向があるばかりか、メンテンスがしづらいので、ニオイや変色などの問題が発生します。 あまりおすすめできないとの口コミ・評判が多かったようです。 マットレスの耐用年数のまとめ マットレスの耐用年数は、そもそもの品質によって大きく異なってきます。 また、定期的な手入れをすることで伸ばせる反面、メンテナンスを怠ることで、耐用年数を縮めてしまうこともあるのです。 せっかく買ったマットレスを長持ちさせたければ、定期的に手を入れてあげましょう。 もし、マットレスが寿命を迎えているようであれば、躊躇なく買い替えることをおすすめします。 腰痛や肩こりなどの健康被害が出る前に、思い切って新品のおすすめマットレスにしてみてください。 新品のマットレスであれば、見違えるように快眠ができる可能性が高くなるのです。 柔らかいマットレスは、体が沈み込み腰を痛めるリスクがあります。 体が沈み込むようなマットレスでは、背筋の力ーブが崩れて、筋肉に負担がかかり、正しい寝姿勢を保つことはできません。 朝起きたとき、腰や肩、首が痛い場合は、マットレスの硬さをチェックしてみましょう。 しかし、必要以上に硬めのマットレスにするのも問題です。 あまりに硬いマットレスは、背中が鬱血し、寝返りの回数が増えて眠りが浅くなってしまう懸念があります。 天井を向いて寝たとき、腰と肩から背中の上部だけで体重を支えて、背中の中心が床から浮いている状態になっているなら、そのマットレスは硬すぎです。 硬すぎるマットレスで寝る人は、腰に負担がかかるので、仰向け寝で寝ることができずに横向き寝になりがちですが、すると今度は肩が潰れた姿勢で眠ることになり、肩こりの原因にもなるのです。 あまりメンテナンスがされていないマットレスで寝ている人も注意が必要です。 マットレスは長年使い続けると、どうしても体重の圧迫や汗の吸収によって潰されていきます。 最初はちょうどいい硬さのマットレスを選んだつもりでも、時間経過とともに硬すぎるマットレスに変わっていくのです。 毎日使うものなので、経年劣化には気づきにくいかもしれませんが、健康を支える睡眠に欠かせない道具ですから、常にいい状態に保つていなければいけません。 長期間使っているマットレスは、上下左右や裏表を入れ替える「ローテーション作業」が必要になります。 最近はクリーニング店でも寝具量販店でもマットレスの丸洗いサービスを提供していますが、マットレスは必ずしも水で洗う必要はありません。 人は毎日寝ているだけでコップ一杯分(200ミリリットル)の汗をかきますが、このすべてがマットレスに吸収されるとしたら、毎晩の睡眠でマットレスは相当汚れます。 しかし、実際はシーツやパッドが防御してくれていますし、そもそもマットレス自体の通気性が確保されていれば、水洗いするほどは汚れません。 要は、通気性のよいマットレスを選び、こまめに陰干しし、定期的にシーツを洗濯すれば、清潔な睡眠環境を保つことができるのです。 それよりも、丸洗いのデメリットのほうが大きいかもしれません。 睡眠環境を保つためには、マットレスを定期的に丸洗いするより、高品質のマットレスを選び、日頃よく日に当て風を通すようにすること、そして定期的にローテーションをするなど、メンテナンスをすること。 それを守れば、水で洗う必要はないというのが実態です。

次の

専門家が選んだ”絶対に”おすすめしたいマットレス10選!【2020年最新版】

マットレス ダニ防止

高品質のブランドマットレスはおよそ10年 粗悪品の安いマットレスは数ヶ月で使えなくなる場合も 内部劣化の可能性があるので、外見だけで判断しない マットレスの価格と耐用年数は比例する マットレスの耐用年数は品質によって大きく異なります。 安いマットレスの耐用年数は短く、高価なマットレスの耐久性は高いと言えますが、一度高価なマットレスを購入すれば一生使えるというものではなく、残念ながら、必ず機能は落ちていくものなのです。 楽天などで売られている粗悪なマットレスは半年~2年程度がひとつの目安で、シモンズ、シーリー、フランスベッド、マニフレックスなどのブランドマットレスの品質水準であれば10年程度が耐用年数になります。 マットレスには必ず寿命がありますが、それは一様ではなく、使う人の体格や体型、また使い方によって大きく異なってくることも覚えておきましょう。 