健康診断 結果 会社。 【法改正あり】健康診断結果の保存期間、取扱方法を見直そう

健康診断結果を提出しない社員は問題?

健康診断 結果 会社

会社の健康診断結果が悪い… 会社の健康診断を受けたら結果が悪い…そんな経験ありませんか? 健康診断を受けた病院によって判定区分に違いはあるかもしれませんが、私が受けた場所では、正常、軽度の異常、要経過観察、要再検査、要治療、要精密検査、治療継続がありました。 正常、軽度の異常、要経過観察であれば、次回の健康診断でも良いかもしれませんが、要再検査、要治療、要精密検査になると病院に行く必要も出てきます。 私の場合、肝機能検査が、要再検査、要精密検査になったことがあります。 健康診断の要再検査と要精密検査の違いは? 健康診断の要再検査と要精密検査の違いは、一時的な変動かどうかの確認のためにもう一度行う同じ検査(要再検査)か、治療が必要かどうかを確認するために行う、より詳しい検査(要精密検査)かです。 健康診断は、何の病気がわかるかというより、体の異常を見つけるためにします。 それに、前日の食事が遅くて検査に影響したり、誤診の可能性など、その時の状況にもよるようです。 なので、再検査だからといって必ずしも病気が見つかったわけではありません。 健康診断で出た数字が正しいものかどうかをもう一度検査して確認するわけです。 再検査の場合、異常なしということが多いみたいです。 精密検査の場合でも異常なしのことはあるものの、異常発見など受診前提の状態だと思います。 スポンサーリンク 私の受けたところでは、要再検査のときは、健康診断の結果だけ来た気がしますが、要精密検査の場合、『要精密検査のお知らせ』の紙も届きました。 要精密検査の方が、再検査よりこわいです。 健康診断の再検査は受けるべき? 健康診断の精密検査は受けた方が良いと思われるかもしれませんが、再検査の場合です。 健康診断の再検査は受けるべきかは、個人的には、受けた方が良いと思います。 とはいえ、私の場合、精密検査は受けたことがありますが、再検査は仕事が忙しくて受けていませんでした。 ですが、会社からは何も言われたことがありません。 どうやら、健康診断を受けさせるのは会社の義務ですが、2次検査は、義務ではないようで、個人の判断のようです。 ただし、会社は医師の意見をきかなければならなく、健康診断結果の保存や、2次検査や治療をするように指導することもありますし、安全配慮義務違反を問われないために、就業規則に再検査の受診義務について定めている可能性もあるようなので、やはり、再検査でも受けた方が良いです。 それに、 自分は大丈夫と思っていても、もしもの可能性もあるため、病気の予防や手遅れにならないためにも、病院への受診をした方が良いです。 再検査は、会社指定の医療機関があればその場所を利用するのが良いと思いますし、それ以外の場合でも、自分で保険証、健康診断結果、紹介状(健康診断結果に同封されている場合)を持って、専門の病院で受診します。 まとめ• 会社の健康診断を受けたら結果が悪い。 私の場合、肝機能検査が、要再検査、要精密検査になったことがある。 健康診断の要再検査と要精密検査の違いは、一時的な変動かどうかの確認のためにもう一度行う同じ検査(要再検査)か、治療が必要かどうかを確認するために行うより詳しい検査(要精密検査)かの違い。 健康診断の再検査は受けるべきかは、個人的には、受けた方が良い。 会社の健康診断結果が悪い、要再検査と要精密検査の違いに受けるべきかをお伝えしました。 会社や病院によりますが、少しでも参考になればと思います。 ハピラキと言います。 アラサーの男です。 生活する上で出てくる疑問について解決できればと思います。 1年のイベント行事など、役に立つ情報もお届けします。 カテゴリー•

