メスキータ。 メスキータ

メスキータとは

メスキータ

サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ 1868-1944 は、19世紀末から20世紀初頭のオランダで活躍した画家、版画家、デザイナーで、この時代のオランダにおける最も重要なグラフィック・アーティストの1人と言われます。 彼は美術学校で多くの学生を指導、M. エッシャーは彼の教え子の一人でした。 エッシャーはメスキータから大きな影響を受け、彼を生涯の師として敬愛して止みませんでした。 メスキータ作品の最大の特色は、木版画のシャープで簡潔な表現にあります。 モダン・デザインの興隆を背景に、日本の浮世絵版画などの影響を取り入れた彼の木版画は、計算し尽くされた構図と、効果的に用いられた明暗のコントラストによって、見る者に強い印象を与えます。 また、多くの時間を費やして無意識的に描いたドローイングは、シュールレアリスムの自動筆記にも通じる自由な発想に満ちており、メスキータの別の一面を示しています。 1944年1月31日、すでに70歳を超えていたメスキータに悲劇が襲います。 ユダヤ人であったメスキータは、家族もろともゲシュタポに逮捕され、アウシュヴィッツで亡くなりました。 アトリエに残された膨大な作品の一部は、エッシャーや友人たちが決死の思いで救い出し、戦時中も命懸けで守り抜きます。 メスキータの名が今日まで残ったのは、エッシャーをはじめとする人々が、戦後に展覧会を開催するなど、その顕彰に努めたからでもあったのです。 本展は2019年東京ステーションギャラリーにおいて日本で初めての回顧展として開催され、多くの人々に感銘を与えた展覧会の巡回展です。

次の

サミュエル・メスキータ

メスキータ

この聞き慣れない名前の人物は、19世紀後半から20世紀前半を生きた、オランダのアーティストです。 ポルトガル系ユダヤ人の家庭に生まれ、ハー ルレムやアムステルダムで、画家、版画家として、また、装飾美術の分野でデザイナーとしても活躍しました。 その一方で、美術学校の教師として多くの学生を指導しています。 中でもM. エッシャーは、メスキータから最も大きな影響を受けた画家で、特にその初期作品は、メスキータの作品と著しく類似しています。 2.メスキータは 何を描いた? メスキータの仕事は、デザインとアートの双方にまたがっています。 デザインの分野では、幾何学的な構成を生かし、雑誌の表紙や挿絵、染織デザインなどを手がけました。 一方アートの分野では、まず版画家として、主に木版画で人物や動物、植物を題材に白黒のコントラストを強調した作品を数多く残しました。 また、想像力のおもむくままに筆を走らせた、膨大な数のドローイングを制作しています。 3.メスキータの どこが見どころ? メスキータの最大の魅力は、木版画の力強い表現にあります。 鋭い切れ味の線描による大胆な構成、明暗の強烈なコントラストを生かした装飾的な画面は、見る者に強い印象を与えます。 アムステルダムの動物園や植物園に招来された、異国の動植物がメスキータの格好のモチーフでした。 単純化された構図と明快な表現、装飾性と平面性が溶け合った画面には、しばしば日本の浮世絵版画の影響が指摘されます。 一転して、ほとんど無意識の状態で浮かんでくる映像を作為なく描いたと言われるドローイングは、表現主義との親近性を感じさせるとともに、シュルレアリスムにおけるオートマティスム(自動筆記)の先駆けと言えるかもしれません。 4. なぜ今、メスキータ? ユダヤ人であったメスキータは、1944年に強制収容所に送られ、そこで家族もろとも殺されました。 アトリエに残された作品は、エッシャーや友人たちが持ち帰って命懸けで保管し、戦後すぐに展覧会を開催します。 メスキータの名前が忘却されずに残ったのは、エッシャーらの尽力によるところが少なくありません。 近年のヨーロッパでは、カタログ・レゾネ(全作品目録)が発行され、相次いで展覧会が開かれるなど、メスキータの作品の包括的な紹介と評価の気運が高まっています。 折しも昨2018年はメスキータの生誕150年にあたり、今年2019年は没後75年を迎えます。 本展は、これを機に、知られざる画家メスキータの画業を、版画約180点、その他(油彩、水彩など)約60点、総数約240点の作品を5つの章分けで、本格的に紹介する日本での初回顧展です。 メスキータ略年譜 1868 アムステルダムでユダヤ人の家庭に生まれる。 1885 国立応用美術学校に入学し建築を学ぶが、1年後に国立教育大学に転ずる。 1893 初めてエッチングを試みる。 1895 バティック(ろうけつ染め)の技法を始める。 1896 初めて木版画を制作。 1900 染織デザイナーとして、カーテンやテーブルクロスなどのデザインに従事。 1902 この年から、ハー ルレムの応用美術学校で教師として働く。 1904 M. エッシャーが同校に入学し、メスキータの指導を受ける。 1908 この頃、アムステルダム動物園に通い、異国の動物たちをテーマに多くの木版画を制作。 1909 ロッテルダムで初めての個展を開催。 1919 リトグラフで多くの作品を制作。 1926 応用美術学校が廃校となり、教師を辞める。 1940 ナチスによるオランダ占領。 オランダのユダヤ人迫害は、他のナチス占領地域と比べて最も過酷であったと言われる。 1944 1月31日夜、妻、息子とともにナチスに拘束される。 アトリエに残された作品は、エッシャーや弟子たちが命懸けで持ち帰って保管した。 妻とメスキータは3月11日にアウシュヴィッツで、息子は20日後にテレージエンシュタットで殺された。

