ヴァン ゆん 嫌い。 『さんま御殿』大人気YouTuber・ヴァンゆんが大不評!「見てて恥ずかしい」

「ヴァンゆんチャンネル」はなぜ人気?好相性のトークに注目

ヴァン ゆん 嫌い

Contents• 元アイドルだけあってとても可愛らしい声で、ゆんちゃんのチャンネルの登録者数は 67万人を超える大人気チャンネルとなっています!! ゆんちゃんは ぶりっ子などと言われていますが、アイドルはぶりっ子を活かせる職種などと自身で発言しており、アイドルになるという夢を持っていました。 そして2011年、人気アイドルグループ SKE48の5期生オーディションに仮合格をしましたが、正式に合格することができずSKE48のメンバーになることができませんでした。。 その後、 BSJというアイドルグループに加入してセンターで活動していたそうです! ただ…天職だと言っていたアイドルを現在は辞めてしまっています。 それはゆんちゃんの父親が亡くなってしまい、ゆんちゃんは父親の会社を継ぐことになったからなのだそうです。 その為、 マルチタレントになるという夢をもってYouTuberとして活動するようになったのだそうですよ。 ゆんちゃんは会社の社長になっているの? 先ほどもご紹介したようにゆんちゃんが夢だったアイドル活動を辞めなければいけなくなったのは、父親が亡くなってしまったことがきっかけで、父親の会社を引き継ぐことになったからなのだそうです。 スポンサーリンク なのでゆんちゃんは現在父親の会社を引き継いでおり、会社の社長になっています! 実際にどんな事業をされているのかは確認できませんでしたが、ゆんちゃんが社長になるまで父親は会社の収入で家族を養うことができていたそうです。 また、どれだけの規模の会社なのかも確認することができず、社員が存在しているかどうかも明かされていません。 現在、ゆんちゃんは東京でYouTuberとして活動しながら 社長もしているということで、父親の会社はもしかすると特定の場所を選ばなくてもできる職業だったのではないかなと思います。 実際のところどうなのでしょうか? 美容系などの動画を見る方が多い人はゆんちゃんの動画も見たことがあるという方もいると思います。 確かにゆんちゃんの声やキャラは見る人によって、好き嫌いがはっきり分かれそうではありますが、YouTubeの活動も人を楽しませるためにしているという思いがはっきり伝わってきます。 好き嫌いは分かれてしまうかもしれませんが、実際にチャンネル登録者数も増えていますし、本当にぶりっ子で性格が悪い子であれば YouTube活動にここまで熱心になれないと思います!! まとめ ゆんチャンネル・ゆんチャンについて詳しくまとめてみましたがいかがでしたか? ゆんチャンネルと同時にYouTuberの ヴァンビと一緒に ヴァンゆんチャンネルも開設され話題になっていますよね! そんなゆんちゃんですが昔はアイドルを目指していて、実際にアイドルになるという夢を叶えましたが、父親を亡くしたことをきっかけに父親の会社を継がなければいけなくならずアイドルという夢を諦めました。。 ですがやっぱりアイドルという夢を捨てきれず、現在はYouTubeの世界で マルチタレントを目指すことにしました。 父親を亡くしてまだ学生の妹や弟、そして母親を支えている一家の大黒柱として父親の残した会社を引き継ぎ、社長としてお仕事をしながらYouTubeという場所で自分の輝ける場所を作られています。 これからも社長業、そしてYouTuberとして活躍していってほしいですね!.

次の

ゆんちゃんねるは嫌い?性格悪いしぶりっ子でアンチ増殖でヤバイ!!

