愛すべき人がいて 見逃し。 M 愛すべき人がいて/最終回・第7話/見逃し配信動画|

[M愛すべき人がいて 見逃し]無料動画を視聴する方法を1話~最終話まで【浜崎あゆみドラマ】

愛すべき人がいて 見逃し

M愛すべき人がいての動画配信サービスはこちらで紹介している 独占配信となっています。 もし見逃してしまったのであれば、ABEMAを利用するのがおすすめです。 メールアドレスはフリーメールなどでも構いませんが、普段使用しているメールアドレスが安全です。 もしログインできないなどのトラブルが発生した場合にメールアドレスが必要なので、普段使っているものにしましょう。 メールアドレスを入力したら「送信する」ボタンを押してください。 認証コードを入力する メールアドレスを入力したら、6桁の認証コードを入力します。 認証コードは先ほど入力したメールアドレス宛に送信されています。 間違ってアプリを閉じないようにしましょう。 PCの場合、コピペすると思いますが、一番左にスペースが含まれているので注意しましょう。 スペースが含まれていると認証できません。 パスワードの設定 次にパスワードの設定をおこないます。 8~32字の英数字で入力します。 記号も一部使用できますが、面倒なので英数字をおすすめします。 クレジットカードの登録をおこないます。 支払は毎月クレジット払いとなっています。 ここで注意したいのは、野良WiFiを使用しないことです。 クレジットカード情報を読み取られる場合があるので、通常使用している「キャリア回線」「自宅のWiFi」を使用するようにしましょう。 これで登録は完了となります。 早ければ2分ほどで終わります。 二人の愛や葛藤を描く物語に、 脚本家・鈴木おさむならではのエッセンスをふんだんに散りばめた ジェットコースター・ラブ作品がここに誕生! 二人の運命を左右する強烈なキャラクターを演じるのは 白濱亜嵐、田中みな実、高橋克典、高嶋政伸ら豪華キャスト陣。 アユとマサの愛と絆、そしてあふれる才能を目の当たりにして 嫉妬に狂った人々が 壮絶な嫌がらせ、狂気に満ちた言葉責め、 不気味なほほ笑みと、まさかの裏切りで 二人を追い込んでいく…。 東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。 そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・ マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。 一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の 大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。 一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・ 姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。 その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・ 流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。 フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。 その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。 緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。 翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。 マサがまさかの土下座?? 大浜は、六本木のディスコ・ベルファインのVIPルームで 中谷(高橋克典)と会い、アユを引き抜こうとするかのようなマサの振る舞いを謝罪する。 するとそこへマサが現れ、中谷に「アユを譲ってください」と許しを請う。 アユというダイヤの原石を自分の手で磨くため、土下座までするマサに心を動かされた中谷はついに移籍を認める。 マサは、晴れてA VICTORYから歌手デビューを目指すことになったアユに、3カ月間ニューヨークでレッスンを受けてくるよう指示を出す。 急な展開に驚きつつもニューヨークに渡ったアユを待ち受けていたのは、鬼のように厳しい講師・天馬まゆみ(水野美紀)だった。 次から次へとハードなレッスンを進める天馬…。 まったくついていけないアユは、自分の実力を目の当たりにして落ち込む。 その頃日本では、マサが部下の 流川翔(白濱亜嵐)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。 張り切ってメンバー探しを始めた流川は、以前から気に入っていたアユの友人・玉木理沙(久保田紗友)に声を掛ける。 一方、マサの秘書・ 姫野礼香(田中みな実)は、マサがアユに肩入れし過ぎることに不満を感じていて…。 