ウミウシ。 ウミウシの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

ウミウシ

ウミウシ

特徴 [ ] 「海のナメクジ」と呼ばれるウミウシ類の仲間とは思えない姿で、胴体前部左右には人の平手を拡げたような鰭を備え、その後ろにはやや小さい鰭、さらに後ろにもう1つの小さい鰭を持っており、これで海を遊泳するように動かす。 胴体後部がの尾のようにも伸び、体型から英語で「 ウミツバメ」 Sea Swallow 、「 青い天使」 Blue Angel 、「 青い竜」 Blue Dragon などとも呼ばれる。 体長は20-50ミリメートルほど。 分布 [ ] 熱帯から温帯の海に生息する外洋性のウミウシで、日本でもや、などで見られることがある。 外洋性ゆえに普通は沿岸部では見られないが、たまに沿岸部に漂着する時がある。 消化管に空気を入れて浮遊し、波の流れと自らの遊泳によって移動を行う。 生態 [ ] 肉食性で、主に類のような浮遊性刺胞動物に付くが、それらに取りついて移動手段にするだけでなく、栄養源として捕食する。 特に猛毒の刺胞を持つやといった種を好み、クラゲの毒をものともせずに食べてしまう。 盗刺胞を行う。 しかも美しい姿をしているものの、いわゆる電気クラゲと呼ばれる猛毒のクラゲ類の刺胞を体内に取り込んでおり、それを他のミノウミウシ類のように捕食者に対する武器として用いる。 毒性は健在なので、その美しさと優雅さに惹かれても、直接手で触れることは危険である。 広い外洋に生息しているため、子孫を確実に残せるように雌雄同体であるうえ、断続的に3000個以上の卵を産卵し、放流する。 出典 [ ].

