千曲 川 決壊 地図。 千曲川はなぜ決壊したのか(上) 弱かった堤防と河床掘削怠ったツケ

千曲、阿武隈川で堤防決壊 阿賀野、信濃川で氾濫 19人死亡、行方不明者多数 台風影響

千曲 川 決壊 地図

長野市穂保地区を流れる千曲川。 中央左が決壊した堤防=2019年10月13日午前8時15分、本社ヘリから 台風19号は12日から13日未明にかけて関東を縦断し、13日正午、日本の東で温帯低気圧になった。 記録的大雨をもたらし、長野市では千曲川、福島県では阿武隈川、栃木県では秋山川の堤防が決壊し、住宅街などに水が流れ込んでいる。 1都8県が自衛隊に災害派遣を要請した。 毎日新聞のまとめでは19人が死亡し、行方不明者も多数出ている。 北陸地方整備局によると、13日午前1時ごろ、長野市穂保の千曲川が氾濫し、水が堤防からあふれ出した。 その後、約70メートルにわたって堤防が決壊し、住宅地などに広範囲にわたって水が押し寄せている。 自衛隊のヘリが取り残された住民の救助にあたっている。 長野市によると、グループホームなど高齢者向けの2施設で入所者ら計100人弱が孤立している。 北陸地方整備局も排水ポンプ車を派遣するなど、対応を急いでいる。 また、JR東日本によると、長野市にある長野新幹線車両センターが水没し、新幹線が水につかっているのを確認した。 千曲川の堤防決壊の影響とみられる。 栃木、福島両県でも堤防が決壊した。 栃木県佐野市によると、同市大橋町付近で秋山川の堤防が決壊している。 消防本部によると、12日夜に住民から救助を求める119番が相次いだ。 福島県鏡石町によると、同町成田地区で阿武隈川の堤防が決壊しているとみられる。 水が堤防を越えて氾濫した阿賀野川。 河川敷の麒麟山公園が水没した=新潟県阿賀町西で13日午前8時15分、井口彩撮影 一方、新潟県などによると、阿賀野川では阿賀町などで14カ所、信濃川は津南町で水が堤防を越えて氾濫している。 阿賀町では、福島県会津へつながる国道459号が寸断され、1042世帯2213人が孤立状態になっている。 千葉県市原市、群馬県富岡市、川崎市、相模原市、栃木市、栃木県足利市、同県鹿沼市、福島県南相馬市、埼玉県鳩山町、岩手県田野畑村などで計19人が亡くなり、行方不明者も相次いだ。 川崎市高津区では12日午後8時50分ごろ、マンションの1階に住む60代男性から「自宅にいるが浸水して腰までつかっている」と通報があった。 警察と消防が出動し、消防のスキューバが潜って捜索し、13日未明に男性を発見したが、病院で死亡が確認された。 栃木県警によると、13日未明、栃木市の水路で女性が遺体で発見された。 このほか同県足利市で女性が、同県鹿沼市で男性がいずれも乗用車の中から13日に見つかり、死亡が確認された。 乗用車は水没するなどしていた。 福島県南相馬市によると、台風対応に当たった同市小高交流センターの男性主事(25)が13日午前0時半に退庁後、行方不明になり、同日朝、遺体で見つかった。 このほか、埼玉県鳩山町で町内の女性(69)が遺体で見つかった。 岩手県田野畑村では、70代とみられる男性が沢に転落した車の中から見つかり、その後、死亡が確認された。 相模原市消防局によると、13日午前0時半ごろ、同市緑区牧野で避難中の通行人が「うめき声が聞こえる」と119番した。 消防が土砂に埋まった住宅から女性1人を救出したが死亡が確認された。 このほか50代の女性が下半身を土砂と柱に挟まれており、救助活動を続けている。 また神奈川県警によると、13日午前8時すぎ、同市緑区の串川で成人女性と女児が意識不明の状態で見つかった。 台風19号の影響で浸水した埼玉県川越市の住宅=2019年10月13日午前7時50分、本社ヘリから 福島県の白河広域消防本部によると、12日午後9時5分ごろ、白河市表郷河東田で40代の男性から「車が水没した。 車の上にいる」と119番があった。 男性は流され、行方が分からないという。 同市八竜神では12日午後8時ごろ「土砂崩れで家が2~3軒巻き込まれている」との通報があった。 60代の女性が安否不明という。 一つの災害で大雨特別警報を発令した都道府県の数としては過去最多。 【宮崎隆、木下翔太郎、玉井滉大、川口裕之】.