ついに帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加することになる。 しかし、マサに特別扱いされているアユへの風当たりは強く…。 () ガールズグループメンバー候補たちのイジメ マサに特別扱いされているアユは、他のメンバーからの風当たりも強いようで、嫉妬心からかイジメも合っていた模様。 ドラマの予告でも、意地悪そうな二人組がアユを見ていますね(笑) おそらくドラマの2話はここら辺で終了するっぽいですね。 4%と、深夜ドラマではありながら少し微妙な数値でした。 本作の主人公。 地元・福岡でモデルの仕事をしていたが、ギャラのいい東京で芸能活動をして売れれば祖母や母との生活が楽になると考え、一念発起して東京の親戚・里美を頼り祖母・幸子とともに上京する。 上京後に友人となった理沙に誘われて初めて足を踏み入れた六本木のディスコ・ベルファインでレコード会社「A VICTORY」の専務・マサとめぐり逢い、歌手デビューのチャンスを掴む。 マサ 三浦翔平が演技。 レコード会社「A VICTORY」代表取締役専務。 本作のもう一人の主人公。 人気プロデューサー・輝楽ひとりの活躍に会社の売上を頼っている状態に危機感を感じ、次世代のスター歌手となるダイヤの原石を探そうと六本木のディスコ・ベルファインを訪れていたところ、流川にVIPルームに連れてこられたアユと出会い、運命的な何かを感じ、人生をかけて彼女を歌手としてプロデュースする決意を固め、次々と厳しい課題をアユに与える。 中谷 高橋克典が演技。 アユが上京後に所属する芸能事務所「中谷プロ」の社長。 アユが売れるとは考えておらず、コギャルブームに便乗するため彼女に日サロに行くよう安易な指図を出すなど、芸能人として真剣に育てる気持ちがない。 しかし、マサがアユの才能を見出したことを知った途端、事務所から引き抜かれそうになることが惜しくなり、アユを囲い込もうと態度を一変させる。 アユが中谷プロに所属していながらマサに会うことを問題視する大浜らと裏で結託し、二人の邪魔をしようとする。 大浜 高嶋政伸が演技。 レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。 レンタルレコード店で店長をしていたマサのプロデュース能力を聞きつけ、その才能にほれ込んで彼を引き抜き「A VICTORY」を共同で設立する。 楽曲プロデュースをマサに任せて、自身は経営に専念しており、会社が大きく成長したのはカリスマ性と才能にあふれるマサのおかげだと理解しているが、自分の存在が脅かされるまで大きくになったマサの影響力を危惧して、あの手この手でマサを会社から追い出そうと画策する。 姫野礼香(ひめの れいか)【田中みな実】 演技は田中みな実。 レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。 右目に眼帯を付ける謎めいた美女。 マサに好意を寄せており、ストーカー並みの執着心で彼を追いかけている。 愛するマサがアユに肩入れすることに激しく嫉妬し、狂気じみた姑息な手段でアユへ嫌がらせを繰り返す。 マサとは7年前に彼が店長をしていたレンタルレコード店で出会ってからの付き合いで、彼のことを尊敬しており、一緒に日本の音楽史を塗り替える伝説を作りたいと本気で考え仕事に取り組んでいる。 明るく周囲から愛されるキャラクターだが、若干行動に軽薄なところがある。 玉木理沙(たまき りさ) 演技は久保田紗友。 アユの友人。 歌手デビューを目指している。 アユをディスコに誘い、彼女とマサとの出会いのきっかけを与える。 歌手デビューを目指してアユとともにレッスンを受けるが、アユがマサから次々と課題を与えられる様子を彼女だけ特別扱いを受けているとひがみ、逆恨みからアユに嫌がらせをする。 野島美香(のじま みか) 演技は河北麻友子。 アユのマネージャー。 吉田明日香 演 - 田中道子 大浜の秘書。 輝楽天明(きら てんめい) 演 - 新納慎也 「A VICTORY」の人気プロデューサー。 「A VICTORY」の売上のほとんどを支え、絶頂期を極めている。 幸子 演 - 市毛良枝 アユの祖母。 本格的に芸能活動を始めるために上京しようとするアユを心配し、彼女とともに福岡から都内に在住する親戚の里美の家に身を寄せる。 西谷真理 演 - 傳彩夏(ONEPIXCEL) 歌手デビューを目指すアユのライバル。 アユがマサから特別扱いを受けていると嫉妬して、逆恨みから理沙とともにアユに嫌がらせをする。 椎名里美 演 - 上野なつひ アユと幸子が身を寄せる東京の親戚。 佐山尚樹 演 - 水江建太 マサ行きつけのバーのマスター。 