メーガン。 メーガン妃「何も言わないのは間違い」 米国人男性死亡でメッセージ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

メーガン妃、英国王室離脱は「離婚後も安泰」を視野に入れた“ワガママ宣言”

メーガン

結婚から2年もたっていない公爵夫人だが、すでに次のステップを考えているようで……。 「もちろん両社の提案はジョークですが、それだけ王子夫妻の離脱宣言は、冗談のネタになっているということです」(同・ジャーナリスト) 夫妻のそんな声明が発表されたのは1月8日のこと。 ふたりのインスタグラムで 《ロイヤルファミリーのシニアメンバー(主要王族)としての地位から退き、経済的に自立する》と突如発表。 カナダへ移住するとして、事実上の引退宣言と世界に衝撃が走った。 エリザベス女王の反応 エリザベス女王(93)にとっては孫にあたり、チャールズ皇太子(71)とダイアナ元妃(享年36)の次男であるヘンリー王子がメーガン妃と結婚したのは2018年5月のこと。 1月13日には「サンドリンガム・ハウス」で王室主要メンバーによる緊急会議が開催。 《家族も私も、できて間もない家族として新しい生活を築きたいというヘンリーとメーガンの願いを完全に支援していきます》 という声明をエリザベス女王は発表。 一見、穏健な発表文のように読めるが、 「女王は内心は穏やかではないと思います。 ヘンリー王子にしっかりしてほしいと思っているでしょうが、 メーガン妃の目が覚めるのを待つしかないかもしれません」 と、お得意のダジャレで解説するのは、英国王室事情に詳しい放送作家のデーブ・スペクターさん。 「 ヘンリー王子夫妻が主要王族から離脱するということは、英王室にとっては大きな痛手です。 エリザベス女王は高齢ですし夫のフィリップ王配は引退状態です。 王位継承権順位6位の若きプリンスの離脱はかなりの痛手だ。 「英国の世論調査で、今回の判断は夫妻のどちらの考えだと思うかという質問にヘンリー王子は2%、メーガン妃は48%で両者は33%。 英国民も王子が尻に敷かれていると考えているようです」 王子より3歳年上のメーガン妃は、アメリカ出身で黒人の父をもちすでにバツイチ。 11歳のときに食器用洗剤の広告に異を唱えようとヒラリー・クリントン大統領夫人(当時)に手紙を送るなど、才気あふれる女性だった。 「女優になるまでには、アメリカ大使館でインターン活動をして国連機関の活動をするなど上昇志向と自己主張が強い女性といわれてきました。 だから、メーガン妃にとって英国王室に嫁ぐことはひとつのステップだったと考えることもできます」(渡邉さん) そんなメーガン妃に英国王室や国民も最初は寛大な姿勢をとったが、 「人前でのハグやキスなど王族らしからぬ振る舞い」「3億円以上かかった自宅(フロッグモア・コテージ)の改修」「アーチー王子出産前の妊婦を祝うベビーシャワーに5000万円の費用」 などなどが非難の的に。 「どうしてもメーガン妃が王室に適応できないのであれば、公務の数を減らし、育休をとるなどの選択肢もあったはずです。 しかし突然、離脱するような動きはメーガン妃のワガママと言わざるをえないと思います」(デーブさん) そんな状況なので、メーガン妃が離婚に躊躇なく、王室もそれを見越しているのではと前出の渡邉さんは見通す。 いざそうなったときにヘンリー王子が王室にスムーズに戻れるように、女王は問題がこじれないようにしたのだと思います」 英国の『デイリーメール』によると、メーガン妃がヘンリー王子と商標登録した『サセックスロイヤル』のブランドを使って活動した場合、年間で100億円もの収入が見込まれるという。 「自分で人生を切り開き、離婚経験もある年上のメーガン妃はヘンリー王子の気持ちを利用していると言ったらいいすぎかもしれません。 ただ、エリザベス女王としては、王子ののぼせた感情が冷めるのを待っているのではないでしょうか」(渡邉さん) デーブさんはメーガン妃の未来も決してバラ色ではないと見る。 当時12歳だった王子はそのときのことを忘れていないはすだが……。 【こちらも読まれています】.