次の

ウミウシガイドブック〈2〉伊豆半島の海から

ウミウシ

どうもヤスです! ナメクジのようなツノが2本生えている摩訶不思議な海の生き物 ウミウシについてご紹介したいと思います! まず今回の記事をご紹介するにあたり、始めにお伝えをしておくべきことは ウミウシを簡単に飼育できる確立した飼育方法はないということです。 飼育方法と言いながらいきなり何を言い出すんだ!と思う方もいらっしゃるでしょうが、 ウミウシの長期飼育は非常に難しいのが現実ですので、私自身も自信を持ってお伝えできる飼育方法がないのが現実です。。。 しかし今までの経験から皆様に少しでも役に立てる情報をお渡しできればと思い、今回の記事を書きました。 いつもの飼育記事とは異なりますが、少しでもお役に立てて頂けたら嬉しいです! Contents• ウミウシの購入 ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます! ただしウミウシは非常に水質に敏感な種であるので、 輸送中の水質悪化で衰弱してしまう可能性もあります。 できれば近くのショップで直接購入し、できる限り水質が悪くならないように購入するのが良いでしょう。 私の所感ですがショップの入荷数も比較的多いように思いますので、まずはショップに足を運んでみることをオススメします! ウミウシの値段 ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう! ネット購入 1200円 ショップ購入 1300円 価格は種類によって異なりますが、そこまで 大きく差はない気がします。 ミゾレウミウシやシライトウミウシなどが比較的入荷が多いように思いますが、価格にそこまで差はありません。 アメフラシ種のタツナミガイなどは大きさによっては2000円近くする種もいますが、今回メインでご紹介す裸鰓目のウミウシは比較的安価に入手することは可能です。 種類にもよりますが比較的 温度は低い方が過ごしやすい環境であるとされています。 しかし冬場の低温には耐えられないですし、夏場の高温はもってのほかです。 ウミウシを飼育する際はヒーターとクーラーは必ず設置するようにしましょう。 ウミウシは 自然界では水の綺麗な場所にしか生息していないため、水質についてはイソギンチャクを飼育できるレベルの綺麗な海水を維持できるように心がけましょう。 またウミウシは 通過した場所に粘膜質の物体を残します。 ナメクジやカタツムリが通過した後に残るネバネバをイメージしていただくとわかりやすいのではないでしょうか。 そのため通常の海水魚を飼育するよりも 頻度を高くして換水する必要があります。 できればプロテインスキマーも設置してあげるとより水質を維持しやすくなるのでオススメです。 水槽の大きさ 単体であれば30cm水槽でも十分飼育可能です。 悲しいことにウミウシを購入時以上に大きく育てることは難しいとされています。 販売されている個体も大体が5cm弱のものがほとんどだと思いますので、30cm水槽でも十分事足ります。 ただし他種と混泳する場合は大きい水槽が必要です。 あまりありませんが狭い水槽で性格がキツい海水魚と一緒に飼育をしてしまうとちょっかいを出されてしまう可能性があります。 もし他種と混泳させる場合は余裕を持って60cm規格の水槽を用意することをオススメします! 混泳 他種混泳 注意が必要です。 ハナダイやマンジュウイシモチなどおとなしい海水魚であれば基本的に問題なく飼育することができますが、性格のきつい海水魚との混泳は避けた方が無難だと思います。 またギンポやカエルウオなどのライブロック付近を縄張りとする海水魚との混泳は避けた方が良いでしょう。 シュリンプ系との混泳は私が飼育していた時は喧嘩することはなかったので、とりあえずあまり心配する必要はなさそうです。 同種混泳 注意が必要です。 ウミウシは雌雄同体であるため同種のウミウシであれば、 交尾したのち産卵します。 そのため喧嘩などをすることはほとんどないと考えて問題のですが、産卵の際に体力を消耗してしまいただでさえエサ不足で衰弱が考えられるウミウシの体力をさらに奪ってしまうことが考えられます。 どれだけ水槽が大きかったとしても同種での混泳は避けた方が無難でしょう。 また異種のウミウシの場合も喧嘩することはほとんどないようです。 しかしオオエラウミウシなど 他のウミウシを捕食してしまう種もいますので、混泳の際は要注意です。 サンゴとの混泳 おそらく問題ないでしょう。 基本的にはサンゴに食害を及ぼすこともありませんし、遊泳によるストレスをサンゴに与えることもありません。 ウミウシが排出する粘膜による水質汚染に気をつけていれば問題はないかと思います。 ただウミウシの中にはイソギンチャクを食べる種類もいるので注意しましょう。 イソギンチャクを食べる種として アエオリディエラ・クロモソマが有名ですが、ナガレイソギンチャクやウメボシイソギンチャクなどを好んで捕食します。 基本的に販売されていることはあまりないので心配はありませんが、自然海からウミウシをエサごと採取してきた場合などは一緒に付着している可能性もありますので注意しましょう。 エサ 種類によって好んで食べるものが異なります。 この エサ問題がウミウシの長期飼育が難しいとされている最大の理由です。 ウミウシが好んで食べるエサは 通常ショップでは販売されていません。 ウミウシは種類によって海藻、コケムシ、ヒドロ虫など好んで食べる種が異なり、先にご説明した通りイソギンチャクや同種を捕食して食べるウミウシも存在しますし、苔と共生するウミウシもいてその種類は光だけでも長期飼育が可能だったりします。 ウミウシのエサとしては自然海に存在するスポンジ状の生物である 海綿が有名ですが、これも様々な種類がありウミウシによって好む海綿の種類が異なります。 人工エサは当然のごとく食べませんので、様々なものが付着している ライブロックを大量に入れることで長期飼育できる確率は上がるとされています。 可能であれば自然海でエサとなる海綿を採取してくることが理想ですが、場所が限られる上にその海綿が好みの海綿なのか判断するのは専門家でない限りなかなか難しいです。 自然海で採取したウミウシであれば、採取した場所付近の海綿をエサとして与えると食べることがありますが、定期的に採取してきて与えるのは難しいので、やはりウミウシのエサ問題はかなり深刻です。。。 病気 病気には比較的強いのではないかと思います。 ウミウシは病気よりもどちらかというとエサ不足による衰弱で死んでしまうことがほとんどです。 とはいえ水温・水質変化や混泳によるストレスで死んでしまうこともゼロではありませんので飼育環境には注意しましょう。 ウミウシを購入する際はその点をしっかりと考えた上で購入するようにしましょう。 また飼育ができないからといって海に放流することは厳禁です。 その土地の生態系が崩れてしまう原因になってしまいますので責任を持って飼育してあげましょう!.

次の

かわいいウミウシの生態、光合成する?飼育法や餌、毒性は?