OTF(Over The Fact) 演 - Hina(FAKY)、和田颯(Da-iCE) USG 演 - lol(佐藤友祐、小宮山直人、moca、hibiki、honoka) 冴木真希 演 - Yupi'n ドラマ M愛すべき人がいてのスタッフ紹介• 原作 - 小松成美『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎刊)• 脚本 - 鈴木おさむ• 企画 - 藤田晋(AbemaTV)• 演出 - 木下高男、麻生学• ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)• プロデューサー - 服部宣之(テレビ朝日)、谷口達彦(AbemaTV)、山形亮介(角川大映スタジオ)、佐藤雅彦(角川大映スタジオ)• アソシエイトプロデューサー - 川島彩乃(AbemaTV)• 音楽 -• 主題歌 - 「M」 浜崎あゆみ avex trax• 制作 - テレビ朝日、AbemaTV• 東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そううまくはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていいた。 そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。 一方、会社の売り上げをカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、他にもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。 一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と嬉しい言葉をかけるが、、、 その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに来たマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。 フロアに降りた流川は、次々と女の子に声をかけ、VIPルームに連れていく。 その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。 緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔をみて次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度をとってしまう。 翌日、同道と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が。 平成の歌姫誕生に隠された物語がいま、幕を開ける。 大浜は、六本木のディスコ・ベルファインのVIPルームで中谷(高橋克典)と会い、アユを引き抜こうとするかのようなマサの振る舞いを謝罪する。 するとそこへマサが現れ、中谷に「アユを譲ってください」と許しを請う。 アユというダイヤの原石を自分の手で磨くため、土下座までするマサに心を動かされた中谷はついに移籍を認める。 マサは、晴れてA VICTORYから歌手デビューを目指すことになったアユに、3カ月間ニューヨークでレッスンを受けてくるよう指示を出す。 急な展開に驚きつつもニューヨークに渡ったアユを待ち受けていたのは、鬼のように厳しい講師・天馬まゆみ(水野美紀)だった。 次から次へとハードなレッスンを進める天馬…。 まったくついていけないアユは、自分の実力を目の当たりにして落ち込む。 その頃日本では、マサが部下の流川翔(白濱亜嵐)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。 張り切ってメンバー探しを始めた流川は、以前から気に入っていたアユの友人・玉木理沙(久保田紗友)に声を掛ける。 一方、マサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、マサがアユに肩入れし過ぎることに不満を感じていて…。 ついに帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加することになる。 しかし、マサに特別扱いされているアユへの風当たりは強く…。 M愛すべき人がいて3話のネタバレ レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースする4人組ガールズグループにアユ(安斉かれん)を追加して5人組でデビューさせるとマサ(三浦翔平)に告げる。 反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。 会社の決定になすすべもないマサは、アユにガールズグループのセンターとして4月8日にデビューすることが決まったと報告する。 ソロでのデビューを夢見ていたアユは、複雑な気持ちを押し殺して無理に喜んだふりをするが…。 翌日、マサは会議にアユを連れて行き、役員たちの前でソロデビューさせると告げる。 しかし、大浜やほかの役員たちは、アユを見て口々にこき下ろし始める。 何を言われても笑顔で耐えるアユの姿を見たマサは、アユが売れなかったら会社を辞めると宣言する。 一方、マサの秘書・礼香(田中みな実)は、「あなたは泥棒の手をしている。 私の大切なものを奪わないでね?」とアユに宣戦布告し…。 ある時、ふとアユが語る言葉の数々を思い出したマサは、アユに歌詞を書いてみるよう指示。 作詞なんて無理…と弱気になるアユだが、祖母・幸子(市毛良枝)の励ましを胸に、自分の思いを歌詞に込める作業に没頭する。 アユが初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある幸子が倒れてしまう…。 2000年12月13日に発売されました。 発売されるや否や2週連続でオリコン週間シングルチャートの首位を獲得し、累計で131万枚以上を売り上げる大ヒット曲です。 浜崎あゆみさんが作詞・作曲ともに手掛けている曲です。 この曲、実は浜崎あゆみさんが当時恋愛関係にあったプロデューサーと別れた時に作った歌なんです。