ヴァン ゆん 嫌い

出典:YouTube 初めに結論を申し上げますと、 ヴァンゆんの2人は カップルではないようです。 ヴァンゆんの2人が付き合っているかどうかを 本人たちが説明している動画がありましたので紹介します。 これは2018年6月29日に上げられた動画になります。 ヴァンビさんが視聴者からの質問に答えるコーナーだったのですが、 全5,000件の質問のうち、 約半分の2,500件が 「ヴァンビさんとゆんさんは付き合っているか?」 というものでした! 皆さんやっぱり気になっています。 この動画の中でヴァンビさんは以下のように話しています。 初めてコラボした時の反響がすごかった• 2回目のコラボが決まり、その前に2人でユーチューブのことを熱く語った• お互いユーチューブに対して真剣であり、真面目だった• ユーチューブで生活していくために、結果を求めなくてはいけない• ユーチューブは1人でやる時代は終わった。 2人で切磋琢磨していかないと埋もれてしまう。 また、ゆんさんも 遊びではないし、ちやほやされたいためではない。 と話しており、 本気でユーチューブに取り組んでいる姿勢が伝わってきます。 ヴァンゆんはカップルではなく、 信頼できるビジネスパートナーのようですね。 出典:YouTube ヴァンゆんは動画で付き合っていることを否定しましたが、 それでも2人がカップルではないかという声は絶えません。 それは以下の理由からのようです。 とても仲が良い• 美男美女• 2人には恋人がいない(と思われる)• 動画撮影で一緒にいる時間が長い• 2人が付き合ってると思わせるドッキリ動画も多い 下の動画は2019年9月28日に千葉の幕張メッセで行われたイベント 「GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER」に出演した時の様子です。 ヴァンゆんの魅力は 「付き合ってるか、付き合ってないかのハラハラ感やドキドキ感」 という声もあります。 ですので2人はそういうことも考えた上で 戦略としてカップルのように振る舞っているんでしょうね。 ですが、仲良くなりすぎて好きになることは 男女の関係ですので可能性は無くはないと管理人は思います。 今は付き合っていなくても今後の関係にも注目ですね。 出典:Twitter 名前:ゆん 本名:熊崎 優美(くまざき ゆみ) 生年月日:1994年12月5日 血液型:O型 身長:154cm 出身地:愛知県 特技:絵文字の顔真似 事務所:太田プロダクション ゆんさんは日本とスペイン系フィリピンの ハーフなんだそうです。 アイドルを目指していて SKE48の第5期オーディションに仮合格しましたが、 デビューできませんでした。 その後、名古屋を中心に活動する「BSJ」というアイドルグループに所属して センターを務めます。 その後、お父さんが突然倒れて亡くなってしまったため、 経営していた会社を継ぐためにアイドルを辞めました。 ゆんさんにはマルチタレントになりたいという夢があり、 諦めきれない中で応募した東京のコンテストで グランプリとなります。 そこでユーチューバーの事務所から スカウトされたのが ユーチューバーになるきっかけだったんだそうです。 ゆんさんにはつらい過去があったんですね。 ヴァンゆんチャンネルには毎日動画を上げられていますが、 1日中作業をしていて睡眠時間は毎日4,5時間程度なんだそうです。 華やかな表舞台の裏側は、 ものすごい努力によって支えられているんですね。 これからもそんな2人の活躍に大注目です!.

次の

ヴァンゆんの本名/年齢/身長/英語力/年収を調査!付き合ってる?