ウミウシ

使う人の風土や習慣、知識的背景によって異なったカテゴリーを示している言葉である。 また、後鰓目の分類自体がいまだ流動的である。 これらの理由により、ウミウシを分類学的に簡潔に説明するのは難しく、しばしば、用法の不一致による混乱を生じる。 裸鰓類(裸鰓亜目あるいは裸鰓目)が典型的なウミウシとされることが多く、ウミウシとは裸鰓類のことであるとされることもある。 しかし、裸鰓類以外の後鰓類にも、和名にウミウシを含む種は多く、和名にカイ(貝)を含む種にも、貝殻が極めて小さくウミウシに含められる種が少なくない。 ただし、貝殻の退化した後鰓類であっても、翼のような鰭で遊泳する(クリオネ)などのや、の仲間であるがウミウシであるかといった質問に対しては、各個人の背景によって正否両方の答えがあり得る。 裸殻翼足類はウミウシに含めないことが多いが、無楯類についてはさまざまで、地域によっては明確に含めることもある。 かつては空気呼吸を行う貝殻の退化した腹足類であるをウミウシの一種としていたこともあったが、現在ではとされている。 下記するように、とても鮮やかで派手な種が多いため観賞生物として人気がある。 これは同じく貝殻の消失した腹足類であるが、嫌悪の対象とされるとは対照的である。 Nembrotha chamberlaini 名称 [ ] 裸鰓類の類が、の角の様な一対のを頭部にもつことからウミウシという呼称がついた。 また、では、触角の形状をの耳に見立てて、と呼ぶことがある [ ]。 なお、「海牛」と漢字で書かれた場合は「かいぎゅう」と読み、やなどの海棲哺乳類を指すのが通常である。 形態 [ ] 主に浅い海の海底に生息し、世界中に分布している。 体長は数mmから20-30cm程度まで。 形態は種によって変異に富み、色も青、赤、緑、黄色、ピンクなど、鮮やかな原色系の体色を持つものから地味なものまで様々である。 種によって触角は2対から1対で分岐するものや全く欠くものもいる。 基本的には貝殻を持たないが、痕跡的な貝殻を持つものもいる。 詳細はの各綱を参照。 生態 [ ] 食性は、肉食から草食まで幅広い。 裸鰓類にはや、、群体性のといった性の動物を餌にするものが多いが、中には魚の卵や他のウミウシを襲って食べるものも知られており、類は小型ののような、活動的なを巧みに捕食する。 一方やに属するものはほとんどが草食で海藻などを食べる。 また種によっては泳ぐ種もいる。 有毒なを食べることで、体内にを蓄積している種も多く、多くは食用には適さない。 派手な色合いをしているものは、そのような点でではないかと考えられている。 一方で、派手な色は、熱帯のなどでは、としてはたらくとも言われる。 コノハウミウシやヒカリウミウシは点滅する蛍光を放つの能力がある。 特殊な性質として、裸鰓類のうち刺胞動物を捕食するミノウミウシの種の中に、餌のを体内に取り込み、それを背面に保存して、自分が敵から身を守るために使うものがある。 これを 盗刺胞という。 また嚢舌目には、やや類似の現象であるが、海藻を餌とし、餌のを自分の細胞内に取り込み、しばらくをおこなわせるものがある。 ウミウシはであるが、は異個体間ですることで行われる。 卵塊は渦巻き状。 したはと呼ばれ、のような殻を持っている。 ヴェリジャー幼生は浮遊生活をおくるが、やがて変態し、殻を失って底生の成体となる。 ミノウミウシやムカデメリベ、ハダカモウミウシの仲間など、背中に突起を持つものの中には、刺激を受けるとそれを切り離してしまう、をするものがある。 体には能力がある。 Chromodoris willani 飼育 [ ] ウミウシは採集が容易であるが、は困難であることが多い。 ウミウシはや、、といった性のを食べるものが多いが、えさとなる種がそれぞれのウミウシで限られている。 そのため好適なえさ種を野外で区別し見つけ出すことは困難であり、えさの調達が難しいことが第一にあげられる。 例外的にメリベウミウシは、や類によって、またアメフラシ類は種ごとの好みのが容易に採取できる環境ならこれを与えて飼育することが可能である。 