次の

[M愛すべき人がいて 見逃し]無料動画を視聴する方法を1話~最終話まで【浜崎あゆみドラマ】

愛すべき人がいて 見逃し

常に時代の話題にいたあゆというイメージもあります。 楽曲が時代を作り、プライベートも常に注目されていた浜崎あゆみでした。 本人は隠すことなく堂々と自分の道を歩んでいるというのは、現在も変わらない姿に象徴されますね。 そんな女性ファンが断然多い浜崎あゆみの役をドラマでは誰が務めるのだろう!? かけ離れた容姿でもダメ!でもあゆのイメージを作り出すのも簡単ではないと思います。 歌手・浜崎あゆみを作りあげた人物でかつての恋人だったあの方の役は?と気になること ばかりですね。 浜崎あゆみさんと元恋人の松浦さん…、現在は男女を超越した関係であると思われます。 楽曲だけでなく、ファッションやメイクなどすべてが注目を浴び、一大ブームを巻き起こすトップスター。 マサ / 三浦翔平 レコード会社「A VICTORY」を設立し、専務取締役に就任。 名プロデューサー「 マックス・マサ」として、音楽シーンで数々のムーブメントを生み出す。 のちに代表取締役社長に就任する。 流川翔 / 白濱亜嵐 レコード会社「A VICTORY」の社員で専務のマサ直属の部下。 マサとはレンタルレコード店で出会ってから7年の付き合いで一番の理解者。 姫野礼香 / 田中みな実 レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。 決して右目の眼帯を外さない謎めいた美女。 長年マサに思いを寄せており、彼が離婚するのを待ち望んでいる。 大浜 / 高嶋政伸 レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。 粘着質で不気味な男。 レンタルレコード店時代のマサの評判を聞きつけ、その才能にほれ込んで独立させた。 その後、共同で「A VICTORY」を設立し、経営面を取り仕切っている。 中谷 / 高橋克典 上京したアユが所属する芸能事務所・中谷プロの社長。 コギャルブームに乗っかって、日サロに行けと意見するなど、アユが売れるとは思っていない。 しかし、マサがアユの才能を見出したことを知った瞬間、惜しくなり、囲い込もうとする。 引用: 浜崎あゆみ役に抜擢されたのは、シンガーソングライターとして、2019年より活動している新人の安斉かれんさんです。 まだ知らない方も多い中で、浜崎あゆみのイメージに重なる雰囲気がこの役にピッタリ!との声も既にあります。 元恋人の松浦氏を演じるのは、三浦翔平さんということで、すでにジュノンボーイ出身でイメージはなく役者としても代表作になるか!?と、このドラマで注目されています。 アユ:安斉かれん アユとマサの愛と絆、そしてあふれる才能を目の当たりにして 嫉妬に狂った人々が 壮絶な嫌がらせ、狂気に満ちた言葉責め、 不気味なほほ笑みと、まさかの裏切りで 二人を追い込んでいく…。 二人の愛や葛藤を描く物語に、 脚本家・鈴木おさむならではのエッセンスをふんだんに散りばめた ジェットコースター・ラブ作品がここに誕生! 引用: この「 M 愛すべき人がいて」は、「事実を基にした」として、フィクション作家の小松成美さんが書き下ろした小説です。 その事実とは、もちろん、歌手浜崎あゆみとしてのこれまでの人生をまとめた1冊になっていて、出版されたときは「暴露本か!?」と話題になりましたが、実際に読んだ方々の感想は、決してそうではなかったということです。 そんな原作を放送作家で脚本家の 鈴木おさむさんが手がけます。 (鈴木おさむさんは、お笑女性トリオの森三中の大島さんの旦那様ですね) 見どころ、原作との違いをどんな風に描いてあるのかもとても楽しみなドラマになっていくことでしょう。 本人コメント アユとマサの物語「M」。 夢をみなければ何も始まらない。 この原作に大映ドラマのような衝撃なキャラクターも登場するオリジナリティーも足して、新たなシンデレラストーリードラマとしてお届け出来ると信じております。 新聞に、今夜23時15分から放送されるテレ朝のドラマ『M 愛すべき人がいて』の番組紹介を読んだ。 浜崎あゆみの愛の物語とコピーがあり最後に「SNSなどでみんなでツッコミを入れつつ見よう。 材料は十分だ。 」とある。 観るつもりはなかったけど気になる~。 ツッコミいれたい😁 — 日向きのこ。 ojSDd2CQsndDSHN からおはようございます! 何気にぼくはあゆが大好きでして、高校、大学のときはかなり入れ込んでました。 そんなあゆのドラマ、どんな内容か楽しみです!! 何気に。 ドラマ「M 愛すべき人がいて」の原作との違いは? 