デレステ 理想 編成。 【デレステ】プリンセスとフォーカスの使い方やハイスコアに繋がるおすすめの編成方法まとめ

【デレステ】特技秒数についての基礎知識【編成強者への道】

デレステ 理想 編成

今回のレゾナンスの効果内容を振り返ってみましょう。 喜多日菜子さんのスキルの例ですが、 5種類の特技編成時、ボーカルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 はい、まずこの「 5種類の特技編成時」がなくなります。 素晴らしいですね。 ボーカル特化のシナジーアイドルで編成したら、スコアはすごい事になる訳です。 (シシレシ自) 」 この意味は、 「センターにレゾナンスを設置して、レゾナンス効果に合う特化シナジーを3人、リーダーは自由にどうぞ」 といった意味になります。 デレステ玄人プレイヤーが目指すランクSSS「アイドルマスター」 デレステには、プロデューサーランクというものがあり、 プロデューサーランクとは、「どれだけのファン数を稼いだか」で決定されます。 ランクSSまでの対応表は以下の通り。 ランク 名称 必要ファン数 F 見習いプロデューサー 0 E 駆け出しプロデューサー 1,500 D 新米プロデューサー 30,000 C 普通プロデューサー 150,000 B 中堅プロデューサー 600,000 A 敏腕プロデューサー 1,500,000 S 売れっ子プロデューサー 6,000,000 SS 超売れっ子プロデューサー 15,000,000 このように、ランクが上がるに連れ必要ファン数が指数関数的に増え、 この中のランクSS、「超売れっ子プロデューサー」がプレイヤー達の一つの目標になっています。 ですが、プロデューサーSSの更に上のランクSSSというものがあります。 このランクになる為には一ヵ月の間に全プロデューサーの中で 月間獲得ファン数ランキング1000位以内と、いった条件になっています。 ちなみに、私はまだ達成しておりません! 今回ご紹介した方法は、このランクSSSを目指す上で一番効率のいい方法だと言えます。 通常Liveでも活躍!?レゾナンス編成の可能性を解説! 冒頭では、LivePartyでのファン活を行う方法を解説しましたが、 更に調べてみると 通常の楽曲Liveでもレゾナンス編成でシナジー編成より高スコアが出せる方法が ある事が分かりました。 その方法を解説していきたいと思います。 レゾナンス編成で高スコアを出す方法 新センタースキルの効果を再度おさらいします。 5種類の特技編成時、ボーカルアピール値のみ適用し、全ての特技効果が重複時に加算 この 5種類の特技編成時といった箇所がネックとなり、 あまり使えないセンタースキルになっていましたが、 ここで今までのタブーを逆手に取る方法で高スコアが出せるようになります。 特技の秒数が同じアイドルで編成する いままでは、編成時に特技発動秒数が被る事は避けていました。 ですが、今回の編成はそれを逆手にとって全部の特技の発動時間を同じアイドルで固める、といった編成方法を取ります。 一番スコアが出る編成は以下になります。