内部の劣化による寿命 10年以上使っていても表面的はなにも問題がない場合もありますが、内部では劣化が進んでいることが多いため、買い換えのタイミングだと言えます。 寿命の兆候としてまず挙げられるのは、最も体重がかかる場所である「中央部分のへこみ」です。 これはコイルやウレタンが反発力を失っている証拠です。 この状態でも寝ることはできますが、本来の機能が発揮できないので、腰痛の原因になってしまうことがあります。 さらに、マットレスの表地が破れている場合も寿命だと考えるべきです。 人が直接触れる部分である表地は耐久力が高い生地を使用していますが、破れるほどであれば、その部分に負荷がかかっている証左であり、当然内部も劣化しています。 まだ寝ることができたとしても、寝心地も悪くなっているため、実際にマットレスとしての寿命はもう終わっていると考えるべきで、無理に使い続けず買い替えた方が無難と言えます。 マットレスの種類で耐用年数が異なる 低反発マットレスは劣化が早い 高反発マットレスは長持ちする傾向 マットレスといっても沢山の種類があります。 それを大別すれば「低反発」と「高反発」になりますが、それぞれの素材の特性により、耐用年数は大きく異なってきます。 低反発マットレスは劣化する スポンジのような素材の「低反発マットレス」は形状が変化しやすい特性があります。 例えば5キロ太った場合、低反発マットレスでは今まで以上に沈み込みが深くなることが考えられます。 そして、過度に沈み込んだ状態が常態化することで、マットレスの劣化に直結し、寿命を縮めていきます。 さらに、この形状の変化(劣化)により、睡眠時の姿勢がこれまでとは異なってくることがあるので、特に腰痛に悩んでいる方は、この違いに敏感になっておかなければいけません。 このような点を考慮せずに低反発マットレスを使っていると、首、肩、腰の痛みを発症させてしまうリスクがあります。 高反発マットレスは長持ちする 長持ちするマットレスと言えば「高反発マットレス」です。 元々、耐久性があるウレタン素材を使っており、体重がかかった場合でも復元力があることから、マットレス自体が劣化しづらい特徴があるのです。 さらに、軽い素材でできているため、持ち運びが容易なので、簡単に陰干しができます。 その上、洗える素材もあるので、衛生面でも利点があります。 衛生的な状態を長く保つことができれば、当然、マットレスの寿命は長くなります。 マットレスの耐用年数の判断ポイント 見た目の異常は即買い替え 寝ていて違和感があれば買い替えを検討 腰部分が凹んでいるとき 睡眠時、体重が一番多くかかる腰や臀部が凹んでいる場合は、残念ながらマットレスの寿命です。 マットレスの中央部分がヘコんでいると睡眠姿勢が「くの字」になるので、腰痛の原因になります。 腰部分がヘコんでいるマットレスは寿命であり、買い替え時期だと判断して間違いないでしょう。 寝返りが打ちづらい 一般的に人は一晩に20〜30回寝返りを打つと言われています。 寝返りは体熱の放出や筋肉の疲労と取り、代謝をよくする効果がある欠かせない行為です。 しかし、耐用年数の過ぎたマットレスは自然な寝返りを阻害します。 寿命を迎えたマットレスは寝返りが打ちづらくなるため、どうしても力が入ります。 それが睡眠を妨害してしまうことになるのです。 起床時に疲労が残っていたり、肩こりや腰痛などの症状が出ている方はマットレスの寿命による寝返りの阻害を疑った方がいいかもしれません。 ベッドがきしむ コイルマットレスの場合、中のスプリングなどからきしむ音が聞こえ始めていたら、買い換えのタイミングだと考えるべきです。 これはスプリングそのものが耐用年数を迎えている可能性が高いので、買い替えが最良の選択肢になります。 健康被害が出る前に買い替えを検討してください。 マットレスを買い換える マットレスが寿命を迎え、買い換えなければならなくなった場合の自分に合った快眠できるマットレスの選び方をご紹介します。 特に腰痛や肩こりが改善できる「健康マットレス」がおすすめです。 マットレスの機能性 睡眠科学の進展に伴い、腰痛や肩こりの改善に特化した「機能性の高いマットレス」が人気になっています。 マットレスの買い替えを検討する際には、体の痛みが軽減される機能性マットレスを最優先してください。 人気の高機能マットレスは「雲のやすらぎ」「モットン」「マニフレックス」などが有名です。 スポーツ選手も愛用する健康マットレスなら、腰や肩の痛みの改善に抜群の効果を発揮します。 