ユーフォー テーブル。 ユーフォーテーブル

近藤光(ユーフォーテーブル社長)の顔画像や経歴は?鬼滅の刃アニメ制作会社が脱税

ユーフォー テーブル

スポンサーリンク 『鬼滅の刃』映画は放送中止になる? みなさんが一番心配なのは 「鬼滅の刃の映画が放送中止になるか」 ということかと思います! 結論から言うと 放送中止になる確率は低い と思います! この 脱税疑惑は 2019年3月に発覚していました。 鬼滅の刃の アニメ第1期が放送されたのは 2019年4月〜です。 ということは 疑いが向けられた 脱税の元となる収益は 鬼滅の刃のアニメ制作とは関係がない可能性が高いです! また、 ユーフォーテーブルは 大人気アニメ『 Fate』シリーズのアニメ制作も手掛けており 脱税の元となる収益の多くは 『Fate』関連ではないかと思われます! 一つだけ気になるのは 昨年はまだ脱税の調査中だったということ。 今回は 脱税が確定したようなので それを受けて 何らかの影響が出る可能性はあります。 それでも、やはり 放送中止になる可能性は低いでしょう。 脱税問題で今後アニメ制作に関して 何らかの影響が出る可能性はあります。 ですが、鬼滅の刃の映画は すでに収録を終えているでしょうし それを 上映するのはアニメ制作会社ではありません。 アニメ制作会社の脱税問題は それはそれで対処すべき問題ですが 映画の上映との関係性は薄いと思われます。 もし映画が放送中止になれば 作者や集英社がうける被害も甚大です。 さすがにそこまでの処罰とはならないでしょう。

次の

鬼滅の刃脱税でアニメや映画は大丈夫?ユーフォーテーブルはどんな会社?|ワンピースネタバレ漫画考察

ユーフォー テーブル

ゲーム本を執筆する仕事をする。 テレコム・アニメーションフイルムに入社• 「スパイダーマン」や 「ルパン三世 くたばれノストラダムス」でアニメーションの実績を積む• 30歳でアニメ制作会社ufotableを設立• 37歳で「ufotable Cafe」カフェ・ダイニング事業を展開 近藤光さんが30歳の時に、 「自分が25歳だったら働きたい!と思える会社を創る」という気持ちで会社を立ち上げたようです。 若い人たちが入社したい!と思える新しく斬新な社風にしたいという思いからでしょうか。 30歳で設立した ufotableは、友人の住む北池袋の古いマンションの四畳半部分に作業机を2台持ち込んでのスタートだったそうです。 そして37歳のときに、「 スタッフの士気の向上・食生活の改善」「制作者とファンとの交流の空間」という目的で 「ufotable Cafe」というダイニング事業を展開します。 この「ufotable Cafe」ではアニメに関するグッズも多数販売しており、アニメファンにとっては聖地的な場所でもあったようです。 近藤光の年収がすごい そこで、近藤光氏の年収についても調べてみました! 近藤光氏の会社ufotableは、 Fateシリーズだけではなく、 刀剣乱舞・空の境界・ ゴッドイーターシリーズなど大ヒット作が多くあります。 そして近年では『鬼滅の刃』が爆発的な人気。 その年収は相当凄いと考えられます。 残念ながら近藤光氏の年収について、明確な金額はわかりませんでした。 しかし大ヒットアニメの制作を次々とヒットさせているufotableの代表取締役社長である近藤光さん。 その年収は10億円ほどあるのではないかという噂もあります。 噂だとしても10億円なんてとんでもない金額です。 一般的な中小企業の社長の年収平均がおよそ 「1700万~2000万」 しかし近藤光社長はカフェやイベントの企画もしていて、アニメ制作事業もすさまじい成長。 かる~く、3000万~5000万以上はあったんじゃないだろうかと思います。 詳細はわかり次第追記します。 近藤光の嫁のユーフォーテーブルの経理状況がヤバい!• 社員やアルバイトの給料を現金で手渡しされていた。 カフェで販売されているグッズは在庫や発注数を誰も把握せず、どんぶり勘定• 店舗の売り上げは、銀行口座に入れず、金庫がいっぱいになったら社長が自ら札束を取りに来る。 社長がレジにロックをかけ『情報漏洩が怖いから』と説明 ツイッター情報を鵜呑みにしてはいけませんが、今回の脱税発覚から考えるとこのようなずさんな経営をしていた可能性はかなり高いですね。 経理の処理は どんぶり勘定で ずさんであったと思われます。 純粋な気持ちでアニメを愛している日本中・世界中のファンにとっては、とても残念なニュースです。

次の

鬼滅の刃脱税でアニメや映画は大丈夫?ユーフォーテーブルはどんな会社?|ワンピースネタバレ漫画考察

ユーフォー テーブル

スポンサーリンク 鬼滅の刃のアニメを制作していた会社「ユーフォーテーブル」が脱税をしていたことが発覚しました。 そこで今回は 近藤光 ユーフォーテーブル社長 の顔画像や経歴について調査してみました。 法人税など計約1億3900万円を脱税したとして、東京国税局が、大ヒットアニメ「鬼滅の刃」などを手掛けるアニメ制作会社「ユーフォーテーブル」(東京都中野区)と近藤光社長(50)を、法人税法違反や消費税法違反の疑いで東京地検に告発したことが、関係者への取材で明らかになった。 同社は東京や大阪など全国でアニメキャラクターを売りにした飲食店を展開している。 関係者によると、近藤社長は都内など一部店舗の売上金の3割ほどを定期的に抜いて、自宅金庫に保管。 売上金を減額するなど帳簿を改ざんし、15、17~18年分の所得計約4億4600万円を隠し、法人税約1億1000万円と消費税約2900万円を脱税したとされる。 事業資金に充てていたという。 近藤社長は代理人弁護士を通じ、「すでに修正申告を行い、全額納税した。 ファンや関係者に迷惑をかけて申し訳ない。 より良い作品の制作環境の整備に向け、法令を順守し、経営の適正化に努める」とコメントした。 毎日新聞 名前:近藤光 こんどう・ひかる 生年月日:1969年12月2日 年齢:49歳 ufotable代表取締役社長 ufotable KOREA 会長 アニメーションプロデューサー アニメーション監督・アニメーション演出家 アニメーション脚本家・音響監督 出身:徳島県 近藤さんは『ユーフォーテーブル』の社長として登録されています。 近藤社長は20代前半の頃まではゲームなどの本を書く仕事についていたそうですが、テレコム・アニメーションフィルムに入社してからは「ルパン三世 くたばれ! ノストラダムス」などの作品で制作進行などディレクションを担当していくようになったそうです その後仕事を転々とし、ユーフォーテーブルを設立したのは2000年。 「25歳の自分が働きたいと思える会社にしたい」ということを信念に起業されたようですね。 設立時には、古いマンションの四畳半部分に作業机を2台持ち込んで会社がスタートしたのだそうです。 そこからここまで会社を大きくするのは並大抵の努力じゃなかったでしょうね。

次の