花江夏樹 唐揚げ。 声優さんについてです。

下野紘の“唐揚げ愛”を「声優グランプリ」で堪能!! さすが“ベストカラアゲニスト”!?|おたぽる

花江夏樹 唐揚げ

2014年10月号。 高校野球マンガとあって、明治神宮外苑の室内球技場を貸し切っての豪華グラビア&インタビューだ。 3人は作中で演じる青道高校硬式野球部のユニフォームに袖を通し、もちろん小道具にはグラブやバットも。 撮影秘話を明かす「編集部は見た!! 」のコーナーによると、実はこのグラブとバットは『ダイヤのA』モデルとのこと。 「『ダイヤのA』モデル」は同作とミズノのタイアップ商品で、2013年秋のアニメ化を記念して主要キャラクターが使用するグラブが作られたのだ。 今回、衣装協力にミズノ株式会社のクレジットがあることから、わざわざ今回の撮影のために用意してきたことになる。 折しも今月の「声優アニメディア」のレビューでは、巻頭特集の小道具の物足りなさに言及していたところだ()。 小道具の用意はこだわるとキリがないが、手を抜くと見映えが悪くなる。 「声グラ」と「声アニ」、今回の巻頭特集においては、細部にこだわった「声グラ」に軍配を上げたい。 食欲の秋スペシャル企画と題し、料理が趣味という下野が手料理を振る舞う構成だが、メニューはもちろん「鶏の唐揚げ」だ。 いまさら説明するまでもないが、下野と言えば熱狂的な唐揚げ信者であり、2012年には日本唐揚協会のベストカラアゲニストを受賞している。 同賞は翌年から部門別に分けられたが、下野は2013年と2014年でも声優部門でベストカラアゲニストを連続受賞中のタイトルホルダーなのだ。 そんな下野が唐揚げとともにグラビアで登場しているわけだが、個人的には表紙ページのグラビアが非常に惜しい! エプロン姿でニッコリと微笑む下野、その両手には唐揚げが盛られたお皿があるのだが、下野がお皿を前に差し出しているため、唐揚げがピンボケしているのだ。 このポーズも定番であるし、唐揚げにピントを合わさなくても、なんら問題はない。 ただ「下野と唐揚げ」という絶好のフォトジェニックである。 どうせならば、この両方にピントの合った構図を表紙ページに持ってきてほしかった。 まあ、内部ページにはその写真もありますし、綴じ込み付録のポスターでも笑顔で唐揚げを頬張る下野がいるので問題ないんですけどね。 というか、こうしたポスターで何か食べてるシーンを採用するのも非常に珍しい。 まさに「下野と唐揚げあってこそ」といったところか。 さて、そろそろ文字数的にも充分なので締めてもいいのだが、あとひとつ、今月はどうしても触れなければいけないものがある。 それは「ローラ降板!」だ。 ローラとは読者ページ「ローラのおたより広場」の案内役で、ゆるキャラ風のクマの女の子である。 実は今月号から読者ページがリニューアルされ、ひっそりとローラが卒業してしまったのだ。 新しい読者ページは「Dr. グランの声優ラボ」。 モノクルをかけたイケメンドクター「グラン」と助手の「ゆめ子」が案内役を務めている。 余談だが、グランの由来は「声優グランプリ」だろうから、おそらく助手の名前候補として「プリ子」も挙がっていたに違いない。 ただ、やはり女の子にプリ子はためらわれたのだろう。 そう言えば、同誌の表紙タイトルの右上に鎮座するマスコットキャラクターの名前は「プリプリ王子」である。 プリプリ王子も「ローラのおたより広場」を担当していたが、残念ながらローラとともに卒業してしまった。 マスコットキャラクターが読者ページから降板となる大事件が勃発したわけだが、プリプリ王子の今後の活躍やいかに!? 「おたぽる」は、プリプリ王子を応援しています。 (文/神楽坂隆).

次の

サンドウィッチマン、花江夏樹のチャンネルも! 外出自粛中に楽しんだ「YouTube動画」はなに?(TOKYO FM+)