マットレスの価格 マットレスの価格と機能性は確実に比例します。 マットレスの値段は、使用素材の品質や縫製で決まるため、安いマットレスは品質が悪く、快眠効果は期待できません。 一方、高額なマットレスは高品質で、熟睡でき、健康が得られる上に、長期間使えます。 信頼できる高額マットレスは、決して高い買い物ではないのです。 マットレスブランド マットレスのブランドを鵜呑みにしてはいけません。 有名スポーツ選手出演のCMにより、思わず指名買いしていまいますが、これは早計でしょう。 有名ブランドのマットレスだからといって、必ずしも高品質とは言えないのです。 知名度がないものの高機能のマットレスは沢山あるので、派手な演出に騙されないようにしましょう。 同品質のマットレスが半額で売られていることも珍しくないのです。 マットレスの硬さ マットレスは「硬すぎ」と「柔らかすぎ」は絶対によくありません。 板の上で寝れば全身が痛くなりますし、ウォーターベッドのような柔らかすぎる寝床も腰を痛めます。 体重に最適な硬さがなければ、寝心地や体の痛みの解消は望めないのです。 高反発マットレスがおすすめ 低反発マットレスは絶対におすすめできません。 実際に寝てみると腰が「くの字」になり、負担がかかり、腰痛を発症するリスクが高まります。 快眠には、やはり高反発マットレスがおすすめです。 高反発マットレスは、快眠できる機能性がある上に、通気性や耐用年数でも優れ、結果的にお得な買い物になります。 事実、人気の機能性マットレスの殆どは高反発マットレスです。 マットレスの通気性 多くのマットレスは天日干しができません。 特にコイル系マットレスは重量があり、移動が困難なので、簡単な陰干しすらおざなりになります。 これではカビやダニの発生が懸念されます。 カビ・ダニ対策には、上げ下ろしが簡単で容易に風通しができる軽量マットレスがおすすめです。 人気の機能性マットレスは、防ダニ対策もバッチリなので、安心して使えるでしょう。 湿気を開放でき、内部の空気が循環しやすい通気性のよいマットレスを選択してください。 マットレスの耐久性 マットレスは長期間使用することが前提なので、荷重に耐え得る耐久性が絶対条件になります。 仮に10年使うと、3652日もの間、体重分の荷重に耐えなければいけないのです。 一方で寝心地のよさも必要なので、単純に硬くすればいいわけではありません。 「耐久性」と「寝心地」という相反する両機能を満たす性能がなければ、すぐに廃棄せざるを得なくなるでしょう。 マットレスのサイズ 国内のマットレスは一般的に「シングル」「セミダブル」「ダブル」「クイーン」「キング」の5サイズが一般的です 既存のベッドに合わせる場合は、ベッドフレームのサイズに合うマットレスを選んでください。 「一人暮らし=シングルサイズ」と判断せず、部屋のスペースと相談しながらも、少し余裕のあるサイズを選ぶことがポイント。 少し大きめのサイズだと、寝返りが打ちやすくなるので、よりリラックスでき、快眠できる確率が高まります。 高齢者は「軽量タイプ」がおすすめ マットレスの寿命を延ばすためにはメンテナンスが必須です。 特にカビやダニの発生防止のための「陰干し」が欠かせませんが、重量のあるマットレスでは移動が困難になるので、メンテナンスが疎かになります。 とりわけ女性や高齢者には、重たいマットレスはおすすめできません。 ストレスなく持ち運べ、陰干しがしやすい軽量マットレスを中心に選ぶとよいでしょう。 マットレスの寿命を延ばす方法 一流ブランドのマットレスの耐用年数は約10年ですが、正しい使い方をしていない場合は、それ以前にヘタってしまうことがあります。 一方で、定期的なメンテナンスをしていれば15年以上も長持ちさせることができるかもしれません。 せっかく買ったマットレスは長く使いたいものです。 寿命を長くするために必要なメンテナンスを実践してください。 マットレスの位置の入れ替えによる延命 体重を預けるためマットレスには大きな負荷がかかっています。 そのため、知らないうちに体の形がついてしまうことがあります。 特に体の中で1番重たい腰部分が、気づかないうちにへこんでしまっていることがあるのです。 この防止策として「定期的なマットレスの方向の入れ替え」を実践してください。 つまり、頭と足の位置を入れ替えたり、表と裏を入れ替えたりするのです。 