次の

メーガン妃のファッションにバッシング!ダサいし変で失敗と酷評!

メーガン

2020年3月9日、イギリス王室のヘンリー王子とメーガン妃は、ウェストミンスター寺院で行われた「コモンウェルス・デー」の礼拝に出席し、最後の公務を行った 出会いは歓楽街の会員制レストランだった ロンドンのソーホーはレストランやパブが並ぶ 賑 にぎやかなエリアだ。 スリや置き引きが相次ぐ場所でもあり、このあたりのパブで飲むときには、足元の荷物が無くならないか、気になってやや落ち着かない。 このソーホーに一軒のタウン・ハウス(かつての貴族の邸宅)がある。 白い外壁が印象的なジョージアン様式のこの建物は、18世紀に建てられたものだ。 ディーン・ストリート・タウンハウスと名付けられたこの建物には現在、イギリスの会員制クラブ「SOHOハウス」が経営する39室のホテルとレストラン・バーが入っている。 私が取材に訪れたこの日は、店の外のテラス席で紳士淑女がシャンパンを楽しんでいるところだった。 ヘンリー王子とメーガン妃は2016年7月上旬、このレストランで知人の紹介により初めて出会った。 建物は素敵だが、周辺は歓楽街特有のゴミゴミとした感じがあり、とてもロイヤルファミリーが訪れるエリアとは思えない。 ヘンリー王子は世界の王室の中でも1、2を争うプレイボーイだった。 またメーガン妃も離婚後に様々な男性との浮名を流していた。 それにもかかわらず、出会ってわずか16カ月で2人は婚約した。 メーガン妃がヘンリー王子を選んだ理由はわかるような気がするが(なんと言っても、リアル王子、である)、なぜヘンリー王子は「年上、バツイチ、黒人系」であるメーガン妃を選び、年貢を納めたのか。

次の

メーガン妃嫌われる理由は?下品と言われた過去の失態!

メーガン

見出しを読み解く 2020. マスコミはすぐそれに Megxit(メグジット)というニックネームを付けた。 英国のEU離脱はBrexit(Britain+exit)と呼ばれるので、Megxit(Meghan+exit)は気の利いた言葉に聞こえる。 2人が strike out(独立して公務を離れる)ことをめぐる drama(大騒ぎの状態)を一言で表すには便利である。 しかし記事によると、この言葉は新しいわけではなく、メーガンが受けてきた差別を象徴する暗い背景をもつという。 メグジットは2018年5月の2人の結婚式ごろからSNS上に現れ、母親が黒人のメーガンへのヘイトキャンペーンに由来するらしい。 これはメーガンを英国と英王室から追い出すことを目的とし、人種差別的、性差別的な画像や言葉を伴うことが多い。 このハッシュタグを用いた投稿の多くは、彼女が scheming(狡猾な) social climber(成り上がり)で、世界的セレブを目指すためにハリーと王室を利用していると主張。 メーガンが妊娠を発表すると、そうした攻撃はさらに増えたという。 こうした disturbing(不穏な)背景を考えると、メグジットは loaded term(含みの多い言葉)だと言え、使わない方がいいという声も上がっている。 私は2人のファンで、離脱の意向も理解できる。 メーガンがSNSで受けるいじめについて酷いとも思う。 そして私のように感じる米国人は少なくない。 英国の調査会社によると、英国人の45%と米国人の50%は、彼らの王室離脱を支持。 これだけを見ると両国民の意識に大差はないように思える。 だが、反対者の割合を見ると違いがよく分かる。 英国人の26%が反対なのに対して、米国人はたったの7%なのだ。 ちなみに米国人の43%は離脱について何も知らないと答えた。 個人的には2人の物語の次の展開を楽しみにしている。 カナダでより長い時間を過ごすことで、SNSや英国の tabloid(扇情的な記事が多い新聞)からの攻撃が少しでも減ればいいと思う。 素敵な結婚式を挙げ、可愛い子どもにも恵まれた王子と妃なのだから、 live happily ever after(末永く幸せに暮らすこと、おとぎ話の最後によく出る言葉)を願っている。 (ロッシェル・カップ).

次の