「M 愛すべき人がいて」の第一回放送前の主役・アユ役の安斉かれんさんのインタアビューによると、「 原作とは全然違って、ドラマでしかないシーンがたくさん出てくる」と の いう事様です! そして、松浦さん役を演じる三浦翔平さんはインタビューで「 小松成美さんさんの原作プラス、鈴木おさむさんの色がものすごく出てて、だいぶ悪の強いキャラクターが出ている」というのもある様です。 特にそのキャラでは、高嶋政伸さん演じる大浜のキャラは強烈!粘着質タイプの性格でどんな不気味さを出すかも見ものですね。 そして、田中みな実演じるマサの秘書役も、そんな秘書いる!?と思わせる田中みな実さんならではのキャラだと今から期待大です。 また、白濱亜嵐さん演じる流川翔は原作にはいない人物ということで、こちらも白濱亜嵐さんならではのキャラなので、鈴木おさむさんが登場人物をどの様に作っていくかも楽しみですね。 ただ、アユとマサの二人に関しては、実際の人物像とほぼ重なる部分も多く、見る側の期待度もリアルの二人を見ている様な感覚になるかもしれませんね。 ドラマ「M 愛すべき人がいて」の見逃し配信・無料視聴について 主な配信サイトVODを比較表でみてみましょう。 動画配信サイト 配信の有無 無料お試し期間 Paravi 2週間 TVer 番組終了から 約7日間無料見放題 Hulu 2週間 1か月間 U-NEXT 31日間 FODプレミアム 1か月間 NETFLIX 30日間 AbemaTV 31日間 ドラマ「M 愛すべき人がいて」全話は、AbemaTVの独占配信という事になる様です! なんと放送終了後、よる24時5分頃から(時間は前後します)見逃し配信してくれるので、もう一回みたい!と思う人にもおすすめ出来ます。 また、1か月間のトライアル期間が過ぎると、月定額960円かかりますが、「M 愛すべき人がいて」だけではなく、他のドラマ、バラエティ、スポーツ、アニメ、韓流など、豊富な作品の中で見放題になっています。 平成の歌姫、浜崎あゆみの誕生秘話と愛した人との出会いと別れを原作小説とは違ったタッチでドラマ化しています。 見逃し配信は、AbemaTVの独占配信という事になっている様です。 こちらも利用されてみてはいかがでしょうか。 一か月の無料のトライアル期間がおすすめです。

次の

M 愛すべき人がいて/最終回・第7話/見逃し配信動画|

愛すべき人がいて 見逃し

放送日:2020. 18 見逃し配信 あらすじ 1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。 ギャラのいい東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。 そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、一緒にベルファインに通い始める。 一方、会社の売上を人気プロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。 一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。 その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「いいと思うやつを連れてこい!」と指示を出す。 フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。 その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。 緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。 翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。 より引用 第2話 いいダイヤの原石だ 放送日:2020. 25 見逃し配信 あらすじ レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、プロデューサー・マサ(三浦翔平)が、中谷プロに所属しているアユ(安斉かれん)と会い続けていることを、ここぞとばかりに問題視していた。 大浜は、六本木のディスコ・ベルファインのVIPルームで中谷(高橋克典)と会い、アユを引き抜こうとするかのようなマサの振る舞いを謝罪する。 するとそこへマサが現れ、中谷に「アユを譲ってください」と許しを請う。 アユというダイヤの原石を自分の手で磨くため、土下座までするマサに心を動かされた中谷はついに移籍を認める。 マサは、晴れてA VICTORYから歌手デビューを目指すことになったアユに、3カ月間ニューヨークでレッスンを受けてくるよう指示を出す。 急な展開に驚きつつもニューヨークに渡ったアユを待ち受けていたのは、鬼のように厳しい講師・天馬まゆみ(水野美紀)だった。 次から次へとハードなレッスンを進める天馬…。 まったくついていけないアユは、自分の実力を目の当たりにして落ち込む。 その頃日本では、マサが部下の流川翔(白濱亜嵐)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。 