次の

【デレステ】masterでスコアSを取れる放置編成・まとめ

デレステ 理想 編成

放置編成はいいぞ、と声を大にしていいたい。 サラリーマンが業務時間中にスタミナを消費できる• イベントを走っても心が死なない• Android派ならNoxPlayter等のエミュレータを使いPCで放置プレイができる などなど、放置編成には様々なメリットがあります。 太古の時代、放置編成はスコアB止まりの非効率な選択でした。 しかし現在ではトリコロールシナジーの実装、特技発動率やライフのポテンシャルが追加されたことにより、スコアS放置可能な楽曲はどんどん増えています。 また放置編成で走れるイベントはアタポン形式だけではありません。 試してみると他の形式のイベントも普通に走れました。 特に「Live Groove」と「進めシンデレラロード」はシナジーなしでも放置走り可能です。 ネタ被りになったのは申し訳ないですが、二ヶ月更新なかったからちりめん氏飽きたのかなーって思っちゃったんです……すまんやで。 基本的な組み方 基本のユニット編成はちりめん氏の先行研究そのままです。 スキル・ブースト(スキブ)をセンターに置いて特技発動率を上げる。 ダメージガード(ダメガ)は 中確率7秒を必ず採用する。 こいつがクリアの要。 パーフェクトサポート(判定強化)を2名入れる。 トリコロール・シナジー(シナジー)を入れて回復とスコアアップを両立する。 シナジーを持ってない場合はスコアを妥協してオールラウンダーを入れるか、安定度を犠牲にしてコンセントレーションを入れてみる。 ゲストにはトリコロール・ボイス(Voトリコロ)、トリコロール・ステップ(Daトリコロ)、トリコロール・メイク(Viトリコロ)のどれかを借りる。 スコアを犠牲にしてライフアップ系のアイドル(パッション・クロス)を借りるという択もあります。 そして可能な限り下記の条件を満たすようにユニットを作ります。 トリコロ、スキブ、シナジーの得意ステータス Vo,Da,Vi を一致させる。 楽曲の属性 Cu,Co,Pa のアイドルをゲスト含めて4人いれる。 理想はトリコロ、スキブ、シナジー 、判定強化1名が属性一致しており、属性不一致の役割をダメガに押し付けること。 詳細は後述。 もし上記条件が満たせなくても 曲によってはステータス不一致だったり、属性一致が2名でもスコアSが取れます。 リハーサルで試してみてください。 放置編成の具体例 前章で説明した編成の具体例として、私が検証で使ってるユニットを紹介しておきます。 判定強化が2名いてスキブとシナジーの得意ステが一致してれば、三属性ともにそこそこ強い放置編成が作れると思います。 ポテンシャルの振り方 日比野ちりめん氏の先行研究そのままです。 属性一致 属性不一致 中確率 特技ポテ+4 特技ポテ+8 高確率 不要 特技ポテ+6 なおスキブとシナジーはハイスコア狙いのユニットでも使う人が多いと思いますが、特技ポテを振ることでスコアが下がるのが嫌ならイベントを走る時だけ魔法の時計で振りなおすしかないです。 ランキングボード100位を目指す理論値追及勢でなければ特技ポテに振っても悪影響はないと思います。 特技についての考察 ダメガは7秒中確率が最適で、これはカバー率の高さも理由ですが、単に最速で発動して欲しいからです。 よって今後も6秒以下のダメガが出ない限りは7秒中確率が最適解であり続けると思います。 スキブ、判定強化、シナジーを考える上で大事なのは、判定強化はスキブが発動してないと無意味、シナジーは判定強化&スキブが発動していないと無意味なため、この3種類の特技は 同時に発動していて欲しいということです。 スキブは8秒が明らかにカバー率が高いため優先的に採用しましょう。 カバー率が低い上にダメガと効果時間が被る 7秒スキブは非推奨です。 判定強化とシナジーは9秒間隔で合わせてあげると同時発動する範囲が増えスコアが伸びやすくなります。 98 秒 少し 85. 43 秒 しばらく 92. 97 秒 かなり 89. 44秒 わずか 49. 98 秒 少し 49. 43 秒 しばらく) 49. 98秒 少し 66. 43秒 しばらく 67. またスキブとシナジー+トリコロとで得意ステータス(Vo,Da,Vi)が不一致の場合スコアは1. (判定強化の秒数や曲によって変わるのですが、おおざっぱな傾向として) なので原則として、スキブについては属性、ステータスの片方が不一致だとしても10秒より8秒を採用した方がスコアは上がります。 クリア可能な楽曲リスト 各種イベントの走り方 アタポン形式 イベント楽曲を放置できるかどうかとりあえずリハーサル で試してみましょう。 イベ曲の放置が難しい場合でも、ライフにポテンシャルを振るか、ライフ値アップのセンター効果 (パッション・クロス) をゲストに呼ぶなどすれば放置できる場合があります。 また マスターよりマスプラの方が放置しやすい曲もあるため、マスプラも確認を行います。 通常楽曲はグランドライブのForteがmasterの1. 5倍ぐらいの時間効率で、スタミナ効率もやや上です。 グランドライブ放置編成の組み方はググって調べてください。 グランドライブ放置編成が組めない人でも2000位ぐらいは本稿で紹介したmaster放置で取れるので諦めないでください。 時間はかかりますがスタミナ効率は悪くないです。 サラリーマンが2000位を目指すなら放置編成のみでは厳しいですが、走るのが楽になるのは間違いないです。 まとめ• 開始7秒で死なない曲は放置可能。 開始7秒で死ぬ曲もポテンシャルとクロス・パッションのセンター効果で放置できるかも。 スキブは8秒がオススメ。 色んなイベントを放置編成で走れるぞ。 シナジー入りの放置編成は必要な限定SSRが多くハードルは高いのですが、ついに限定スカチケが実装されました。 微課金でもスコアS放置編成を組みイベントを走る、そんな時代が到来しつつあるのかもしれません。 あ、Cu,Co,PaにVoトリコロを配置してくれる同僚を募集します。 私は4属性すべてトリコロ美嘉を置いています。 弱くてすまンゴ… ゲームID : 441953378 以上、Cu,Co,Pa曲向け放置編成でした。