次の

健康診断の結果はいつわかる?会社や個人の日数と結果が遅い時の理由

健康診断 結果 会社

会社の健康診断結果が悪い… 会社の健康診断を受けたら結果が悪い…そんな経験ありませんか? 健康診断を受けた病院によって判定区分に違いはあるかもしれませんが、私が受けた場所では、正常、軽度の異常、要経過観察、要再検査、要治療、要精密検査、治療継続がありました。 正常、軽度の異常、要経過観察であれば、次回の健康診断でも良いかもしれませんが、要再検査、要治療、要精密検査になると病院に行く必要も出てきます。 私の場合、肝機能検査が、要再検査、要精密検査になったことがあります。 健康診断の要再検査と要精密検査の違いは? 健康診断の要再検査と要精密検査の違いは、一時的な変動かどうかの確認のためにもう一度行う同じ検査(要再検査)か、治療が必要かどうかを確認するために行う、より詳しい検査(要精密検査)かです。 健康診断は、何の病気がわかるかというより、体の異常を見つけるためにします。 それに、前日の食事が遅くて検査に影響したり、誤診の可能性など、その時の状況にもよるようです。 なので、再検査だからといって必ずしも病気が見つかったわけではありません。 健康診断で出た数字が正しいものかどうかをもう一度検査して確認するわけです。 再検査の場合、異常なしということが多いみたいです。 精密検査の場合でも異常なしのことはあるものの、異常発見など受診前提の状態だと思います。 スポンサーリンク 私の受けたところでは、要再検査のときは、健康診断の結果だけ来た気がしますが、要精密検査の場合、『要精密検査のお知らせ』の紙も届きました。 要精密検査の方が、再検査よりこわいです。 健康診断の再検査は受けるべき? 健康診断の精密検査は受けた方が良いと思われるかもしれませんが、再検査の場合です。 健康診断の再検査は受けるべきかは、個人的には、受けた方が良いと思います。 とはいえ、私の場合、精密検査は受けたことがありますが、再検査は仕事が忙しくて受けていませんでした。 ですが、会社からは何も言われたことがありません。 どうやら、健康診断を受けさせるのは会社の義務ですが、2次検査は、義務ではないようで、個人の判断のようです。 ただし、会社は医師の意見をきかなければならなく、健康診断結果の保存や、2次検査や治療をするように指導することもありますし、安全配慮義務違反を問われないために、就業規則に再検査の受診義務について定めている可能性もあるようなので、やはり、再検査でも受けた方が良いです。 それに、 自分は大丈夫と思っていても、もしもの可能性もあるため、病気の予防や手遅れにならないためにも、病院への受診をした方が良いです。 再検査は、会社指定の医療機関があればその場所を利用するのが良いと思いますし、それ以外の場合でも、自分で保険証、健康診断結果、紹介状(健康診断結果に同封されている場合)を持って、専門の病院で受診します。 まとめ• 会社の健康診断を受けたら結果が悪い。 私の場合、肝機能検査が、要再検査、要精密検査になったことがある。 健康診断の要再検査と要精密検査の違いは、一時的な変動かどうかの確認のためにもう一度行う同じ検査(要再検査)か、治療が必要かどうかを確認するために行うより詳しい検査(要精密検査)かの違い。 健康診断の再検査は受けるべきかは、個人的には、受けた方が良い。 会社の健康診断結果が悪い、要再検査と要精密検査の違いに受けるべきかをお伝えしました。 会社や病院によりますが、少しでも参考になればと思います。 ハピラキと言います。 アラサーの男です。 生活する上で出てくる疑問について解決できればと思います。 1年のイベント行事など、役に立つ情報もお届けします。 カテゴリー•

次の

[インターネット]会社からの健康診断に付いて。会社が勝手に開封して、診断結果を見るのは不法行為では無いでしょうか?

健康診断 結果 会社

会社で従業員として働きだすと、年に一度健康診断を受けます。 以前でしたら、その診断結果は自動的に会社に送られて、会社の管理部が目を通してという流れになっていましたが、近年は個人情報に厳しくなったので、会社を通さずに病院から直接従業員の元へ診断書が郵送されるというケースが増えてきました。 診断結果は個人情報ではないのか その際、従業員本人が診断結果に目を通した後、会社側が診断書を回収するようになります。 その時に、健康診断書は個人情報だから会社に提出したくないと考える人がいてもおかしくありません。 確かに個人情報を公開しない権利が従業員にはありそうですが、会社が行った健康診断の結果を会社が知りたいという思いも当然だと言えますよね。 会社と労働者との契約上、健康診断の開示は当然 一般的な個人情報の問題の場合とは違い、会社側と従業員の場合は「労働契約を結んだ関係」です。 会社側としては、従業員の健康は仕事上重要な問題なので結果を知っておきたいと思うのは当然です。 それは病気だからクビにするという問題ではなく、事前に知り、入院が必要になった際などに、素早く対応できるからです。 健康診断は一般的なプライバシーとは取り扱いが違う そもそも、会社が年に一回、健康診断を行うのは労働安全衛生法という法律で決まっています。 そしてその法律には会社への「健康診断の実施の義務」と「健康診断の結果を従業員に伝える義務」が記されています。 すなわち、「会社側が健康診断の結果を知ることを前提」とした法律であるとわかります。 法定項目以外の健康診断結果はプライバシー範囲内 ただし、労働安全衛生法で決まっている法定項目以外の健康診断である婦人科の健診などの結果はグレーゾーンで、会社がその診断を実施する義務がありません。 それは逆に言えば、従業員がその診断結果を知らせる必要がない検査と言えるでしょう。 健康診断の結果報告について事前に確認する 会社の健康診断を受ける前に考えを整理しておきましょう。 健康診断の法定項目の受診と結果報告は従業員として認めること、そして法定項目以外の特別検診を受けるかどうかは自分次第です。 受診をした場合は、会社に報告する必要が生じる可能性が高くなります。 そのため、会社の健康診断で特別検診を受けて結果も会社に報告するか、特別検診に関しては自分で個人的に検査するかを考えて、会社側にも事前にその旨を確認しておくといいでしょう。 会社に健康診断の結果を報告するのは当然!事前に認識しておこう 健康診断の結果は、もちろん個人情報なので大切なものです。 しかし、会社と従業員という契約を結んだ関係であり、そもそも会社側も法律に従って健康診断を実施していると考えれば、検査報告を会社に報告するのは仕方がないと言わざるを得ません。 ただし、特別検診など法律で決まっていないものに関しては自分の判断で診断を受けないのも可能ですので、ぜひ会社側に確認をとってみましょう。

次の