次の

コルドバのメスキータ (大聖堂とモスク) 口コミ・写真・地図・情報

メスキータ

生い立ち [ ] サミュエル・は1868年6月6日、のポルトガル系の家に生まれた。 彼の家は、オランダのユダヤ人の中では少数派である(で南方やロマンス語圏に移住したユダヤ人)の緊密なコミュニティに属していたが、同時代の人々の大多数と同様、彼は厳格なユダヤ教徒ではなかった。 中等学校でとを教えていた彼の父は、彼が5歳の時に亡くなった。 彼は幼少の頃 "Sam" や "Sampie" と呼ばれていた。 14歳の時、彼は ()に、芸術的興味を追求するために入学を申し込んだが、拒否された。 彼は深く失望したが、街の建築家の徒弟となり、2年間働いた後、建築家になるために専門学校に入学した。 しかし彼はすぐにに転向し、1889年教員免許を取得した。 芸術家として [ ] 「鳥かごの中のサギ」( Reiger in een hok) 1915 1893年ごろから作品を制作し始める。 その後長年にわたって、彼はもっぱら芸術に没頭し、さまざまな技法や手段を試みた。 彼は主にで知られているが、、、、も手がけていた。 また、や雑誌の表紙、挿絵のデザイナーとしても活動した。 アムステルダムのの動物、異国的な植物や花などを作品のモチーフとした。 肖像画、とりわけ自画像も、彼の作品の中で最も美しいとされるものである。 一方、1902年からは美術学校の教師となり、多くの学生を指導した。 またの建築装飾美術学校でも指導し 、そこでの才能を見出した。 エッシャーは彼の作風から多大な影響を受けた。 オランダにが侵攻した1940年5月、彼はすでに健康を害しており、隠遁生活を余儀なくされ、作品は多くがスケッチに限られていた。 死 [ ] 1944年の冬、1月31日あるいは2月1日、ドイツ軍の兵士が ()(現在はアムステルダムの一部)にあったメスキータ家に押入り、彼と、妻エリーザベト、一人息子ヤープを逮捕した。 彼とエリーザベトは2月11日にに送致され、その後数日のうちにで殺害された。 ヤープは、3月20日、ので死亡した。 死後の受容 [ ] 教え子のエッシャーやヤープの友人たちはメスキータ家に残っていた作品のいくつかを救い出すことができた。 エッシャーと友人たちは戦後彼の回顧展を開き、彼の業績を伝えようと努めた。 2019年6月から8月にかけて、において彼の回顧展が日本で初めて開かれた。 作品 [ ] 雑誌「」の表紙として描いた作品。 Locher, J. 1974. The World of M. Escher. Abrams. 2019年3月19日. 2019年5月6日時点のよりアーカイブ。 2019年5月23日閲覧。 エッシャー美術館. 2019年5月23日閲覧。 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 この項目は、・に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の