次の

アバウトなデレステ日記

デレステ 理想 編成

【2019. 1】「GRAND LIVE」に関して追記等 【2019. 5】「ユニゾン」「アンサンブル」の登場による追記 デレステの理想編成紹介。 2019年上半期の主な変更点• 8高回復の登場(2019. 4) 8高回復が実装されたことで、回復スキルのランキングが変動。 それに伴い属性曲の理想編成における《プリスパ編成》の回復枠が8高に変更されました。 シナジー3周目の登場(2019. 31) なぜかこれまでDa特化の13高スパークルは実装されていなかったのですが、2019. 31の限定ガシャで《 双葉杏》が登場。 続けて翌月の限定ガシャで《 藤原肇》が登場したことでDaトリコでも13高スパークルを使った《トリコスパークル編成》が組めるようになりました。 編成の基本• 《センタースキル》を選ぶ(全属性曲:トリコロール、属性曲:ユニゾン、が最も強い)• 《コンボボーナス系特技》と《スコアアップ系特技》に特化したアイドルをそれぞれ1人ずつ入れる• (コンボナ系特技にスパークルを採用した場合は回復要員を入れる)• 《特技効果アップ》特技を入れる• ユニット内のコンボボーナス同士、スコアアップ同士の秒数が被らないようにする 複合特技 コンボナ スコア 特技up 自由枠• 複合特技:フォーカス、シナジー、コーディネイト• コンボナ特化:スパークル、コンボナ、(オルラン)、(チューニング)• スコア特化:オバロ、アクト、コンセ、スコア• 特技効果アップ:アンサンブル、スキブ 基本的にはこれでOK。 あとは各特技で最も強い秒数のアイドルで組めれば理想編成の完成。 特技の強い秒数については、以下の『特技の秒数による強さまとめ』の記事を参照。 楽曲や難易度によって最適な編成が変わってくる場合があります。 センターは真ん中ではなく先頭に配置しているアイドルです。 ライフスパークルがいる場合はライフが305になるように、ライフポテ振り(ゲストのライフポテは考えない)。 その他総合的な判断により若干例外的な振り方をしている場合あり。 ポテ振りについてはあくまで参考程度にどうぞ。 以下属性曲の理想編成の項目でも同じ。 全タイプ曲では、センタースキルは《トリコロール》を使うため、 特化ステがずば抜けて高くトリコと相性の良い《シナジー》が圧倒的に強い。 全タイプ曲の方が基本的には属性曲よりもスコアが出る上、 トリコ編成はほぼフェス限だけで組めるため、組みやすさの観点からも非常におすすめ。 以下の編成ではゲスト無しで3属性揃うようにしてあるが、 ゲストが使える場合トリコはゲストの属性込みで3属性揃えば良い。 トリコ編成は属性曲でも十分強力。 イベントでも金トロくらいなら獲得できる。 もっとも、 シナジー持ちの特化ステが高すぎるため、スコアアップに特化した特技を採用するよりも3枚目のシナジーを入れたほうが強くなってしまった編成の基本の例外パターン。 強い上に曲を選ばない編成。 3つの中では トリコに4高があるViが若干優勢。 シナジーと秒数のかぶるトリコは使いづらい。 Grooveで使う場合は、同属性のアイドルが3人になるようにトリコかスキブの枠を変える。 スパークルの倍率が非常に高いため、コンボナ トリコ を採用しているにも関わらず、スコア特化特技よりスパークルを入れたほうが強くなってしまったパターン。 