張り切ってメンバー探しを始めた流川は、以前から気に入っていたアユの友人・玉木理沙(久保田紗友)に声を掛ける。 一方、マサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、マサがアユに肩入れし過ぎることに不満を感じていて…。 ついに帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加することになる。 しかし、マサに特別扱いされているアユへの風当たりは強く…。 より引用 第3話 お前はアーティストになるんだ! 放送日:2020. 2 見逃し配信 あらすじ・ネタバレ 社長室にて。 4月に流川のプロデュースするグループをデビューさせるという大浜。 ただし、今の4名だと弱いからアユを入れて5人組にするという。 マサは「アユはグループ向きじゃない」と食い下がる。 それは社長命令かというマサに対し、決定だ。 嫌なら辞めればという。 1985年、7歳のアユは祖母と海岸を歩いていた。 父は私が嫌いだから出て行ったのかと尋ねる。 そんなことないと言う祖母だが、なぜ父は海で手を離したのかと聞く。 「パパ助けて」… 目が覚めるアユ。 うなされていたアユの背中をさする祖母。 アユは落ち着きを取り戻す。 マサは怒りが治まらない。 トンネルの中に「ぜってー負けねーぞ」という声が鳴り響く。 そこに1台の車が止まった。 降りてきたのは中谷社長だった。 中谷社長は育成の秘訣を伝授する。 沢木がvelfineで「夢見る少女じゃいられない」を歌っている。 見学するアユとマサ。 アユは沢木のようにかっこよく歌える歌手になりたいようだ。 「報告がある」とマサはグループデビューのことを伝える。 アユは悔しさをグッとこらえて「ありがとうございます」と礼をする。 先に帰るアユだったが、やはりマサに嘘はつけない。 グループでデビューするのは嫌だと伝える。 それを聞いてマサは笑みを浮かべる。 「辞めさせるわけねーだろ」とアユを抱きかかえ、お姫様抱っこしてお決まりのセリフ「俺を信じろ」というのだった。 マサは流川に「ガキみてーなことしていいか?」と聞く。 この後の会議で大浜社長に言おうと思っていることがあるのだ。 流川は「俺らガキみたいなことだけして、ここまで来たじゃないですか」と後押しする。 礼香にアユを呼びに行かせる。 礼香はアユを案内する途中、わざと倒れる。 手を差し伸べるアユに「お礼にいいことを教えてあげる」というと、「マサは眼帯をはずしてこっちの目にキスをするのが好きなのよ」と子供じみた嫌がらせをする。 会社の経営方針を決める会議に現れたアユを「図々しい」という大浜社長。 アユはグループに入れると売れないというマサに、具体的な理由を聞く。 アユが口を開く。 自分がそう言ったんだと。 続けて「私は誰かの夢と自分の夢のサイズを合わせることはできない」という。 「ということでアユはソロでデビューさせる」というマサ。 役員に意見を聞くと、やはり先ほどの理由とも言えない理由に納得がいかないらしく、次々に悪態をつく。 アユは怒りを抑えるのに必死だ。 それを見たマサは声を荒げる。 「ここにいる全員が反対しようが俺はアユをソロでデビューさせる」「俺は宣言する。 数年後、ここにいる全員のボーナスをコイツが稼ぎ出す」 どうしても信じられない大浜社長は「どれだけ売れる?」と聞く。 「デビューして1年以内、アルバム100万枚」と啖呵を切るマサ。 アユを見送る礼香。 「困ったなーあなたが売れないとマサの人生狂っちゃうな」とプレッシャーをかける。 眼帯を外し「私のこの目はあの人に奪われたのよ。 約束してくれたんです。 一生私の目になるって」と。 続けて「さっきあなたの手をつかんでわかった。 あなたの手は人を不幸にする。 泥棒の手をしてる。 」 流川は4人を呼び、4人でデビューすることになったと報告する。 デビューは嬉しいけど、アユだけなんで特別扱いなのかと詰め寄る。 女の激しい嫉妬に流川はお手上げ状態。 行きつけのバーで流川はマサに先ほどの出来事を報告する。 マサは「自分がプロデュースする人間を愛さなくてどうするんだ、お前もあの4人を愛してやれ、心から」とたしなめる。 いつもアユが大ブレークしている姿を想像するが、何かが足りないというマサ。 海を見ているアユとマサ。 役員会で辛くなかったか聞くと、辛かった。 でも泣くのは簡単だけど笑ってたい。 と答えるアユ。 マサは足りない何かを見つけたようだ。 感想 アユはアイドルでも歌手でもない、アーティストになるんだって本当にアユはアーティストって感じだったよね。 田中みな南怖いよ。 婚姻届けとか怖すぎるから。 気持ち悪い。 おばあちゃん、いいアドバイスするなー等身大でいいって。 そう、だからあれだけヒットしたんだよね。 きっと。 まだ中学生だったけどすごい共感したもん。 詞がいいんだよねぇ。 メロディーとちょっとかすれた声と。 最高だったな。 この4人組うざいわー ネットじゃDreamがモデルじゃないかって噂だけど、amiちゃんがこんなんだったら嫌だわ。 違うことを祈る。 おばあちゃん心配。 実話だとデビュー曲のレコーディングの朝、亡くなっちゃったんだよね。 確かおばあちゃんとのことを歌ってるのが「ever free」だったはず。 流川ちゃーん何やってんの!!! おばあちゃん危篤。 