マットレスは、どの部分も均等な作りになっているため表と裏を入れ替えても寝心地に変わりはありません。 一ヶ月程度を目安に位置を入れ替えることを心がけましょう。 これでコイルやウレタンの劣化を防ぐことができます。 表側と裏側の入れ替えに加えて、上下のローテーションに組み入れることで4パターンの入れ替えが可能になります。 最初は表面に寝るようにして、続いて裏側が上に出るように入れ替えます。 さらに、その状態から上下を入れ替えてこれまで頭だった部分が足に来るようにするのです。 そして、そのまま裏と表を入れ替えると、寝ているときに負担がかかる場所を4回分ずらすことが可能になります。 この入れ替えを1ヶ月に1回行えば、4ヶ月で4つの場所を使うことになり、コイルやウレタンの負荷を大きく減らせ、表地の劣化も防ぐことができるのです。 これにより、特定部位の沈み込みがなくなり、マットレスの寿命を伸ばすことができます。 陰干しによる延命 定期的な陰干しはマットレスの延命に有効です。 人は睡眠時に毎日コップ1杯分の汗をかくと言われています。 特に夏場はそれ以上に汗をかくことがあるでしょう。 大量の汗を吸収したマットレスをそのままにしておくと、カビやニオイの原因になり、とても不衛生です。 また、皮脂などをエサにするダニを発生させてしまうことになります。 そのために定期的にマットレスを陰干しする必要があります。 風に当てるだけでも湿気は放出されるので、マットレスのジメジメ感は解消されるでしょう。 常にマットレスを衛生的にしておけば、カビやダニの発生を押さえられるので、マットレスを長く使うことができるのです。 天日干しで乾燥させて延命 マットレスは寝室に置いたままでは、湿気がたまってしまいます。 ジメジメした状態が続くと布地が劣化するだけでなく、コイルが錆びる可能性もあり、衛生上の問題も発生します。 このジメジメ状態の解決には、天日干しがおすすめです。 よく晴れた日を選び、ベランダや庭に出し、壁に立てかけ日光を当てましょう。 このときに大切なことは、時間を掛けてマットレスの全体を日光に晒すことです。 表側だけでなく裏側も同じ時間をかけて日光を浴びせることがポイントです。 但し、エアウィーヴなどのファイバー系のマットレストッパーは、熱に弱い特性があるので、直射日光に当てるのは危険です。 あくまで陰干しが基本になりますので、製品による使い分けをしてください。 ダニ対策でマットレスの耐用年数を伸ばす ダニ対策で耐用年数を延ばせる マットレスが長持ちしない原因のひとつに「ダニの繁殖」があります。 とはいえ、使っていれば少なからずダニは発生してしまうので、その数を減らす対策が大切です。 まず、シーツやカバーは定期的に交換します。 本来であれば毎日交換することが望ましいですが、現実的には難しいため一週間程度を目安に交換することがおすすめです。 また、マットレスのローテーションで向きを変えるときに掃除機を掛けましょう。 掃除機は生きているダニへの効果は薄いとされているものの、既に死んでいるダニや排泄物の除去には大きな効果があります。 ダニの死骸などが残っていると、睡眠時の呼吸によって体内に吸い込まれてしまうリスクがあるので、健康被害の原因になりかねません。 さらに、埃を除去したりスノコを敷くこと、ダニ取りシートをはじめとする対策グッズを用いることでダニが付着する可能性を低下させることができます。 マットレスは品質と比例して価格が上がっていきます。 高品質なマットレスほど価格が高いため、購入後はできるだけ長持ちさせたいと考えるのは当然のことです。 そのためには、向きの入れ替えや天日干し、ダニ対策といった方法を継続して行うことが大切で、どれか一つでも怠ると寿命は短くなっていきます。 メンテナンスを習慣づけることがおすすめです。 おすすめの人気ふとんクリーナー 近年、ダニやハウスダスト対策のための寝具専用掃除機「布団クリーナー」が注目されています。 「レイコップ」がブームの火付け役となりました。 布団を干すのは天候に左右される上に、布団を持ち上げるのは重労働で、特にシニア層にとっては辛い作業になるので、どうしても不衛生な睡眠環境にならざるを得ませんでした。 しかし、布団クリーナーがあれば手軽に、しかも短時間で布団をキレイにできることです。 マットレスの寿命を延ばすことにも一役買ってくれる存在です。 メーカー別マットレスの耐用年数一覧 マットレスの品質はピンきりです。 