花江夏樹 唐揚げ

梶くんは同じく声優の竹達彩奈さんとご結婚されています 「いつか全てが君の力になる」という言葉を聞いて声優を志したそうで、それについて書いた本も出版しています 本人曰くあまりテンションが高い方ではないとか ヴィムス所属です あと他の方も書いてらっしゃるように下野さんと仲良いです 梶くんと下野さんだと「ぱいたんとなぽりたんのこんばんごはん」の文字起こしがYouTubeにあって、すごい面白いのでおすすめです 下野さんは鳩胸で唐揚げが大好きです 唐揚げ王子と呼ばれるほどです 永遠の少年のような性格をしています ? アイムエンタープライズ所属です 天ちゃんはめちゃくちゃ美しいんですが、テスト勉強一夜漬け派だったり夏休みの宿題最後に頑張ってやる派だったり、そういうギャップ ? があります Twitterやってたら1度「そらのはるやすみ」を見てみてください ミュージックレイン所属でTrySailという3人組のユニットに所属しています 麻倉もも、夏川椎菜 戸松さんもミュージックレイン所属でスフィアという4人組のユニットに所属しています 高垣彩陽さん、豊崎愛生さん、寿美菜子さん 他の方が書かれてることは省略しますね。 下野さんと梶さんは以前ラジオを一緒にやっていたので、仲がいいと言われてます。 でも「しもかじ」という名称はファン内で言われていてユニットではありません。 花江くんはYouTube見るのが一番早いです笑 宮野さんは基本的には色んな声優さんのことをいじるので仲はいいと思います。 特に仲がいいのは寺島拓篤さんとか、下野さん、梶さんでしょうか。 梶さん寺島さん森久保さんは昔バラエティやってたのもあって今でも仲がいいです。 内田雄馬くんは、真礼ちゃんと言うお姉さんがいらっしゃってめちゃめちゃ仲良いです。 石川界人くんにウェイトコントロールされるくらいには仲良いです笑。 小野賢章さんは子役からこの世界にいてハリーポッター役とかやってるので芸歴長いです。 声優さんの交友関係はその声優さんのユニットとか、キャラのユニットとかを調べるとすぐ出ると思います。 声優と夜あそびという番組もあるので興味あればぜひ。 梶さんと下野さんは共演が多かったりで 仲がいいと思います。 あと梶さんと宮野さんは二ノ国の宣伝で けっこう一緒にテレビに出てましたね。 そこの2人はいわゆるバラエティー班かも しれないですね。 花江さん下野さん松岡さんは鬼滅の刃で共演してるのでそれなりに仲はいいかと。 松岡さんと信長さんはソードアート・オンライン での共演もありますし、仲がいいです。 松岡さんと戸松さんもソードアート・オンラインでずっと共演してますね。 信長さんと内山さんはHoneyWorksの曲で ユニットを組んでいます。 梶さん花江さん松岡さん雨宮さん戸松さんも HoneyWorksの曲で一緒だったと思います。 あまり詳しいことを書けなくて申し訳ないです。

次の

下野紘の“唐揚げ愛”を「声優グランプリ」で堪能!! さすが“ベストカラアゲニスト”!?|おたぽる

花江夏樹 唐揚げ

2014年10月号。 高校野球マンガとあって、明治神宮外苑の室内球技場を貸し切っての豪華グラビア&インタビューだ。 3人は作中で演じる青道高校硬式野球部のユニフォームに袖を通し、もちろん小道具にはグラブやバットも。 撮影秘話を明かす「編集部は見た!! 」のコーナーによると、実はこのグラブとバットは『ダイヤのA』モデルとのこと。 「『ダイヤのA』モデル」は同作とミズノのタイアップ商品で、2013年秋のアニメ化を記念して主要キャラクターが使用するグラブが作られたのだ。 今回、衣装協力にミズノ株式会社のクレジットがあることから、わざわざ今回の撮影のために用意してきたことになる。 折しも今月の「声優アニメディア」のレビューでは、巻頭特集の小道具の物足りなさに言及していたところだ()。 小道具の用意はこだわるとキリがないが、手を抜くと見映えが悪くなる。 「声グラ」と「声アニ」、今回の巻頭特集においては、細部にこだわった「声グラ」に軍配を上げたい。 食欲の秋スペシャル企画と題し、料理が趣味という下野が手料理を振る舞う構成だが、メニューはもちろん「鶏の唐揚げ」だ。 いまさら説明するまでもないが、下野と言えば熱狂的な唐揚げ信者であり、2012年には日本唐揚協会のベストカラアゲニストを受賞している。 同賞は翌年から部門別に分けられたが、下野は2013年と2014年でも声優部門でベストカラアゲニストを連続受賞中のタイトルホルダーなのだ。 そんな下野が唐揚げとともにグラビアで登場しているわけだが、個人的には表紙ページのグラビアが非常に惜しい! エプロン姿でニッコリと微笑む下野、その両手には唐揚げが盛られたお皿があるのだが、下野がお皿を前に差し出しているため、唐揚げがピンボケしているのだ。 このポーズも定番であるし、唐揚げにピントを合わさなくても、なんら問題はない。 ただ「下野と唐揚げ」という絶好のフォトジェニックである。 どうせならば、この両方にピントの合った構図を表紙ページに持ってきてほしかった。 まあ、内部ページにはその写真もありますし、綴じ込み付録のポスターでも笑顔で唐揚げを頬張る下野がいるので問題ないんですけどね。 というか、こうしたポスターで何か食べてるシーンを採用するのも非常に珍しい。 まさに「下野と唐揚げあってこそ」といったところか。 さて、そろそろ文字数的にも充分なので締めてもいいのだが、あとひとつ、今月はどうしても触れなければいけないものがある。 それは「ローラ降板!」だ。 ローラとは読者ページ「ローラのおたより広場」の案内役で、ゆるキャラ風のクマの女の子である。 実は今月号から読者ページがリニューアルされ、ひっそりとローラが卒業してしまったのだ。 新しい読者ページは「Dr. グランの声優ラボ」。 モノクルをかけたイケメンドクター「グラン」と助手の「ゆめ子」が案内役を務めている。 余談だが、グランの由来は「声優グランプリ」だろうから、おそらく助手の名前候補として「プリ子」も挙がっていたに違いない。 ただ、やはり女の子にプリ子はためらわれたのだろう。 そう言えば、同誌の表紙タイトルの右上に鎮座するマスコットキャラクターの名前は「プリプリ王子」である。 プリプリ王子も「ローラのおたより広場」を担当していたが、残念ながらローラとともに卒業してしまった。 マスコットキャラクターが読者ページから降板となる大事件が勃発したわけだが、プリプリ王子の今後の活躍やいかに!? 「おたぽる」は、プリプリ王子を応援しています。 (文/神楽坂隆).

次の