次の

千曲、阿武隈川で堤防決壊 阿賀野、信濃川で氾濫 19人死亡、行方不明者多数 台風影響

千曲 川 決壊 地図

長野市穂保地区を流れる千曲川。 中央左が決壊した堤防=2019年10月13日午前8時15分、本社ヘリから 台風19号は12日から13日未明にかけて関東を縦断し、13日正午、日本の東で温帯低気圧になった。 記録的大雨をもたらし、長野市では千曲川、福島県では阿武隈川、栃木県では秋山川の堤防が決壊し、住宅街などに水が流れ込んでいる。 1都8県が自衛隊に災害派遣を要請した。 毎日新聞のまとめでは19人が死亡し、行方不明者も多数出ている。 北陸地方整備局によると、13日午前1時ごろ、長野市穂保の千曲川が氾濫し、水が堤防からあふれ出した。 その後、約70メートルにわたって堤防が決壊し、住宅地などに広範囲にわたって水が押し寄せている。 自衛隊のヘリが取り残された住民の救助にあたっている。 長野市によると、グループホームなど高齢者向けの2施設で入所者ら計100人弱が孤立している。 北陸地方整備局も排水ポンプ車を派遣するなど、対応を急いでいる。 また、JR東日本によると、長野市にある長野新幹線車両センターが水没し、新幹線が水につかっているのを確認した。 千曲川の堤防決壊の影響とみられる。 栃木、福島両県でも堤防が決壊した。 栃木県佐野市によると、同市大橋町付近で秋山川の堤防が決壊している。 消防本部によると、12日夜に住民から救助を求める119番が相次いだ。 福島県鏡石町によると、同町成田地区で阿武隈川の堤防が決壊しているとみられる。 水が堤防を越えて氾濫した阿賀野川。 河川敷の麒麟山公園が水没した=新潟県阿賀町西で13日午前8時15分、井口彩撮影 一方、新潟県などによると、阿賀野川では阿賀町などで14カ所、信濃川は津南町で水が堤防を越えて氾濫している。 阿賀町では、福島県会津へつながる国道459号が寸断され、1042世帯2213人が孤立状態になっている。 千葉県市原市、群馬県富岡市、川崎市、相模原市、栃木市、栃木県足利市、同県鹿沼市、福島県南相馬市、埼玉県鳩山町、岩手県田野畑村などで計19人が亡くなり、行方不明者も相次いだ。 川崎市高津区では12日午後8時50分ごろ、マンションの1階に住む60代男性から「自宅にいるが浸水して腰までつかっている」と通報があった。 警察と消防が出動し、消防のスキューバが潜って捜索し、13日未明に男性を発見したが、病院で死亡が確認された。 栃木県警によると、13日未明、栃木市の水路で女性が遺体で発見された。 このほか同県足利市で女性が、同県鹿沼市で男性がいずれも乗用車の中から13日に見つかり、死亡が確認された。 乗用車は水没するなどしていた。 福島県南相馬市によると、台風対応に当たった同市小高交流センターの男性主事(25)が13日午前0時半に退庁後、行方不明になり、同日朝、遺体で見つかった。 このほか、埼玉県鳩山町で町内の女性(69)が遺体で見つかった。 岩手県田野畑村では、70代とみられる男性が沢に転落した車の中から見つかり、その後、死亡が確認された。 相模原市消防局によると、13日午前0時半ごろ、同市緑区牧野で避難中の通行人が「うめき声が聞こえる」と119番した。 消防が土砂に埋まった住宅から女性1人を救出したが死亡が確認された。 このほか50代の女性が下半身を土砂と柱に挟まれており、救助活動を続けている。 また神奈川県警によると、13日午前8時すぎ、同市緑区の串川で成人女性と女児が意識不明の状態で見つかった。 台風19号の影響で浸水した埼玉県川越市の住宅=2019年10月13日午前7時50分、本社ヘリから 福島県の白河広域消防本部によると、12日午後9時5分ごろ、白河市表郷河東田で40代の男性から「車が水没した。 車の上にいる」と119番があった。 男性は流され、行方が分からないという。 同市八竜神では12日午後8時ごろ「土砂崩れで家が2~3軒巻き込まれている」との通報があった。 60代の女性が安否不明という。 一つの災害で大雨特別警報を発令した都道府県の数としては過去最多。 【宮崎隆、木下翔太郎、玉井滉大、川口裕之】.