また、成体の飼育に成功しても、卵をさせてすることはそれ以上に難しい。 ほとんどのウミウシは、卵から生活のの形で孵化するが、これは流れのない水槽では多くが死滅してしまうし、循環水槽では浄化槽でろ過されてしまうので、適切に水流を生じさせた容器内で頻繁に海水を交換しながら育てる必要がある。 また、表面張力で幼生の殻が水面に張り付いてしまうのを防ぐための特殊なテクニックが必要となることもある。 さらに幼生の時期にえさとなる植物プランクトンを培養して安定して確保しなければならない上に、幼生の育成に成功しても成体がえさとする生物の上でないと変態しない種も多く、これも二世を得ること(継代飼育)を困難にしている。 食用 [ ]• 上述のように通常食用には適さないが、辛味がある。 が海洋生物学者として食してみたことがある。 「研究のためだからね」といって甘辛く煮付けて食べており、「煮るとこんなに小さくなる」と指で輪を作って笑っていたという。 肝心の味のほうだが、当時の侍従長によると「味が無いしこりこりして噛み切れない。 それを三度もお召し上がりになったのだから…」と恐れ入った様子で回想している。 では住民が食用とすることがある。 分類 [ ] ウミウシが属する は、以降、分岐分類学の考え方を取り入れた新しい分類体系に再編成されつつある。 その中には、後鰓亜綱が後鰓目に、裸鰓目が裸鰓亜目に、アメフラシが属する無楯目が無楯亜目にというように再編成した分類(Ponder, 1998)も現れたが、後鰓目は多系統であるため分類群としては認めないのが主流になりつつある。 旧分類の例 [ ] これらの目を亜目とする分類もある。 ロドペ型目• ここではそれらを類とする。 旧背楯類は解体され、傘殻類(ヒトエガイ科・ジンガサヒトエガイ科)と側鰓類(カメノコフシエラガイ科のみ)が独立した。 ただし、旧分類でも2目に分けることはあった。 頭楯類からニセイワヅタブドウガイ類(ニセイワヅタブドウガイ科のみ)が独立した。 旧ロドペ型目(ロドペ科のみ)は裸鰓類に含められた。 科 [ ] ウミウシと呼ばれることが多い種を含む目のみ挙げている。 科は日本産の代表的なもののみ挙げている。 頭楯目 Cephalaspidea [ ] には、貝殻は完全なものから、小さく内部に埋もれているものを経て、全くないものまである。 貝殻が体内にあるか消失した、カノコキセワタガイ科、ウミコチョウ科、ウズムシウミウシ科はウミウシに含まれる。 - ベニシボリガイ• - キセワタ• - ニシキツバメガイ、カノコキセワタ、• - ムラサキウミコチョウ、キイロウミコチョウ、クロフチウミコチョウ、キマダラウミコチョウ、トウモンウミコチョウ• - ブドウガイ• 無楯目 Anspidea [ ] は、ウツセミガイ科のものを除くと、貝殻はないか小さな板状になり、しばしば薄くて小さく体内に埋没したものになっている。 そのためウミウシに含めることもあるが、通常藻食性であるなど形態や生態が独特で、アメフラシとして別扱いすることもある。 - 、ジャノメアメフラシ、フウセンウミウシ、、ウミナメクジ スナウミウシ目 [ ] には、貝殻がなく、ウミウシに含まれる。 スナウミウシ科 Sacoglossa [ ] コノハミドリガイ には、は、完全なものから、全くないものまである。 という器官に収容された特殊化した歯舌での細胞に孔を開け、内部の原形質を吸い取って食物としており、体内で分岐したはしばしば鮮やかな緑色をしたものが体外からも透視できる。 この目に属する動物には、摂取した餌に含まれる葉緑体を生きたまま中腸腺の細胞に取り込み、しばらく生かしたまま光合成を行わせて利用するものが含まれる。 この現象は発見当初は、単細胞藻類とのと思われたが、形態学的、分子生物学的手法により、食藻のであることが確認されている。 Caulerpa の緑藻を宿主とするナギサノツユ上科(ユリヤガイ科、ナギサノツユ科 等)、その他の緑藻に宿主の範囲を広げたゴクラクミドリガイ上科(ゴクラク ミドリガイ科、チドリミドリガイ科 等)とカンランウミウシ上科(カンランウミウシ科、ハダカモウミウシ科 等)の3上科に大きく分けられ、ナギサノツユ上科以外の食性の多様化を起こした2上科に貝殻がなく、ウミウシに含まれる。 - 、タマノミドリガイ• - ナギサノツユ• - チドリミドリガイ• - 、ゴクラクミドリガイ• - カンランウミウシ• - アリモウミウシ、ミドリアマモウミウシ 傘殻類 Umbraculida [ ] (ジンガサヒトエガイ上科)は、極めて小さな殻を体の背に持つのみで、ウミウシに含まれる。 ヒトエガイ科 - ヒトエガイ 側鰓類 Pleurobranchomorpha [ ] (カメノコフシエラガイ科)は殻がなく、ウミウシに含まれる。 - ウミフクロウ、ホウズキフシエラガイ、カメノコフシエラガイ 裸鰓目 Nudibranchia [ ] オオミノウミウシ科に属する には、貝殻がなく、ウミウシに含まれる。 以下の分類での亜目は、古いものである。 ドーリス亜目 Doridina• ネコジタウミウシ科 Goniodorididae - ネコジタウミウシ、ヒロウミウシ、イバラウミウシ• ラメリウミウシ科 Goniodorididae - ミツイラメリウミウシ• フジタウミウシ科 Polyceridae - フジタウミウシ、ツノザヤウミウシ、エダウミウシ、ヒカリウミウシ、リュウグウウミウシ• キヌハダウミウシ科 Gymnodorididae - キヌハダウミウシ• センヒメウミウシ科 Aegretidae• オカダウミウシ科 Okadaiidae -• ミカドウミウシ科 Hexabranchidae -• アマクサウミウシ科 Actinocyclidae - アマクサウミウシ• ドーリス科 Dorididae - カイメンウミウシ、ヤマトウミウシ、• イロウミウシ科 Chromodorididae - ニシキウミウシ、コモンウミウシ、、、• クロシタナシウミウシ科 Dendrodorididae - 、クロシタナシウミウシ、ダイダイウミウシ• イボウミウシ科 Phyllididae - イボウミウシ• スギノハウミウシ亜目 Dendronotina• ホクヨウウミウシ科 Tritoniidae - ホクヨウウミウシ、シロハナガサウミウシ• ユビウミウシ科 Bornellidae - ユビウミウシ、イトヒキウミウシ• スギノハウミウシ科 Dendronotidae - スギノハウミウシ• マツカサウミウシ科 Dotidae - マツカサウミウシ• オキウミウシ科 Scyllaeidae - オキウミウシ、ユメウミウシ• メリベウミウシ科 Tethydidae - 、ムカデメリベ• コノハウミウシ科 Phylliroidae - コノハウミウシ• タテジマウミウシ亜目 Arminina• タテジマウミウシ科 Arminidae - タテジマウミウシ、オトメウミウシ・• アケボノウミウシ科 Dironidae - アケボノウミウシ• ショウジョウウミウシ科 Madrellidae - ショウジョウウミウシ• コヤナギウミウシ科 Zephyrunidae - コヤナギウミウシ• 亜目 Aeolidina• サキシマミノウミウシ科 Flabellinidae - サキシマミノウミウシ、セスジミノウミウシ• ホリミノウミウシ科 Eubranchidae - アカボシミノウミウシ、イナバミノウミウシ• オオミノウミウシ科 Aeolidiidae - オオミノウミウシ、ミノウミウシ、カスミミノウミウシ、イロミノウミウシ• アオミノウミウシ科 Glaucidae - 、ムラサキミノウミウシ、ヨツスジミノウミウシ、チゴミノウミウシ、サガミミノウミウシ、ムカデミノウミウシ、アカエラミノウミウシ• オショロミノウミウシ科 Tergipedidae - ツクモミノウミウシ、ゴシキミノウミウシ 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 東海大学出版 「ウミウシ学」 平野義明著• ラトルズ 「沖縄のウミウシ」 小野篤司著• ラトルズ 「本州のウミウシ」 中野理枝著• 二見書房 「ウミウシ - 不思議ないきもの」 今本淳著 脚注 [ ].

次の