ブランドや価格によって耐用年数は違ってきます。 また、マットレスの使用環境やメンテンスによっても、寿命は大きく左右されます。 これを踏まえ、おおよそ下表を目安に寿命を判断してください。 当然ですが、「シモンズ」「シーリー」「フランスベッド」などのマットレス専門メーカーの方が耐用年数は長い傾向にあります。 価格がやや高めになりますが、それでも専門メーカーの高額マットレスを買った方がいいでしょう。 但し、高温に弱いのでぬるま湯で洗うこと。 しかし、マットレス専門メーカーの商品と比べると耐用年数は短めだと言われています。 元々の価格が違うので当たり前かもしれませんが、やはり使っているウレタン素材などの質が違うので、あまり長持ちはしない傾向にあるようです。 高品質のマットレスを作る場合には、それなりの素材を使う必要があるため、当然、販売価格も高くなります。 一方、安いマットレスでは、高品質な素材が使えなくなるので、必然的に耐用年数は短くなってきるのです。 また、ニトリが展開している低反発マットレスは耐用年数が短くなる傾向があるばかりか、メンテンスがしづらいので、ニオイや変色などの問題が発生します。 あまりおすすめできないとの口コミ・評判が多かったようです。 マットレスの耐用年数のまとめ マットレスの耐用年数は、そもそもの品質によって大きく異なってきます。 また、定期的な手入れをすることで伸ばせる反面、メンテナンスを怠ることで、耐用年数を縮めてしまうこともあるのです。 せっかく買ったマットレスを長持ちさせたければ、定期的に手を入れてあげましょう。 もし、マットレスが寿命を迎えているようであれば、躊躇なく買い替えることをおすすめします。 腰痛や肩こりなどの健康被害が出る前に、思い切って新品のおすすめマットレスにしてみてください。 新品のマットレスであれば、見違えるように快眠ができる可能性が高くなるのです。 柔らかいマットレスは、体が沈み込み腰を痛めるリスクがあります。 体が沈み込むようなマットレスでは、背筋の力ーブが崩れて、筋肉に負担がかかり、正しい寝姿勢を保つことはできません。 朝起きたとき、腰や肩、首が痛い場合は、マットレスの硬さをチェックしてみましょう。 しかし、必要以上に硬めのマットレスにするのも問題です。 あまりに硬いマットレスは、背中が鬱血し、寝返りの回数が増えて眠りが浅くなってしまう懸念があります。 天井を向いて寝たとき、腰と肩から背中の上部だけで体重を支えて、背中の中心が床から浮いている状態になっているなら、そのマットレスは硬すぎです。 硬すぎるマットレスで寝る人は、腰に負担がかかるので、仰向け寝で寝ることができずに横向き寝になりがちですが、すると今度は肩が潰れた姿勢で眠ることになり、肩こりの原因にもなるのです。 あまりメンテナンスがされていないマットレスで寝ている人も注意が必要です。 マットレスは長年使い続けると、どうしても体重の圧迫や汗の吸収によって潰されていきます。 最初はちょうどいい硬さのマットレスを選んだつもりでも、時間経過とともに硬すぎるマットレスに変わっていくのです。 毎日使うものなので、経年劣化には気づきにくいかもしれませんが、健康を支える睡眠に欠かせない道具ですから、常にいい状態に保つていなければいけません。 長期間使っているマットレスは、上下左右や裏表を入れ替える「ローテーション作業」が必要になります。 最近はクリーニング店でも寝具量販店でもマットレスの丸洗いサービスを提供していますが、マットレスは必ずしも水で洗う必要はありません。 人は毎日寝ているだけでコップ一杯分(200ミリリットル)の汗をかきますが、このすべてがマットレスに吸収されるとしたら、毎晩の睡眠でマットレスは相当汚れます。 しかし、実際はシーツやパッドが防御してくれていますし、そもそもマットレス自体の通気性が確保されていれば、水洗いするほどは汚れません。 要は、通気性のよいマットレスを選び、こまめに陰干しし、定期的にシーツを洗濯すれば、清潔な睡眠環境を保つことができるのです。 それよりも、丸洗いのデメリットのほうが大きいかもしれません。 睡眠環境を保つためには、マットレスを定期的に丸洗いするより、高品質のマットレスを選び、日頃よく日に当て風を通すようにすること、そして定期的にローテーションをするなど、メンテナンスをすること。 それを守れば、水で洗う必要はないというのが実態です。

次の