次の

信濃川

千曲 川 決壊 地図

千曲川の堤防が決壊し、浸水した地域=10月13日、長野市、朝日新聞社ヘリから、遠藤真梨撮影 堤防が決壊して大きな浸水被害を受けた千曲川。 その上流域にある長野県の佐久地方では、毎年、2週間後がお盆だというのに8月1日が「墓参りの日」となっています。 この地方で育った筆者は、大人になるまで、それが全国的な行事だと思っていました。 もちろん地域限定で、江戸時代にあった大水害「戌の満水(いぬのまんすい)」の犠牲者を悼んで始まったものだと伝えられています。 270年以上前の水害をきっかけに始まった風習が伝承され、地域全体の行事として今も続いているのです。 寛保2年にあった大水害 戌の満水とは、どんな水害だったのでしょう。 1742年(寛保2年)7月末から8月(旧暦)にかけて台風によるとみられる大雨による水害です。 この年は「壬戌(みずのえいぬ)」、江戸時代中期、徳川吉宗が将軍だった時代です。 『「戌の満水を歩く」 寛保2年の千曲川大洪水』(信濃毎日新聞社出版局)によると、「千曲川流域の犠牲者は2800人前後と推定でき、関東平野の死者は6000人~1万4000人といまだに漠然としている」という大災害でした。 新暦では8月末から9月初めにかけて、近畿や中部地方で河川が氾濫、その後、江戸や信州でも水害が起き、千曲川沿いの大水害、利根川や荒川、多摩川でも洪水が発生して関東で大きな被害がありました。 「被害の状況から台風が大阪付近に上陸、北上し中部関東を通り、三陸沖から太平洋に抜けた。 この時に秋雨前線の活動に刺激を与えたという説がある」(国土交通省の資料)ようです。 関東では「寛保二年洪水」として知られ、日本歴史災害事典によると、「溺死者は江戸では3914人。 葛西領ではおよそ2000人が行方不明」「江戸を除く信濃・上野・下野・武蔵・下総・常陸・上総国の堤防の決壊は、延長43000間、決壊箇所は96035カ所」という被害がありました。 現代とは、治水の水準が格段に違うとはいえ、すさまじい災害です。 千曲川を含む広域での洪水被害という意味では、今回と似ているようにも思えます。 見上げる位置に残る水位標 水位標のひときわ高い位置に示された寛保2年の水位=長野市、10月15日、いずれも小林舞子撮影 千曲川では大きな水害が繰り返されてきました。 今回の大雨で大きな被害が出ている長野市も、過去に大きな被害を受けています。 今回、堤防が決壊した場所に近い玅笑寺(みょうしょうじ)には、洪水の時にどこまで水に浸かったのかを刻んだ本堂の柱の記録をうつした「千曲川大洪水水位標」が立っており、そこには明治43年、明治44年、弘化4年、明治29年などの高さが示してあり、ひときわ高い見上げる位置に寛保2年の水位が示されています。 この洪水では、被害救済で松代藩の財政が悪化して、池波正太郎の小説でも知られる「真田騒動」の一因になったとも言われています。 長野県内での被害は、上流から佐久穂町、小諸市、東御市、上田市、千曲市、長野市、小布施町、中野市にも記録が残されています。 これらの地域で伝えられていることは、 ・・・ (残り:約2458文字/本文:約3742文字).

次の