ヴァン ゆん 嫌い

ヴァンゆんチャンネル結成の経緯 ヴァンゆんチャンネルは、先に述べたようにUUUMとVAZという事務所の異なるヴァンビとゆん二人組のチャンネルです。 ヴァンビは現在はすでに 解散していますが元V系バンドLOGのボーカルで、ゆんは元アイドル(SKE48の「第5期オーディション」に仮合格した経験も)という経歴の二人が集まっていることでも異色の組み合わせ。 さらにYouTubeでも人気のコンテンツになっている カップル動画ではなく、あくまでもYouTubeを通じた関係性であることも特徴です。 ヴァンゆんチャンネルは今でこそ二人組というイメージが強いですが、元々ヴァンビとゆんは個人で動画を投稿していました。 ヴァンビはチャンネル名「ヴァンビだよバンビじゃないよ」で漫画に登場する料理を実際に作ってみる実写化シリーズを中心に人気を集め、「」で2017年4月より投稿を始めたゆんは、最新のコスメやメイク動画を投稿し活動していました。 個人のチャンネルで活動していく中で、2人が初のコラボ動画を投稿したのが2018年2月。 これ以降徐々に コラボの回数も増えていき、2018年7月にヴァンゆんとしてコンビを組むことを発表。 しかし、お互いのファンからはソロで活動をしてほしいという声も多数あったことから、コンビを組むにあたり改めて2人からの思いが2018年7月に公開された動画「ヴァンゆん賛否両論について、これが僕たちの本音です。 」内で綴られました。 そもそも、二人が出会ったのはYouTubeクリエイター同士の交流の場で、何度も交流を重ねていく中で二人は意気投合したのだそう。 ヴァンビがYouTube活動を始めたのが1年ほど早く知識もあったことから、YouTubeを始めて間もないゆんに対してアドバイスを施していたことも動画内で語られています。 しかし、事務所間の壁を超えてコンビを組むということはチャンネルで得た 収入等様々な問題も抱えることになるため、チャンネルを新規に開設して始動することはせず、ヴァンビの個人チャンネルである「ヴァンビだよバンビじゃないよ」から引き継ぐ形で「ヴァンゆんチャンネル」として活動することになりました。 そのため、ヴァンビの個人チャンネルは無くなってしまっているのですが、ゆんの個人チャンネルは現在も運用されています。 ゆんちゃんねるは男女問わず楽しめるとは思いますが、美容系が中心となっているので特に女性の方にはおすすめです。 ヴァンゆんチャンネルの魅力 ヴァンゆんチャンネルとして活動してからというもの、人気・再生回数共にうなぎのぼりでチャンネル登録者は130万人、最も再生されている動画では998万回を記録するなどわずか1年ほどで人気YouTuberへ成長しました。 わずかの期間で大人気YouTuberになったヴァンゆんチャンネルの魅力はどこにあるのでしょうか。 美男美女というビジュアル面はさることながら、特筆すべきは企画に対して常に全力であるということです。 大食いといった比較的ライトなものから、女性は躊躇してしまいそうなおならドッキリを仕掛けてみたり、鼻毛GOSSOでヤクルトを何本持てるのか挑戦してみたりと、お互いの信頼関係がなければ成り立たないような企画にも挑戦しています。 また男女の関係ではないことを逆手に取った企画は、視聴者の間でも本当は 付き合ってるのではないかと想像させる余地を残しつつ、エンタメとして昇華している点は面白いところではないでしょうか。 このように企画に全力だからこそこのチャンネル急成長があります。 7月10日生まれ( 年齢不明)。 端正な顔立ちとヘアスタイルから想像できるように元ヴィジュアル系バンドLOGのボーカルとして活動していた。 そのような経緯もあり、「Butter-fly」など数々の歌ってみた動画を投稿している。 ヴァンビという名前は中学生の頃から呼ばれていたあだ名だそう。 12月5日生まれの24歳。 愛知県を拠点とする「BSJプロジェクト」というアイドルグループに所属していたことやSKE48の「第5期オーディション」にも仮合格という経歴を持っている。 「ヴァンゆんちゃんねる」、「ゆんちゃんねる」としての活動の他にもアパレルブランド「Bearlly」をプロデュースするなどマルチな活動を見せている。 ファンネームはyumily。 ヴァンゆんチャンネルの人気動画を紹介 モニタリング企画 ヴァンゆんチャンネルの企画の中でも人気なのがこのモニタリング企画。 撮影部屋に置かれた女性用の下着に対して相方であるゆんがどのような反応をするのかという、カップルなら修羅場になってしまうであろうドッキリ動画となっています。 視聴者からは本当は付き合っているのではないかと噂されるなかで、下着の持ち主は誰なのかと問い詰める様子はまさにカップルのそれです。 ネタに走った動画のオチも完璧で見所は多数あります。 それ以上に企画のためであればひとりで女性下着を買いに行くヴァンビの行動力には脱帽ですね…。 歌ってみた ヴァンゆんによるHYの楽曲「366日」をメンヘラ歌詞に変えて歌っています。 歌詞変のセンスが抜群すぎて、出来上がったメンヘラ歌詞に思わず笑ってしまいます。 他にも恒例のシリーズとしてYUIの「CHE. RY」もありますので面白いと思ったらこちらもチェックしてみてください! コラボ動画 これまでにヒカルやおるたなChannel、はなおなど多数のコラボをしてきたヴァンゆんチャンネル。 2019年5月にはヴァンゆんチャンネルと スカイピースのコラボが実現しました。 初コラボとして行われた企画は紙に書かれたセリフを使って即興演劇が行われるのですが、初コラボにも関わらず相性は抜群。 これを機にどんどんヴァゆんでの活動がYouTube外でも増えていくようになっていければファンとしても嬉しいですよね。 昨年以降急成長を遂げてきたヴァンゆんチャンネルは今年に入っても勢いはとどまることを知りません。 ビジュアル、企画の面白さ、トークのすべてが揃った魅力的なチャンネルです。 これを機にヴァンゆんチャンネルを見てみてはいかがでしょうか。

次の