クリント イースト ウッド。 サンダーボルト (1974年の映画)

若い頃から凄まじいプレイボーイだったクリント・イーストウッド

クリント イースト ウッド

およそ49年もの間、人知れず眠り続けていた「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」のロケ地サッドヒルを復元しようとする有志たちを追ったドキュメンタリー。 スタッフやキャストによる撮影当時のエピソードを交え、奇跡的ともいえる一大プロジェクトの顛末に迫る。 監督は、本作が初長編作品となるスペイン出身のギレルモ・デ・オリベイラ。 出演は「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」の音楽を担当したエンニオ・モリコーネ、主人公ジョーを演じたクリント・イーストウッド、編集を務めたエウヘニオ・アラビソ、映画歴史家のクリストファー・フレイリング、映画監督のアレックス・デ・ラ・イグレシア、ジョー・ダンテ、ヘヴィメタルバンド『メタリカ』のジェイムズ・ヘットフィールド、「サンゲリア」などのキャメラマン、セルジオ・サルヴァティ。 第30回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門にて上映。 監督 出演キャスト 5月25日 12:30 今週誕生日を迎える海外の俳優・女優・クリエイターたちを、代表作や近況と共に毎週ご紹介!あなたと同じ誕生日の人が見つかるかも!? その最新作にして記念すべき監督40作品目となる『リチャード・ジュエル』が1月17日… 12月29日 20:30 現代ハリウッドを代表する巨匠クリント・イーストウッド監督が、1996年のアトランタ五輪の最中に起きた爆破事件を題材にした最新作『リチャード・ジュエル』が2020年1月17日 金 から公開される。 本作で弁護士ワトソン・ブラ… 11月7日 08:00 『アメリカン・スナイパー』 14 や『運び屋』 18 など、89歳を迎えた現在でも精力的に作品を発表し続けるクリント・イーストウッドの監督第40作となる最新作『リチャード・ジュエル』が2020年1月17日 金 より日本公… 3月12日 13:00 卒業式や受験の追い込みなど、学生にとって慌ただしいシーズンでもある3月9・10日の週末動員ランキング。 上位トップ3が前週に続いて順位をキープする形となった。 『グラン・トリノ』 08 以来、10年ぶりの監督・主演作となった本作、なぜ出演を決意したのかなど、イーストウッド本人が製作の裏側について… 3月7日 21:00 1966年、スペイン軍はブルゴスという街に、5000人規模の巨大な墓地を建造した。 それから約半世紀後、その墓地を掘り返すという前代未聞の一大プロジェクトが立ち上がった。 3月8日 金 より公開… 3月6日 21:00 俳優、映画監督として数々の伝説的な傑作を世に送り出してきたクリント・イーストウッドが『グラン・トリノ』 08 以来、約10年ぶりに自身の監督作で主演を務める『運び屋』 3月8日公開。 これまでガンマンから刑事、宇宙飛行士….

次の

栃木県のゴルフ場 イーストウッドカントリークラブ|公式サイト

クリント イースト ウッド

世界中の映画ファンと映画業界人から愛され、尊敬される巨匠クリント・イーストウッド。 映画の神さまに愛されたかのような素晴らしい作品を次々リリース。 最新作『ハドソン川の奇跡』もアカデミー賞候補になるだろうと言われる傑作だ。 そんな凄い才能の持ち主は恋愛もハンパない! 今回は、彼の恋愛遍歴をおさらいしてみよう。 妻2人、愛人6人、子供7人、孫2人 初婚は1953年、お相手はマギー・ジョンスン。 30年余り連れ添い、一男一女をもうけるが1985年に離婚した。 そしてマギーと結婚中の1963年より、ロクサーヌ・チュニスという女優&ダンサーと不倫交際しており、間には娘あり。 また、『アウトロー』で共演したソンドラ・ロックとも1977年より不倫関係に。 イーストウッドは女優ソンドラを気に入り、自身の監督作に出演させていた。 12年間付き合ったが結婚に至らず、ソンドラから慰謝料を求める訴訟を起こされている。 そしてイーストウッドは1990年初期、スチュワーデスのジャセリン・リーヴスと交際して、一男一女をもうける。 1993年には、監督作『許されざる者』に出演していた女優フランシス・フィッシャーと交際後、ニュースキャスターのディナ・ルイスと1996年に2度目の結婚をした 後に離婚)。 恋多き男の現在は…? 現在は、クリスティーナ・サンデラと交際中。 ちなみに新恋人のクリスティーナは、イーストウッドが所有するホテルの従業員だ。 数多くの著名人女性と恋をしてきたが、最後は一般女性に落ち着く形となるのだろうか。 人に歴史ありと言うが、クリント・イーストウッドの歴史にはもれなく女がついてくる。 上記の女性たちとの交際もときどき時期がかぶっているのが目に留まる。 しかし、ここまで来ると「ゲス不倫!」とバッシングする気も失せて、「凄いな……」と感動する域に達しているような。 まだまだ元気な巨匠、クリント・イーストウッドのプレイボーイ伝説は止まらない。

次の

スコット・イーストウッド

クリント イースト ウッド

世界中の映画ファンと映画業界人から愛され、尊敬される巨匠クリント・イーストウッド。 映画の神さまに愛されたかのような素晴らしい作品を次々リリース。 最新作『ハドソン川の奇跡』もアカデミー賞候補になるだろうと言われる傑作だ。 そんな凄い才能の持ち主は恋愛もハンパない! 今回は、彼の恋愛遍歴をおさらいしてみよう。 妻2人、愛人6人、子供7人、孫2人 初婚は1953年、お相手はマギー・ジョンスン。 30年余り連れ添い、一男一女をもうけるが1985年に離婚した。 そしてマギーと結婚中の1963年より、ロクサーヌ・チュニスという女優&ダンサーと不倫交際しており、間には娘あり。 また、『アウトロー』で共演したソンドラ・ロックとも1977年より不倫関係に。 イーストウッドは女優ソンドラを気に入り、自身の監督作に出演させていた。 12年間付き合ったが結婚に至らず、ソンドラから慰謝料を求める訴訟を起こされている。 そしてイーストウッドは1990年初期、スチュワーデスのジャセリン・リーヴスと交際して、一男一女をもうける。 1993年には、監督作『許されざる者』に出演していた女優フランシス・フィッシャーと交際後、ニュースキャスターのディナ・ルイスと1996年に2度目の結婚をした 後に離婚)。 恋多き男の現在は…? 現在は、クリスティーナ・サンデラと交際中。 ちなみに新恋人のクリスティーナは、イーストウッドが所有するホテルの従業員だ。 数多くの著名人女性と恋をしてきたが、最後は一般女性に落ち着く形となるのだろうか。 人に歴史ありと言うが、クリント・イーストウッドの歴史にはもれなく女がついてくる。 上記の女性たちとの交際もときどき時期がかぶっているのが目に留まる。 しかし、ここまで来ると「ゲス不倫!」とバッシングする気も失せて、「凄いな……」と感動する域に達しているような。 まだまだ元気な巨匠、クリント・イーストウッドのプレイボーイ伝説は止まらない。

次の