でもアユは詞を書くことを決意。 私なんかが言うのはおこがましいけど、アユの判断はきっと間違ってなかったと思う。 誰よりも応援してくれたのがおばあちゃんだったから。 えぇそうなの!?最後のフレーズ、おばあちゃんであって欲しかったな… あぁ、Mも放送延期か… 第4話 限界なんて超えろ! 放送日:2020. 13 見逃し配信 『M 愛すべき人がいて』第4話の見逃し配信は、2020年07月04日に配信終了しました。 AbemaTV 第4話を無料で見たい方は あらすじ レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、アユ(安斉かれん)のデビュー日に、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースするガールズグループAXELSのデビューをぶつけることに。 マサ(三浦翔平)はアユのプロモーションに命を懸け、マネージャーの野島美香(河北麻友子)をはじめ「チーム・アユ」全員に鬼のように立ち向かっていく。 なんとかしてマサを叩き潰したい大浜は、全国のクラブ回りという地道なプロモーションでAXELSを売ろうと考えていた流川を呼び出し、アユに勝つためならAXELSに大量のプロモーション費を投入してやると告げるが…。 マサの期待に応えたいと焦るアユだが、その思いは空回りするばかり…。 レコーディングでも上手く歌えず、スタッフたちからあきれられてしまう。 なかなか音楽番組への出演が決まらずイラ立つマサと、理沙(久保田紗友)らAXELSのメンバーからアユに勝ちたいと詰め寄られている流川を呼び出した大浜は、大物プロデューサー・黒川誠に認められたら、音楽番組にプッシュしてもらえるチャンスがあるとほのめかす。 さらにその後、流川にある悪魔の提案を…。 一方、秘書の姫野礼香(田中みな実)は、「会ってほしい人がいるの」と、離婚したマサを強引に呼び出し…。 より引用 第5話 これが神様の答えだ! 放送日:2020. 20 見逃し配信 『M 愛すべき人がいて』第5話の見逃し配信は、2020年07月04日に配信終了しました。 AbemaTV 第5話を無料で見たい方は あらすじ レコード会社A VICTORYの専務でプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、FAXで届いたアユ(安斉かれん)からのラブレターを読んでいた。 ふと気配を感じ、振り向くと…そこにはウエディングドレスを着た秘書の姫野礼香(田中みな実)が! 礼香は「マサとの結婚式で着るドレスを借りてきた」とニッコリ。 予想外のできごとにフリーズするマサだが、キスを迫る礼香を押しのけ、「結婚できない」と静かに告げる。 すると、「約束いはーーーーーーーん!」。 礼香から笑顔が消えた…。 アユからの愛の告白で自分の気持ちに気づいたマサは、アユを呼び出す。 ついに気持ちが一つになり、幸せいっぱいの二人だが…。 街にアユの看板が増えていく中、ガールズグループAXELSの玉木理沙(久保田紗友)は、プロデューサーの流川翔(白濱亜嵐)に焦りをぶちまける。 力のあるプロデューサーに呼び出され、一夜を共にしたことで自暴自棄になっている理沙に詰め寄られた流川は、やりきれない思いをマサにぶつける。 周りに何を言われても強引に自分のやり方を貫くマサのことが大嫌いだと…。 一方、社長の大浜(高嶋政伸)は、マサをたたき潰すため、AXELSに莫大な予算を投入。 尊敬していたマサに反旗をひるがえした流川とアユを憎む礼香に、とんでもない提案をする。 大浜の暗躍によって、アユとAXELSのデビュープロモーションは加熱の一途をたどることに…。 はたして、その明暗は…? 愛するマサとともに歌姫への第一歩を踏み出したアユの運命は…? より引用 第6話 アユ、お前は勝ち続けろ! 放送日:2020. 27 見逃し配信 『M 愛すべき人がいて』第6話の見逃し配信は、2020年07月04日に配信終了しました。 AbemaTV 第6話を無料で見たい方は あらすじ アルバムが大ヒットし、アーティストとしてもブレイクを果たした平成の歌姫・アユ(安斉かれん)とプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、おおっぴらにはできないながらも着実に愛を育んでいた。 そんな二人を横目に、嫉妬に狂ったマサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)に、ホテルから出てきた二人の決定的な瞬間の写真をチラつかせて、一気に叩き潰す作戦を持ち掛ける。 裏で礼香と大浜の策略が進んでいるとは知らないマサは、自宅をリフォームし、アユを呼び寄せる。 アユの部屋、ドレスルーム、簡単なレコーディングまでできる音楽スペースなどを備えた夢のような家で、一緒に暮らし始めた二人は、満ち足りた毎日を送っていた。 一方、プロデューサーの流川翔(白濱亜嵐)は、大浜からAXELSの解散を宣告される。 悲しみに打ちひしがれながらもアユに大差をつけられた事実を受け止めるメンバーだが、その夜、玉木理沙(久保田紗友)が自殺を図り…。 