ライフが305以上になるようにライフポテを振らなければならないのもデメリット。 また、スパークルは楽曲によっては13高がもっとも強くない場合があるが、シナジーとの秒数の兼ね合いからそういった楽曲でも結局13高を使うことになりがち。 この編成もやはり トリコに4高があるViが若干優勢。 さらにViの場合は自然な形で Cuが3人入るため、Grooveでも強い。 楽曲のノーツの構成に大きく左右されるアクト採用型。 楽曲次第では最も強い。 基本的には高難易度曲向けの編成。 今後アクト持ちが増えればさらに編成の幅が広がりそう。 属性曲の理想編成 属性曲の理想編成は限定アイドルが多く編成難度が高い。 ただどう組むのが最も強いかは、まだ予想の段階なのでこの編成を暫定にしておきます。 シンプルに、これまでのスキブの代わりにアンサンブルを入れたもの。 「アンサンブル」が回復効果に乗らないのは少し気になる。 回復SSRなら大丈夫だと思うけれど、回復役にオルランを代用していた場合は厳しくなるかもしれない。 ユニゾンを使った他の編成案等、以下の記事も参照してください。 プリスパ編成(旧理想編成) 2019. 《7中オバロ》《11中コンセ》の2つについては、腕次第(Great率次第)では《11中コンセ》の方が強くなる。 【2019. 《アクト》は楽曲の構成次第だが、ハマれば強い。 スパークルに関しては楽曲によって13高ではなく11高や9高が一番強い場合がある。 フォーカスの《 島村卯月》と恒常の《 白雪千夜》が総ステ最高値持ちなので、 Cuが一番アピール値が高くなるため強力。 《フリックアクト》《ロングアクト》共に強く使える場合なので、相当楽曲は限られる。 理想編成になるのはかなり例外的だと思う。 現状Cuでしか組めない上に、《 プリ卯月》《 千夜》《 ちとせ》の3人が総ステ最高値持ちなので、どのみちCuで組むのが最も強いためCuのみの紹介。 ーーーーーーーーー このブログでは各イベントの記事で、そのイベントにおける理想編成の検討もしているのでそちらも合わせてどうぞ。 最新のイベント• アタポン:• Groove:• Parade: GRAND LIVE の理想編成 基本的には同じ構成の理想編成3つで組む。 また、アクト系特技は「GRAND LIVE」には向いていないため、スコア特技枠はコンセ推奨。 GRAND LIVEでは、 ユニット毎に特技の発動タイミングがずらしてあるため、異なるユニット間の同じ特技は秒数を揃えると発動が被らない。 そのため、 特技と秒数が同じ構成の編成3種で組むのが良い。 異なるユニット間で同じ特技の違う秒数を採用すると、特技の発動被りが生じてしまいスコアは低下する。 下記記事についても参照。 楽曲と一致した属性で総ステ最大値( 15928)のアイドル10人(ステポテ30)でサポメンは最大値。 これらのアイドルのステは全体的に高めに割り振られており、特化ステはあまり高くない。 Grooveのサポメンについて Grooveでのサポートメンバーの理想値は202280。 GrooveイベントではサポメンにもGrooveの種類に応じたボーナスがサポメンにかかるため、サポートアピール値が通常よりも高くなる。 そのため、特化ステが極端に高い《シナジー》持ちが最もサポメンに適する。 Grooveの種類に応じた《シナジー》持ちアイドル10人(ステポテ30)で最大値。 uraichis.

次の