責任を感じ、すっかり落ち込んでしまった流川は大浜とマサに退職を申し出る。 しかし、マサは流川の辞表を破り捨て、「逃げてんじゃねぇよ!」と一蹴。 メンバーが次の道に進むまできちんと向き合うよう説得する。 5 見逃し配信 『M 愛すべき人がいて』第7話の見逃し配信は、2020年07月11日に配信終了しました。 AbemaTV 第7話を無料で見たい方は あらすじ A VICTORY社長の大浜(高嶋政伸)は、会議の場で、ホテルから出てくるアユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)の写真が週刊誌に載るのを事前に防いだと発言。 本来ならマサは即解雇だが、その代わりに新しい巨大フェスの開発、映画事業の開発、新人の発掘と売出しという3つのビッグプロジェクトを成功させるよう指示する。 マサはアユのことを会社全体で守ることを条件に、このプロジェクトを引き受けることを決意する。 一緒に仕事ができなくなるのではないかと不安になるアユ…。 マサは「俺はお前でお前は俺だ」とアユを抱きしめ、これまでに教えた曲作りの知識を生かして、自分がいなくても周りにどんどん意見を言うようアドバイスする。 いざプロジェクトが始動すると、分刻みのスケジュールに、連日の接待…と、マサは酒を飲んで朝帰りする日々が続く。 一方アユは、マサの右腕として復活した流川翔(白濱亜嵐)のサポートで、どんどん新しいことにチャレンジし、次々とヒットを飛ばしていく。 すれ違う日々の中でも、お互いを信じ、思い合う2人だが…。 久しぶりに時間が作れそうなマサとランチデートの約束をし、ウキウキするアユ。 しかし、そのデートは叶わず…、謝るマサにアユは涙ながらにこれまで我慢してきた不安やいら立ちをぶつけてしまう。 そんなある日、礼香(田中みな実)の「アユはマサがいない方がいい歌を作る」というセリフが胸に突き刺さったマサは、ある決意を固めて…。 自分の気持ちを押し殺し、悲しいシナリオを描き始めるマサ。 当時はいろんな憶測が流れたみたいですね。 私は小学生だったから実際に聴いてて「体調悪いの?」って感じでしたけど。 『M 愛すべき人がいて』の番組情報 『M 愛すべき人がいて』ってどんなストーリー? 原作は小松成美さんの『M 愛すべき人がいて』。 題名からもわかるとおり、浜崎あゆみさんとエイベックス社長・松浦さんの話です。 30代以降の人なら2000年代の浜崎あゆみさんの快進撃はご存じだと思います。 歌を出せば大ヒット、ファッションや言動が逐一とりあげられて、まさに社会現象でした。 小室時代を終わらせたのは浜崎あゆみさんと言っても過言ではありません。 そんな浜崎さんは、初期の売れない頃はドラマのエキストラや、グラビア撮影ばかりでした。 エキストラ役でヤンキー姿の写真が週刊誌かなにかに掲載されていたのを見た記憶があります。 突然現れて、瞬く間に「平成の歌姫」へと昇りつめた「浜崎あゆみ」はどのようにして誕生したのか。 その誕生の秘密と松浦さんとの恋が芽生えてから破局までを描く作品です。 浜崎あゆみさんの他にも、ELT=OTF、TRF=USG、相川七瀬さん=冴木真希などの名前で登場し、それぞれエイベックスの人気若手アーティストが演じています。 90年代の音楽やファッションがふんだんに登場するので、あの時代に青春時代を過ごしていた方には懐かしく、たまらない作品になると思いますよ。 『M 愛すべき人がいて』のスタッフ情報 【脚本】 【音楽】 沢田完 【主題歌】 浜崎あゆみ「M」 【企画】 藤田晋 【ゼネラルプロデューサー】 横地郁英 【プロデューサー】 服部宣之、谷口達彦、山形亮介、佐藤雅彦 【アソシエイトプロデューサー】 川島彩乃 【演出】 木下高男、麻生学 【制作】 テレビ朝日 【制作協力】 角川大映スタジオ 【公式SNS】• 『M 愛すべき人がいて』のキャスト一覧 アユ:安斉かれん のちに「平成の歌姫」と呼ばれ、女性たちのカリスマとして君臨することになるアーティスト。 楽曲だけでなく、ファッションやメイクなどすべてが注目を浴び、一大ブームを巻き起こすトップスター。 マサ:三浦翔平 レコード会社「A VICTORY」を設立し、専務取締役に就任。 名プロデューサー「マックス・マサ」として、音楽シーンで数々のムーブメントを生み出す。 のちに代表取締役社長に就任する。 流川翔:白濱亜嵐 レコード会社「A VICTORY」の社員で専務のマサ直属の部下。 マサとはレンタルレコード店で出会ってから7年の付き合いで一番の理解者。 姫野礼香:田中みな実 レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。 決して右目の眼帯を外さない謎めいた美女。 大浜:高嶋政伸 レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。 粘着質で不気味な男。 レンタルレコード店時代のマサの評判を聞きつけ、その才能にほれ込んで独立させた。 中谷:高橋克典 上京したアユが所属する芸能事務所・中谷プロの社長。 コギャルブームに乗っかって、日サロに行けと意見するなど、アユが売れるとは思っていない。 土曜ナイトドラマ 放送期 作品名 2020年春 2020年冬.

次の